歴史ポッドキャスト

沖縄戦:攻撃の計画

沖縄戦:攻撃の計画



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

沖縄戦:攻撃の計画。

戻る:
沖縄戦


沖縄戦:攻撃の計画-歴史

4月18日の午後、明るく暖かい太陽の下、内峯の北にあるツェルト地域の第27師団の歩兵が武器を検査し、ベルト、馬具、装弾ベルトに苦労しました。 1500年に、彼らは長い、止まった列で内鳥まりに向かって散歩し始めました。 1540年、ジャケットやヘルメットを着用していない数人の男性が、牧港の入り江の北にあるオハラのノブで機関銃を手に取り、入り江の北端に向かって罵倒し、そこで武器を設置しました。騒ぎや喧騒はほとんどありませんでした。兵士の小グループがあちこちに移動し、さまざまな場所に落ち着いて入り江を見渡して待ちました。 1

これは、すぐに軍団の前線全体にわたる激しい攻撃に膨れ上がるアクションの最初の動きでした。この一見ランダムな動きは慎重に計画されました。第27軍団は、4月19日の第24軍団全体の攻撃の準備として、敵の西側側面への奇襲攻撃を開始する位置にいました。軍団は1週間以上この攻撃に向けて熱狂的な準備をしており、3つの師団が並んでいる1回の強力な攻撃が首里の防御を打ち破ることを期待していた。

計画と準備

アメリカの攻撃計画

前夜の使命は、浦添村断崖の西部である嘉数高地を占領することでした。丘陵地帯と海岸平野を越えてナハ-与那原高速道路へ。第27師団の進入が遅れたのは、攻撃が進行するにつれて、線に沿って東から西への砲撃の漸進的な集中を可能にすることでした2(地図番号23を参照)。

おそらく、計画の最も印象的な要素は、暴行グループが退去する40分前に始まる途方もない砲兵の準備のためのその準備でした。砲兵の27個大隊、そのうち9個は海兵隊であり、正面の任意のセクションで大規模な砲撃を行う準備ができていた。敵の最前線を20分間叩いた後、砲兵は火を上げて後部を10分間攻撃し、日本軍を地下の位置から出現させるために、砲撃は敵の最前線に戻ってH時間まで残り10分。この手順は第27師団の攻撃のために繰り返されることになっていた。準備中、航空機と艦砲は日本の後方地域を砲撃することになっていた。ロケットと1,000ポンドの爆弾は首里の本部施設に向けられることになっていた。飛行機と艦砲で覆われ、輸送に乗り出した上陸部隊は、沖縄南部の南東海岸沿いのビーチに上陸したように見せかけた。

ホッジ将軍は、この見通しを大きな期待を持って見つめ、今後の困難に対する厳しい認識と混ざり合った。攻撃の2日前に「本当に大変なことになるだろう」と彼は言った。「島の南端には65,000から70,000の戦闘ジャップが穴をあけられており、ヤード。"彼は大規模な作戦の即時の可能性を見なかったが、彼は「師団内での小さな作戦の推進」の機会を予見し、そしておそらくアメリカ人が首里要塞地帯を突破した場合は軍団内で。 3

地形の特徴

沖名和南部の戦略的エリア 高度7,500フィートから見た。

アメリカの準備

4月14日から19日まで、路線に実質的な変更はありませんでした。パトロールは敵の防御砲、艦砲を精査し、航空機は敵の迫撃砲、砲兵、設備を捜索して破壊しました。地上と空中のオブザーバーは、第24軍団の前の地面を調査し、19日の砲兵準備中に取り壊される予定だった洞窟、塹壕、供給地点、および定置を特定しました。

背後には絶え間ない活動がありました。ホッジ将軍は、攻撃は「90%の兵站と10%の戦闘」であると述べていた5。この観察の真実は、浜辺での活発な活動、主要な供給ルートの継続的なブルドーザー、およびトラックの長蛇の列によって裏付けられた。そして、DUKWは弾薬と物資を積んでおり、昼夜を問わず前線に向かって転がっています。攻撃の準備ができている武器の配列の中には、4月19日の攻撃で沖縄で初めて使用されることになっていた装甲火炎放射器がありました。

新たな部隊も連れてこられた。以前は浮遊予備軍だった第27師団は、援軍として4月9日に渡具知ビーチに上陸した。


OUKIHILL-スカイラインエリア 4月19日に攻撃された東海岸(1945年7月10日撮影)。


マシナトインレット、 4月19日の行動の直後に見られた。道路上の3匹のイタチ(左)がノックアウトされました。背景(左)では、バズボムボウルが浦添村の断崖に向かって傾斜しています。

日本の準備

日本人は怠けていませんでした。 NS 62d部門 4月14日の命令は攻撃について警告しました:「敵は今すべての面で前進する準備をしています。私たちの最前線は必然的に激しい砲撃にさらされるでしょう。」ユニット司令官は、ポジションを強化するように命じられました。強みは、1つのポイントが失われたからといって、ライン全体が分割されないように分散されることになりました。ユニットは、「武器を覆い隠すか、準備が整った位置に置くことで武器を固定し、早期に破壊されないようにする」必要がありました。敵は明らかに撤退の必要性を予想していました、しかし、彼は「状況が耐えられなくなったので」秘密文書を燃やすように命じました。 7

攻撃の前の落ち着きの間に、敵は彼の軍隊にアメリカの戦術と武器に対する適切な防御を教える彼の試み​​を倍加しました。 NS 第44回独立混合旅団 4月13日、アメリカの火炎放射タンクと「黄リン焼夷弾」に対する防御を説明する「戦闘レッスン緊急報告書」を発行しました。 NS 22d連隊 4月15日に、アメリカの夜の防御陣地とそれらを介して潜入する方法について説明しました。 NS 32d陸軍 アメリカの戦車を接近戦で攻撃するポイントを慎重に選択することの重要性を強調しました。 8

アメリカの火力が彼らの主な関心事であることを認めて、日本人は彼らの地下防衛に特別な注意を払いました。部隊は、攻撃を受けている洞窟から部隊が素早く移動できる予備の位置を構築するように警告された。 4月15日に、激しい砲撃を受けた洞窟で日本軍の健康と士気を保護するための簡単な規則が発行されました。

洞窟内での精神的な訓練を強化する必要があります。 。 。 。余暇があるときはいつでも無駄な仕事を避け、できるだけ多くの睡眠をとるべきです。 。 。 。男性に夜に少なくとも1、2回洞窟の外に出て、深呼吸と肉体的呼吸をさせます

4月18日、第27師団の予備攻撃

攻撃の計画

グリナー将軍の計画はまた、牧港地域が敵によって強力に保持されておらず、単に前哨基地であったという事実を利用した。したがって、右(西)の第106歩兵は牧港入り江を渡り、前進することになった。

攻撃のマウント

攻撃の増加は、秘密の必要性によって複雑になった、くすぐったいエンジニアリングの問題を引き起こしました。 4月18日から19日の夜にマチナートインレットに4つの橋が建設されました。これは、攻撃部隊が夜間に移動するための歩道橋、武器を支えるための合計90フィートのベイリー橋2つ、そして十分な強度のゴム製舟橋です。物資を積んだ1/2トンのトラックを運ぶため。暗闇の中でこれらの橋を建てるのは十分に難しいでしょうが、さらに悪いことに、師団の工兵である102d工兵大隊は、ベイリー橋の経験がありませんでした。この部門は、このタイプの構造が採用される前に米国を離れ、大きなスパンが必要とされない小さな島で戦っていました。幸いなことに、チュニジアでベイリーズ中尉の建設を手伝った将校、アーヴィングS.ゴールデン中尉が最近この部門に加わりました。彼の指示の下で、エンジニアは、分割後部エリアでベイリー橋を建設、解体、および再建するのに数日を費やしました。

秘密は非常に重要でしたが、優れた敵の観察と攻撃に必要な激しい活動のために維持するのは非常に困難でした。牧港入り江の近くに橋梁設備の備蓄が出現すると、日本人は入り江を強力に横断する計画を警告するだろう。その結果、202dエンジニアは、即時輸送に備えて後部エリアに機器を組み立てました。ポントンを膨らませ、橋のセクションをトラックが運ぶことができる最大サイズに組み立てました。

別の欺瞞も巧妙に実行されました。提案されたポントン橋に通じるルートは、砲弾が突き刺さった、深く轍のある小さなジープ道路でした。

これはオハラのノブによって走り、目的地の250ヤード手前の水田で終わりました。これは入り江の北東の端です。橋梁設備を積んだトラックの通行に備えて道路を整備しなければならなかったが、それを改善しようとすると日本の疑惑が生じるかもしれない。攻撃前の日中、ブルドーザーが敵を正面から見ながらこの道路をパタパタしました。時折ジープが動かなくなったとき、ブルドーザーは車を解放するためにかがみこみ、土や岩を轍に押し込みました。オペレーターは交互に寝て、エンジンをいじくり回し、さらに別のジープが動かなくなったとき、スイープジェスチャーで彼の苛立ちを表現しました。しかし、夜、彼は熱狂的に働きました。 4月18日までに、道路は延長され、改良され、入り江のほぼ端に到達しましたが、観察者が道路に何がいつ行われたかを正確に推定することは困難でした。

攻撃の時期が近づくと、計画は最終的な形になりました。グリナー将軍は突破口を望み、「他に何が起こっても前進しなければならない。側面の部隊を待つ時間がない。彼らが動けないのなら、とにかく前進する。私は望まない」と主張した。部隊の指揮官が私に電話をかけて、側面の部隊が前進できないので前進できないと言っているのを聞いた。」 12第7師団の司令官であるアーチボルド・V・アーノルド少将と第96師団を指揮するジェームズ・L・ブラッドリー少将も、死傷者が深刻になったにもかかわらず、指揮官に攻撃を「激しくそして迅速に」押すように指示した。ロジスティックの問題が発生しました。彼らは、これによって早期の成功が保証され、長期にわたる費用のかかる戦いが回避されると信じていました。 13

断崖への夜襲

4月18日の1607年に、暫定的な誤ったショットのような1つの煙の殻が牧港入り江の東200ヤードに着陸しました。そよ風が煙を西に海に向かって漂わせ、入り江に薄いもやを広げた。午後に入口の北東側にさりげなく集まっていた突撃部隊は、今や緊張して待っていた。数分以内に他の砲弾が着陸しました。煙に覆われた歩兵は、パイプラインに沿って入り江の西端まで全力疾走しました。数分で、第106歩兵のG社はこの方法で入り江を横切り、西の入り江に隣接する崖の覆いの下に集まった。

G社の使命は、牧港村地域の敵の前哨基地を一掃し、橋の建設と夜間の入り江を横切る軍隊の移動が検出されずに進行するようにすることでした。オペレーティング

小隊によって、会社は崖をスケーリングし、敵の前哨基地の周りを操縦しました。真夜中までに、暗闇の中での一連の小競り合い、待ち伏せ、そして短い火の戦いの後、牧港地域の日本人は一掃されました。

第27師団は現在移動中です。 1930年に、ベイリー橋の設備を運ぶトラックが伊佐村の珊瑚礁から出て、南に向かって入り江に向かって転がり始めました。ベイリー機器の最後のトラック積載に続いて、2000年に歩道橋の最初の満載の資材が続きました。舟橋は2030年に前方にシャトルされました。暗くなった直後、ブルドーザーは歩道橋と舟橋へのアプローチの仕上げを開始し、トラックが入口の端に荷物を落とせるようにしました。エンジニアは暗闇の中で静かにそして途切れることなく作業し、128ヤードの歩道橋を完成させました。4月19日午前0時までにベイリー橋を完成させました。舟橋だけが問題を引き起こし、引き潮がアンカーラインといくつかの舟橋を運び去り、4月29日の正午まで橋の完成を遅らせました。

第106歩兵は真夜中過ぎに退去しました。一晩中、歩道橋を横切って男性の着実な流れが踏みにじられました。敵は交差するG社を止める動きをしませんでした。 106番のF社は夜明け直前にG社の路線を通過し、浦添村断崖の北西端にある道路に向かってルートrに沿って静かに一列に進んだ。カットは防御されていると信じられていたので、暗闇の中でも高速道路を正面から攻撃するのはコストがかかるでしょう。断崖のふもと近くで、会社の1個小隊が右(西)への道を切り、ブラシで覆われた斜面を登り始めました。 30分後、軍隊はまだ敵に気づかれずに頂点に達した。

小隊は頂上を左(南東)に振って、断崖の稜線を静かに切り込みに向かって移動しました。今は昼間でした。カットの近くで、彼らは日本兵が火の周りに座って朝食を準備しているのを見つけました。アメリカ人はすぐに発砲した。敵の一部は他の敵を落とし、武器を残してカットに向かって逃げました。敵に警告が発せられました。すぐに迫撃砲の火がF社の残りの部分に降り始め、高速道路を上っていきました。断崖の上にある小隊は、切り口に向かって急速に掃き始めました。 30分間、アメリカ人が敵に接近し、逃げ出し、日本軍は道を譲り、カットから南に逃げたとき、活発な戦いがありました。

206回目は浦添村の北西端でのホールドの強化を開始しました。 0710年までに、追加の小隊がカットの近くの頂上に到着し、

一般的な攻撃

朝の霧が晴れると、キャンペーン最大のシングルエアストライクが行われました。 0900年までに与那原はナパーム弾を拡散する67機の飛行機に襲われ、岩は108機のストライキに、首里は139機のストライキに襲われた。合計650機の海軍と海軍の飛行機が爆撃、ロケット弾、ナパーム弾、敵を機械で撃ちました。第5艦隊の6隻の戦艦、6隻の巡洋艦、6隻の駆逐艦は、飛行機と砲兵の火力に火力を追加しました。これらのスレッジハンマーの打撃は、日本人の約4,000人の戦闘退役軍人に降りかかった 62d部門 ポジションを担当していた人。 14

太平洋戦争でこれまでに採用された大砲の最大の集中は、夜明けの攻撃への前奏曲を鳴らしました。軍団と師団砲の27個大隊、合計324個、105mmの範囲。 8インチ榴弾砲に、0600で最初のラウンドを発射しました。この集中は、正面の1マイルごとに平均75の大砲を表し、実際には、発射が東から西に大量に進行するにつれて、さらに大きくなりました。砲弾は敵の最前線に20分間雷を鳴らし、その後500ヤード後方に移動し、歩兵は0630に攻撃を開始するかのように動きをシミュレートしました。砲兵は後方に移動して、次の10分間に時間射撃を行いました。 。 40分でアメリカの大砲は敵のラインに19,000発の砲弾を配置しました。その後、0640に、砲兵は敵の後部エリアに持ち上げられました。

暴行小隊は前進し、大量の金属と爆発物が敵を破壊したか、彼を無力にするほど唖然としたままにしたことを期待していた。彼らはすぐに日本人に幻滅し、洞窟の奥深くでほとんど触れられず、適切なタイミングで彼らは戦闘ステーションに人員を配置しました。 15ブリッグ。第24軍団砲兵司令官のジョセフ・R・シーツ将軍は後に、朝の砲兵の準備によって190人もの日本人、つまり100発の砲弾ごとに1人が殺されたのではないかと疑っていたと述べた。 16

オープニングアクション、4月19日、 早朝の歩道橋の牧港入り江の交差点でした。支援砲兵には、太平洋戦で日本軍に対して最初に使用されたこの8インチ榴弾砲ユニット(下)が含まれていました。

第7師団は東で停止します

第7師団は直面しました 第11独立歩兵大隊、 これは、東海岸からすぐ内陸の高地を通って伸びる線を占めていました。 7番目は、左側に32d歩兵、右側に184番目の歩兵と共に配備されました。攻撃計画では、第32歩兵が日本軍の東側の錨であるスカイラインリッジを占領し、第184歩兵が、後にロッキー岩山。主な努力は、丘178の東斜面にあるスカイラインリッジの延長である大木丘に通じる高地の縁に沿って、中央を下る2個大隊によって行われることでした。この地点に達すると、第2大隊、32d歩兵はスカイラインリッジに沿って左(東)に下り坂を曲がり、第184歩兵の第2大隊は丘178の頂上に向かって上り坂を右(西)に曲がる予定でした。17

中戦車2両と装甲火炎放射器3両が沿岸平地の第7師団の戦線から南下し、大木を通過し、スカイラインリッジの先端に素早く移動しました。彼らは、尾根の下肢にある敵が占領した墓と定置のクラスターにショットと炎を注ぎました。オレンジ色の炎の長い噴流がスカイラインのこの部分に面したすべての開口部を精査し、暗くて転がる煙の塊が上向きに渦巻いていました。これは、魅了されているのを見ていた待機中の歩兵にとって新しい光景でした。強みの中の灼熱の炎で死んだ敵にとって、恐怖に襲われる時間はほとんどありませんでした。攻撃のこの段階は15分間続き、その後、0700の直後に歩兵が上昇しました。先端の前面にいる日本人は全員炎で殺されましたが、裏側には頂上を越えて前進することを拒否した人がいました。歩兵の戦いは、スカイラインリッジの狭いナイフエッジラインに沿って急速に噴火し、くすぶりました。アメリカ軍は2回の日本の反撃で必死に前斜面に固執し、敵は手榴弾と梱包爆薬を投げつけるために自分の迫撃砲に群がりました。

大木丘に続く斜面に沿って高くなると、突撃部隊は発砲されることなく約500ヤード前進した。それから突然、彼らが事前登録された日本の迫撃砲と機関銃の火で覆われた地面の帯に移動したとき、敵の武器は解き放たれ、すべての前進は止まりました。前進するための努力は一日中利用できず、1620年に男性は元の位置に戻った。 3D大隊は今や強制されました

日中、13人の死者を含むほぼ100人の死傷者を出したスカイラインリッジの下端でのわずかなホールドをあきらめます。

部門の右側では、ロッキークラッグスの珊瑚の背骨が、2つの支配的なギザギザのノブにちなんで名付けられ、南に数百ヤード伸びていました。それはアメリカの攻撃の方向と平行しており、ほぼ1マイル離れたタナバル断崖の大胆で白い顔を直接指していた。この尾根は2日間、大砲で砲撃されていました。第184歩兵のK社は岩山の北の地点の真正面にありました。パトロールは痴漢されていませんでした。オブザーバーは、日本人が斜面の墓の間を走り回っているのを見たが、珊瑚の露頭がトンネルや武器を備えた洞窟で蜂の巣状になっていて、軍隊で生きているとは推測していなかった。また、このエリアが、事前に登録された敵の武器による大砲、迫撃砲、機関銃の射撃の影響ゾーンであることも知られていませんでした。これはすべて、4月19日の朝に発見されました。 K社は200ヤード進んだ。その後、0730に禁止区域に入り、敵の砲火によって地面に固定されました。岩山からの侵入火によってかき集められた左側の隣接する会社も停止されました。正午過ぎに、K社は岩山の最北端の東斜面に沿って撤退した。結局のところ、利益はありませんでした。

第96師団攻撃ストール

その間、第96師団はさらに西を攻撃しており、左(東)に382d連隊、右(西)に381連隊がいた。 382d歩兵は、トゥームストーンリッジとタナバル断崖を381番目に、西原リッジと浦添村断崖を越えて占領する任務を負っていました。角都と西原海嶺の間の鞍の右側の師団にある第381歩兵大隊は、左の師団より1マイル進んでいた。カニク・ニシバル部門で96位に直面している 第12独立歩兵大隊、 枯渇したものを吸収していた 第14独立歩兵大隊、 センターを守った。第1軽機関銃大隊が取り付けられており、合計で約1,200名の兵士がいた。 18

左側では、382d歩兵の第2大隊が、0640に移動し、正面にある一連の小さな丘を占領し始めましたが、そのうちのいくつかだけが敵によって保持されていました。左側のロッキークラッグスからの狙撃兵と迫撃砲の射撃が問題の原因であり、死傷者を出しました。抵抗のいくつかのスポットが発生しましたが、簡単に克服されました。ある時、日本人は小さな道端の洞窟から飛び出し、奇妙な癖で柱の鉛タンクをサッチェルチャージしました。

穴に倒れて閉じた。道路は他の戦車に対して効果的に封鎖されました。いくつかの散在する手榴弾の戦いが行われましたが、師団の左側で800ヤードの増加を妨げることはありませんでした。

すぐ右側では、左側のC社と右側のA社がトゥームストーンリッジの北端に対して挟み込みを開始するまで、第1大隊の前進に反対はありませんでした。いずれかの側。高さ約75フィート、長さ0.5マイル、それは周辺の支配的な地形の特徴でした。両社が前進するとすぐに、尾根上の日本の陣地は沈黙を破った。 C社は東側で機関銃と迫撃砲で止められ、A社は西側で手榴弾によって止められました。砲兵と戦車の砲撃はそれを無力化する位置にもたらされました。正午に、A社は西斜面を突進したが、それが上に留まることも反対側を下ることもできないことを発見した。中隊長は頂上で殺された。このアクションの最中に、サポートタンクは47mmに失われました。対戦車砲。一日の終わりに、第1大隊は、尾根の北西の鼻を横切って、西斜面の一部に沿って不安定な位置だけを保持しました。紋章はどこにも耐えられず、東側は完全に日本人の手に渡っていました。トゥームストーンリッジは遠くからは堂々としたものでしたが、どちらの面にも開いた相互に支え合う地下の位置の迷路があり、手ごわい強みになりました。

前方と西側では、西原海嶺が攻撃を受けていた。この尾根は、トゥームストーンリッジの南端から、窪みと峡谷の上部角都峡谷によって隔てられていました。トゥームストーンリッジの南端には、ほぼ東西方向に1マイルにわたって直角に走っていました。西原海嶺は嘉数高地の延長線上にあり、広く浅い鞍だけで隔てられており、宜野湾-首里道路である国道5号線を通過していました。牧港入り江に流れ込む小川は、田葉の北東の丘から始まり、西原の北麓に沿って流れ、角都の海に向かって流れ、角都の前のように時折形成された。

第1大隊、第381歩兵は、カニク南東部からの機関銃の射撃にもかかわらず、カニクのすぐ北の位置から町の西部を通って移動し、野外に押し出されました。左側のC社はトゥームストーンリッジからわずかな距離にあり、コースと平行するこの高度からの敵の射撃のために困難な時間を過ごしました。会社は遅れを取り、すぐに何人かの男性は野外でピン留めされ、暗くなるまで続けることができませんでした。巨大なスピゴット迫撃砲弾は1045年に落下し始め、

トゥームストーンリッジの戦い、 沖縄の他の多くの人々と同様に、地形が不均一であるため、重火器の使用はあまり許可されていませんでした。 M-7自走式105mmの上。榴弾砲は第96師団軍を支援し、日本の陣地に発砲します。以下では、第1大隊、第381歩兵の兵士が、4月19日、カニク西部の燃えている廃墟を駆け抜けるときに低く曲がっています。

喧騒への途方もない爆発。大隊の一部は西原海嶺の北面に到達したが、一日の終わりに大隊が露出位置から撤退したとき、このわずかな増加さえ失われた。

師団の右側では、第381歩兵の第3大隊が、峡谷の南岸に沿って第1大隊を待ち、35分間待機しましたが、まだ見えていませんでした。その後、第3大隊の突撃部隊が退去しました。K社左側がI社、右側がI社です。彼らが峡谷の堤防の縁を通過するとすぐに、K社の軍隊は西原海嶺の洞窟と墓の位置から膝迫撃砲、機関銃、ライフルの火を引いた。 1つの分隊が敵の陣地を急いで駆けつけ、5人の日本人を殺し、機関銃と2つの膝迫撃砲を破壊しました。しかし、そのすぐ上で2番目、次に3番目の機関銃が開き、4人が死亡し、2人が負傷しました。これらの困難にもかかわらず、0830年までに2個小隊が尾根の頂上を越えて西原村の上端まで前進した。ここで、迫撃砲弾と手榴弾のシャワーが正面の障壁を形成し、両方の側面から機関銃の射撃が追加されたときに、すべての進歩が終わりました。生存者たちは頂上を引き戻し、前方の斜面を掘り下げました。彼らがそこに手を差し伸べれば、日中に助けが来ることを望んでいました。 K社は24時間以内に、最初の指揮官が殺され、2番目の指揮官が負傷しました。

右側では、西原海嶺の前の地面のこぶを越えようとしたI社の最初の3人が次々と殺された。機関銃の発砲は、西原海嶺の西端から真正面に、嘉数高地の鼻から道路を挟んで右前に出た。一瞬でもさらされるということは、死や傷を意味しました。嘉数と西原海嶺の間の鞍で宜野湾-首里道路のすぐ西を走る境界である第27師団に第96師団が加わったのはここでした。第381歩兵第3大隊の指揮官であるD.A.ノーラン中佐は、死と失敗の朝の後、協調した努力の必要性に気づきました。彼は隣接する部隊、第105歩兵師団、第27師団に渡り、その指揮官であるジョンF.マルハーン大佐と、ノーラン大佐が利用できた5両の戦車を使った共同攻撃の可能性について話し合った。しかし、ムルハーン大尉が大隊運動の一環として、角都周辺で部下を右に向けて出発する準備をしていたため、この提案に基づいて行動することはできなかった。今は正午で、右前の角都エリアが空いた状態で前進することを望んでいないことに気づき、ノーラン大佐は連隊長のM.E.ハロラン大佐から次の権限を取得した。

戦車の死、 沖縄の戦いの映画フィルムから拡大された一連の写真。ライフルマンに支えられたシャーマン戦車が日本の洞窟の位置を攻撃しており、その交戦で戦車は日本の地雷によって転覆されました。乗組員の1人は爆風によってクリアに投げられます。歩兵は、車両に閉じ込められた4人の戦車兵を救出するために、消火器で炎と戦います。救助が行われる前に、火はタンク内の弾薬に到達し、結果として生じる爆発はボロボロの金属ハルクのみを残します。

彼の部下を峡谷の保護に戻します。 19この撤退が始まる前に、5両の戦車のうちの1両が角都と西原海嶺の間の鞍を通り抜け、西原海嶺の鼻から梱包爆薬で攻撃する日本人の群れによって即座に破壊されました。

L社は予備から立ち上がって第1大隊と第3大隊の間のギャップを埋めました。この動きは敵の火を引き、峡谷に到達すると会社は端に沿って掘り下げました。そこから、前にある他の会社の撤退を火力支援しました。このように交戦している間、3発のスピゴット迫撃砲弾が会社に落下し、数人の兵士を埋葬しました。 81mmの数。西原海嶺の前と上で日中に第381歩兵に落下した迫撃砲の砲弾は2,200発と推定された。 1700年までに、3D大隊は16人の死者を含む、85人の死傷者を出しました。 20

嘉数高地がバイパス

その間、第27師団ゾーンの右側でさまざまな操作が行われていました。暗闇に包まれて牧港入り江を横切り、夜明け前に浦添村断崖の西端に定着した第106歩兵大隊の2個大隊に続き、第106大隊の第3大隊は0600に角都西部を出て牧港入り江を横切った。一般的な攻撃が他の場所で始まったとき。大隊は断崖をマウントし、他の2つの大隊の間の頂上に沿って位置を取りました。偵察部隊は現在、断崖の右端にありました。

最初の攻撃に参加する準備ができている最前線の他の第27師団ユニットは第105歩兵師団の第1大隊だけでした。この大隊は嘉数峡谷に沿って配備され、嘉数高地が当初の目的のすぐ前にありました。 C社は左側にあり、宜野湾-首里道路の隣にあり、B社とA社は名前の順に西にあり、後者は当初予備でした。第1大隊の攻撃は、嘉数高地の東端周辺での尾根に対する正面攻撃と大規模な戦車攻撃を組み合わせて計画されました。二軍は角都村近くの尾根の後ろで合流し、向こうの浦添村断崖へのドライブに参加することになっていました。

軍隊は、攻撃が東と中央で始まってから50分後、0730に予定通りに峡谷に移動し始めました。 0823の時点で、主要な要素は、峡谷を少し越えたところにある小さなひだの頂上にあり、200ヤード離れた嘉数高地に面しています。さて、彼らがすぐに開いた湿地に移動し始めたとき、機関銃と迫撃砲が近くから発射されました

範囲が彼らを襲った。すぐに死傷者が出て、死傷者は増え続けました。オープンの人々はピンで留められ、背後の人々は彼らに到達することができませんでした。角都の先端と鞍の西斜面は敵の銃で燃え上がっていた。

歩兵が角都の前の小さな襞の保護を離れる直前の0830に、列形成の3つと4つのグループの戦車が角都峡谷を横切って移動し始め、角都と西原海嶺の間の鞍を通って南に進みました。その朝、約30両の戦車、自走式突撃砲、装甲火炎放射器が、日本の陣地に対抗して、力の大部分を占める193d戦車大隊のA社に対して、パワードライブのために集会エリアから移動しました。峡谷と鞍を横切る際に、3つの戦車が地雷と道路の危険のために失われました。戦車が列をなして道路を移動すると、47mmになります。対戦車砲は、西原海嶺の端の左の覆われた位置から発砲し、16発で4両の戦車を破壊しましたが、見返りとして1発も受けませんでした。戦車の列は、航空写真に表示されていたカカズに通じるかすかな道を探すために南に急いでいました。断崖に直面し、カカズの東にある比較的平坦な国で遭遇した敵の位置を越えて。この時点から村に到達できないことを発見した戦車は、幹線道路に戻り、引き返し、正しい道を見つけ、1000年後すぐに角都に到着しました。彼らは村を動き回り、火と破壊を広めました。カカズは次の3時間で完全に撃ち殺されて燃やされました。 14両のアメリカ戦車が村とその周辺で破壊され、その多くは地雷と47mmによって破壊されました。対戦車砲、その他は自殺近接攻撃ユニット、その他は大砲と迫撃砲によるものです。日中、角都西原地域の6つの戦車が、22ポンドを使用した自爆攻撃者によって破壊されました。梱包爆薬は、通常、底板に対して投げられました。戦車の乗組員の大多数は、戦車が無効になった後もまだ生きていましたが、多くは敵の分隊によって殺され、砲塔の蓋を強制的に開いて手榴弾を投げました。 21

1330年に、歩兵が彼らに到達できないことが明らかになったので、戦車は彼らのラインに戻るように命令を受けました。朝に嘉数高地の左端を周回していた30両の戦車のうち、午後に戻ってきたのは8両だけでした。 4月19日の角都地域での22両の戦車の喪失は、1回の戦闘で沖縄のアメリカ軍の装甲が最も苦しんだものでした。 22戦車は、歩兵の支援なしで完全に運用されていました。 22人のうち4人は装甲火炎放射器であり、これが彼らの最初の行動でした。対戦車砲で破壊された戦車の乗組員の何人かは、戦車の下に穴を掘り、脱出する前に40時間隠されたままで、100ヤード以内の何十人もの日本人に信じられないほど無邪気でした。

日本人は、戦車歩兵攻撃が西原海嶺と嘉数高地の間の境界線を突破しようとするだろうと推測し、慎重に準備しました。彼らの計画は、歩兵を戦車から分離することに基づいていました。 NS 272d独立歩兵大隊 単独で、4丁の機関銃、2丁の対空砲、3丁の連隊砲、および81mmの火網を考案しました。の迫撃砲 2D迫撃砲大隊 2つの尾根の間のサドルをカバーします。機関銃は至近距離に配置されました。さらに、歩兵との緊密な戦闘のために、それぞれ10人の2つの特別部隊がサドルに送られました。一方のグループはほぼ完全に一掃され、もう一方のグループは1人の下士官が負傷し、3人の民間人が殺されました。敵の防御も47mmを利用しました。の対戦車砲 22d独立対戦車砲大隊 そして、四分の一の自殺暴行部隊。これらの準備は非常に徹底していたので、日本人は「歩兵は通らなかった」と自慢した。 (地図No.24参照)

アメリカ軍の攻撃の直前に日本軍ユニットの最も大規模な再編成が行われたのは、ここカカズ-浦添-村の断崖地域でした。ひどく粉々になった大隊の残骸は、大部分が 272d独立歩兵大隊 だけでなく、の要素が含まれています 13日、 15日23d大隊。 NS 第21独立歩兵大隊 サポートする準備ができていた 272d。 NS 2D軽機関銃大隊 その火力を追加しました。 23

戦車が敵の背後で単独で活動している間、第1大隊、第105歩兵は、嘉数高地の前の地面に固定されました。主な攻撃に先立って移動したA社の34人小隊

嘉数高地を邪魔されずに通り過ぎて、罠に入るだけでした。小隊が角都村の北端に到達すると、罠が発生した。小隊の男性は誰も日中に戻ってこなかったが、小さなグループに分かれて瓦礫や墓に隠れることで、彼らのほとんどは死を免れた。その夜、6人の男性がアメリカ軍に戻り、17人が翌日出港し、4月25日にさらに2人が救助された。 8人が死亡し、他の人は重傷を負った。 24

第105歩兵大隊の第1大隊が完全に停止したため、第2大隊は、0907に左端の境界を上って移動し、宜野湾-首里道路に沿って圧力をかけるように命じられました。この地面を偵察するためにやって来たとき、大隊の指揮官は、カカズの先端の反対側の開いた地面に低い石の壁を飛び越えたときに4回殴られました。第2大隊が1225年に左への移動を試みて最終的に攻撃したとき、嘉数高地の東端で引き返されました。第2大隊の移動と同時に、第106歩兵第3歩兵を救援した第3大隊は、朝、角都西から下って角都村を迂回し、1535年までにLとIの2つの会社が上にあった。第106歩兵の東側にある浦添村の断崖。午後になると、強風と雨が降り、天候はますます不安定になりました。

1530年、第105歩兵第2大隊の指揮を執っていたアーネスト・A・フレミグ大尉は、嘉数高地の西端を移動して断崖の第3大隊に加わることを許可するよう要請した。この許可は、約1600年に連隊司令官のW. S.ウィン大佐によって与えられました。大隊は移動し、1800年までに、第105歩兵第3大隊の下の断崖の基部の斜面に位置しました。同時に、第1大隊第105大隊が角都村の前で連隊予備軍になるよう命じられた。第1大隊が実際に取った位置によって表される「正面」は、断崖の前の村の南西でした。したがって、午後遅くまでに、嘉数高地の前線全体が第105歩兵によって放棄されました。ノーラン大佐が共同攻撃を提案したのは、この立場の変化の直前でした。日中の嘉数高地の前では、第105連隊の2個大隊が158人の死傷者を出した。第1大隊105人と第2大隊53人である。

浦添村断崖の西端で、第106歩兵大隊の第2大隊が夜間攻撃に成功した後、南に向かって移動しようとしたが、走った。

浦添村の断崖の西端、 第27師団攻撃のエリア(1945年7月10日撮影)。

国道1号線の西側の尾根に沿って一連の洞窟、墓、トンネルの位置に移動し、停止状態になりました。これは後にアイテムポケットバトルとして知られるようになったものの始まりでした。断崖の他の場所では、一般に、夜明けにその存在が発見された後、106番目が停止しました。断崖の他の場所では、106番も南への前進に失敗しましたが、その線を東に延長し​​て3D大隊の105番に合流しました。

牧港入り江を渡る橋は、夜明けの直後に日本の大砲と迫撃砲の攻撃にさらされました。直接の戦車砲火は、断崖に面した洞窟の位置から発砲する銃を沈黙させましたが、320mmでした。その後、迫撃砲弾が「バズボムボウル」として知られる交差点に落下し始めました。交差点での敵の砲撃は1530年に始まり、1600年までにベイリー橋と舟橋の1つが外れ、歩道橋だけが残った。これは、入り江を渡る橋を維持するための1週間にわたる闘争の始まりでした。

4月19日の大規模な攻撃は失敗しました。ブレークスルーはありませんでした。日本人がアメリカ軍の攻撃を阻止し、引き返したところはどこでも。第27師団が最前線をかなり進んだ西側でも、得られたエリアはほとんど空いている低地であり、断崖の反対斜面にある日本軍の陣地に遭遇したとき、それ以上の得点は拒否された。早朝に行われた前進はどこでも、出発線と敵の要塞化された位置の間にある領域のみを表していた。その日の戦闘の結果、第24軍団は720人の死者、負傷者、行方不明者を失いました。

脚注

1.第27師団の作戦の説明は、ほぼ完全に、沖縄の第27師団のエドモンドG.ラブ大尉(以下、愛、第27師団の歴史と呼ぶ)に基づいています。

2.第24軍団FO第47号、45年4月16日。

3. Ltr CG XXIV CorpsからCOMGENPOA、45年4月17日。

4.アップルマン、第24軍団の歴史、161-65ページ。著者らは、手術中および手術後に頻繁にジープと徒歩でこの地形を偵察し、観測面からその地域を調査しました。

5. Interv 1st I&amp H Off with Gen Hodge、12 Apr45。

6. XXIV Corps Actn Rpt、p。 100。

7.第10軍翻訳第65号、5月11日、および第115号、5月31日。

8.第10軍翻訳No.111、45年 6月2日、163号、45年6月18日、および122号、45年6月2日。

9.第10軍翻訳第47号、5月7日45日。

10.愛、第27 Divの歴史、36-38ページ。

11. 同上、 NS。 42。

12. 同上、 NS。 43。

13.第7Div FO No. 32、45年4月17日第96 Div FO No. 17、45年4月17日。

14. XXIV Corps Arty Actn Report、Annex C、Ind 2:Daily Air Missions for XXIV Corps、4月1日から6月21日、45ページ。 5 XXIV Corps G-3 Periodic Rpt、19 Apr 45 381st Inf Jul、Msg No. 140、19 Apr 45 Tenth Army PW Interrog Summary No. 2、2 Aug 45: 62d部門、 pp。5-6。

15. XXIV Corps Actn Rpt、p。 37アップルマン、第24軍団の歴史。 pp。151-52、168。

16. 同上、 NS。 179。

17. Skyline Ridgeでの第7師団の作戦の説明は、第7師団の歴史であるGugelerに基づいています。

18. 96th Div作戦の説明は、Mulford and Rogers、96th Div History、Pt。 III。

19. 3d Bn、381st Inf、Unit Jnl、Msg No. 20、19 Apr45。

20. 同上、 Msg No. 21、19 Apr 45 381st Inf Jnl、Msg No. 90、19 Apr45。

21.戦車行動の説明は、第1 I&amp HOffとCoComdrs、第1 Bn、105th Inf、およびCo Aの職員、193d Tank Bnによる、愛、第27 Div歴史の議論と地上での批評に基づいており、添付されています。火炎放射器ユニット、第20軍団第20軍団、第20軍団、第20軍団第24軍団、第20軍団、第20軍団、第20軍団、第20軍団、第20軍団、第20軍団、第20軍団、第24軍団、第20軍団、第20軍団、 XXIV軍団は、XXIV軍団の歴史担当官であるMaj Roy E. Applemanによって、Hist DivWDSSに保管されています。この行動の日本の情報源は次のとおりです。第7Div PW Interrog Rpt、No。48、2 Jul 45 Tenth Army Transl No. 118、1 Jun 45: 62d 分割 バトルレッスンディスパッチNo.19、20 Apr 45 Transl No. 189、28 Jun 45 Furuta Combat Intelligence Rpt No.11、20 Apr 45 27th Div G-2 Periodic Rpt No. 13、22 Apr45。

22. Interv XXIV Corps Hist Off with Gen Hodge、6 Jul 45 713th Tank Bn Actn Rpt Ryukyus、entry 19 Apr45。

23.第10軍PW質問要約第2、2 8月45日:62d師団、5-6ページXXIV軍団PW質問Rpt No. 54、5月6日45。

24. Appleman、XXIV Corps History、p。を参照してください。 171愛、第27 Divの歴史、p。 185。


沖縄戦:攻撃の計画-歴史

5月20日までに、アメリカ軍は第10軍が一般攻勢の出発点として設定した境界線にまだ達していませんでしたが、この攻勢を開始する時間はありませんでした。ターナー提督は、特にピケット船での海軍の損失が大きかったため、やや焦りました。 5月4日ブリッグ。第10陸軍参謀総長のエルウィン・ポスト将軍は、状況は深刻であり、早急な行動が不可欠であると宣言した。 1日本の攻勢が失敗した後、バックナー将軍は、敵が反撃で彼の新鮮な予備力のほとんどすべてを使用したので、その瞬間は適切であると感じました。 第4独立混合旅団 また、部分的にコミットされていました。 2したがって、5月9日のバックナー将軍は、第11軍の第10軍の協調攻撃を命じた。

両方の軍団が現在ライン上にあるので、5月7日の第10軍は、初めて南戦線での作戦の直接支配を引き受けました。 5月11日までに、北の第3水陸両用軍団(第6海兵師団と軍団部隊で構成される)は第27師団によって救援され、南正面の右側の位置に移動しました。軍団は、4月後半から第24軍団に所属していた第1海兵師団の支配権を再び引き継いだ。第24軍団の行動範囲は現在、第1海兵師団の境界から与那原まで東に広がっていた。西から東へ、第6海兵師団、第1海兵師団、第77海兵師団、第96海兵師団が列の連続した位置を占めていました。第7師団は第24軍団予備軍にあり、休息とリハビリの期間を楽しんでいました。

攻撃の計画は、第10軍に、2つの軍団が並んでいる首里防衛への攻撃を更新することを要求しました。右側はIII水陸両用軍団、左側は第24軍団です。機動の最初の計画は、西の海兵師団と東の陸軍師団による首里の包囲でしたが、

中央で強いホールドアタックが維持された。 3第10軍のスタッフは、日本の陣地は右側が弱く、新海軍師団はその側面で迅速な突破口を開くチャンスがあると信じていた。さらに、地形は西海岸に沿ってより有利でした。後に開発された首里周辺の広い側面攻撃は、当初の計画では計画されていませんでした。バックナー将軍は5月10日に、壮観なものは何もないだろうと説明した。彼が追加した:

これは、これまで採用してきたタイプの攻撃の続きになります。私たちが長所をとることができない場合、私たちはそれらをつまんで、準備金を減らすためにそれらを残します。私たちには十分な火力があり、十分な新兵もいるので、常に1つの師団を休ませることができます。 4

攻撃の最初の命令は、地上攻撃の直前に砲兵による30分の一般的な準備を提供しました。この規定は、ターゲットの特定を支持して2日後に取り消されました。新しい命令は、歩兵の暴行の前に「既知の敵の銃と長所の実行可能な最大数が破壊または無力化される」と述べました。この変化は、おそらく、4月19日の攻撃に対する大衆の準備の失敗の認識から生じた。正面全体にわたる日本の地下位置の精巧なシステムは、各洞窟の入り口を打つ精密な火を使用する必要がありました。 5

新たなアメリカの攻撃に備えて、日本軍は首里の防御を強化した。ついに彼の準備のほとんどすべてを行動に移す準備ができて、牛島将軍は「軍はすぐにその主力を首里地域に移す」と命じた。彼は、西海岸の浅藤の北の地点から、ワナとイシミの近くの高台を通り、コニカルヒルのすぐ北の東海岸まで、最前線が走る中央防衛地帯を設立しました。西の第6海兵師団の入り口に気づき、彼は部隊を交代させた。

彼の両方の側面の鉄の防御のために。牛島将軍は、ナハの東側で道路や橋を破壊するよう命じた。しかし、アメリカのパラシュート部隊による日本軍の背後での攻撃に対する彼の継続的な恐れは、彼が利用可能なすべての部隊を前面に出すことを妨げた。 6

5月11日に開始された攻撃は、最初は正面全体に沿って調整されましたが、すぐに特定のポイントをめぐる一連の激しい戦闘に崩壊し、西部、中央部、東部のセクターは比較的異なる状況を示しました。多くの場所で、アメリカの努力は、前日に始まった暴行の激化にすぎませんでした。西海岸のシュガーローフから東のコニカルヒルまでの10日間の継続的な戦闘の間、日本人は地元の比較的マイナーな後退を除いて、彼らの長い準備された位置に粘り強く保持しました。最後に、5月21日、沖縄戦の激しい行動の後、米軍は東海岸に近いコニカルヒルの東斜面を占領し、それによって敵の戦線に開口部を作り、包囲を試みます。

西部の攻撃

5月8日、第6海兵師団の第22海兵隊は、エイサ川の北の断崖にある第7海兵隊の第1海兵師団を救援しました。敵はアサの南の位置を保持しました。それは口でフォードするには深すぎ、どんなタイプの車両も支えるには底が柔らかすぎました。敵が保有する地面は、2,000ヤード離れた地平線まで穏やかに上昇しました。西の不毛の珊瑚の尾根は南の海への障壁を形成し、長い粘土の尾根が南東の那覇への道を支配し、近くに設定された低い草が茂った丘のグループが朝戸川流域と朝戸川の間の地面を支配しました廊下。東には、第1海兵師団が運転していた位置であるダケシリッジ、ワナリッジ、ワナドローの荒い褶曲がありました。 7(マップNo. 40を参照)。

第6海兵師団の司令官であるレムエル・C・シェパード・ジュニア少将は、沖縄南部での戦闘は以前に太平洋で遭遇したものとは異なるだろうと部隊に警告した。すべての小隊長が部下に2回読んだ訓練命令で、彼は敵の知性を説明しました

第6海兵師団が西部で前進

海岸沿いのドライブ

5月10日から11日の夜、第6海兵師団のエンジニアが火の下で働いてベイリー橋を渡り、戦車やその他の重火器が攻撃を支援できるようにしました。海兵隊は、敵が沿岸地域をよく観察していた首里高原の西面から発射されたほぼ継続的な砲撃の下で前進した。日本の歩兵の反対はこの火事とうまく調整されました。第1大隊の中隊長である22d海兵隊は、アサの南800ヤードにある強力に防御された丘の頂上まで分隊を率いたが、火炎放射器の男を除いて、彼の部隊はすべて殺害または負傷した。消防艦の主砲からの集中により、丘の頂上から大きな珊瑚の塊が崩れ落ち、顔を転がり落ちましたが、日本の陣地に大きなダメージを与えることはありませんでした。戦車に緊密に支えられたC社の歩兵部隊がついに丘を勝ち取りました。 C社は現在80名に減っていますが、海兵隊は反撃に直面して丘に固執しました。

連隊の右(西)で、3D大隊は、後半に戦車歩兵火炎放射器の攻撃によって、アミケの町の北の海岸の崖をつかみました。

ウエストフランクゾーン、 第6海兵師団の第22海兵隊がエイサ川を渡ってナハに向かった。 (1945年5月5日に撮影された写真)。

SUGAR LOAF AND HORSESHOE HILLS、 戦闘がマチシに移り、ほぼ那覇に移った後に撮影されました。シュガーローフと海兵隊の攻撃が中心となった前景の丘の間には、10台のノックアウトされたアメリカの装甲車が見られます。

午後。この前進により、海兵隊は琉球の首都那覇の荒廃した都市を見下ろすアミケの北の郊外に配置されました。島で最大のこの都市が第10軍の目的であったとしたら、第6海兵師団はそれを占領するのに優れた位置を占めていただろう。しかし、那覇は目的ではなかったため、浅藤の北岸の河口近くに到着した海兵隊は、次の2週間で陣地を固め、那覇にパトロールを送り、東の海兵隊は側面を押し続けた。首里の。

5月12日と13日の22d海兵隊の他の部隊の進歩は遅かった。第1大隊と第2大隊は、現在、日本軍が首里防衛の要として保持するように命じられていたアミケ地の1マイル東の荒れた地に移動していた。このエリアは 第15独立混合連隊、 第44回独立混合旅団、 によってサポートされています 第7独立対戦車大隊、 海軍迫撃砲会社、およびから形成された約700人の独立した大隊 海襲基地大隊。 これらの部隊には、軽迫撃砲の機関銃と軽兵器が十分に供給されていました。戦闘が進むにつれ、残りの部隊から援軍が流入しました。 第44旅団。 9

5月12〜13日、シュガーローフの締めくくり

海兵隊と日本の警備員シュガーローフとの最初の遭遇は、ほとんど偶然に、5月12日に起こりました。 G社の22d海兵隊は、朝戸川に向かって11両の戦車で南東に進んだ。強みであることが知られているシュガーローフに直接向かうと、歩兵と戦車は増加するライフルの射撃に遭遇しましたが、前進しました。海兵隊がシュガーローフに到着したとき、多くの日本兵が彼らの立場から逃げました。この行動が策略なのか、それともアメリカ人の突然の到着時のパニックによるものなのかは明らかではありませんでした。シュガーローフの頂上にいる4人の男性と中隊長は、援軍のために大隊を必死に無線で送信しました。彼の多くの死傷者のために、指揮官は撤退するように命じられました。アメリカ人が撤退したとき、敵は大火で開いた。 3台の戦車がすぐにノックアウトされました。軍隊はゆっくりと撤退し、その過程でより多くの犠牲者を出した。夕方までに、G社の総力は75に低下しました。

第6海兵師団は現在、シュガーローフ地域への攻撃を計画しています。そこの丘はとても小さかったので、

等高線間隔が10メートルの標準的な軍事地図。しかし、シュガーローフとそれを支える他の丘は、敵に非常に有利な位置を提供するような方法で形成されました。ほぼ東西に走る頂上は、両端がわずかに後ろに曲がっており、反対斜面にある日本の兵器は、アメリカの側面攻撃や正面攻撃からの優れた保護を提供します。右後部のシュガーローフを支えていたのはクレセントヒルで、左後部のハーフムーンヒルとしても知られているのは、多くの迫撃砲の位置を収容する長い湾曲した尾根であるホースシューでした。これらの3つの丘は互いに支え合っており、シュガーローフへの攻撃は他の丘から火を放ちます。ここの日本人は北西に優れた射場を持っていて、彼ら自身の反対斜面戦術を持っていたいくつかの小さなこぶによってわずかに妨害されました。首里高原の日本人が大部分の地面を指揮した。 10

5月13日の朝、第29海兵隊の第3大隊が第22海兵隊の東の戦闘に参加した。その日は、浅藤の上流を見下ろす高台を占領するために、ゆっくりと費用のかかる動きに費やされました。海兵隊は左の師団で数百ヤード前進したが、抵抗は着実に増加した。 5月13日の夕方までに、第6海兵師団は新たな攻撃のために第29連隊をコミットしました。 5月13日、支援航空機は、ロケットと数百ポンドの100ポンド爆弾と500ポンド爆弾を使用して、大砲の位置、建物、保管場所に対して多くの出撃を行いました。戦艦1隻、巡洋艦4隻、駆逐艦3隻も攻撃を支援しました。この強力な火力は、攻撃の間中、地上部隊に利用可能でした。

敵が残りの砲兵を巧みに使用したことで、アサからアサトへの海兵隊の前進が大幅に妨げられました。第44旅団の砲兵は8個の100mmで構成されていました。榴弾砲と4門の山砲、そしてこれらは隣接するユニットの大砲と重迫撃砲によって時々補われました。優れた観察力を持って、日本人は海兵隊と戦車に対して非常に正確に武器を単独でまたはペアで使用しました。ある時、第1大隊の指揮官、22d海兵隊、3人の無線兵、2人の戦車長が観測点で数人の男性の真ん中に砲弾が着陸し、3人の中隊長が負傷した。

シュガーローフへの「バンザイ突撃」、5月14〜15日


マップNo.41:シュガーローフヒル


マップNo.42:シュガーローフヒル

シュガーローフ、そしてこの地面からシュガーローフに対する攻撃を開始します。 (地図No. 41を参照。)海兵隊員はシュガーローフの北にある保護丘の前方斜面をつかむことができたが、これらの丘の周りや上を移動しようとするたびに激しい火事に遭遇した。前進を試みた50人の男性のうち、10人だけが戻ってきて、朝のほとんどはamtracksで犠牲者を避難させることに費やされました。それにもかかわらず、海兵隊は北のシュガーローフを保護するクイーンヒルへの攻撃に成功しました。シュガーローフへの最初の攻撃は大火事で行き詰まりました。 2個小隊の残骸から統合された1個小隊は、夕暮れ時に別の試みをしました。 2000年までに小隊長は死亡し、小隊の大部分は迫撃砲の激しい砲撃の結果として殺害または負傷したが、生存者は斜面に固執した。次に、第2大隊の執行役員は、生存者を強化するために、供給要素から20人と26人の海兵隊員を数え、G社の利用可能なメンバーである22d海兵隊員を結集させました。彼と彼の部下は小さな谷を横切って移動し、シュガーローフの斜面を進んだ。丘を約40フィート上ったところに、それぞれを支援するためにファイアチームを備えた2丁の機関銃を設置しました。戦闘を見たことがない2人の将校と一緒に20人の交代要員が岸の党から到着した。手榴弾と迫撃砲弾が軍隊の間に激しく落下していたため、執行役員は部隊を丘の頂上に移動させた。 「この丘の頂上に立つことができる唯一の方法は、ジャップバンザイ突撃を自分たちで行うことだ」と彼は宣言した。

シュガーローフの小さな海軍は反対斜面に非常に接近していたため、敵は手榴弾を効果的に投げることができませんでしたが、迫撃砲の砲撃は増加しました。狐穴にしゃがみ込んでいた執行役員は、首に破片が当たった瞬間に殺された。丘の上の小隊長の1人も殺され、もう1人は援軍を育てていたときに負傷した。シェルが彼らの間に落ちたので、一瞬一緒にグループ化された4人か5人の男性が凍りつきました。

迫撃砲の砲撃と潜入は着実に小さな部隊を削減し、5月15日の夜明けにシュガーローフの位置はたった1人の将校と19人の疲れ果てた男たちによって保持された。日光は状況をさらに不安定にしました、今のところ、ホースシューとクレセントヒルに定着した敵はアメリカ人に正確な火をつけることができました。 2000年に大隊から命令が到着し、救援が進行中であると述べた。海兵隊はすでにある程度の地面を与えていて、敵は今や頂上に火を放ち、日本の歩兵は反対斜面の洞窟から丘を這い上がっていました。大火事のため、救援は非常に困難でした。 D社の小隊、第29海兵隊、

頂上に到達すると、効果的な救済には丘の頂上を取り戻そうとした日本人に対する攻撃が必要であることがすぐにわかりました。小隊長のジョージ・マーフィー中尉は、固定銃剣による暴行を命じた。海兵隊は頂点に達し、すぐに敵との手榴弾の戦いに巻き込まれました。 350発の手榴弾の供給はすぐに使い果たされました。マーフィ中隊長は中隊長のハワード・L・マビー大尉に撤退の許可を求めたが、マビー大尉は彼にどんな犠牲を払っても丘を保持するように命じた。今では、シュガーローフの前方斜面全体が迫撃砲の爆風からの灰色の煙の渦で生きていて、マーフィーは彼自身の主導で撤退を命じました。彼らが斜面を引き下ろしたときに男性を覆い、マーフィーは負傷した海兵隊員を助けるために一時停止したときに破片によって殺されました。

キャプテンマビーは、彼らが撤退したときに生存者を保護するために彼の会社を進めました。彼は同時にウッドハウス大佐に「撤退の許可を要求しなさい。アイルランドのジョージ・マーフィーが攻撃された。11人の兵士が元の60個の小隊に残っている」と通知した。

2分後、ウッドハウス大佐は「あなたは握らなければならない」と答えた。

5分で答えはマビーから来ました:「小隊は撤退しました。位置は支持できませんでした。負傷者を避難させることができませんでした。ジャップが今尾根を保持していると信じてください。」

今では、日本軍はシュガーローフ周辺を砲撃し、少なくとも大隊の強さで第6海兵師団の左セクターを攻撃していた。午前中までに、敵の努力は900ヤードの前線に広がっていました。シュガーローフとクレセントヒルの前での激しい戦いの結果、部門の左セクター全体が弱体化しました。第2大隊はシュガーローフのすぐ北の地面をあきらめましたが、敵は彼のアドバンテージで押し通しませんでした。 1315年までに、彼の攻撃は勢いを失っていました。その日の後半、第2大隊、第22海兵隊は、過去3日間に400人の死傷者を出した行動から撤退した。

シュガーローフへの攻撃が続く、5月16〜17日

迫撃砲や砲撃によって移動した戦車は、シュガーローフの西斜面をいくつかの方向からの対タンク砲火のために忍び寄ることができず、戦車に同行した歩兵はその火の下で無力でした。日本の立場の統合は、シュガーローフの海兵隊員が隣接する丘からの火事のために頂上を進むことができなかったことを完全に明白でした。それらの丘のために戦う海兵隊員はシュガーローフからの火事によって阻止されました。操縦は不可能でした。シュガーローフの頂上をめぐる野蛮な接近戦の後、海兵隊は前夜の彼らの位置に撤退した。

この行動で戦った第6海兵師団の退役軍人は、5月16日を沖縄戦中の最悪の戦いの日と呼んだ。 2個連隊が利用可能なすべての力で攻撃し、失敗した。諜報員は、シュガーローフの防御が過去24時間で大幅に強化されたと報告しました。海上での死傷者は引き続き多かった。

5月17日の計画では、東からシュガーローフへの側面攻撃が必要でした。第29海兵隊の第1大隊と第3大隊は、クレセントヒルを襲撃し、そこに留まり、第29海兵隊の第2大隊を支援して、シュガーローフを奪取しようとした。攻撃の前に、16インチの銃、榴弾砲、1,000ポンド爆弾を搭載した飛行機による激しい爆撃が行われました。 0830に、第1大隊と第3大隊の要素がクレセントヒルの西端を攻撃しました。砲兵に支援された戦車歩兵チームは、多くの要塞化された陣地を破壊しました。この前進によりシュガーローフの東側が発見されたため、第2大隊のE社は、その主要な地形の左側で側面攻撃を開始しました。

クレセントヒルへの攻撃がまだ続いている間、第2大隊の要素はシュガーローフに向かって移動しました。最初の取り組みは、レイルロードカットを採用しようとする幅広い動きでしたが、左からの火災のために失敗しました。急な斜面のため、側面攻撃の試みは失敗しました。その後、丘の北東斜面を利用して、E社の2個小隊が頂点に達した。頂上に到達すると、攻撃部隊は敵の激しい突撃に襲われ、丘の頂上から彼らを追い返しました。 F社の小隊も尾根に沿って西に進もうとしたが、リーダーは殺され、小隊は迫撃砲の激しい砲撃を受けて撤退した。 3倍以上のE社が丘の頂上まで車で行きました。彼らは白兵戦の後に2回投げ返されました。海兵隊が日本人を打ち負かしたのは3回目でしたが、そうすることで彼らは弾薬を使い果たしました。同社は撤退を余儀なくされ、日中に160人の海兵隊員が殺害または負傷した地位を放棄した。

シュガーローフの捕獲、5月18-19日

シュガーローフ地域をめぐる4日間の無益な戦いの日々を通して、日本の陣地を破壊するという退屈な作業がこの地域のいたるところで進行していた。この作業の進展により、日本人がシュガーローフにかけることができる火の量は着実に減少しました。 5月18日、D社の第29海兵隊による巧妙で協調的な攻撃が、過去数日間の進歩を利用して、シュガーローフの削減に成功しました。 (地図No.43参照)

中隊長のマビー大尉は18日の朝、シュガーローフの北の低地の端に彼の会社を操縦した。砲兵と迫撃砲は目標に重い準備をしました。その直後、3台の戦車がシュガーローフの東斜面を動き回り、予想される攻撃を撃退するために日本人が洞窟から群がったときに反対斜面に向かって発砲しました。戦車は引退し、洞窟から飛び出した2つのサッチェルチームを撃墜しました。それから、キャプテン・マビーはロケットラックを運ぶロケット弾幕トラックがサドルを越えて来て、ミサイルを緩め、そして砲撃から逃れるために走り去ったことで開きました。軍隊が前進するにつれて、フィールドピースが再び開いた。

1個小隊がベストの機首を登り、ファイアチームをはがして丘のふもとから連続した線を維持しました。別の小隊が北東斜面を直接上った。両当事者はほぼ同時に頂上に到達し、その後反対斜面の位置を破壊するために移動しました。位置は0946年までに確保されました。数分後、キャプテンマビーは「PX用品を送ってください」という言葉を受け取りました。 D社の残りの部分はすぐに頂上に続きました。正午までに負傷者は避難し、ラインがしっかりと確立されました。一方、F社はホースシューの一部を押収し、それによってその地点からの火災を減らし、クレセントヒルの北斜面に陣地を統合することを可能にしました。

その夜60mm。シュガーローフの前後にある3社の迫撃砲が、2分ごとにフレアを発射してエリアを照らしました。 2300年、海兵隊はシュガーローフの南西で叫び声とジャバリングを聞き、敵の迫撃砲の砲火が増加した。 0230に、日本の攻撃の全力がホースシューの海兵隊を襲った。シュガーローフの西に切り取られた道路沿いの敵軍は、マリンラインに侵入する可能性のある機関銃を設置しました。船舶の機関銃手はこの銃をノックアウトしましたが、日本人は他の人に人員を配置しました。 2個小隊がシュガーローフの前方(北)斜面に引き戻され、ファイアチームは独自の反対斜面戦術を使用して、小グループが丘を再び占領しようとしたときに33人の日本人を殺害しました。反撃は夜明けまでに止められた。

次の日、5月19日、第4海兵隊は疲れ果てた第29海兵隊を救援しました。砂糖の捕獲までの10日間

第6海兵師団のパンは2,662人の死傷者を失い、1,289件の戦闘倦怠感もありました。第22海兵隊と第29海兵隊では、3人の大隊長と11人の中隊長が戦死または負傷した。 5月20日、第4海兵隊はホースシューをさらに獲得しましたが、それでもクレセントヒルの頂上に到達することはできませんでした。大隊の強さで推定される敵軍による攻撃は、6個の大砲と歩兵兵器の複合射撃によって撃退されました。第4海兵隊はその連隊予備軍の一部をコミットすることを余儀なくされたが、攻撃を解散し、200人以上の死傷者を敵に負わせた。

5月21日、第4海兵隊は朝戸川線への攻撃を続けた。軍隊は馬蹄形に250ヤード前進しましたが、激しい敵の大砲と迫撃砲の砲撃のためにクレセントヒルの発作を完了することができませんでした。この火災の多くは首里高原から来ました。第6海兵師団の次の動きは、第1海兵師団によってまだ行われていたそれらの高さのための激しい闘争の結果に依存するでしょう。

首里高原への第1海兵師団の攻撃

5月11日から20日まで第6海兵師団が朝戸川に向かってゆっくりと進んでいる間、第1海兵師団は首里高原を占領するために精力的に努力していた。この地域の主要な日本の地位は、ダケシリッジ、ワナリッジ、ワナドロー、そしてダケシとワナの町に組み込まれ、すべて北西の首里を守っていました。首里周辺の他の地盤はより高く、さらに険しいものでしたが、「首里の高さ」という用語は、第3水陸両用隊によって、海軍戦線のほぼ全体を眺めることができるこの地域の日本の陣地を表すために使用されました。 (地図No.40参照)

首里高原の尾根、引き分け、廃墟は、敵に彼のタイプの自衛戦争の完璧な組み合わせを与えました。海兵隊が5月10日までに到達したダケシ海嶺は、ダケシの町の多くの陣地に支えられた典型的な反対斜面戦術を持っていた。日本人は、角都の町と尾根、前田の町と浦添村の断崖の関係を利用したのと同じくらい、この状況を十分に活用していました。もう一つの尾根、ワナは、ダケシの町の真南にありました。これらの位置の西側では、50ヤードから100ヤードの急な傾斜が、日本軍を左側からの側面攻撃から保護しました。ワナリッジの南にはワ​​ナドローがありました。これは首里のすぐ北にある狭くて岩だらけの隘路として始まり、西に広く広がり、防御側に下の地面の全景を見せました。 11

5月10〜13日、ダケシリッジの占領

5月11日の第10軍の攻撃では、第7海兵隊、第1海兵師団が演じた役割は、前日に始まったダケシ海嶺への攻撃の激化を表した。 5月20日の連隊攻撃は中途半端でした。敵は長い尾根の上と後ろの彼の位置から攻撃している海兵隊員に激しい迫撃砲と機関銃の火を放ちました。日暮れまでに、第7海兵隊は元の戦線に戻らざるを得なかった。 13

5月11日の計画は、第7連隊セクターの境界に沿ってプロングが北に伸びる、ほぼ馬蹄形のダケシリッジの自然な形成を利用するように設計されました。尾根の端の間のボウルは、敵の火のために通行不能でした。攻撃のルートは尾根の延長に沿っていました。第2大隊は連隊の右側の尾根の西端を攻撃し、第1大隊は左側を攻撃した。両方の大隊は荒れた地面の上を移動しなければなりませんでした。

第1大隊は、戦車歩兵チームを使用して、敵の激しい砲撃を受けてダケシの東斜面をゆっくりと押し上げ、午後に稜線に到達しました。第2大隊もそのセクターの尾​​根の頂上に到達することができたが、すぐにワナ海嶺から直接南に激しい砲撃を受けた。海兵隊員が火を受け取らなければ頭を上げることはほとんどできなかった攻撃を続けることは不可能でした。死傷者の避難は非常に困難でした。一人の海兵隊員が日本の火炎放射器によって発砲されたとき、彼の仲間の何人かは炎を消すために野外を横断しようとしました、しかしそれぞれは

その試みで負傷した。アメリカ人は短い距離を強制的に戻されましたが、彼らの利益のほとんどを保持しました。攻撃側の会社は、2つの暴行小隊で指揮官とすべての分隊長を失いました。

第7海兵隊は5月の間にダケシの保持を延長しました。第1大隊セクターでの戦闘は、ダケシリッジの東端にある頂点を中心に展開されました。いつものように、敵は反対斜面を有利な位置で占領したため、側面攻撃や正面攻撃は事実上不可能でした。小隊が操縦するのに十分な余地がありました。手榴弾が十分に供給されていた4人の海兵隊員が、ステルスで頂点を占領しようとしましたが、失敗しました。 60mm後。迫撃砲の集中により、12人の海兵隊員がその位置を攻撃し、手榴弾の弾幕の下で引き戻された無傷で待機している敵を見つけました。それから、取り壊しの男性は、400ポンドの突撃をその位置の下に置きました。爆破は見るのにエキサイティングな光景でしたが、効果がありませんでした。

マリンレパートリーにはさらに別のトリックがあり、これはうまくいきました。小隊は中戦車と2つの火炎放射器戦車を確保し、それらを反対斜面に逆らって操作できる地点まで、頂点の右側(西)にあるサドルに向けました。タンクが75mmを入れている間。砲弾と機関銃が敵の位置に向けて発砲し、火炎放射器が斜面全体に火を吹きかけました。その直後、歩兵は頂点を攻撃し、難なく勝利しました。

日暮れまでに、第7海兵隊はダケシリッジの大部分をしっかりと保持しました。真夜中の少し前に、日本軍は尾根の第2大隊に対して反撃を行った。これは、この連隊に対する3回目の反撃でした。アメリカ人は、この地域の優れた地図を持った2人の日本軍将校を含め、会社の力として推定される約40人の部隊を殺害した。戦車歩兵チームは13日、残りのDakeshiRidgeを確保しました。

5月13日、ワナリッジへの襲撃に備えて、第2大隊がダケシの町を移動しようとしたときに野蛮な戦いが繰り広げられました。ダケシはトンネル、シャフト、洞窟のネットワークであり、大規模な防御力に理想的でした。狙撃兵は廃墟の中に、壁の後ろに、そして貯水池や井戸にいました。前方の小隊は、正面と両方の側面から迫撃砲と自動射撃によって野外で捕らえられました。ラジオが故障した。戦車と大砲が男性を支え、煙で彼らをふるいにかけようとしましたが、日本人は煙の中を這い回り、小隊を手榴弾で撃ちました。手榴弾が爆発して3人全員が死亡したとき、1人の海兵隊員が重傷を負い、撃たれるように懇願したが、2人の仲間に助けられていた。小隊は、元の49個のうち32個が死亡または負傷した後、撤退しました。

ダケシリッジ 東斜面に到達しようとして、第7海兵師団第1師団のこれらの戦車歩兵チームに攻撃されました。下では、ダケシ海嶺にある日本軍の洞窟に接近した第7海兵隊が、敵の迫撃砲弾が頂上で破裂したときに地面を抱きしめています。洞窟はシェルバーストの右側のくぼみにあります。

第1海兵隊が右側に前進

5月10日から13日にかけて第7海兵隊がダケシリッジのために戦った間、第1海兵隊は首里高原の下の起伏のある地面に沿って南に移動した。 5月9日にヒル60を占領した後、第1海兵隊はその行動ゾーンが下向きに傾斜し、シュリハイツとワナドローのすぐ下にあるヒル55からの敵の観測と射撃にさらされているのを発見しました。連隊の直前に、エイサ川によって排水された低流域がありました。海兵隊の右側では、那覇からの鉄道が堤防に沿って走っていた。

5月10日と11日に第1海兵隊がダケシ海嶺の西側の機首を越えようとしたとき、首里高原からの砲火は非常に激しく、前進は停滞した。その結果、攻撃の方向が変わり、海兵隊は、ダケシリッジに広い停泊地を与え、鉄道の西に進んだ。ここで第1海兵隊は第6海兵師団と協力して順調に進歩した。しかし、軍隊が右側に進むほど、前方の要素を供給することの難しさが増し、すべての接近経路が攻撃を受けました。日本の大砲がダケシリッジと鉄道の間のエリアを砲撃しました。 5月15日にはエアドロップを使用する必要がありましたが、一部のパラシュートが敵の攻撃を受けたエリアに漂流したため、これらは部分的にしか成功しませんでした。

5月13日の第1海兵隊の攻撃は、ダケシ海嶺での第7海兵隊の動きと調整されました。砲兵、艦砲、迫撃砲、37mm。銃が海兵隊の前の地域を襲った。正午までに、3D大隊は55丘の近くにありました。この丘は、ワナドローの南壁の一部を形成し、海兵隊に急な傾斜を示しました。その防御は、ワナリッジとドローの防御とうまく統合されていました。ある会社は戦車に支えられて午後にヒル55を襲撃しましたが、高所からの大火事に見舞われました。日本の機関銃、迫撃砲、20-MM。自動銃は会社を煙幕の下で撤退させました。

5月14日の計画は、第7海兵隊と協力してワナリッジを攻撃することでした。ワナリッジはワナドローの北壁を形成しました。首里北部から伸びる長い珊瑚の背骨である尾根には、両側に要塞化された墓が並んでおり、その多くは低地に面していた。

ワナドローのために戦う

第5海兵連隊は5月14日の夕方に第1海兵隊を救援しました。現在の計画は、利用可能なすべての武器でWanaDrawとその周辺の高さを攻撃することでした。 5月16日に、4基の自走砲と12基の直火用戦車が到着しました。リレーで動作し、歩兵のファイアチームによって護衛された戦車は、ワナドローの河口の低地に移動し、高地に向かって発砲し始めました。敵は47mmでほぼ即座に反応しました。対タンク砲火で、彼は迫撃砲の砲弾に落とした2両の戦車を破壊し、付随する歩兵を殺しました。海兵隊は彼らの犠牲者で引き返した。しかし、オブザーバーは、日本の対戦車砲の位置と主砲の2つを発見しました。 コロラド 午後遅くに両方を破壊した。

戦車とM-7(自走砲)は引き続きワナドローに押し上げられました。 17日、第2大隊は、ヒル55を襲撃しようとしましたが、攻撃は時期尚早でした。ワナリッジの日本の機関銃と迫撃砲は歩兵を止め、47mmでした。銃は2つの戦車をノックアウトしました。海兵隊は丘の西斜面しか保持できなかった。翌日、戦車と自走砲が7,000発以上の75mm砲を発射しました。と105mm。日本のポジションに。解体と火炎放射器を持ったエンジニアは、ワナリッジの低い斜面で敵の武器を破壊しました。 14

5月20日の朝、海兵隊が丘の頂上に移動したとき、艦砲、野戦砲、戦車、M-7がシュリハイツとヒル55を砲撃しました。歩兵は、短い手と手との出会いの後、頂上で何人かの日本人を破壊した。戦車歩兵チームはワナドローに移動し、ポイントブランクの火で55丘の反対斜面に掘られた多くの日本人を殺しました。この位置の押収により、55丘の下の地面でさらに前進することが可能になりました。サッチェルチャージを装備した日本兵による。 5月21日までに、第1海兵師団は、西の首里城を保護する最後の自然の特徴である高い障壁である首里海嶺を攻撃していました。

ワナリッジでのデッドロック、5月16〜21日

ワナドローアンドヒル55エリアでの第5海兵隊の前進と、ダケシリッジでの第7海兵隊のしっかりとしたグリップにもかかわらず、日本人はワナリッジを保持し続けました。この尾根での彼らの位置は、両方の連隊セクターを見落としていました。 16日、第1大隊、第7海兵隊は、ワナリッジの西の鼻の周りを調査するためにパトロールを送りました。歩兵がパトロールの後ろに移動したとき、日本人は一連の反撃を開始し、海兵隊をワナリッジの北の基地に戻しました。

5月17日の朝に第1大隊を救援した後、第3大隊は、ダケシ町の南端の位置に戻ることを余儀なくされるたびに、3日連続でワナリッジを攻撃した。攻撃者は通常、頂上に到達することができましたが、すぐに強烈な迫撃砲と正面と両方の側面からの自動発砲にさらされ、頂上を耐えられなくなりました。 5月19日、第7海兵隊は第1海兵隊に置き換えられました。 5月10日以来1,000人以上の死者、負傷者、行方不明者を失った7日は、シュリハイツの戦いに参加したことで、後に会長賞を受賞しました。

第1海兵隊が引き継ぐまでに、ワナドローヒル55地域の進歩は、ワナリッジの戦いでそれ自体を感じ始めていました。戦車、M-7、砲兵は、ワナリッジの反対斜面であるワナドローの北壁を砲撃していました。それにもかかわらず、首里町からワナ海嶺に「集中」された日本の大砲とより軽い兵器は、まだゴツゴツした尾根線を支配していました。いくつかの日本の陣地は、ワナドローの上部の200フィートの薄壁に組み込まれており、ほとんど攻撃できませんでした。

第1海兵隊は、5月10日の朝、ワナリッジに2方面からの攻撃を開始しました。 3D大隊はワナリッジの南東を攻撃することになっており、2D大隊はリッジの東の延長である100メートルの丘に向かって前進することになっていた。戦車、自走砲、37mmでサポートされています。銃、第2大隊は100メートルの丘のふもとに急速に進んだ。ワナリッジと南からの砲撃により、前方の3個小隊が斜面で停止したが、別の会社がそれらを通過して攻撃を続けた。夕暮れまでに、第2大隊は尾根の一部を保持しましたが、100メートルの丘は保持しませんでした。激しい近距離戦闘では、3D大隊は西斜面でわずか200ヤードしか獲得できませんでした。

攻撃は5月21日も続いたが、進行は前日よりもさらに遅かった。沖縄でのこれまでの多くの試みのように、軍隊が特定のものを破壊するために最も精力的な努力をすることを余儀なくされたので、攻撃は弱まりました

ワナリッジの反対斜面 ワナドローの斜面から現れたように。写真右側の高い樹木のない地点は100メートルの丘です。以下は日本の47mmの残骸です。対戦車砲と火炎放射タンクで燃やされた乗組員。

砲弾、手榴弾、解体のある位置。第2大隊は、ナパーム弾をワナドローに注ぎ、それを点火しました。これにより、敵の一部が野外に追いやられ、迫撃砲にさらされました。バズーカ、ライフル手榴弾、そして何百もの白リン弾と断片化手榴弾が、ワナの反対斜面の洞窟に対して使用されました。日本の迫撃砲と狙撃兵の射撃は激しく、海兵隊は自国の墓と珊瑚の層に隠れることを余儀なくされました。 3D大隊は、ワナリッジの壊れた地面を通って75ヤード前進しましたが、その夜、前の位置に戻らなければなりませんでした。 2D大隊は、100メートルの丘を奪おうとする別の試みで足を止められました。

5月21日の真夜中過ぎに、約200名の敵軍が、第1海兵隊をワナリッジの前方斜面から追い出そうとしました。ロープ、ピック、はしごを使って急な反対斜面を登った後、日本軍は尾根の小さな切り込みから急上昇し、海兵隊の陣地に突撃した。 2D大隊と3D大隊の間に細い線を持っているC社は、自動およびライフル射撃を使用しましたが、そのような短距離で最も効果的な武器は手榴弾でした。海兵隊は彼らの腕が同時に痛むまで彼らを投げました、モルタルマンはワナの反対斜面に重い集中を置きました。日本軍の攻撃が確認されました。 C社はこの攻撃で4人の死者、26人の負傷者を失ったが、午前中にその部門で140人の死者を数えた。

センターでの攻撃

第77師団のセクターでは、5月11日の第10軍の攻撃により、首里でのカタツムリのような正面前進が再開されました。国道5号線の南東にある長く開いた谷の反対側で戦う師団の2個連隊は、互いによりも隣接する師団とより緊密に連携しなければなりませんでした。 77番右(西)の第305海兵師団の進軍は、高知海嶺の西南西の高台に沿って第96師団と緊密に連携した第306海兵師団の進軍に大きく依存していた。 (マップNo. 40を参照。)77番目に直面している敵軍は2個大隊で構成されていた。 第32連隊、第24師団、 首里警備隊を含む4個大隊の要素によってサポートされています。 15

第305歩兵師団のセクターは、187丘から首里に向かって南に伸​​びる雑然とした地面でした。大胆な地形とは対照的に、東と

首里の北西にあるこの地域は、無数の丘、峡谷、引き分けが点在する荒れた高原でした。 5月中旬までに、砲弾の穴、塹壕、隙間のある洞窟の口によって地面がさらに破壊されました。生きている植物はほとんど見えませんでした。 305番手は押し続けたが、数ヤード進むたびに破壊されるポジションが増えた。攻撃は5月15日までにアメリカ人の着実な犠牲を払った。305番目は約4分の1の強さで戦っていた。 16

通常、沖縄では、アメリカ人は午前中に攻撃し、午後遅くに新しい位置を掘り下げ、夜の間は緊密な境界防御を行いました。しかし、いくつかの機会に、第77師団は夜間攻撃を行いました。このような攻撃は5月17日に第307歩兵によって行われ、第307歩兵は、イシミの町の西にあるイシミ海嶺を占領しようとして5月15日に残された師団の第306歩兵を救援した。敵に囲まれた位置を維持するための必死の努力に発展したこの攻撃は、多くの歩兵がわずかな利益さえ登録するために沖縄で経験しなければならなかった試練の典型でした。

日本の路線を通って一見美海嶺まで

5月16日の暗くなる直前に、第307歩兵中隊E中隊長のセオドア・S・ベル中尉が小隊長を珊瑚の頂点の上の第2大隊観測所に連れて行き、夕暮れにぼんやりと見えるイシミ・リッジを指摘した。南に、そしてE社が尾根に突然の夜の攻撃をするように命じられたと発表しました。暗くなる前の残りの数分で、将校たちは土地の産地を研究しました。 H社の重機関銃セクションとC社の強化ライフル小隊が攻撃のためにE社に取り付けられました。強化された会社のメンバーは、その多くが以前の戦闘経験のない交代要員であり、武器を装填してロックし、銃剣を修理するように命じられました。 17

E社は5月17日0300に暗闇の中で引っ越しました。谷の西部を下って行くと、0400の軍隊は出発線に到達し、そこでC社からの小隊が合流した。15分後、強化された会社は静かに低地に沿って進路を選んでいた。頻繁なフレアに照らしてぼんやりと見えるイシミリッジのいくつかの窮地の木がガイドポイントとして機能しました。日本人は地面を支配したが、アメリカ人は発見されなかった。フレアが頭上で爆発するたびに、軍隊は彼らのトラックで凍結しました。

バトルの音-ライフルと自動発砲、そして砲弾の渦巻き-は常に彼らの周りにありました。

会社は夜明けの直前にIshimmiRidgeに到着し、平らな頂上の125ヤードのセクターに沿ってポジションを取り始めました。珊瑚と岩が形成されているため、掘り下げるのは困難でした。イシミの頂上は中央で10ヤードの幅はほとんどありませんでしたが、両端で広がっていました。 3D小隊が左に移動し、2D小隊が中央を形成し、C社の小隊が右翼を取り、第1小隊が後部を保護しました。ベル中尉は尾根の狭い部分の北20ヤードのポケットに指揮所を設置した。

夜明けまでに、男性は定位置にいましたが、敵はまだ彼らの存在に気づいていませんでした。トンネルから出てきた日本人将校とその補佐官は、アメリカ人に気付く前に殺された。第2小隊は、1つの塹壕で12人の眠っている日本人を見つけ、銃剣とライフル銃で彼らを派遣しました。しかし、0530年までに、敵は完全に警告されました。日本軍はイシミミの南の尾根にあるトンネルから注ぎ出し始め、その間にある谷を渡ろうとした。アメリカの機関銃の火が彼らを切り倒した。すぐに敵の大砲、迫撃砲、機関銃、ライフルの火が裸の頂上を掃討し、軍隊は浅い穴に平らに横たわるようになりました。日本人は後方を含むあらゆる方向から発砲し、イシミ海嶺自体の低い斜面に沿ったトンネルの開口部からも迫撃砲を発射していました。

最初の日

日本人はすぐにE社の自動兵器を発見しました。 1丁の重機関銃は、乗組員が三脚に置いていたときに粉々に吹き飛ばされ、もう1丁の重機関銃は、1箱の弾薬を発射する前に破壊されました。乗組員のほぼ全員が殺されました。両方の軽機関銃は0700までにノックアウトされ、一方は完全に埋葬されていました。軽迫撃砲の1つを除いてすべてが1000年までに活動を停止しました。大隊とのベル中尉の通信も標的でした。彼の会社と砲兵の前方監視員によって持ち込まれた5つの無線機のうち、1つは迫撃砲弾で破壊され、もう1つは発砲され、2つは空中発射されました。 1つだけが無傷のままでした。

アメリカの火力が低下したので、日本人は困惑した軍隊を破壊するために接近しようとしました。尾根の東部の露出した位置を占める3D小隊は、その左側の3つの銃剣の突撃を撃退しました。アメリカ人は手榴弾で多くの犠牲者を出しました。イシミミの南の尾根にいる日本人は、中央を占領して、第2小隊の大きな犠牲を払った。どちらかの側面から100ヤード離れた場所で一斉に発砲する2基の膝迫撃砲が、体系的に掃討しました。

ISHIMMI RIDGE、 右手前からこの写真が撮られた飛行機のスピナーまで伸びていて、首里の北東の平らな地面から立ち上がっています。尾根のすぐ後ろには一神美の村があり、沖縄の古都の前に描かれています。これらの位置から、敵は丘の上の第307歩兵、第77師団の小グループに迫撃砲を注ぐことができました。

一端から他端へのアメリカの立場。死者は彼らが落ちた血のプールに横たわっていたか、または生きるための場所を作るために穴から押し出されました。援助者は負傷したが、物資が尽きるまで仕事を続けた。

日中、第307歩兵は、火を掃くアプローチで会社を強化することはできませんでしたが、大砲と自走砲で部隊を支援しました。大砲会社の武器は、丘を襲おうとしている日本人に直接発砲しました。多くのアメリカの砲弾が包囲された軍隊の非常に近くに着陸したので、男性は岩を浴びせられました。残りの1機の無線機により、ベル中尉は支援射撃の標的を特定することができました。迫撃砲と重機関銃も敵の突撃を打ち砕くのに役立ちました。

複合火事は日本人を一神見の斜面に積み上げたが、彼らの攻撃は続いた。正午までに、第2小隊と第3小隊は半分の力になり、会社の他の部分もひどく苦しんでいました。ベル中尉は、夜間に延長された位置を保持できない可能性があることに気づき、午後遅くに2Dおよび3D小隊に指揮所に引き込み、その周囲に境界線を形成するように命令しました。第2小隊はそのセクターに6人のひどく壊れた男がいたので、撤退は困難でした。これらはポンチョの上に置かれ、そりのように引きずり出されました。出て行く途中で機関銃の火事で1人の犠牲者が死亡した。

夜の間に救助隊がE社に侵入しようとしたが、日本人はそれを待ち伏せし、生存者は引き返した。イシミ・リッジのアメリカ人は、夜間に大砲、迫撃砲、「爆弾」に砲撃され、潜入の試みを何度か撃退しました。フレアはそのエリアを明るく保ち、E社が接近する日本人を見ることができるようにしました。睡眠は不可能でした。疲れた緊張した男達は狐穴に腰を下ろし、夜明けを待ちました。

2日目

負傷した男性のうめき声は、その多くが水不足と医療援助のために哀れな状態にあり、緊張に加わった。前の晩、すべての食堂は空にされていました。それにもかかわらず、戦闘規律は優れたままでした。最悪の問題は、勇気はあるが経験の浅い交代要員に関するものでした。突然絶望的な状況に突入し、それらのいくつかは決定的な瞬間に失敗しました。一人の男は、30フィート離れた軍曹を攻撃している2人の日本人を見たが、彼の指は引き金で凍った。別の人は、自分のライフルを手にしたまま、同志が日本人を撃つように激しく叫んだ。別の人は、敵の兵士が自分の穴から数ヤード離れたところにいるのを見て、引き金を引いて、リロードするのを忘れていたことを発見しました。しかし、試練の終わりまでに、生き残った後任は戦いに強いベテランでした。

午後の間に、307番目は小グループを強化しようとしました。 C社の要素はIshimmiRidgeの北のオープングラウンドを横断しようとしました。司令官と5人の男性だけがE社に到着しました。男性は無事に狐穴にスクランブルをかけましたが、司令官は指揮所に向かってレース中に頭を撃ち抜いて、指揮所の狐穴の欄干で死にました。午後遅くに、80人の男性のごみを運ぶユニットが夕方に通り抜けようとするという言葉が来たとき、精神はかなり上昇しました。

暗くなった後、敵の火は弱まり、最初の同腹児は約2200に到着しました。彼らは、すぐに死傷者を運び始めました。負傷者の歩行は彼らに同行した。ごみの持ち主は素早く動き、フレアの光の中で見られることをなんとか避けました。素晴らしい規律と幸運により、18人の男性が2時間半で実行され、他の男性は出て行った。ごみチームは水と弾薬を持ってきて、軍隊は前日以来初めて飲んだ。尾根での2番目の眠れない夜が過ぎました。

三日目

午前中にE社がその夜安心するというメッセージが届きました。正午までにラジオは非常に弱くなり、会社とのそれ以上の通信は不可能になりました。その日はゆっくりと続いた。 2100年までに、まだ救済の兆候はありませんでした。しかし、その後まもなく、ライフルの火が後方に激化し、そこでの活動の兆候が現れました。 2200 L社に、第306歩兵の3D大隊が到着した。救援は真っ暗闇の中で行われ、E社の各メンバーは交代要員が彼の位置に着くとすぐに去った。やっかいな生存者が0300に尾根を降りようとしていたとき、破裂した砲弾が2人の新参者を襲い、そのうちの1人はポンチョで避難しなければなりませんでした。 E社は自分の負傷者を背負って、白いテープを後ろにたどり、無事に到着しました。

イシミミを夜間攻撃した強化された会社の204人の将校と男性のうち、156人が殺害または負傷した。 E社の元の129人のメンバーの残りは28人の民間人、1人の下士官、2人の将校でした。C社によって救援された小隊は58人の有効部隊を連れて出て行き、13人で戻ってきました。 4人だけが戻ってきました。しかし、E社は首里に向けて数百ヤードの前進を先導し、支援兵器の助けを借りて一神見周辺の数百人の日本人を殺害した。

イシミ海嶺を保持するための戦いの間、第305歩兵師団は国道5号線に沿って攻撃を続けていた。敵は、高速道路から西に走る指の尾根の彼の位置に粘り強く保持した。激しい火の戦いが燃え上がり、しばしばかなりの時間前進を遅らせました。小さな丘と尾根のネットワークは、日本軍にほぼ完全な十字砲火をもたらし、多くの陣地が他の5、6人によって覆われました。 305番艦は、中戦車、自走榴弾砲、対戦車砲、装甲火炎放射器など、すべての支援アームを使用していましたが、すべてのサポートの長所を同時に中和することはほぼ不可能でした。軍隊が首里の北の郊外に到着していたので、第306歩兵は5月21日に第305歩兵を救援しました。 18

チョコレートドロップヒルの削減

わずかに尖った頂上を持ち、平らな地面から突然立ち上がる、むき出しの茶色の土のこぶは、実際、わずかに傾いた受け皿の上に置かれたチョコレートの滴に似ていました。 19

いくつかの状況により、「ドロップ」はほとんど難攻不落の位置になりました。受け皿を横切る動きは非常に困難でした。いくつかの場所での低木地の成長を除いて、周囲の地面には覆いがありませんでした。国道5号線近くの受け皿の西部は低く湿地で、戦車やその他の重火器には適していませんでした。チョコレートドロップの近くは、沖縄で最大の鉱山フィールドの1つでした。この地域は、東のフラットトップヒル、南西のイシミリッジ、そしてアメリカ人が前進していた北を除いて、円の周りの他の高さから火事で覆われていました。日本人はまた、チョコレートドロップと、フラットトップとチョコレートドロップの間を南西に走る長い尾根にあるチョコレートドロップの東500ヤードのノブであるウォートヒルに通常の反対斜面戦術を持っていた。

5月11日の0700に、31分間の砲兵準備の直後、歩兵は退去しました。第306歩兵の第3大隊は、第77師団セクターの左側(東)で主な努力をすることでした。軍隊は、大砲と迫撃砲の雹によって止められたとき、200ヤード強進んでいました。チョコレートドロップのすぐ北に集まる、交差した機関銃の射撃場も道を阻んだ。 0900年までに、ある会社が丘の北の麓近くで近接戦闘に従事しました。他の部隊は左側を前進しようとしましたが、ワースヒルのふもとに定着した敵に止められました。 20

戦車、自走砲、大砲、迫撃砲、その他の歩兵の重火器が攻撃を支援しましたが、ドロップの反対斜面に掘られた日本軍に到達できる武器はなかったようです。フラットトップの日本の兵器は大きな犠牲を払った。フラットトップにさらされた1個小隊は、攻撃の最初の数分間で11人の死傷者を出しました。日本の4.7mm。対戦車砲は、戦車がオープングラウンドを横断しようとして大混乱を引き起こしました。この火災により、2台の戦車が破壊され、他の6台が損傷を受けました。別の戦車が線路を投げ、後に日本の梱包爆薬によって破壊されました。日中に53人の死傷者を出した後、大隊は前夜の位置に撤退した。

チョコレートドロップヒル 5月13日、戦車と装甲火炎放射器による西からの攻撃を受けました。 「ドロップ」とフラットトップの間のドロー(下)を移動した戦車は、これらの丘の反対斜面から火事でノックアウトされました。

次の日、5月12日、第306はその位置を保持し、両方の側面で友軍の前進を支援しました。戦車小隊に支えられた第306大隊の第2大隊は、第96師団の右側面を固定していました。第1大隊、第306は、第305歩兵師団の前進を支援しました。この連隊は国道5号線の西の壊れた地面で非常に苦労していました。ここの日本人は大きくてよく保護された洞窟で陣地を保持していました。そのような洞窟の1つには、2台の日本の21/2トントラックが端から端まで駐車されていました。

5月13日の計画は、フラットトップヒルとチョコレートドロップの複合攻撃でした。短いが激しい砲兵の準備の後、306番目はドロップへの攻撃を再開しました。第2大隊が攻撃を主導し、北東の高台を下った。大手企業は13分で丘に到着しましたが、激しい砲撃と迫撃砲の砲撃を受けて北の基地で失速しました。チョコレートドロップとフラットトップの間のエリアに左にスイングする努力はすぐに止められました:そこで軍隊はこれまで以上に露出されました。歩兵はなんとかチョコレートドロップの斜面の一部を確保することができましたが、すぐに丘のふもとに戻されました。 1400年に、敵は150mmで20ヒットを記録しました。チョコレートドロップのすぐ北の地域の大砲。利用可能なすべての砲兵、戦車、自走砲に支えられて、大隊は丘を占領するために3度目の試みを行いました。しかし、軍隊は維持可能な位置を獲得することができず、丘の北の地面の褶曲に300ヤード撤退しました。アメリカの中戦車2両、そのうちの1両は105mmを装備。榴弾砲は、日中に破壊されました。

一部の部隊は、チョコレートドロップの部隊が撤退したにもかかわらず、なんとかワースヒルのふもとを掘り下げ、その地位を維持することができました。ウォートの反対側の塹壕を占領した日本人は、夜中にこの小グループを攻撃しました。戦いは非常に激しく、アメリカ人は彼らの穴から追い出されました。暗闇の中で、彼らは仲間を殴るのを恐れて、あえて撃つことはしませんでした。手榴弾、銃剣、そして塹壕の道具を持って、男たちは彼らの穴に押し返し、今では十数人の日本人に占領され、すぐに彼らの地位を取り戻した。

5月14日までに、第306歩兵の戦力が激減したため、残りのライフル兵は1個大隊にグループ化されました。この複合大隊は5両の戦車に率いられ、ワースヒルを越えて前進しようとしました。攻撃小隊がウォートの斜面に到達するとすぐに、正面からの火のホロコーストと両方の側面が軍隊を襲った。数分で小隊は半分の力に減らされ、小隊長、小隊軍曹、そして分隊長はすべて犠牲者でした。敵の対戦車砲火は、頂上に現れた直後に6つの戦車を襲った。チョコレートドロップの近くのある場所で死んだ歩兵の列は1つに見えました

横になって休んでいた小競り合いのようなオブザーバー。チョコレートドロップと高地を東に持っていくためのさらなる努力は無益でした。翌朝、5月6日以来471人の死傷者を出した第306歩兵が第307歩兵に交代した。

5月15日の0900に、第307歩兵が第306歩兵を攻撃しました。機動の計画は、左側(東)のフラットトップと右側のチョコレートドロップへの同時攻撃でした。軍隊は、ライフル、機関銃、迫撃砲からの激しい攻撃の下で、目的に向かってゆっくりと移動しました。同時に、第96師団の要素は、第77師団の東のセクターで進歩を遂げており、これが第77師団の前進を助けました。正午までに、3D大隊はドロップの北の基地にあり、フラットトップの北斜面を上っていました。 2D大隊は、3D大隊の右側に移動し、約500ヤード前進した後、強力な迫撃砲と機関銃の砲火に捕らえられました。しかし、アメリカ人はまだ彼らの進歩を利用することができませんでした。 Chocolate DropとFlattopの間のサドルを移動することは、Dropの反対斜面から、および南側の防御システム全体から火を誘うことでした。前進が終了する前に、さらにいくつかの戦車が無効になりました。

しかし、初めて、第77師団の暴行部隊は、チョコレートドロップの真北、フラットトップのノーススロープの頂上のすぐ下に位置を維持することができました。夜の間に、敵はチョコレートドロップへの即時の接近で307番目のホールドを破ろうとしました。丘の反対斜面にある巨大な洞窟から、膝迫撃砲で武装した日本人のグループが暗闇の中でアメリカ人を2回攻撃しました。これらの攻撃は回避されました。しかし、その夜、日本人はチョコレートドロップのすぐ東の溝で、前夜に襲撃会社が丘から撤退した後に切断された5人の男性が、グループの2人を殺し、1人を負傷させたことを発見した。

307日は5月16日も攻撃を続けましたが、これもまたフラストレーションの日でした。 3D大隊の1個小隊がフラットトップの頂上に到達し、敵の迫撃砲と機関銃の砲火が軍隊を押し戻しました。日中はさらに4回、3D大隊が頂上に到達してその頂上を保持しようとしましたが、そのたびに軍隊は北斜面に後退しました。第2大隊は、チョコレートドロップの側面の周りを調査し続け、上部と反対斜面の敵に到達しようとしました。 1個小隊は午後遅くにチョコレートドロップから追い出されましたが、他の歩兵は丘の東の鞍で日中に獲得した位置を保持することができました。

フラットトップとルート5の間の第77師団の部隊はゆっくりと減少していました

第307歩兵の前のエリアに関係する敵の位置。 5月17日までに、この進歩はチョコレートドロップ周辺の足部隊の進歩に現れ始めました。歩兵は両脇腹に重火器で覆われ、丘の両側を反対斜面の巨大な洞窟まで駆け巡りました。中には対戦車砲4門、フィールドピース1門、機関銃4門、重迫撃砲4門、アメリカの60mm砲がありました。迫撃砲。日暮れまでに、洞窟は部分的に封鎖されていました。夜の間に敵軍は丘の周りのアメリカ軍の陣地に対して反撃を開始したが、25人の日本人が殺されたために撃退された。

次の2日間で、3D大隊はチョコレートドロップ周辺の位置を統合および拡大しました。南の敵の位置がまだその地域を見落としていたので、小さな丘を減らすことはくすぐったい仕事であり続けました。戦闘はまだ非常に混乱していたため、負傷した3人のアメリカ人がチョコレートドロップの南に2日間横たわり、その後救援が到着しました。その時までに2人が亡く​​なり、3人目は非常に気まぐれで、彼はまだ日本人と戦っていると思い、強制的に鎮圧しなければならなかった。 5月20日までに洞窟は完全に封鎖されました。敵はチョコレートドロップを奪還する最後の試みを行い、会社の力で攻撃しましたが、彼の力の半分を失って撃退されました。同じ日に、3D大隊は、戦車、火炎放射器、および解体チームを使用して、最終的にフラットトップの頂上を確保しました。

数日後、東京ラジオは沖縄のアメリカ軍に英語でメッセージを放送しました:

シュガーローフヒル。 。 。チョコレートドロップ。 。 。ストロベリーヒル。ねえ、それらの場所は素晴らしいですね!白いピケットフェンスが周りにあるキャンディーハウスと、木からぶら下がっているキャンディケイン、太陽の下で輝く赤と白のストライプを見ることができます。しかし、それらの場所について赤いのはアメリカ人の血だけです。はい、サー、それらはあなたが銃剣と時々あなたの裸の拳に降りるほど戦闘が近い沖縄南部の丘の名前です。敵が遠くにいるときは砲撃と艦砲射撃は大丈夫ですが、敵があなたと同じ狐穴にいるときは何の役にも立ちません。最悪の場所をきれいな名前で理想化して、ひどく見えないようにするのは自然なことだと思います。シュガーローフが頻繁に手を変えた理由は、ダンテの地獄のように見えます。はい、シュガーローフヒルです。 。 。チョコレートドロップ。 ./。ストロベリーヒル。いい音ですね。そこに行ったことのある人だけが、彼らが本当にどんな人かを知っています。 21

フラットトップとディックヒルズ

10日間で96日と77日。これらのポジションは、フラットトップとフラットトップの東にあるディックヒルズに組み込まれました。ディックヒルズとフラットトップは互いに非常に接近していたため、その削減は、師団の境界を越えた第96軍と第77軍の緊密な調整に依存していました。キャプチャされた日本地図は、これらの丘が首里防衛の内核の周囲にあることを示しました。

日本人はフラットトップ-ディックヒルズ地域に軍隊の雑多なコレクションを持っていました。過去数週間で大幅に減少しましたが、 22d連隊、 第24師団、 フラットトップエリアで利用可能な多数のポジションで、依然として十分に指揮され、効果的な防御が可能でした。をサポートする 32d連隊 の軍隊でした 第24輸送連隊、 NS 第29独立大隊、 そしてその 第27戦車連隊。 の残りの6つのタンク 27日 Flattopの後ろに掘られ、固定ピルボックスとして使用されました。戦車連隊の技術者は、道路やその他のアプローチを採掘し、アメリカの戦車に対して梱包爆薬を投げることができるベル型の狐穴を建設しました。日本人は7.7mmの数を回収しました。破壊された戦車から機関銃を発射して防御を強化します。 22

ディックヒルのミサは、正式にはディックベイカー、ディックエイブル、ディックライト、ディックレフトとして知られる4つの高さで構成されていました。これらの中で最も高く、最も重く要塞化されたのはディック・ライト(通常はディック・ヒルと呼ばれる)でした。これはフラットトップの仲間の丘の塊であり、そのすぐ南東にありました。ディック・ベイカーはゼブラに近く、オナガからゼブラの南東斜面に沿って南西に走る狭い道路のすぐ西にありました。ディック・エイブルはディック・ベイカーの南東にいた。もう一つの十分に強化され、強力に防御された高さであるディック・レフトは、ディック・ライトから南に走る尾根の南の標高でした。 (マップNo. 44を参照してください。)

5月10日から11日の夜、日本人が前日に占領していた陣地からアメリカ人を追い出そうとしたため、ゼブラヒルの頂上で戦いが激化した。 0730まで、敵は丘から追い出され、122人が死亡した。 11日には、M。L。ディル大佐が指揮する第96師団第382歩兵が、ゼブラでの地位を固めました。ディック・ヒルズ地域の日本軍陣地がその斜面を指揮していたため、丘の反対斜面での作戦は困難でした。その日の後半に行われた、オープングラウンドを越えてディック・ベイカーに移動する試みは、正確な敵の射撃のために失敗したことが証明されました。ある暴行小隊は下士官をすべて失い、その日の終わりには上等兵が指揮を執っていた。 23

ディックヒルズとフラットトップ、 これらの地位の削減から2日後の1945年5月23日に撮影されました。敵はまだ遠い斜面に擾乱射撃を落としていて、戦闘は首里に近づいていました。いくつかは避難所の半分で覆われているアメリカの狐穴は、丘の中腹にたくさん見られます。

382dは5月11日に再び攻撃し、右側(西)に第1大隊、左側に3d大隊がありました。滑車を使用して37mmを運搬しました。ゼブラの頂上までの対戦車砲で、南の高さの日本軍陣地に直接射撃します。砲撃と37mm。火事により、3D大隊の攻撃は、ベイカーヒルに向けて良いスタートを切ることができました。第1大隊の戦車歩兵チームがゼブラの反対斜面を一掃する間、第3大隊はゼブラとアイテムヒルズの間をゆっくりと前進しました。第1大隊はディック・ベイカーに向かって攻撃したが、後方からの砲撃に驚いた。 2つの大隊の努力にもかかわらず、ゼブラの反対斜面にいる何人かの日本人は生き残った。それにもかかわらず、第1大隊の突撃部隊はディック・ベイカーに到達し、重い煙幕の下で頂上を掘り下げました。激しい火事はすぐに彼らを撤退させました。

午後、A社はディックベイカーの東斜面を攻撃した。彼らのほとんどが南からの激しい火事によって固定されたとき、軍隊は頂上までの途中でした。ウッドロー・W・アンダーソン中尉と3人の兵士が暴行を続けた。アンダーソンは、Pfcの最中に、ディック・ベイカーの東面にある2つの巨大な洞窟を火事で覆いました。アマドールG.デュランは、彼らの間で頂上までダッシュしました。アンダーソンと他の2人の男性が彼に加わった。突然、素晴らしい迫撃砲の弾幕が丘の上に降りてきました。アンダーソンとデュランは、砲弾が狐穴に真っ直ぐに着地したとき、即座に殺されました。2人の生存者は、北西斜面を友好的な領土に駆け下りました。日中はそれ以上の進展はありませんでした。その日の連隊の唯一の成功は、ゼブラの南600ヤードにあるベイカーヒルの3D大隊の捕獲でした。

5月13日の努力は、第306歩兵、第77師団による右側の前進と緊密に連携していました。第1大隊、382d歩兵は、1100年の直後に押しのけられました。計画は、A社が先頭に立って、ディック・ベイカーを攻撃し、B社が左に振ってディック・エイブルに向かったことでした。しばらくの間、すべてが順調に進みました。両社は目的の頂点に達し、ほとんど火事に遭遇せず、すぐに洞窟やピルボックスを爆破し始めました。しかし、日本の砲手は待っていました。突然、爆発物の嵐がディック・エイブルの軍隊を襲った。 90mmの200ラウンド以上。 150mmと一緒に迫撃砲。砲弾と膝迫撃砲弾は、露出した小さな頂上に落ちました。中隊長と彼と一緒にいた14人の男性のうち1人か2人を除いて全員が殺された。 A社はディックベイカーでの地位を維持することができました。 (地図No.45参照)

日本人は5月13日から14日の夜にディックヒルズ地域での地位を強化した。翌朝、敵の砲火は非常に強かったので、戦車は

物資を前線部隊に輸送するために使用されなければなりませんでした。丘のふもとにある戦車から物資を受け取るために、ディック・ベイカーに狐穴を残すのは危険な手順でした。午後、右側の第306歩兵と調整した後、ディル大佐はディック・エイブルとディック・ライトへの攻撃を開始しました。ディック・ベイカーのA社の支援を受けて、B社は問題なくエイブルの頂上に到達することができました。午前中の強力な支援兵器の砲撃は、明らかにこの位置を覆っている迫撃砲の多くをノックアウトしました。その後、C社の小隊が北からディック・ライトを攻撃した。 5人の歩兵が坂の途中まで進んだが、最初の3人はライフルの火で殺された。敵も迫撃砲で小隊を開き、アメリカ人は撤退を余儀なくされました。

3D大隊もディック・ライトを攻撃し、ベイカー・ヒル地域からディックの東の指に向かって進んだ。 K社はなんとか指の北斜面にある軍の頂上にたどり着きました。戦車の小隊に支えられたL社が引き分けを開始すると、ディックライトにつながり、迫撃砲弾の弾幕がその上に降りてきました。いくつかのラウンドは戦車に衝突し、付随する足部隊に空気が爆発するのと同じ影響を及ぼしました。主要小隊の23人のうち2人を除く全員が戦死または負傷した。迫撃砲の射撃が続いていたにもかかわらず、中隊長は残りの部隊を結集し、彼らをディック・ライトの軍の頂上に導き、そこで彼らはK社の右側に拘束された。そして47人が負傷した。

夜の間に大雨が降り、軍隊が急な地形ですでに抱えていた困難を増しました。雨が降る前は、柔らかい地球が砂丘をスケーリングするように登っていましたが、今では丘の中腹は湿った粘土で滑らかになっています。午前中、3D大隊382dはその位置を固めることができました。しかし、軍の頂上からディック・ヒルの地形上の頂上に移動することは依然として困難でしたが、1個小隊がスカイラインの位置をつかんで保持しようと7回試みましたが、毎回頂上のすぐ下に押し戻されました。軍隊は、長い尾根の北斜面に沿って西にホールドを拡張することしかできませんでした。これらの攻撃により、382d歩兵は、77番目の左の要素が数日間運転していた西のフラットトップ周辺での戦闘と密接に関連しました。 (地図No.46参照)

北から見ると、フラットトップはその名前が示すものに似ていました。長いテーブルトップの尾根が、両端の狭いサドルに突然落ちました。それは、南東に円錐形の丘まで伸び、首里の東の防御を構成する険しい丘の塊の右側面に立っていました。高知渓谷はフラットトップが支配的

北西のチョコレートドロップを含め、北に1,300ヤード。ちょうど東の、道路の切断によって深くなったサドルの反対側には、第96師団の目的であるディックヒルがありました。フラットトップはかなり急な反対斜面を持ち、通常の敵の防御が豊富でした。 24

フラットトップは、その連隊が5月11日の第10軍の攻撃で撤退したとき、第306歩兵第77師団の目的の1つでした。チョコレートドロップは他の目的でした。 FlattopはChocolateDropとDickHillの西斜面の両方を指揮し、Flattopが採用されて初めて、他の斜面を完全に減らすことができました。その上で、3D大隊の要素がフラットトップの北の地面の拡張されたうねりに沿ってゆっくりと働き始めました。 12日、戦車歩兵チームはフラットトップに到達しようとしましたが失敗しました。日本の火力は軍隊が高さの範囲内に入るのを防いだ。 13日と14日の同様の努力は挫折しましたが、毎日、大砲やその他の支援兵器が丘を激しく叩きました。 5月15日の朝、第307歩兵は第306歩兵を救援しました。

5月14日から15日の雨の夜を通して、砲兵はフラットトップと隣接する丘を砲撃しました。第307歩兵の第3大隊は、午前9時に攻撃しました。軍隊は手榴弾、梱包爆薬、携帯用火炎放射器を持ってフラットトップの滑りやすい顔を上に移動しました。戦車は丘の頂上と正面に直接火を放ちます。軍隊は午後を敵との手榴弾の戦いで過ごし、頂上のすぐ下の夜を掘り下げました。翌日、小隊が丘の頂上に到達したが、その直後に、南に1,000ヤード離れたトムヒルの敵の位置から迫撃砲が大量に集中し、アメリカ人は頂上から追い出された。その間、サポートタンクはフラットトップ周辺に掘られた6台の敵タンクを素早くノックアウトしました。日本の第27戦車連隊のメンバーは、アメリカの戦車射撃の正確さに驚いて、それを「100発-100ブルズアイ」と表現しました。 37mmのこれらの戦車の破壊。銃はフラットトップの戦いにほとんど影響を与えませんでした。本当の問題は地雷と47mmでした。日中に一緒に3つのアメリカの戦車をノックアウトした反戦車火災。

17日、フラットトップで別の激しい闘争が激化した。闘争は丘の狭い頂上を横切って前後に揺れました。暴行部隊であるK社は、その日の終わりまでに14人の歩兵に減らされ、ついにトップから追い出された。戦車はフラットトップとディックヒルの間の道路の切断を通過しようとしましたが、そのうちの2つは地雷によって無効にされ、切断はブロックされたままになりました。その後、道路の切断は、鉱山を撤去するために7トンのバンガロール魚雷によって全長に沿って吹き飛ばされました。歩兵は接近を続けた

5月18日、より多くの戦車がカットを通過しようとしたときに敵と戦った。 47mm。対戦車砲は、カットから出現した最初の戦車の1つを破壊しましたが、アメリカの105mmによって順番にノックアウトされました。自走砲。第77師団と第96師団の他の戦車が支援を開始しました。

今や初めて、アメリカ人はフラットトップとディックヒルの反対斜面に直接射撃を行うことができました。これは決定的なことを証明するためでした。戦車と突撃砲は、翌日5月19日を通して日本の陣地に破壊的な火を放ちました。フラットトップの南西からの敵による銃剣の突撃は、大砲と迫撃砲の砲火によって分散されました。 5月20日、最後のアメリカ軍の攻撃は手榴弾の飽和シャワーで始まりました。 Flattopのベースから伸びる一連の男性は、手榴弾を手榴弾を渡して、頂上に沿って並んでいる軍隊に渡しました。軍隊は、ピンを引き抜くことができる限り速くミサイルを投げました。歩兵はそのアドバンテージをつかみ、梱包爆薬と火炎放射器を使って反対斜面の爆破洞窟を下った。道路沿いの戦車が日本人の多くを占めていました。 1545年までにフラットトップは倒れた。 250以上の敵の死体が丘の頂上と反対斜面に横たわっていた。

第96師団第382歩兵のゾーンでは、ディックヒルをめぐる激しい闘争が5月15日から20日まで続いた。丘の頂上を移動するすべての試みは、オーボエの丘から左(東)に、フラットトップから右に機関銃の火を放牧することによって満たされました。第2大隊は、16日の朝に第1大隊を救援しました。前夜、アメリカ軍の路線はディックヒルの南斜面に押し戻されていたため、作業の一部をやり直す必要がありました。日本軍の抵抗は減っていないようで、戦いは夜遅くまで激しさを増した。西のディックヒルの頂上を保持するための努力は、フラットトップからの火に男性をさらしました。 382dは17日に少し進歩しました。

5月18日にフラットトップとディックヒルの間で切断された道路の押収は、フラットトップの闘争でもあったため、ディックヒルの戦いのターニングポイントでした。 5月19日と20日、ディックヒルの反対斜面にある382dの船倉は着実に拡大しました。南の敵陣地からの激しい対タンク砲撃が続いたにもかかわらず、戦車歩兵チームは、すぐ近くのディックヒルズ地域の日本の強みを系統的に破壊しました。ある時、装甲火炎放射器が洞窟から50人の日本人を洗い流し、50人全員が逃げるときに切り倒されました。ポケットは5月21日までに掃除されたままでした。しかし、その時までに、382dは連隊の左にオーボエヒルを連れて行くための別の粉砕努力に関与していました。 25

ディックヒルズとフラットトップ周辺の進歩 難しかったです。上には、ディック・ベイカーの第77師団第382歩兵の部隊が、ディック・ライトへの前進を支援しているように見えます。下に、フラットトップがアメリカの戦車の火を受けているのが見られます。

第24軍団G-2のニスト大佐は、5月11日の攻撃後の最初の週の首里戦線に沿った行動を次のように要約した。

先週の行動の間、私たちの軍隊が敵の主要な防御に向かって戦い続けたとき、日本軍は地面を犠牲にするのではなく、全滅に苦しむ完全な意欲を示しました。期間中、このパターンに変化はありませんでした。 26

東海岸回廊を開く

コニカル-ミリオンダラーヒル

海岸平地のコニカルピークの北東1マイルは、敵が投影した与那原滑走路で、草で覆われ、ほとんど区別できませんでした。ウナハは滑走路の西にあり、その村の後ろで地面は急に178ヒルに上昇しました。この高地はU字型のボウルの北端を形成し、その開放端は湾に面していました。北から南にかけて、テア、ウィリアム、イージー、チャーリー、キングとして知られる丘の連鎖がUの基盤を形作り、コニカル自体が南の腕でした。南の腕の真ん中近くの与那城(またはガラ)の村のそばにそびえ立つガジャリッジを除いて、囲まれたエリアは平らで、時には湿地でした。

フォックス、チャーリー、キング、コニカルヒルズの背後を走る谷は、ナハ-与那原道路までずっと、コニカルヒルセクターを首里防衛の内輪から隔てていました。首里の東側の側面を守っているオーボエの丘のミサは、谷を越えて円錐形の頂上から北西に1マイルのところにありました。 28

迫撃砲と有機75mm砲で武装した約1,000人の日本人が、コニカルヒル自体の陣地を占領しました。セクターの防衛は金山保西大佐に委ねられた 第89連隊第24師団、 によって補強された 第27独立大隊、 「海襲大隊」に名称を変更した多数の港湾建設大隊の1つ。の1社も添付されました 3D独立機関銃大隊 そしてその 23d AntitankCompany。 5月8日付けのキャプチャされた日本地図は、2個大隊を配置しました。 第44回独立混合旅団 コニカルの頂上と与那原の間の地面を守っていたが、その後すぐにこれらのユニットはダケシセクターに移されたようだ。彼らの場所は、ナハ飛行場からの改造された飛行場維持飛行隊と、 第29独立大隊。 29

失敗した攻撃

キングと呼ばれるU字型の丘からそれを分離するカットのためにほぼ真南に走っています。フォックスヒルはイージーの西にあり、その南端はフォックスピナクルとして知られるチャーリーの西の急な小さな上昇で終わっています。

5月11日の大規模な攻撃は幸運にも始まりました。徹底的な迫撃砲の準備の後、B社はEasy Hillを難なく取り、EasyとCharlieの間のカットを通過して、南東からFoxに隣接し、その頂上で位置を獲得しました。 C社は、有利なジャンプオフポジションを目指して冗談を言った後、サミットではありませんでしたが、なんとかチャーリーヒルの頂上に立つことができました。その後、アメリカ人は、20ヤードまたは30ヤード離れた反対斜面に日本人が掘った長い一連の手榴弾の決闘の最初のものを始めました。 2日後、B社はフォックスからチャーリーの頂上を攻撃したが、キングヒルとチャーリーのC社に近い敵の位置からの火を枯らして止められた。 4人のアメリカ人がスカイラインを越えてチャーリーの反対斜面を攻撃したとき、コニカルヒルからの機関銃の射撃と愛の反対斜面からの迫撃砲の射撃が追加されました。 B社は撤退を余儀なくされた。

5月14日にある程度の進展が見られました。 B社は再びチャーリーヒルを攻撃し、北端に足場を確保し、C社はチャーリーの南の鼻の下に位置を広げました。しかし、チャーリーの西側を攻撃したA社の小隊のすべての人が殺されたり負傷した。同じ会社の別の小隊がフォックスピナクルを奪おうとしましたが失敗しました。同日、L社は5月13日にチャーリーとキングヒルズの間の引き分けを封鎖し、第1大隊と第2大隊の間のギャップを埋めるために陣地を占領した第3大隊がキングを攻撃し、紋章全体を獲得した。

チャーリーとキングの反対斜面は縮小されていませんでしたが、チャーリーを一掃して会社を置くことを目的とした計画の一環として、5月16日に東西に走る低くて裸の尾根であるラブヒルへの攻撃が開始されました。キングの西端にあるLは、火の基地を供給します。ラブヒルから、火はコニカルヒルの南西側の反対斜面の位置に到達し、382d歩兵のオーボエへの攻撃を支援する可能性があります。愛の防御の本質的な強さのために、攻撃は成功せず、チャーリーの南斜面で多数の洞窟に対して前進せず、日本人で群がった。戦車はC社の小隊がラブヒルに到達するのを助けましたが、弾薬を使い果たして撤退しました。愛そのものから、コニカルとオーボエの丘、そしてキングとチャーリーの反対斜面から発砲したと推定される50丁の機関銃からの殺人的な弾幕が、小隊を襲った。 6人の男性、全員


コニカルヒル 北と西に隣接する敵の位置


EAST COAST FLATLANDS、 コニカルヒルの東斜面を過ぎて、第184歩兵第7師団が与那原に進軍した。

負傷し、その夜20が目的に残されたその夜、アメリカ軍の戦線に戻った。

5月20日の夜明け前に、敵のラインの後ろで4日間を過ごした5人の生存者が戻ってきました。それらの1つ、Sgt。ドナルド・B・ウィリアムズは、負傷した同志の世話をするために洞窟に隠れていました。敵の兵士が洞窟にバズーカを発射し、ウィリアムズは入ろうとした日本人を殺した。ウィリアムズは、同志の状態が絶望的であり、彼自身が食料と水を求めて弱っていた後にのみ戻ってきました。他の4人の男性、Sgt。 R. D.ターナー、Pvt。ウィリアムシュウェネガー、Pvt。キースコクラン、およびPvt。最初の2人が負傷したケネス・ボイントンは、ラブヒルの麓近くの墓に滞在していた。彼らの夜の脱出の試みは、墓の入り口で訓練された機関銃と迫撃砲の火によって阻止されました。 2日目の夜、沖縄の老人4人、老婆2人、10歳の少女が一緒に墓に移動し、女性の1人が外に出て、2つの食堂に水を入れました。 4日目に、アメリカの激しい空爆が丘を襲い、アメリカの機関銃が100ヤードの距離から墓の3インチの開口部に鉛を注ぎました。その夜、C社の4人のメンバーは、近くの日本人がパーティーを開いていることを大声で歌い、女性の声が示したときに逃げ出した。

5月19日、E社はキングヒルの西端に設立されましたが、チャーリーとラブヒルズ、およびキングの反対斜面からの火事で追い払われました。第96師団がこのセクターを乗っ取って以来、この一連の丘を下る試みで300人以上が死亡または負傷しました。絶え間ない攻撃と戦車と破壊の使用は利用できず、緊張は軍隊に伝え始めていました。 5月20日、チャーリーの反対斜面に向かってアメリカ軍に向けて空爆が行われましたが、飛行機はわずか数ヤードの高度から500ポンドの爆弾を正確に投下しましたが、チャーリーのポケットは暴行に耐え続けました。それはまだ日本人と共に生きていて、ラブヒルからの支援の火は致命的でした。チャーリーポケットは、19日間の激しい闘争の後、5月30日まで、最終的に排除されることも、ラブヒルが奪われることもありませんでした。

堤防の穴

コニカルの北側のスパーはトバルとアマルに流れ落ち、G社は広範囲にわたる偵察を行い、このスパーの西側のドローで多くの敵の位置を破壊しました。ホッジ将軍はその夜、第96師団の報告書を読んだとき、すぐにその指揮官であるブラッドリー将軍に電話をかけ、北からのコニカルヒルへの正面攻撃を押すように指示した。ホッジ将軍は彼の仲間に、「首里線を作ることができれば、首里の鍵を握るだろう」と語った。 30

13日の1100年、バックナー将軍はメイ大佐の監視所に到着しました。メイ大佐はコニカルヒルへの襲撃の時期が到来したと判断しました。 F社は午前中にB社から2個小隊の戦車に潜入した与那城(ガジャ)を一掃し、E社と協力して763d戦車大隊がコニカルの北斜面の敵陣地を午前中攻撃したが、G社はコニカルの北側の小隊の西にある強みを攻撃することは、後部のチャーリーヒルとコニカル自体からの火によって頂上に登ることができなかった。メイ大佐は、第2大隊司令官のリーモリス中佐に、E社とF社でコニカルを正面から攻撃し、歩兵と共に丘を上って戦車を動かすように命じた。

左側のF社の2個小隊は、コニカルの北東の拍車に向かって走り、驚くほど簡単に途中で一連の岩に到達しました。 2つの小隊軍曹、T / Sgt。ガイ・J・デールとT / Sgt。デニス・O・ドゥニファンは急いで協議を行い、中隊長のオーウェン・R・オニール中尉からの命令を待たずに頂上に上がることにした。 1300年までに、男性は尾根の北東の頂上に到達しました。

日本の反応は強烈でした。 2個小隊が掘り下げたときに迫撃砲が撃ち込まれ、1525年に、少なくとも中隊の強さの反撃が正面とF社の露出した左翼に当たった。ドゥニファン軍曹は立ち上がって、10フィート離れた敵の兵士にBARを空にし、ライフルをつかんで攻撃者に発砲し続けました。オニール中尉は丘を下ってランナーを送り、第2小隊のリーダーであるリチャードW.フロシンガー中尉にすぐに立ち上がるように命じた。フロシンガー中尉は、敵対的な機関銃の射撃を通して小隊を真っ逆さまに丘の上に導いた。コニカル上空を飛行するアメリカの砲撃機が戦闘を監視し、発砲を要求した。突然、圧倒的な集中力の大砲の空気が爆発し、4.2インチの迫撃砲が山頂のすぐ向こう側に飛び散りました。火事は完璧なタイミングで行われ、日本人は撃退されました。

南からシュガーヒルへ

メイ大佐が「私が今まで見た中で最も勇気のあるグループ」と呼んだものの中で、G社の2個小隊、383d歩兵は、5月15日にコニカルヒルの北西の小隊をキングヒルから非常に厚い迫撃砲の火を通して上に移動した。 。彼らはコニカルピークのすぐ下を掘りました。コニカルの北の拍車から山頂の基部の周りから会社の他の部分との物理的接触を確立するための会社の予備小隊による以前の試みは、操縦に従事した6人の男性がすべて殴打され、75フィート転倒したときに窮地に立たされました。ピークの底。

戦車はコニカルの東斜面にある日本軍の陣地を攻撃し、5月16日に与那原の郊外まで南に進んだ。F社はコニカルヒルの東側での主な攻撃に備えて、わずかに良い陣地を確保した。翌日、第381歩兵の第3大隊は、383dのE社とF社を救援し、第96師団の3個連隊すべてを列に並べた。新鮮な大隊がコニカルヒルの東斜面を一掃することに成功した場合、第7師団は予備軍から呼ばれ、海岸を一掃して首里線に隣接する可能性があります。 (地図No.48参照)

コニカルの頂上から南に伸びた800ヤードのホッグバックの南端にあるシュガーヒルは、第38歩兵の目的でした。ホグバックの東面では、与那原沿岸の干潟に多数の指の尾根が流れ落ちていた。西から指の尾根を覆っている日本の定置を減らすことは難しいでしょう。なぜなら、ホグバックの頂上は、愛、マイク、および他の西の丘からの火のために耐えられないままであるからです。敵への紋章を否定し、それが捕らえられたらすぐに軍の紋章の隅々まで守る必要があります。それは、スカイライン上に位置を確立しようとする日本の試みを防ぐためです。

5月18日、ハワイの少尉であるレナードK.ワーナーは、第381歩兵のK社の小隊を中指の尾根まで導いた。途中、ワーナー中指は梱包爆薬を2本使って中指を打ち上げ、ホグバックの頂上を越えて重機関銃の据え付け場所に投げ込みました。ワーナー中隊長が彼に電話をかけ、シュガーヒルに移動できるかどうか尋ねたとき、中指で小隊は主に第1指と第2指の間の定置から後部から大火を受けていた。

「地獄はい」とワーナーは言った。 「ジャップが後ろで私を撃っている方法で、彼らはずっと私を追いかけます。」 31

犬歯のような形をした、シュガーヒルとコニカルの山頂の間の3分の2の距離にあるホグバックにあるカッタウェイヒルからの火事は、小隊の問題をさらに悪化させ、煙の下で撤退しなければなりませんでした。夜中に最初の指の前哨基地が開かれた。日中、アパートで働く戦車は苦労し、最終的に知念半島からの大火により撤退を余儀なくされました。

5月19日、第381歩兵第3大隊の指揮官であるダニエルA.ノーラン中佐は、第1指と第2指の間の敵の定置を攻撃するために、破壊された15人の兵士を派遣しました。彼らが日中に急な斜面を登る試みに失敗した後、少尉ドナルド・ウォルシュは暗くなった後、機関銃の位置の最北端に彼らを導きました。彼らはその居住者を殺し、それがコニカルホッグバックの反対斜面で日本の防衛システムを指揮していることを発見しました。敵は一晩中、しつこく反撃しましたが、失敗しました。翌日、大隊はカッタウェイヒルから200ヤード以内まで南下して激しい戦闘を行い、L社は2本目と3本目の指の間で一夜を明かした。その夜、K社はコニカルヒルの頂上と中指の間の領域を確保し、尾根線の反対側で20ヤード離れた日本人と激しい手榴弾の戦いを戦った。 21日、同社は1,100発の手榴弾を使用してその位置にぶら下がった。

5月21日、L社がカッタウェイヒルとその北のホグバックで敵と激しく交戦している間に、I社とF社はホグバックの東側にある鋸歯状の地面を横切ってシュガーヒルに向かって攻撃しました。男性は各尾根で一時停止して火の基地を設置し、次の襞の反対斜面を数百発の迫撃砲弾で叩き、戦車で移動しました。

日本人を洞窟やピルボックスから洗い流します。同社の60mm。迫撃砲と重機関銃は、重くて効果的な支援を提供し、軍隊のすぐ後ろの尾根から尾根へと前進しました。砲撃はシュガーヒルの反対斜面を砲撃し、南西からオープングラウンドを横切って前進する敵の小グループによってこの位置を強化するための強力な試みを打ち砕きました。右側のF社は、カッタウェイヒルの下のオープンフィールドを横切ってシュガーの北斜面に個別に急いで部下を派遣しなければなりませんでした。この会社はシュガーヒルでそのラインを統合しました、しかしカッタウェイからの急落した火は一週間男性を悩ませることでした。私はシュガーの東部を難なく占領し、G社は予想される反撃に対抗するために立ち上がった。その夜、F社は攻撃の矢面に立たされ、50人の日本人を殺害した。その日の利益は第381歩兵56人の死傷者を犠牲にしました、しかし連隊は403人の日本人を処分しました。 32

コニカルヒルの東斜面はすべてアメリカ軍の手に渡り、第7師団は右翼からの性的虐待なしにバックナー湾の廊下を進むことができた。コニカルの西側とカッタウェイの反対斜面は、日本人の手にしっかりと残っていた。

5月には、第10軍への追加の責任の移転を含む、指揮系統の大きな変化が見られました。 5月17日、ターナー提督は機動部隊51として、沖縄とその地域の海軍の防空を管理するハリーW.ヒル提督に交代しました。第10軍の司令官は、スプルーアンス提督に直接報告するようになりました。バックナー将軍は、陸上のすべての部隊の指揮を執り、琉球地域で占領された陣地の防衛と開発に直接責任を負い、この任務を支援するために、機動部隊51の作戦指揮を任されました。 6月27日まで琉球作戦を指揮したウィリアム・F・ハルゼー提督の艦隊。琉球軍の結成に伴い、第10軍がCINCPOAの直下に就任した。 33

脚注

1.スティーブンス・アンド・バーンズが保管している沖縄日記での第10軍スタッフ会議、5月4日、エントリー4、5月45日に関するメモ。

2.第10軍G-3JnI、発信メッセージNo. 7、3 May 45 Opns Ord 7-45、5 May 45 XXIV Corps FO No. 50、9 May 45 interv 1st I&amp H Off with Gen Buckner、to May 45 。

3.第10軍OpnsOrd 8-45、5月7日45インタビュー第1 I&amp H Off with Brig Gen Walter A. Dumas、ACofS、G-3、第10軍、7月9日45。正確な計画についてはまだ疑問があります。機動の。計画のテキストによれば、命令自体よりも正確に機動計画を示すことであった第10軍作戦計画オーバーレイは、日本本部市のすぐ北にある2つの師団による首里の非常に緊密な包囲を示した。第24軍団の野戦命令は、陸軍線の中心近くでの主要な努力ではなく、両方の師団による線を横切る圧力を示した。第10軍のオーバーレイで概説された機動計画にもかかわらず、実際の計画は、ある時点で日本の防衛を破り、特定のブレークが発生する可能性がある場所ですぐに悪用される、ライ​​ン全体の均一な圧力であったようです。

4. Interv 1st I&amp H Off with Gen Buckner、10 May45。

5. No.1を第10軍OpnsOrd 8-45、5月9日45に変更します。

6.第10軍翻訳第294号、45年7月10日: 32d陸軍 Ord No. A to、11 May 45 Transl No. 176、21 Jun 45、 32d陸軍 Ord No. A 23、14 May 45 Transl No. 300、10 Jul 45: 32d陸軍 Ord No. A 19、12 May 45 InterrogShimada。

7.第6海兵師団の作戦の説明は、カールトン、第6海兵師団の歴史、Ch。 II、その期間のIII Amph Corps G-3 PeriodicRptsおよび3月6日DivActn Rptによって補足および修正された、詳細でバランスの取れた物語。

8. 3月6日DivTng Ord No. 23-45、5月6日、Carleton、3月6日Div History、Ch。 II、5〜7ページ。

9.第10軍PW尋問要約第4号、8月1日45日: 第44回独立混合旅団、 NS。 4.4。

10.第10軍の歴史家であるジョン・スティーブンス中尉と第24軍団の歴史家であるロイ・アップルマン中尉の個人的な観察。

11.第10軍の歴史家、ジョン・スティーブンス中尉の個人的な観察。

12.第10軍翻訳第176号、6月21日45日: 32d陸軍 Ord No. A 23、14 May 45 PW Interrog Summary No. 2、2 Aug 45: 62d部門 96th Div G-2 Periodic Rpt No. 55、26 May45。

13.第1海兵師団の作戦の説明は、ストックマン、3月1日の師団の歴史、およびその期間のIII Amph CorpsG-3定期的なRptsに基づいています。

14.ワナの町の位置については、標準のターゲットマップがワルタリッジの南西斜面に表示されていたため、混乱が生じていました。歴史家による地面の調査は、町が実際にダケシの南東とワナリッジの北東に位置していたかもしれないことを示しました。

15. 77th Div G2 Periodic Rpt No. 48、13 May 45 Appleman、XXIV Corps History、p.338。

16. Appleman、XXIV Corps History、p.353 XXIV Corps G-3 Periodic Rpt No. 45、15 May45。

17. E社の夜間攻撃の説明、第307歩兵は、E社の第2小隊を指揮するロバートF.マイザー少尉の署名された声明に完全に基づいています。この声明は、リーチ、第77師団歴史沖縄、Vol。 。 II、Ch。 III、67-81ページ。

18. 77th Div G3 Periodic Rpts No. 54-57、18-21 May 45 Leach、77th Div History沖縄、Vol。 II、Ch。 III、85-86ページ。

19. 1st I&amp HOffの個人的な観察。チョコレートドロップヒルの正確な場所は明確ではありません。第24軍団と第77師団の記録では、沖縄の1:25,000マップのターゲットエリア8073Pに配置されていますが、地面の観察と写真の調査により、丘はその地点の北東200〜300ヤードに位置していることがわかります。

20.チョコレートドロップの捕獲の説明は、リーチ、第77 Div History沖縄、Vol。 II、Ch。 III、pp。48-87Appleman、XXIV Corps History、pp。341-5177th Div ActnRpt沖縄306thInf Actn Rpt 307th Inf Actn Rpt 706th Tk Bn ActnRpt。

21.アップルマン、第24軍団の歴史、p。 347。

22. 96th Div G-2 Periodic Rpt No. 47、15 May 45 Appleman、XXIV Corps History、pp.369-70。

23.ディックヒルズの第96師団の活動の説明は、マルフォードとロジャーズ、第96師団の歴史、Ptに基づいています。 IV、pp。25-31、58-62、64-67、72-74。

24.フラットトップヒルの第77師団の作戦の説明は、アップルマン、第24軍団の歴史、pp。366-77、およびリーチ、第77師団の歴史沖縄、Vol。 II。

25. Mulford and Rogers、96th Div History、Pt。 IV、PP。 78-81、95-97、103-06、110-11、719-21。

26.第24軍団G-2ウィークリーサマリーNo.10、5月45日13-19日。

27. Interv 1st I&amp H Off with Gen Buckner、15 Jun 45:96th Div FO No. 21、10 May 45 Mulford and Rogers、96th Div History、Pt。 IV、13、14ページ。

28. Appleman、XXIV Corps History、pp。385-87Mulford and Rogers、96th Div History、Pt。 IV、7-10ページ。

29.コニカルヒルの第96師団の作戦の説明は、マルフォードとロジャーズ、第96師団の歴史、Pt。 IV 96th Div Actn Rpt、Ch。 VIIG-2その期間の周期表。

30. Mulford and Rogers、96th Div History、Pt。 IV、p。 49。

31. 同上、 NS。 101。

32.第381爆撃団7月、メッセージNo. 65、5月21日からの死傷者数45。

33.第10軍ActnRpt、7-III-21。


今日の軍事史:ドイツが侵略すると、ウィンストン・チャーチルが首相になります

2021年4月21日に投稿10:04:19

1940年5月10日、ナチスドイツが西ヨーロッパに侵攻し、ウィンストンチャーチルがイギリスの首相になりました。

ヒトラーの西側攻撃の始まりを記念して、ドイツの爆撃機がベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、フランスの連合軍の飛行場を攻撃し、空挺部隊が決定的合流点で空から雨を降らせました。地上部隊は2つの主要なルートに沿って侵入しました。防御軍が期待していた北のルートと、そうではなかったアルデンヌの森を南に突き抜けたルートです。

連合国は南部の攻撃について知らず、ほとんどの防御側を北部に急いだ。南の推力はすぐに彼らの背中を壊した。ルクセンブルクは初日に落ち、ベルギーとオランダは5月末までに降伏しました。フランスは6月まで生き残るでしょう。

ヨーロッパでの戦争はさらに5年間続くでしょう。

イングランドは大陸が運命にあることを知っており、島を守るための準備を加速させました。一方、宥和政策で知られるネヴィル・チェンバレン首相は、ブルドッグの気質と軍事的ビジョンで知られるウィンストン・チャーチルに代わった。

チャーチルは、1940年から1945年と1951年から1955年の2回、保守党首相を務めました。彼自身、第二次世界大戦中は行政と外交の両方の職務に従事し、また、称賛に値する刺激的な演説を行いました。戦争の苦難の間に英国のモラルを刺激することで。

彼は1965年1月24日まで生き、90歳で亡くなり、1世紀以上前のウェリントン公爵の死以来、庶民に与えられた最初の国葬を受けました。

&#8220それは壮大な旅でした—一度作る価値は十分にあります&#8221彼は死の直前の1965年1月に記録しました。おそらく彼の最後の記録された声明です。

注目の画像:1941年12月30日にウィンストンチャーチルを描いたユーサフカーシュの「唸るライオン」の写真。

記事

沖縄戦での神風特攻隊

1945年5月6日、駆逐艦の横で双発の神風特攻隊の爆弾が爆発しました。 ルース、沖縄を取り巻くレーダーピケット艦のスクリーンの一部であり、彼女の右舷をイワシの缶のように引き裂いた。炎は高さ200フィートを撃った。 1分後、神風特攻隊が激突した Luce&rsquos 5インチの船尾ポートガンとその雑誌が火の玉で噴火しました。 ルース 5分後に149人の男性が失われました。水中で、サメは男性を&ldquo左右に叩き、彼らを引き裂くだけでした&rdquoは、彼らが船の床屋に食い込むのを見たラジオマンのトム・マティサックは言いました。 &ldquo彼らが彼を切り刻み、下に引っ張ったとき、それはひどい、血まみれの混乱でした。&rdquo

1945年の3か月間、これは沖縄沖の海で非常に一般的な出来事であり、それぞれ数百機の自殺機を備えた10回の大規模な神風攻撃が米国第5艦隊を襲った。攻撃は太平洋戦争の進路を変えなかったが、4,900人以上の海軍乗組員の死者数は統合参謀本部の何人かのメンバーの日本への侵入についての不安を増大させた。

1944年と1945年にアメリカ軍が日本本土に近づくにつれ、日本の指導者たちは迫り来る災害を阻止するために必死の対策を採用しました。 1つは大規模な神風攻撃でした。1944年の夏にマリアナ諸島と日本の空軍の大部分でサイパン、テニアン、グアムが失われたことで、多くの高官は戦争が失われたことに気づきました。 B-29は現在、新しいマリアナ基地から日本本土の主要都市と港を脅かしています。アメリカの潜水艦は東南アジアからの石油とゴムのパイプラインを閉鎖していた。ペリリューはもうすぐ落ちそうになり、次はフィリピンになります。

交渉された平和は日本の最大の希望であり、日本の軍事指導者は、連合国に無条件降伏の要求をやめるように強制する手段として消耗戦を受け入れました。

そのイデオロギーの基盤は ぎゅうこさい と武士道。 玉西 捕獲の無知に苦しむのではなく、自殺や戦闘で死ぬことを意味する古代の用語でした。武士道は武士道の名残であり、研究された死への無関心が特徴でした。新しい戦略は、1944年9月にペリリュー島のパルア諸島の本拠地の防衛中に最初に適用されました。中川州男大佐は、浜辺でバンザイ突撃を開始するのではなく、ギザギザの珊瑚の尾根に刻まれた洞窟、トンネル、要塞内の侵略者を待っていました。彼らは、米海兵隊が準備された&ldquokillゾーン&rdquoに入るのを辛抱強く待っていました。そこでは、複数の位置からの銃撃によって掻き集められる可能性がありました。

日本人はペリリュー島で目標を達成しました。戦闘の最初の2週間で、アメリカの死傷者率は太平洋戦争で見られたものを上回りました。新しい戦略は、1945年に硫黄島と沖縄の防衛のテンプレートになりました。日本空軍は1944年10月19日、第一航空艦隊の司令官である大西瀧治郎提督が第201航空グループの先輩と会ったときに正式に戦略を採用しました。フィリピンのマバラカット飛行場のパイロット。彼は彼らに、日本の救済はもはや民間や軍の指導者に依存するのではなく、若いパイロットと彼らの&ldquobody-hitingspiritに依存していると語った。 。

日本に到着する前に1281年にクビライカーンの下で侵略艦隊を破壊した&ldquodivine wind&rdquo台風にちなんで名付けられた日本の自殺パイロット&mdash神風のような現象はこれまでもその後もありませんでした。河辺虎四郎将軍は、神風特攻隊は自殺とは見なしていないと主張した。 &ldquo彼は自分自身を敵艦隊の特定の部分を破壊する人間の爆弾と見なしました&hellip [そして]彼の死は最終的な勝利への一歩であると確信して幸せに死にました。&rdquoそれはより少ないことを考えると冷静に論理的な決定でした熟練したパイロット、そして彼らは定期的に撃墜されていた時代遅れの飛行機を飛んでいました。

日本人は単に500ポンドの爆弾で彼らの戦闘機を武装させて、彼らをアメリカの船に衝突させました。 &ldquoもし人が死ぬことになっているなら、敵に最大の犠牲を払って、効果的に死にたいという願望よりも自然なことは何ですか?&rdquoは第一航空艦隊の上級職員である猪口力平大尉を書いた。 &ldquofight to the death&rdquo戦略&rsquosの目的は、沖縄を守る第32軍のスローガンで具体化されました:&ldquo1隻の軍艦に1隻の船/ 1隻の船に1隻の船/ 1人の敵10人または1隻の戦車&rdquo神風パイロットが着用しました昇る太陽で飾られた白いヘッドバンドと、それぞれが赤い糸でステッチを縫った1,000人の民間人によって作られた幸運な&ldquothousand-stitch&rdquoラッパーは、おそらく防弾になりました。パイロットはコックピットに登る前に、最後の乾杯で酒器を持ち上げて皇帝に向かって歌いました。&ldquo私たちが大和民族の誇り高き息子として生まれたら、私たちを死なせましょう/勝利を収めて死にましょう。

自爆攻撃は、1944年10月25日、米国のフィリピン侵攻中に始まりました。神風特攻隊の指揮官は、18人のパイロットを勧めて送り出し、&ldquoあなたが持っているすべてのものを出しました。みなさん、死んで戻ってきてください。&rdquo彼らは空母の護衛を沈めました サンロー、113人の乗組員を殺し、空母の護衛を損傷した サンティー。ターゲットを見つけることができなかった後、6人のパイロットが戻ってきました。数日後、神風特攻隊が墜落し、空母にひどい損傷を与えました フランクリンベローウッド.

それはほんの始まりに過ぎませんでした。

1944年10月から1945年3月の間に、自爆攻撃により2,200人以上のアメリカ人が死亡し、22隻の船が沈没しました。 2月21日の硫黄島で、第601航空グループからの50人の神風特攻隊が空母の護衛を沈めました。 ビスマルク海 キャリアにひどい損傷を与えた サラトガ。神風特攻隊は、10回の大規模な攻撃、または沖縄周辺のピケット船に対して発射された「水に浮かぶ&ldquochrysanthemums」を意味する&ldquokikusuis&rdquo&mdashの間にありました。沖縄でのL-Dayの5日後の4月6日の菊水1号の間に、355人の神風特攻隊と344人の護衛戦闘機による猛攻撃が午後3時に始まりました。そして5時間続きました。 &ldquo親愛なる皆さん、&rdquoはミッションの前夜にFlying Petty Officer 1 / c松尾功を書きました、&ldquoおめでとうございます。私は死ぬ素晴らしい機会を与えられました。これが私の最後の日です。&rdquo 4月6日、22隻の神風特攻隊が戦闘空中哨戒シールドを貫通し、6隻の船を沈め、18隻の船に損害を与えました。 350人の米国の乗組員が死亡した。

死を求める日本のチラシと、生きることを決意したアメリカ人の船員やパイロットとの衝突は、恐ろしい犠牲者を生み出しました。駆逐艦のジョン・ウォーレン・ジョーンズ・ジュニア ハイマン 彼女が墜落したとき、2人の男性が3度の火傷で覆われた裸の体で地獄からよろめくのを見ました。 2人の船員が頭を吹き飛ばされた。ある人は&ldquoa大きな飛行機を胸から突き出し、両側に突き出ていました。&rdquoしかし、1945年4月までに、おそらく訓練を制限した燃料不足のために、多くの神風特攻隊員が貧弱な飛行スキルを持ち、簡単に撃たれることが明らかになりました。下。週ごとに敗北が迫る中、神風特攻隊の志願兵は憤慨した徴兵制を枯渇させ、ますますランクを埋めていった。彼らはしばしば酔って苦々しく死ぬまで飛んだ。あるパイロットは、離陸後、自分の指揮所を機銃掃射しました。

日本人は「1隻の飛行機」という目標を達成できなかったが、36隻のアメリカ軍艦を沈め、沖縄で368隻の他の艦艇に損害を与えた。海軍の損失は太平洋戦争の中で最も高く、4,907人の船員と将校が殺され、4,824人が負傷した。日本は沖縄で推定1,600機の自殺と通常の飛行機を失った。 9/11のハイジャック犯を除いて、神風は無人ミサイルの出現後、そして第二次世界大戦の日本のような武士の伝統がなかったために姿を消しました。


沖縄戦

沖縄戦 (1945)太平洋戦争の最後の陸戦である沖縄の着陸日は、1945年4月1日の復活祭の日曜日でした。着陸部隊は、サイモン・ボリバル・バックナー中将の新しい第10軍でした。彼は2つの軍団、5つの陸軍師団を持つ第24軍団、および3つの海兵師団を持つIII水陸両用軍団を指揮し、すべて約182,000人の軍隊に語った。全体を担当したのは、第5艦隊の指揮官であるレイモンドA.スプルーアンス副提督でした。

長さ60マイル、幅2〜28マイルの沖縄は、琉球諸島で最大かつ最も重要な島です。当時、50万人の沖縄人は日本人とは見なされていませんでした。

日本の牛島満中尉は、海軍と約2万人の沖縄の徴兵で、約10万人の防御者を提供した、77,000人の軍隊の第30軍を指揮しました。牛島は、人口密度の高い南での主な強みと、東と西の稜線に続く3つの主要な防衛線を使用して、多層防御を計画しました。

バックナーは、島の狭い腰の西側にある渡具知村の近くの驚くほど無防備なビーチを横切って、それぞれが攻撃で2つの師団を持つ2つの軍団を上陸させました。左側の第3軍団と右側の第24軍団は、ほとんど敵との接触なしに島を横断しました。その後、海兵隊は北に向きを変え、軍は南に向かった。 4月6日、第24軍団は、嘉数高地に沿って走る牛島初の主要防衛線の外輪にぶつかりました。

牛島の計画は、約1,200隻の支援する米国の侵攻艦隊の多くが、自殺神風戦術を含む海と空の大規模な複合行動によって機能不全になるまで、反撃を遅らせることでした。最初の大規模な神風攻撃は4月6日に行われました。エアアクションに参加して、巨大な18&#x2010inch&#x2010gun戦艦 ヤマト 故郷の島々から出撃したが、米海軍の航空機によって破壊された。 4月12日まで開始されなかった牛島のコンパニオン反撃である陸上は、第24軍団に容易に吸収された。その間、第3軍団は沖縄中部と北部のほとんどを制圧した。バックナーは、牛島の硬化抵抗を克服するために、第3軍団を南に移動させ始めた。

牛島の2回目の大規模な反撃は、5回目の神風攻撃と同時期に行われ、5月3日に少しずつ消え、何も達成しませんでした。

Bucknerは、5月11日に2つの&#x2010corps攻撃を進めました。首里を通過した牛島の2本目は両脇腹で折れた。彼は沖縄の南端にある彼の3番目で最後のラインにフォールバックすることを選びました。

Bucknerは、6月18日に最後の大規模な攻撃を開始しました。将軍は前方監視所からの行動を見ながら日本の砲弾に殺されました。第10軍の指揮官は、第3軍団のロイS.ガイガー海軍少将に渡され、6月21日に島を「安全」と宣言しました。その同じ日、牛島は儀式的な自殺をした。 10回の主要な空襲の最後は4月22日に行われました。翌日、ジョセフ・スティルウェル将軍が到着し、指揮を執った。


沖縄のバトルプラン

沖縄戦は約82日間続き、日米両政府は多くの人命と機械を失いました。日本人は彼らが持っていたすべてで彼らの島を守りました。これが、戦闘に予想以上に時間がかかった理由です。連合軍は、電撃戦のような攻撃を使用して、できるだけ早く島を占領しようとしました。それにもかかわらず、日本人は沖縄の電撃戦を擁護し、阻止した。 450隻以上の軍艦と1000機の戦闘機が戦闘に参加した連合軍の規模を示すために。慶良間諸島や慶伊瀬島などの小さな島々はかなり早く確保されましたが、1945年4月の沖縄本島への本着陸にはもっと時間がかかりました。この作戦は、復活祭の日曜日とエイプリルフールであったため、L-Dayと呼ばれていました。

連合軍は本部半島周辺の山岳地帯で激しい抵抗を示しながら、沖縄の北部と中央部を急速に襲った。最も激しい戦闘の1つは、アラカチの南西にある「ピナクル」であり、米国は約1,500人の兵士を失いました。それにもかかわらず、沖縄の最大の戦いは、今日沖縄で最大の虐殺の場所として知られているキヤン半島で戦われました。有名な大田実提督を含む約4.000人の日本兵が連合軍による捕虜を防ぐために自殺した。モンスーンの嵐と密集したジャングルは、侵略者のための激しい戦いにつながりました。沖縄戦は1945年6月21日まで続きましたが、一部の日本兵はゲリラ戦を続けました。沖縄戦の終わりに、多くの指揮官が彼らの指揮官事務所で切腹によって自殺した。公式降伏式は9月7日に軍用飛行場嘉手納の近くで開催されました。沖縄戦は太平洋で最も血なまぐさい戦いであり、双方に大きな損失をもたらしました。日本人と米兵の民間人の損失、自殺、残虐行為は計り知れないものであり、今日の歴史の悲惨な部分です。

戦いを忘れないでください

沖縄戦後、島は全壊し、全建物の9割が平地になっていると推定されています。文化的、自然的、熱帯の宝物は、わずか数か月で地球から打ち負かされました。米国は1972年まで島を支配し続け、島に軍のへそ/空軍基地を作りました。彼らは島の再建にも貢献しましたが、彼らは常に大行進の侵略者と見なされていたため、日本人に完全には受け入れられませんでした。


パシフィックシアターにおける米国の目標

その時点で、極東に関する限り、米国には2つの主な目的がありました。それは、日本の残りの商船隊を排除することと、日本の工業団地を直接攻撃することです。沖縄は日本の南端にある島で、長さは約60マイル(96キロメートル)、幅は2(3キロメートル)から18マイル(29キロメートル)です。双方にとっての戦略的重要性は非常に重要でした。島には、米国が必死に制御したかった4つの飛行場がありました。しかし、米軍にとっての問題は、沖縄について多くの情報を得ることができなかったことでした。


1945年4月1日以前の沖縄戦

1944年10月10日、沖縄は災害の疑わしい速記を獲得しました&#151数字の10-10。爆撃機の波がほぼ無防備な島を襲い、ナハの80%以上が破壊され、65隻以上のボートが沈没しました。日本の対空技術は、機敏なアメリカの飛行機には及ばなかった。

戦闘の直前、日本の軍艦大和は沖縄への旅行中にアメリカの空軍力によって沈められました。船が片道旅行に十分な燃料しか与えられなかったという広く知られた噂は、Feiferがこれを暴くという誤ったものです(参考文献)。

日本人は沖縄の海岸で大和を浜に打ち、それを陸のバッテリーとして使う計画を持っていました。それが陸上で彼らに大いに役立ったであろうというわけではありません。


沖縄戦

沖縄戦は、第二次世界大戦の太平洋戦争で最大の水陸両用攻撃であり、最も血なまぐさいものでした。

沖縄本島と呼ばれるこの島は、2つの飛行場があり、日本の故郷である九州から南に325マイルしか離れていないため、米国の戦争努力にとって戦略的でした。その範囲では、中距離爆撃機でさえ本国の島々を攻撃し、資源を大量に消費する帝国への供給ラインを遮断する可能性があります。予想される日本本土侵攻の舞台となる予定でした

それは比較的大きな島で、長さ60マイル、幅8マイルでした。

チェスターW.ニミッツ提督のセントラルパシフィックアイランドホッピングドライブとダグラスマッカーサー将軍の南西太平洋の推力は、引き裂かれたぼろきれの形をした島に収束しました。

1945年3月下旬、182112の陸軍GIと海兵隊を輸送する1457の連合船が沖縄沖に集まった。アメリカ第10軍の4つの師団(7、27、77、96)と海兵隊の2つの師団(1、6)が浜辺を攻撃する準備をしました。第2海兵隊は予備として開催されました。

すべての人が必要になります。牛島満中尉の第32軍、11万人の強さは、アメリカ人が上陸するのを隠された掩蔽壕と要塞の尾根で辛抱強く待っていました。彼の作戦は硫黄島の栗林忠道将軍と似ていた。つまり、大規模なバンザイ突撃や水中での停止戦術を避けてください。代わりに、攻撃者を無邪気に上陸させ、ウォークスルーになると思ったときに、攻撃者を攻撃します。 こうの風 (「鋼風」)海軍および航​​空支援を受けることができない場所。

将軍は戦争が失われたことを知っていたが、彼は故郷の島々に最終的な侵略に備える時間を与えたかったので、彼はできるだけ多くの犠牲者を敵に負わせるつもりだった。同時に、艦隊に対する全面的な神風攻撃は、戦闘を海軍のドアに直接もたらし、GIと海兵隊へのサプライチェーンを遮断します。

4月1日の復活祭の日曜日に、アメリカ人は上陸しました。彼らは首都ナハのすぐ北の狭い地点で西側から同時に島を襲った(地図を参照)。彼らは激しい戦いを期待し、反対に遭遇しなかったときに驚いた。一日の終わりまでに、75,000人の軍隊が、幅9マイル、深さ3マイルの海岸堡を設立しました。

海岸堡が確立されると、96番目と7番目のGIが南に移動し、2つの海兵師団が北に向かう計画でした。エイプリルフールの最大のジョークが演奏されようとしていました。

野生の山岳地帯の北にある1500フィートに達する尾根は、島を二分します。南部には民間人のほとんどが含まれています。牛島将軍が大部分の部隊を集めたのはそこだった。

日本人は沖縄を彼らの故郷の島の一部と考え、何年もの間島に存在していました。彼らの部隊のほとんどは島の南3分の1に位置していた。島の防衛にとって最も重要なのは、島の場合、南部を横切る3つの東西の尾根でした。これらの尾根は、アメリカ軍に対する自然の防御障壁を形成しました。すべての峡谷、すべての峡谷、すべての交差点は、大砲、迫撃砲、機関銃の射撃によって三角測量されました。

陸軍部隊が南に移動すると、彼らが見ることができなかった大砲と迫撃砲が彼らを殴打した。銃はトンネルで接続された洞窟の精巧なネットワークに配置されていました。砲弾は線路上に展開され、強打され、砲撃がどこから来ているのかをGIが知っていると思ったとき、それは見えないところで洞窟に戻りました。迫撃砲と機関銃の射撃は、かなりカモフラージュされた位置から来ました。アメリカの大砲と艦砲が日本の陣地に氾濫しましたが、ほとんど効果がありませんでした。死傷者が増え始めた。

一方、北部では、海兵隊はわずかに幸運に恵まれていました。南部ほど防御力が弱かったにもかかわらず、塹壕に入った日本軍は、攻撃者による前進のすべての足のために猛烈に戦いました。

戦いは、激しいカウンター攻撃を避けながら、洞窟から洞窟へ、ピルボックスからピルボックスへと、汚い、ざらざらした、原始的な、時には白兵戦に退化しました。弾薬と補給品が少なくなり始めました。手榴弾や弾丸がなくなると、海兵隊とGIは死者の体に這い回り、見つけた弾薬を回収しました。

5月に始まった集中豪雨と相まって、両側からの絶え間ない砲撃は、地形を泥に変え、ブーツを吸い、四輪駆動車でさえ失速させました。絶え間ない雨が日本の立場をさらに覆い隠した。倒れた海兵隊員とGIの遺体は、それらを回収することでより多くの男性が日本の銃にさらされるだけだったので、彼らが横たわっていた場所に残されなければなりませんでした。腐敗した日本人、海兵隊員、GIの形態は、泥の中でゆっくりと腐ったウジでいっぱいです。すべての火口は半分水で満たされ、多くは死んだ海兵隊員または兵士を抱えていました。彼らは殺された場所に横たわり、まだ武器を握っていた。ハエの群れが彼らの体の上を這いました。

ほぼ3か月間、陸軍と海兵隊は粘り強い日本人と勇敢に戦いました。最後のショットが発射されたとき、他のどの太平洋の戦場よりも多くの男性が倒れました。それは歴史上最大の空海軍陸戦でした。

10万人以上の日本人が亡くなりました。おそらく25,000人もの多くの民間人も亡くなりました。数万人が負傷したと推定されています。米軍は4,600KIAを被り、18,000人が負傷した。海兵隊は3200KIAを失い、13,700人が負傷した。の攻撃後に攻撃を撃退した海軍 カミカゼス、5,000 KIAを失い、4,900人が負傷した。

大量の死傷者がワシントンに戻った軍事戦略家に衝撃を与えた。アメリカ軍が日本の故郷を踏んだらどうなるでしょうか。マッカーサー将軍は、米軍が本島への暴行で約100万人の死傷者を出すと推定した。

皮肉なことに、GIと海兵隊員が沖縄に支払った恐ろしい価格は、戦争を終わらせるために原子爆弾を使用することに対する政府と軍の高いレベルでの反対を一掃しました。沖縄は太平洋戦域での最後の陸戦でした。


カルトの集団自殺、沖縄戦、そして日本の教科書論争

30年以上の間、歴史的な記憶の論争は、国内および国際的な分野の両方で日本の学校の教科書の内容をめぐって争われてきました。これらの論争の中で、公立学校での使用が承認される前に文部省の審査と内容と言語の改訂の対象となる日本の教科書の内容は、南京などの問題に関して中国と韓国の当局と市民による非難を繰り返し引き起こした。虐殺、慰安婦、そして強制労働。 2007年、最も激しい論争が文部省を日本の沖縄県の住民と政府に反対させた。この問題は2007年3月に爆発し、強制的な集団自殺にお​​ける軍事的強制への言及はすべて(s ふだんじけつ )沖縄戦中の沖縄住民の排除が予定されていた。この発表は沖縄社会全体に怒りの波を引き起こし、宜野湾市で県の最高指導者が演説した11万人の沖縄人の大衆デモにつながった。これは1972年の沖縄返還以来最大のデモであり、1995年の12歳の沖縄の少女に対する3人の米国のGIによるレイプへの対応さえも上回っていた。

沖縄戦の論争と悲劇的な出来事を明らかにする3つの記事を、日本語の原文と英語の翻訳の両方を含めて紹介します。沖縄の歴史家で国際大学の名誉教授である安仁屋政昭は、戦いの問題と教科書の論争を調べ、文部省が小説家大江健三郎に対して名誉毀損訴訟を起こした2人の兵士を支持して沖縄の目撃者の証言を拒否した方法を示しています軍による大量自殺に関する彼の研究。以下の沖縄タイムズの社説は、沖縄市民に課された強制集団自殺にお​​ける軍事力への言及の文部省の拒絶の背後にある髪を裂く言語政治の詳細な調査と、その部分的な後退を提供します市民の怒りの。最後に、 旭しんまん &rsquos社説は、国の教科書から問題を検閲しようとする試みの政治の賢明な調査を提供します。一緒に、これらの記事は教科書の試験システムの乱暴な政治的操作に輝かしい光を投げかけます。 MS


多くの沖縄人が殺されたり、犯されたりした沖縄戦の恐ろしさを描いた沖縄の彫刻家、金城実のレリーフ
島の洞窟に避難した後の自殺。

私 。強制集団自殺と沖縄戦
アニヤマサアキ

セルデン恭子による翻訳

日本のオリジナルはこちら

歴史的真実を否定する教科書検査

文部科学省(文部科学省、以下文部科学省)は、2007年3月30日より、2008年から使用する高校教科書の選定を発表しました。 )沖縄の戦いの間に、彼らは日本軍による自殺命令(教科書)または強制(教科書)があったという声明の修正を要求した。これは、5社が発行した7冊の教科書の記述を指します。

文部省のコメントの要点は次のとおりです。&ldquo日本軍による自殺命令(ジケツメイレイ)は確認できません。人々が日本軍によって強制自殺に追い詰められたという提案は、沖縄戦の誤った理解につながります。沖縄県立看護大学は、「これは沖縄戦の真実を歪める」と抗議した。沖縄県立看護大学とすべての市議会は、強制自殺への軍事的関与に関する教科書審査官の決定に抗議し、全会一致で命令の撤回を要求する決議を可決した。テキストを改訂します。

しかし、文部省は沖縄市民の主張を拒否し、「教科書検査顧問がこれを決定した」と繰り返し述べ、沖縄市民の全会一致の見解を無視した。

沖縄戦で発生した災害については、理解を歪め、歴史意識を迷わせようとする様々な試みがなされてきました。


沖縄戦マップ

そのような動きの1つは、慶良間諸島の渡嘉敷島、座間味島、慶良間諸島に関するものです。慶良間諸島の日本軍は、300隻の自爆攻撃船と約300人の兵士を海上前進軍団に配置し、韓国人で構成される特別な水面作業隊の600人の関連メンバーを擁していた。島の防衛軍団に組み込まれた地元で起草された防衛軍団とボランティア軍団もありました。

慶良間諸島の海上前進軍団は、120キログラムの魚雷を搭載した一人の自爆船で敵船を破壊することを目的とした軍の自爆攻撃軍団でした。この部隊の実情は誇張された報道の対象となっているが、地元の人々が「軍隊」の海兵隊自殺隊に不快感や疑念を抱いていたことは理解している。

1945年3月26日、海と空の両方から発射された大砲の支援を受けた米軍が慶良間諸島に上陸し始め、29日までにほぼ全域を占領しました。事実、陸軍の攻撃船は敵船を1隻も攻撃しませんでした。

これらの戦いの間に、市民の恐ろしい&ldquomass自殺&rdquo(shudan jiketsu)がケルマ、座間味、渡嘉敷島で発生しました。これは、日本軍の強制(共生)と誘因(悠斗)によって、住民が自殺を余儀なくされたことを意味します。しかし、島の軍事指導者たちは現在、&ldquothereは軍事秩序ではなかった&rdquoと主張しています。

渡嘉敷で軍を率いた元大佐の赤松義嗣と座間味で軍を率いた元少佐の梅沢豊の家族が、大江健三郎と出版社の岩波を相手に大阪の法廷で訴訟を起こした。 沖縄ノート、&​​ldquo彼らの評判を軽蔑する&rdquoを理由に、損害賠償を要求した。この裁判を沖縄の集団自殺に関する虚偽の告発訴訟と呼び、大江さんと岩波さんを批判している。

原告は、渡嘉敷島とザマニ島の住民の&ldquoShudanジケツは軍の命令によるものではなかったと主張している。彼らは高尚な自己犠牲の精神で死を選びました。&rdquo

これは単に評判の低下の問題ではなく、侵略戦争を正当化し、その凶悪な行為に対する責任の帝国軍を無罪にする修正主義的計画です。リベラル・ビュー・オブ・ヒストリー・グループや政府関係者などのグループによる現地調査を歓迎する沖縄の元陸軍将校の発言は、沖縄戦の理解を歪めている。今回の教科書レビューは、軍の秩序がなかったという部隊指導者の主張を検証せずに採択した修道会事件に関するものです。近親者を殺害することを余儀なくされた島の人々による証言は、おそらく信頼できないとして無視されました。彼らは、司令官による証言だけが信頼できるという観点から物事を見ています。訴訟に関与した赤松氏と梅沢氏の一方的な主張を教科書承認の根拠として利用することは問題外である。

国体(国体)の維持がかかっている沖縄戦

日本の敗北は避けられないという理解のもとに戦った沖縄戦は、太平洋戦争における日米間の最後の地上戦でした。日本の帝国政府にとっては、国体の維持が第一原理であり、本土での決戦に備えるための時間を確保し、終戦交渉を行うことが重要でした。

沖縄戦直前の1945年1月14日、近衛文麿元首相は、戦争の状況が深刻な状況に達したと皇帝に追悼した。

残念ながら、戦争での敗北はすでに避けられなくなっています。 。 。 。戦争での敗北は私たちの国体(国体)にとって大きな欠陥となるでしょうが、イギリスとアメリカのコンセンサスはまだ国体を改革する(ヘンカク)まで進んでいません。 。ですから、戦争で敗北しただけなら、国体的にはそれほど心配する必要はないと思います。 。 。国体維持の観点から私たちが最も恐れているのは、戦争で敗北した後に起こりうる共産主義革命です。

ですから、国体を守るという観点から、一日でも早く終戦する方法を考えるべきだと思います。 。 。 。 (細川護貞、細川ニッキ(細川日記))

紺江前首相の報告は、日本の指導者の一員として戦争を終結させる必要性を天皇に公然と説明したことで注目に値する。しかし、要点は、戦争での敗北は、それ自体を敗北させるのではなく、避けられないものであったが、共産主義革命による帝国制度(天ノ石師海紀子)による統治構造の崩壊を最も懸念していたということである。コノエのアドバイスに対して、天皇は「もう一度軍事的成果を上げない限り、かなり難しいと思います」と答えました。これは、昭和天皇がこの遅い時期でさえ、戦争努力を主導することに情熱を持っていたことを示しています。

沖縄戦は、国体がぶら下がった戦でありながら、日本が敗北することを前提とした戦だった。沖縄は「本土防衛のために捨てる石」と言われているが、実は「本土での決戦を延期し、その戦いの準備に時間を割く」のは「本土での戦い」だった。本土と戦争の終結を交渉するために、そして本土の人々(国民)を保護するための戦いではありませんでした。それは、最終的には国全体(コクミンスベテ)を天皇と共に死に至らしめる前の予備的な戦いでした。

日本の帝国政府は、本土での最後の戦いに備えて、国全体を動員することを目的とした総力戦システムを強化しました。

1945年5月22日、戦時教育法(戦地教科礼)が公になり、小学校や盲学校、聴覚障害者学校でさえ、学生軍部隊の編成を命じられた。 6月23日、沖縄防衛軍(第32大隊)が敗北し、組織的な戦闘が終了したとき、志願兵法が公布され、女性も国家志願戦闘部隊に仕えるよう命じられた。

1945年7月8日、東京で、沖縄師範学校と沖縄県立中学校の軍隊が、受賞者の立会いなしで式典で表彰されました。太田幸三文部大臣は、全国の学生に沖縄の学生軍隊をフォローし、国体を守るために命を捧げるように言った。 (朝日新聞1945年7月9日)。

日本の帝国政府がポツダム宣言を受け入れたとき、国体の維持が中心的な問題でした。

8月6日と9日、広島と長崎に原爆が投下され、都市が破壊されました。しかし、日本の指導部は、原爆の破壊性よりも、ソビエトの戦争への参入の脅威に夢中になっていた。

1945年8月8日、ソビエト連邦はソビエト連邦と日本の中立条約を放棄し、戦争を宣言し、満州、サハリン、北朝鮮を攻撃した。その結果、日本の指導部は帝国制度の危機を感じ、戦争を終結させることを決定した。

8月9日深夜、帝国会議が開かれた。 10日の午前2時30分、国体の維持を条件にポツダム宣言を受け入れた。これは帝国の決定と呼ばれていました。

当時陸軍大臣だった阿南惟智香は、日記に次のように書いています。

日本政府は、先月26日付けの三国合同宣言に示された条件には、天皇の特権を変更して国を統治する要求が含まれていないことを理解し、これを受け入れる。

日本の政治家は、原爆を投下することによって&ldquoJapan&rsquosの敗北は以前に行われたので、それは助けることができると言いました。&rdquo [参照は元国防省への参照です。久間章生。 Tr。]しかし、これは市民の苦しみを知らずに米国の政策に従う人による思慮のない声明です。

なぜアメリカは原爆を投下したのですか?広島と長崎で原爆投下の現実を学んだ若者たちは、その結果を次のように明確に説明しています。

  1. 米国は爆弾の力を発揮するために都市を攻撃したかった。衝撃波や超高熱で破壊する能力、放射能による人体や環境への影響。原子爆弾は一瞬の問題ではなく、二次放射線と子宮内の放射線もあります。被爆者は日本人だけでなく、韓国人や中国人の強制労働者(共生練行足)や捕虜もいました。


韓国の犠牲者のための記念碑
広島への原爆投下

  1. 彼らは、ソビエトの指導部に原子爆弾の力を誇らしげに誇示しました。これは、米ソの戦後の紛争を予期した戦略です。
  2. 8月9日午前2時49分にミクロネシアのテニアン島を出発したB-29は、11時2分に長崎に原爆を投下した。同機は9日1時9分、沖縄本島読谷村のボロ空港に着陸した。給油後、9日の22時55分にテニアンに戻った。当時、沖縄の米軍は、B29を収容できる2,000メートルの滑走路を備えた空港を設置していました。

帝国軍による強制集団自殺

沖縄県立看護大学は、沖縄県立看護大学に、軍、政府、民間人の団結を呼びかけ、一本の木や草の葉でも戦力とすべきだと述べた。彼らは、老若男女、女性、子供に至るまで、すべての人々と戦うために動員しました。

沖縄で地元で採用された軍と準軍組織は25,000人以上でした(現役の兵士、徴兵された兵士、防衛部隊、学生部隊、ボランティア部隊など)。沖縄国防軍の4分の1が沖縄県から出てきた「日本兵」だったことを認識しなければならない。沖縄戦の日本軍が本土(山戸軍)の将校と男性だけだったと考えるのは間違いです。

沖縄戦の最終段階(6月〜7月)に、米軍は日本軍と洞窟内の地域住民を無差別に攻撃し、これを「ジャップ狩猟」と呼んだ。

帝国軍は住民を避難所から追い出し、彼らの食物を取り、彼らが降伏することを禁止し、拷問し、スパイの疑いで彼らを虐殺した。彼らは人々を近親者の間で「相互殺害」に追い込み、病人と障害者を戦場に残しました。

沖縄戦での民間人の戦死者は15万人以上と推定されています。

沖縄戦での市民への被害を考えると、最も特異なケースとして「修段地獄」が挙げられます。

まず、「修段ジケツ」という用語を明確にする必要があります。

&ldquojiketsu&rdquo(自己決定、自殺)と言うとき、前提条件は&ldquo自発性、死を選ぶ人の自発性&rdquoです。乳幼児が&ldquojiketsu&rdquoを犯すことは不可能であり、近親者を自発的に殺す人は誰もいません。

近親者の相互殺害は、「親が幼い子供を殺し、子供が両親を殺し、兄が弟と妹を殺し、夫が妻を殺す」ことを意味し、帝国軍と市民が混ざり合った戦場で起こった。

沖縄地域の陸軍戦略 国防省の戦争史局がまとめたもので、「戦闘員の悩みを終わらせるために、修段ジケツを達成し、犠牲精神で帝国のために亡くなった」と書かれている。しかし、この主張は事実に反している。戦場の市民は自発的に死を選択しませんでした。

多くの相互に関連する要因がありますが、基本的に人々は帝国軍と帝国軍に続く地元の指導者の強制によって近親者を殺すことを余儀なくされました。近親者の相互殺害を強制することは、帝国軍による市民の殺害と同じ質と同じ根源です。

&ldquo強制された&rdquoまたは&ldquocornered&rdquo shudan jiketsu [用語が自殺を意味する場合]の人々の死を呼ぶことはできません。この現実をシュダンジケツと呼ぶのは不適切です。現実を適切に伝えることを妨げることは、誤解と混乱を招きます。

しゅだんじけつという言葉は1950年代から使われており、&ldquoitは確立された意味で自力で歩く&rdquoと言われていますが、その背後にある現実を説明せずにしゅだんじけつという用語を使うと、誤解や混乱を招きます。繰り返しになりますが、「修段ジケツ」という言葉の現実は、「帝国軍による住民の大量死」であり、強制と誘因です。

沖縄戦の「住民の大量死」の背後には、皇帝のために死ぬことを最高の国家道徳(国民道徳)にした帝国教科教育(すべての人を帝国教科にする教育)がありました。沖縄戦では、「軍、政府、民間人の共生・死の統一」が強調され、「死への連帯感」が育まれました。当時、予備軍協会、成人男性支援団体、地方自治体の警察・軍事部長など、知識豊富な沖縄県民が重要な役割を果たしていました。

日本軍から手榴弾を渡されたとき、島の指導者たちはそれを受け入れ、「必要なときにすべての住民が死ぬのは当然だ」と考えました。しかし、これを&ldquoshudan jiketsu&rdquoの&ldquospontaneity and voluntariness&rdquoと考えることはできません。これは、帝国軍によって命じられた&ldquodeath&rdquoを断ることが不可能だった時代でした。

&ldquobrute Americans and British&rdquo [日本軍によって栽培された]に対する極端な恐怖は、人々に死を選ばせた要因でした。 &ldquo満州事件&rdquo以来の大陸での中国人の虐殺の日本軍の経験は広く議論され、戦争が&ldquo敗北の戦い&rdquoであることが判明したときの住民全体の運命について、人々は略奪、暴力、虐殺を予期して絶望しました。アメリカ軍。 「米軍が住民を殺害することは決して期待できない」と考えた移民が帰還したが、帰還者はスパイ容疑者と見なされ、積極的に話すことができなかった。そのような声明を出すことは、スパイとして非難を訴え、虐殺することでした。


沖縄戦後、海兵隊は日本の捕虜を守っています。
キャンペーンで148,000人以上の民間人が亡くなりました。

女性の兄弟や妻が残酷に殺され、野蛮なアメリカ人やイギリス人に憤慨しているのを見るのではなく、自分の手で彼らを殺すのは近親者による愛の行為であるというひねくれた考えに駆り立てられた人々がいます。

帝国軍によるスパイ狩りへの恐怖は、住民の絶望感を際立たせた。帝国軍の方針は、軍の秘密を知っている住民を決して引き渡すことではありませんでした。米軍の保護を受け入れることはスパイと見なされていた。日米軍の間に位置する住民は&ldquodeath&rdquoに追いやられました。彼らの生きる希望は、島々の砲撃によって断ち切られました。逃げ道がないことを知って、彼らは残酷な死を予期しました。それも彼らの&ldquohurrying todeath&rdquoの原因の1つでした。

&ldquo住民の大量死&rdquoは、これらの要素が結合したときに発生し、パニックを引き起こし、地域社会の近親者の相互殺害につながりました。恐怖と狂気は村のコミュニティを圧倒しました。  

&ldquoMass Death&rdquo in Encircled Areas

沖縄戦の時、南西の島々の海と空の支配を失い、米軍に渡されました。九州や台湾との通信や輸送が途絶え、島々が囲まれました。沖縄防衛軍は、都道府県と地方自治体の管轄権に関する事項について、軍、政府、文民を統一し、共に生き、共に死ぬよう命じた。都道府県民の行動はすべて、駐屯軍の指揮官によって管理されていた。ここには市民政府はありませんでした。この種の戦場は、軍事用語で「包囲領域」に指定されました。これらのエリアは、&ldquomartial law&rdquoによって、敵に囲まれたり攻撃されたりしたときに警戒するエリアとして指定されました。

そのような地域では、駐屯軍の指揮官が全力を行使した。これは憲法を覆し、すべての立法、行政および法学は軍事的支配下にあった。沖縄戦の間、戒厳令は宣言されませんでしたが、南西諸島全体が事実上の包囲地域でした。都道府県知事や村長の行政権が無視され、駐屯軍が思い通りに対応したのはこのような状況だった。町や村の政府や地元の指導者によって伝えられたとしても、地元住民への指令や命令は「軍事命令」として受け取られました。

ケレマスの渡嘉敷島では、赤松義嗣大佐が総権を握った。座間味島では、梅沢豊少佐が完全な権威を握っていた。村の行政は軍の管理下に置かれ、市民の行政はありませんでした。軍事政権下では、軍事命令の伝達に重要な役割を果たしたのは、村役場の軍事部長でした。

これらは、徴兵リストの調整、徴兵年齢の人々の所在の確認、徴兵遅延請願の処理、徴兵カードの配布、戦没者の家族を失った家族への援助などの軍事問題を担当した地元の指導者でした。負傷した兵士。

沖縄戦時の軍事部長の主な任務は、駐留軍から要求された兵士を起草し、軍隊に引き渡し、軍の命令(労働力の供給、避難、集会、退去)を住民。

渡嘉敷村の軍事部長だった戸山まじゅんは、次のように証言している。

3月28日、オン&ルスコナ川上流のフィジガ(カタカナ)で、住民の集団死(シュダンシ)事件が発生した。当時、防衛部隊のメンバーは手榴弾を持ってきて、住民に「自殺」をするように促した。

軍事部長によるこの証言は、住民&ldquoshudanshi&rdquoの現実を鮮やかに伝えています。包囲地域で軍事秩序を伝える軍事部長が重大な責任を負っていたことがわかる。日本の市民は、軍事秩序は「皇帝の秩序」であると教えられていました。人々が捕虜になるのではなく「死を選ぶ」ことは「帝国の主題の方法」であると人々が信じているという側面もありました。彼らは、地元の指導者と帝国軍の指示に従って、「囚人になるという屈辱を受けるために生きてはならない」と述べたフィールドサービスコード(戦陣訓)を実行するように作られました。

この記事はに掲載されました 軍艦門台死霊(武装解除レビュー) 、2007年12月。安仁屋政昭は沖縄国際大学(沖縄国際大学)の近代日本史名誉教授です。

II。歴史的現実を覆い隠す政治的決定:沖縄の集団自殺教科書の扱いで&ldquoInvolvement&rdquoが承認され、&ldquoCoercion&rdquo Ky ou sei)が不承認になりました。

沖縄 タイムズ 社説

セルデン恭子による翻訳

日本のオリジナルはこちら。

高校の日本の教科書審査問題については、教科書承認評議会(教科書使用出版物審査・承認調査協議会)が教科書承認評議会(教科書使用のための出版物を審査・承認するための調査評議会)が教育科学大臣の東海キサブロウに審議の結果を報告した。沖縄の戦いでの&ldquomass suicide(強制大量死、shudan jiketsu)&rdquoに関連する文言について、6つの教科書出版社が改訂を申請しました(teisei shinsei、すでに承認された教科書の改訂申請)。

沖縄県内の高校生の皆さんにお願いしたいのですが。

次の3つの文のうち、(1)は[問題の教科書の1つにある]元のドラフトでした。その後、文部科学省と教科書承認審議会の指示により、(2)[この版は2007年3月に承認された]に書き直された。多くの沖縄市民からの強い抗議を受けて、教科書出版社は表現の修正を請願した。その結果、文言は(3)に変更されました[これは承認されました]。さて、これらの3つの文に関して、何がどのように変わったのでしょうか。なぜこれらの変更を行う必要があったのですか?目的は何でしたか?

(1)&ldquo日本軍によって避難所から追い出されたり、集団自殺に追いやられたりした住民がいた。

(2)&ldquo日本軍によって避難所から追い出されたり、自殺したりした住民がいた。&rdquo(日本軍にゴカラオイダサレタリ、寺家ツ下十人もいた)

(3)&ldquo日本軍によって避難所から追い出されたり、集団自殺に追い込まれたりした住民がいた。

慎重に比較しないとほとんど識別できないような変化ですので、ゆっくりと2回、3回読んでいただきたいと思います。

バージョン1では、主語「日本軍」と述語「集団自殺」の関係は明確です。ただし、バージョン2では、主語と述語が切り離されており、両者の関係はあいまいになっています。バージョン3は、オリジナルと一緒にポッド内の2つのエンドウ豆のうちの1つに似ています。ほぼ元の状態に戻っていると言えますが、主語と述語のつながりがやや弱い印象を与えます。

この一連の編集段階で出入りするのは、背後にある意図です。&ldquo可能であれば、主題である日本軍を消去したい&rdquo&ldquo&ldquo私たちは日本軍と集団自殺の関係を曖昧にしたい&rdquo

教科書承認審議会の結論は、以下の3点にまとめることができます。

第一に、審議会は承認声明(意見書、意見書、意見書)を取り下げていない。第二に、「日本軍によって強制された」のような、軍事的執行を指定する表現を採用していない。第三に、軍事的関与を示す「日本軍によって推進された」などの文言が承認された。

これは、承認審査プロセスで消えた&ldquocoercion&rdquoを&ldquoinvolvement&rdquoの形で復元することで、この問題を解決しようとしたことを意味します。

沖縄戦の特徴

9月29日の沖縄野党集会で採択された決議には、「承認声明の撤回」と「文言の回復」の2点があった。

沖縄県宜野湾市の何千人もの抗議者が
日本政府は参照を削除する計画を削除します
1945年に彼らの島で強制された集団自殺への教科書で。

確かに、沖縄のコンセンサスは教科書承認評議会を動かし、その結果、文言はある程度回復した。沖縄の努力が無駄だったというわけではありません。

しかし、教科書出版社が「強制力」の回復を目指して慎重に文言を練りながら改訂の承認を求めたにもかかわらず、評議会は「そのままでは改訂を承認できない」と判断し、改めて書き直しを求めた。

なぜ彼らが&ldquocoercion&rdquoという用語の使用をこの程度まで避けているのかは、単純に理解できません。

承認審議会は、改定の申立てを審議するにあたり、都道府県内外の専門家8名の意見に耳を傾けた。ある専門家は、日本軍によって追い詰められた住民は沖縄戦の特徴であり、日本軍の存在が決定的な役割を果たしたとコメントした。

別の専門家は、「戦闘能力のない人は捕虜になる前に自殺するべきである」という方針は、軍全体の戦略的原則に基づいていると指摘した。特定の指揮官が特定の時点でそれを注文したかどうかのレベルでは問題ではありませんでした。&rdquo私たちは同意します。

司令官の命令の存在の問題を日本軍による強制の問題と混同してはならない。

教科書承認制度には改革が必要

沖縄からの反対意見に対して、「政治的干渉はないはずだ」との意見もあったが、そうであれば、以下の質問にも答えてほしい。

2005年まで、軍事的強制への言及は承認されていた。なぜ、学術的な理解に大きな変化はなかったのに、今回の問題は審査のコメントを受け取ったのですか?審議会が審理コメントの根拠として、進行中の審理において一方の当事者の主張を行ったのはなぜですか?

今回公開されたのは、検査システムの施錠された部屋の性質です。教科書承認審議会の審議内容は非公開であり、議事は公表されていない。私が理解しているように、審査コメントの詳細は書かれていません。多数意見は口頭で述べられているだけです。

評議会は教科書調査官の声明草案を詳細な議論なしに可決した。捜査当局が評議会に対してどのような関係にあるのかについても、覆い隠されたままです。 [教科書の草案は、最初に、試験と承認(Kentei)ステートメントを起草するKentei chousakan(審査と承認の調査担当者)に送られます。必要に応じて、教科書は専門委員会のメンバー(sen&rsquomon iin)またはメンバーにも配布されます。その後、教科書は教科書承認評議会に送られます。]

この社説はに登場しました 沖縄タイムス、2007年12月27日

教科書レビュー評議会レポート、2つのパート1。

III。沖縄の集団自殺

朝日新聞 社説

日本のオリジナルはこちら。

渡海紀三朗文部大臣は、第二次世界大戦の終結時に、日本帝国陸軍が民間人を沖縄で集団自殺に追いやったことについての歴史教科書の参照の復活を水曜日に発表した。文部科学省は、1945年の沖縄戦に関する一節について、4月から始まる2008年度から使用する高校の教科書について、6社の出版社から提出された改訂版を承認した。

改訂の結果、これらの教科書には次の内容の文章が含まれるようになります。

日本軍の関与により、多くの地元住民が集団自殺に追い込まれた。

軍が民間人を捕虜にすることを禁じていることをめぐる強制的な状況のために、多くの地元住民は彼らが集団自殺と相互殺害に追いやられたと感じた。

今年春に行われた教科書上映で、文部省は出版社に対し、軍の集団自殺への関与に関するすべての言及と、人々が日本兵によって恐ろしい行為を強いられたという声明を削除するよう命じた。

同省は、変更は教科書出版社からの申請のみに基づいており、当初の決定の撤回を表すものではないと述べています。沖縄を中心に国民からの強い批判を受けて、実質的に決定を撤回せざるを得なかったと言っても過言ではないだろう。

この大失敗の責任は明らかに、省が出版社に出した並外れた指示にあります。同省は、集団自殺への軍事的関与に関するすべての言及を削除した。これらの節は、これらすべての行動が軍の命令の下で行われたという誤解を生む可能性があると主張した。

出版社が先月初めに改訂を提出した後、文部省は教科書認可研究評議会、提案された変更をチェックするために省が任命したパネルに依頼した。沖縄戦の学術研究者をはじめとする専門家の意見を聞き、改定論議の根拠として独自の意見を展開した。

軍からの直接の命令を確認する確固たる証拠はないと主張する一方で、評議会は戦時中の政府による教育と訓練が集団自殺の背後にあったことを認めた。パネルはまた、軍による地元住民への手榴弾の配布が集団自殺の原因となった状況を生み出した重要な要因であると指摘した。

評議会の議論は多くの人々にとって説得力があるに違いありません。本質的には、沖縄の人々は軍国主義からの極度の圧力の下で集団自殺に追いやられ、地元住民の間で米兵が侵入することへの恐れを煽り、彼らが捕虜になることを禁じたと述べた。

しかし、提案された改正に関する議論の中で、評議会は、「軍が民間人を集団自殺に追いやった」ような単純な表現は使用されるべきではないという主張に固執した。このスタンスは疑問視されるべきです。

今年の春に上映された教科書に対して、なぜパネルがそのような常識的な意見を出さなかったのか不思議はありません。もしそうなら、パネルは文部省の教科書検査官によるレビューを承認しなかっただろう。パネルメンバーの1人は、この問題についてもっと慎重に議論すべきだったと認めました。

当時、政府は「戦後体制からの脱却」をモットーに安倍晋三前首相が主導していたが、専門家委員会は安倍政権の政治姿勢に何らかの影響を受けたのだろうか。皮肉なことに、文部省によるこの法外な動きは、厳しい戦時中のエピソードを前例のない世間の注目を集めさせました。

以前は、ほとんどの学校の歴史教科書には、沖縄の集団自殺についての簡単な説明しか含まれていませんでした。出版社から提出された改訂には、悲劇の社会的背景に関する説明も含まれていました。その結果、教科書は1945年に沖縄で戦われた血なまぐさい戦いについてより多くの情報を提供します。

教科書の参照をめぐる世論は9ヶ月間激怒した。その間、沖縄で大規模な抗議集会が開かれ、沖縄の流血だけでなく、同省の教科書審査制度の重大な欠陥についても多くの人に知ってもらうことができた。

経験からの苦い教訓は、国の利益のために使われるべきです。

この社説はに登場しました 朝日新聞、12月27日 インターナショナルヘラルドトリビューン/アサヒ 2007年12月28日。

セルデン恭子は、コーネル大学アジア研究の上級講師であり、ジャパンフォーカスのアソシエイトです。彼女の注釈付き日本文学宝石の最初の2巻は、多和田葉子、林京子、中上健次、夏目漱石、富岡多恵子、井上やししの物語を特集して出版されたばかりです。