歴史ポッドキャスト

アンナ・アトキンス

アンナ・アトキンス



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アンナチルドレンは1799年にトンブリッジで生まれました。彼女の父、ジョンチルドレンは科学者であり王立学会の書記官でした。アンナは父親から依頼を受け、本の絵を描きました シェルの属 (1823).

1825年、アンナは鉄道のプロモーターであり、ジャマイカのコーヒー農園の所有者であるジョン・アトキンスと結婚しました。しかし、彼女はイギリスで最初に写真の仕組みと可能性について学んだ父親の1人と緊密に協力し続けました。 1840年にアンナは青写真の本を作成しました。 英国の藻類。これに続いて 英国および外国の顕花植物およびシダの青写真 (1854)。アンナ・アトキンスは、1871年にセブノークスのハルステッドプレイスで亡くなりました。


世界初の写真集を作った女性

アンナアトキンスの本 英国の藻の写真:青写真の印象 (1843–53)は長い間、写真家にとって、ニューヨーク公立図書館コレクションのハイライトであり、おそらく都市自体の微妙なハイライトでさえありました。図書館の展示会の一環として ブループリント:アンナアトキンスの先駆的な写真、この19世紀のフォトグラムの絶妙な本は、めったに展示されませんが、その繊細な栄光の中で直接見ることができます。 英国の藻類の写真 ラリー・シャーフの奨学金のおかげで、彼のオリジナルのアパーチャーカタログの拡大された再版が展示に付随しているので、今では最初の写真で描かれた本として広く見られています。

19世紀の他の有名な英国の女性写真家、たとえばジュリアマーガレットキャメロンのように、アトキンスは手段から来て、彼女の人生の後半、40代前半に写真を始めました。の約14のコピーを作成するには 英国の藻類、アトキンスは手作業で処理された紙に約6000枚の青写真の露出を印刷しました。この本は大企業や社会の支援なしに制作されましたが、孔雀の羽やシダを含むいくつかの作品は幼なじみのアン・ディクソンとのコラボレーションであり、アトキンスは明らかに家庭のスタッフの助けを借りていました。

から広がる 英国の藻の写真:青写真の印象, 1848–49
礼儀ニューヨーク公立図書館

ニューヨーク公立図書館のコピー 英国の藻類 もともとは、青写真の科学者で発明者であるジョン・ハーシェルが所有していました。束縛されることはなく、所有者が組み立てて束縛することを目的とした小さなzineのように、1ダースほどのページごとに繊細に手縫いされたフォリオで構成されています。この脆弱な形は、悪意のある革のカバーと背骨に隠されていないため、視聴者にアトキンスのプロセスをより親密に垣間見ることができます。プルシアンブルーの縞模様、手縫いのバインディング、由緒ある19番目のJ.ワットマンターキーミルによる透かし。世紀のアートペーパーメーカー、すべてがその魅力を増し、すべてが拘束力によって隠されていた可能性があります。タイトルページには、表紙の言葉を綴る海藻の小さな断片があります。 1インチ—電気が当たるように、ストランドはわずかにぼやけています。

青写真ブルー、またはプルシアンブルーは、耐久性があり、媒体として色あせがなく、ボリュームの贈り物を受け取った裕福な友人やアマチュア科学者の読者(タルボットを含む)にどのように見えたかに非常に近いように見えます。藻類のフォトグラムは、シルエットだけでなく、海藻のストランドの太さを示す青のグラデーションで表示され、プリントに透けて見える浮遊感を与えます。ほぼ海水の匂いがします。ページレイアウトは美しいです。紙の比較的控えめなサイズは、小さな中央の小枝には大きすぎるように見えることがありますが、他の触手付きのストランドは、ページに収まるように巧みに包む必要があります。ラテン語のテキスト(常に存在する)が片側に隠れていることがあります。これは、これらのフォトグラムが科学的調査の産物であり、無意識の植民地時代の衝動でさえ、海藻を分類して名前を付け、写真の精度でその計り知れない詳細をキャプチャするための努力であることを思い出させます。

アンナアトキンス、 Grateloupia filicina、1848–49、本から 英国の藻の写真:青写真の印象
礼儀ニューヨーク公立図書館

NYPLの小さな珍しい本のギャラリーでの宝石職人の展示は、照明オブジェクトと慎重に選択されたコンテキストの詳細の両方で密集しています。たとえば、アトキンスの父、ジョンジョージチルドレンは大英博物館の「博物学と現代好奇心の部門の番人」でした。そして、アトキンスには1,500の植物の例がある植物標本館がありました。展示会には、アトキンスの初期の貝殻の絵、エリザベスブラックウェルの植物画(一般的に学術芸術の訓練を禁じられている女性は、代わりに植物を説明することができます)、アトキンスオブハルステッドプレイス(彼女の家)による平凡な水彩画、メアリーワイアットの1832年の本などの作品が含まれています海洋植物の実際の標本が内部でややコミカルに平らになっている藻類。

ショーが提起するより大きな質問はこれです:ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが最初の写真で描かれた本を作成することを熱望したことを私たちは知っています、 自然の鉛筆 (1844–46)—しかし、その本の制作の骨の折れる進歩のために、勤勉なアトキンスは海藻についての彼女の控えめな版で彼をそれに打ち負かしました。しかし、なぜ私たちは常にタルボットを写真で描かれた本を作成した最初の個人として引用しているのですか(正確さのために「商業的に利用可能」という言葉を追加しています)、そしてなぜアトキンスはその面であまり信用されていないのですか?あらゆる媒体や形態で「最初」として成功することはどういう意味ですか?

アンナアトキンス、 Ulva latissima、1848–49、本から 英国の藻の写真:青写真の印象
礼儀ニューヨーク公立図書館

多くの著名な女性は、誰が「最初」であるかはほとんど問題ではなく、「最初」は単なる男性の野心であるかのように、そして女性がこれらの歴史の中で自分の位置を心配するよりもやるべきことがあるかのように私に言いました。しかし、写真の主要な歴史は、1990年代までアトキンスをほぼ完全に省略していました。さまざまな時点で彼女の「A. NS。"この本のイニシャルは「匿名のアマチュア」を表すとさえ言われていました。

女性であり、一人っ子であり、母親であり、科学者であるアンナアトキンスは、「匿名のアマチュア」から写真の適切なパイオニアへと、人々の想像力の中で進歩してきました。写真家は最近、子供たちを連れてショーを見に行ったと言って、「これがママが写真家である理由の一部です」と言った。展示会は壮観であり、私たちが他に何を知らないのか、そして私たちがメディアの歴史の中で誰を信用していないのか疑問に思わずにはいられません。

ブループリント:アンナアトキンスの先駆的な写真 2019年2月17日まで、ニューヨーク公立図書館のスティーブンA.シュワルツマンビルで展示されています。


植物画の挑戦

手描きイラスト いくつかの制限がありました。図面の作成には費用と時間がかかり、アーティストは出版物ごとに数百または数千の例を完成させる必要がありました。さらに、芸術家の手と科学者の目が常に一致しているとは限らず、議論の余地のある科学的メリットを備えた視覚的に心地よい画像が得られました。植物相に焦点を当てている人々にとって、この課題は、実際の植物標本ではなく他の芸術家の解釈に基づいてイラストを生成する芸術家の一般的な慣行によってのみ悪化し、繰り返され、時には強調された不正確さにつながりました。

一部の人は、を使用してこの問題を解決しようとしました 実際の乾燥した植物標本 イラストとして。実際の植物を含めることには確かに利点がありました。読者は、2次元の図で失われたテクスチャ、厚さ、構造特性、およびその他の物理的側面を観察でき、標本は顕微鏡で観察することもできました。しかし、本の個々のコピーごとに十分な品質の例を収集することは、信じられないほど労力と時間がかかり、他のイラストの方法に存在する問題の多くを再現しました。乾燥した標本も壊れやすくなり、時間の経過とともに壊れたり損傷したりする可能性があり、保存上の問題が発生する可能性があります。

印刷プロセス 手動の図面よりも効率的かつ確実に再現されましたが、この方法では同じ問題の多くが再現されました。印刷は個々のコピー間の一貫性を保証しましたが、プレートとブロックは手描きの画像から作成されたため、精度の問題が残りました。数百、数千の画像を手作業で描くよりも確かに効率的でしたが、それでも膨大な時間と費用がかかり、資金不足のために多くの作品が未発表になりました。多くの出版物は、イラストの数を厳しく制限することによってこの課題を調整しようとしました。著者や出版社は、テキストで説明されている数百または数千の植物からほんの一握りを選択することがよくあります。

ネイチャープリンティング、実際の標本を使用して繰り返し印刷用のプレートを作成するか、植物からページに直接インクを塗布する技術は、少なくとも15世紀まで、場合によってはそれ以前に、何らかの形でヨーロッパに存在していました。 。植物をインクでコーティングし、それをページに押し付けると、静脈、茎、およびその他のテクスチャの詳細が詳細に表現された画像が生成されました。残念ながら、このプロセスにも欠点がありました。画像にはリアルでニュアンスのある色がなく、平坦化され、特定の機能が不釣り合いに強調されて歪んでいました。また、他の方法と同様に、各画像を個別に印刷するのは面倒なプロセスであり、植物から直接印刷するには、多くの標本を収集(および破壊)する必要がありました。

ウィリアムヘンリーフォックスタルボットによるワイルドフェンネル、ソルトプリントca. 1841年。メトロポリタン美術館の礼儀


青写真の歴史&#8211ジョン・ハーシェルの発明

青写真プロセスの簡単な歴史&#8211ジョンハーシェル&#8217s発明。


ブループリントプロセスとしても知られるシアノタイププロセスは、 ジョン・ハーシェル (1792&#8211 1871)1842年。ジョン卿は天文学者であり、彼のメモをコピーする方法を見つけようとしていました。

ハーシェルは早くも1839年にソーダの次亜硫酸塩を使用して写真を修正することに成功しました。初期の頃、紙は鉄塩でコーティングされ、その後コンタクトプリントに使用されていました。次に、紙を水で洗浄すると、濃い青色の背景に白い画像が得られました。 (青写真のプロセスとは別に、ハーシェルは写真、ネガ、ポジティブ、スナップショットという言葉もくれました。)

シアノタイププロセスを最初に使用した人の1人は アンナ・アトキンス (1799-1871)、1843年10月に青写真を使用して本を作成し、写真で説明した最初の人物になりました。右側の青写真は、1843年にアトキンスによって出版されたシダの本からのものです。彼女は写真史の先駆者であり、 写真イラストを使用した最初の本を制作。彼女は植物学者であり、父親はフォックスタルボットの友人でした。アトキンスの本は424の青写真を使用しています(または当時知られているように:&#8220shadowgraphs&#8221)。この本は「英国の藻類:青写真の印象」と呼ばれていました。それは個人的に印刷され、10年以上にわたっていくつかの部分で発行されました。
したがって、彼女の本は、1844年にフォックスタルボット自身の「自然のペンシル」に先行します。.

別の、比較的未知の初期の青写真アーティストは ヘンリー・ボッセ。彼のイメージ セントクロワ川の河口 シリーズのアッパーミシシッピ川は1885年に印刷されました。それはスミソニアン協会の国立アメリカ美術館で開催されています。

このプロセスは、フェロプルシエートと呼ばれるコマーシャルペーパーが販売されたピクトリアリストに人気がありました。このプロセスは、 建築計画のコピー 最近、コピー機やコンピュータープリンターによって廃止されるまで。

シアノタイプのプロセスは、発明以来ほとんど変わっていませんが、いくつかのバリエーションが開発されています。そのうちの1つは、MikeWareによるNewCyanotypeIIです。

Spike MacGeeは、代替プロセスに強い関心を持つフリーランシーのコピーライター兼ジャーナリストです。

青写真の青写真&#8211歴史的な代替写真プロセスの調査
マリン・ファブリとゲイリー・ファブリ
シアノタイプのよく説明されたステップバイステップガイド。

この本では、プロセス、化学薬品、コーティング、露光、印刷、ネガの作成、洗浄、トラブルシューティングに関する詳細情報を入手できます。


彼女は最初の写真集を作るのにカメラを必要としませんでした

イギリスの植物学者アンナ・アトキンスは、175年前に彼女の刺激的な藻類と海藻の青写真を発表しました。現在、ニューヨーク公立図書館は彼女の革新を祝っています。

植物は幽霊のように白く、ドーバー沖の海のように鋭く青い畑に浮かんでいます。それぞれが小さな奇跡であり、ニューロンのような根がページを横切って曲がりくねっており、葉がすべての枝分かれした静脈を表しています。これらは、太陽の光とアマチュアの化学セットのみを使用して作成された写真です。 1840年代初頭、女性が写真集を発明したとき、彼らの前例はありませんでした。

彼女はイギリスの写真家アンナアトキンスでした。彼はルイダゲール、ウィリアムヘンリーフォックスタルボット、その他のメディアの最初の10年間の男性ほど有名ではないかもしれません。しかし、1843年に彼女が作り始めた、彼女の非常に美しい海洋植物の青写真は、科学の歴史と同様に写真の発展にとっても重要です。

彼女の最高傑作「イギリスの藻の写真」は、175年前のこの秋に彼女が最初のセクションを出版したもので、カメラなしで作成されたものではありますが、写真で描かれた最初の巻でした。その本の数十ページが、ニューヨーク公立図書館の本館での科学と芸術の相互作用に関する「青写真:アンナアトキンスの先駆的な写真」に掲載されています。

画像

アトキンスは1799年にイギリス南東部で生まれ、父親のジョンジョージチルドレンは大英博物館で働き続けたアマチュア化学者でした。彼はまた、若いアンナが彼のために丹念に説明した1823年の殻の分類法のように、いくつかの重要な科学論文を英語に翻訳しました。彼は娘の自然界への関心を奨励しました。ニューヨーク公立図書館のショーには、乾燥したアザミとミントの小枝を押した初期の植物標本と、1835年に始まり、その後数十年続いた柔らかい水彩画の風景のアルバムが含まれています。彼女の夫、ケントの地主ジョン・ペリー・アトキンスへの贈り物。

1839年、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットは、感光紙に植物や布などの細部をたどることができる「フォトジェニックドローイング」の新しい手段を発見したと発表しました。 (写真には、2回発明されたという珍しい違いがあります。同じ年に、ダゲールとタルボットは、互いに独立して2つの異なる技術を打ちました。)タルボットは、ジョン・ジョージ・チルドレンが秘書を務めた王立学会で彼の技術を発表しました。アンナ・アトキンスはすぐに父親を通してタルボットと連絡を取りました。タルボットのように、彼女は写真の新しい技術が植物画のより高い科学的正確さを可能にするだろうと考えました。それまでは、イラストレーターと同じくらい優れた活版印刷、または以前はもろくなった乾燥標本のいずれかに依存していました。長さ。

彼女はイギリスの南東海岸とケント周辺の池から海藻を集め始め、友人たちに自分の標本を貸してくれるように懇願しました。その後、1843年から、これらの藻類の「写真の印象」の作成を開始しました。ショーに表示された手紙に書いたように、「その多くは非常に微細であるため、正確な描画を行うことは非常に困難です」。

彼女が選んだ技術は、建築家がそれを受け入れたときに後で知られるように、青写真、または青写真でした。まず、鉄塩の溶液で一枚の紙をかき混ぜ、次にそれを乾かします。次に、紙の上にオブジェクトを置き、ガラス板の下に圧縮します。太陽の下に約15分間置いてから、露出したシートを水で洗うと、紙の覆われていない部分が濃いプルシアンブルーになります。

圧縮された藻や葉で覆われたシートの残りの部分は、X線やスノーエンジェルのような白いネガティブな印象を持っています。 Dictyota dichotoma種は、太く絡み合った根茎の束になりますが、Furcellaria fastigiataは、神経終末のように見える、より紡錘状の、より繊細なストランドで構成されます。 1つの海藻標本はアンズタケの密度を持ち、別の標本は落ちた羽のもつれのように見えます。

しかし、これらは明らかにアマチュア科学者の録音以上のものです。アトキンスは、しばしば対称性を試みて、構成に注意深く目を向けてページに植物を置きました。標本のペアは、ほぼ同一の兄弟のように配列されており、海藻が厚くなると、より不明瞭で抽象的なかせになります。藻類はアトキンスの青写真で剛毛で波打っています。もちろん、その豊かな青は海を思い起こさせます。キャプションでさえ、遊び心のある独創性を示しています。彼女の本の1つの章のタイトルページでは、彼女は「英国の藻」の文字を海藻のかすかなストランドから作り、その主題からその名前を形成しました。

青写真はネガから作られたものではないため、アトキンスの各フォトグラムは他に類を見ないものでした。「英国の藻」は、10年の労力を要した困難な企業になりました。 (彼女の作業プロセスについてはほとんど何も知りませんが、使用人はおそらく彼女を助けたでしょう。)結果として得られた本も異なっていました。アトキンスはページを購読者に郵送し、読者が完成させた後、好きなように束を縫い合わせました。

著名な植物学者とタルボット(当時彼自身の最初の本「自然の鉛筆」を完成させていた)のような写真の先駆者の両方に彼女の作品を回覧する彼女の努力は、アトキンスを現在注目を集めている他の歌われていない女性とはまったく異なる人物にしますニューヨークの美術館—夫の大学の授業の科学的イラストが今年の夏にアメリカンフォークアートミュージアムで展示されたオッラホワイトヒッチコックや、画期的な抽象絵画を現在ソロモンR.グッゲンハイムで展示しているスウェーデンの神学者ヒルマアフクリントンなど博物館は、彼女の生涯の間展示されませんでした。アトキンスは予約されていましたが、部外者ではありませんでした。彼女の青写真は、彼らが描いたものと同様に、誰がそれらを見たのかという点で重要です。ニューヨーク公立図書館のアトキンスのフォトグラムのコレクションは、たとえば、青写真プロセスの発明者であるジョンハーシェルのものでした。

ライブラリは、アトキンスのショーケースを、19人の現代写真家をフィーチャーした2階のペンダントショー「AnnaAtkinsRefracted」で補完しました。それらのほとんどはカメラレス写真技術を利用しており、かなりの数が植物学のテーマや科学における女性の地位にも関わっています。ドイツの写真家UlfSaupeは、アトキンスの起伏のある藻の1つに似た豊かな青写真を作成しましたが、実際には、海に浮かぶビニール袋の印象です。レタ・ウィルソンによる奇妙で素晴らしいフォトグラムは、見つかった花や工業用オブジェクトの印象から始まり、露出したシートを折りたたんで(カメラで)写真を撮り、バウハウス風の不思議な結果を再印刷します。

この現代的なショーケースを見たら、アトキンスの展示会に戻って、彼女の青写真を彼らの美的大胆さに目を向けてもう一度見る価値があります。 「BritishAlgae」は、写真や本の出版の歴史の中でその位置を占めていますが、これらの共鳴する青写真は、科学と芸術がよりよく知られている時代からのアーティファクトでもあります。植物は川の三角州のように見え、煙の煙のように、制御された爆発のように、稲妻が暗闇の中を通り抜けるように見えます。写真が芸術であるかどうかという問題は、これから1世紀以上にわたって聴衆を驚かせますが、アトキンスはすでに答えを持っていました。

ブループリント:アンナアトキンスの先駆的な写真(2月17日まで)

アンナ・アトキンス屈折:現代作品(1月6日まで)


科学的な女性の歴史

アンナ・アトキンスはイギリスの植物学者兼写真家でした。彼女はしばしば写真画像で描かれた本を出版した最初の人と考えられています。一部の情報筋は、彼女が写真を作成した最初の女性であると主張しています。

アトキンスは1799年にイギリスのケント州トンブリッジで生まれました。母親のヘスターアンチルドレンは「出産の影響から回復しなかった」ため、1800年に亡くなりました。アンナは有名な化学者で鉱物学者の父親であるジョンジョージチルドレンの近くにいました。 、および動物学者。アンナは「当時の女性のために異常に科学的な教育を受けました」。彼女の貝殻の詳細な彫刻は、ラマルクの貝殻の属の父親の翻訳を説明するために使用されました。

1825年、彼女はロンドン西インドの商人であるジョンペリーアトキンスと結婚し、ケント州セブノークス近くのハルステッドにあるアトキンス家の家であるハルステッドプレイスに引っ越しました。彼らには子供がいなかった。アトキンスは、後で写真として使用されたと思われる乾燥した植物を収集することで、植物学への関心を追求しました。彼女は1839年にロンドン植物学会の会員に選出されました。

ジョンジョージチルドレンとジョンペリーアトキンスはウィリアムヘンリーフォックスタルボットの友人でした。アンナ・アトキンスは、写真に関連する2つの発明について、タルボットから直接学びました。「フォトジェニックドローイング」技術(太陽にさらされて画像を生成する感光紙にオブジェクトを配置する)とカロタイプです。

アトキンスは1841年までにカメラにアクセスできたことが知られていました。一部の情報筋は、アトキンスが最初の女性写真家であったと主張しています。他の情報源は、コンスタンスフォックスタルボットを最初の女性写真家として指名しています。アンナ・アトキンスによるカメラベースの写真もコンスタンス・タルボットによる写真も残っていないため、問題が解決されない可能性があります。

アトキンスとチルドレンの友人であるジョン・ハーシェル卿は、1842年に青写真写真プロセスを発明しました。1年以内に、アトキンスは、マウントされていない乾燥藻を配置することにより、接触印刷された青写真写真を作成することにより、青写真(特に海藻)にプロセスを適用しました。シアノタイプの紙に直接オリジナル」。

アトキンスは1843年10月のイギリス藻の写真の最初の記事で彼女のフォトグラムを自費出版しました:彼女は1841年に出版されたイギリス藻のウィリアムハーベイのマニュアルにイラストを提供することを計画しました。コピー、および手書きのテキストで、英国の藻類の写真:青写真の印象は写真画像で説明された最初の本と見なされます。

8か月後の1844年6月、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットの「自然の鉛筆」の最初の束がリリースされました。この本は「写真で描かれた最初の本」または「写真で描かれた最初の商業出版された本」でした。

アトキンスは、1843年から1853年の間に合計3巻の英国藻類の写真:青写真の印象を作成しました。この本の17部のみが、さまざまな完全性の状態で存在することが知られています。

この本の希少性と歴史的重要性のために、それはかなり高価です。 1996年のオークションで3巻の411プレートの本の1部が133,500ポンドで販売されました。2004年のオークションで科学者ロバートハント(1807–1887)が所有していた2巻の382枚のプリントの別のコピーが229,250ポンドで販売されました。 2018年、ニューヨーク公立図書館は、アトキンスの生涯と作品に関する展示会を開き、さまざまなバージョンの英国藻類の写真を特集しました。

イギリスの藻類の写真に加えて、アトキンスは1852年から1863年の間に5つの架空の小説を出版しました。これらには、ファッションの危険、Murder will Out:実生活の物語、Peerageのページが含まれます。

1850年代、アトキンスは彼女の「姉妹のよう」だったアン・ディクソン(1799–1864)と協力して、青写真のフォトグラムのプレゼンテーションアルバムを少なくとも3枚作成しました。

イギリスと外国のシダの青写真(1853年)、現在はJ.ポールゲッティ美術館にあります
英国および外国の顕花植物とシダの青写真(1854)、その分解されたページはさまざまな美術館やコレクターによって保持されています
アン・ディクソンの甥である「キャプテン・ヘンリー・ディクソン」(1861年)に刻まれたアルバム。

アトキンスは、彼女が仕事で使用した藻類、シダ、その他の植物を保持し、1865年に大英博物館にコレクションを寄贈しました。

彼女は1871年にハルステッドプレイスで「麻痺、リウマチ、倦怠感」で72歳で亡くなりました。


アトキンスの歴史、家紋、紋章

古代スコットランドの人々の中で、アトキンスという名前を最初に使用したのはストラスクライド王国でした。アトキンスはラナークシャーに住んでいた人の名前でした。

4つのコーヒーマグとキーホルダーのセット

$69.95 $48.95

アトキンス家の初期の起源

アトキンスという姓は、スコットランドの中央ストラスクライド地域のかつての郡であったラナークシャー(ゲール語:Siorrachd Lannraig)で最初に発見され、現在はノースラナークシャー、サウスラナークシャー、グラスゴー市のカウンシルエリアに分割されています。アキンの男爵領。名前の最初の記録のいくつかは、1340年のAtkyn de Barr [1]であり、その後1405年に、「スコットランドの商人であるJohn of Akyneが、イギリスで不法に押収された船と商品の返還を求めた」[2]。そのすべての変種は、「Ad」、「Adam +」のちっぽけなものから形成された、Adamの2つのちっぽけなものです[2]。

紋章と名前の履歴パッケージ

$24.95 $21.20

アトキンス家の初期の歴史

このウェブページは、私たちのアトキンス研究のほんの一部を示しています。アーリーアトキンスのトピックには、1405、1482、1497、1520、1744、1773、1613、1687、1676、1680、1687、1613、1654、1613、1642、1676年をカバーする別の183ワード(13行のテキスト)が含まれています。可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品の履歴。

ユニセックスの紋章付きフード付きスウェットシャツ

アトキンスのスペルのバリエーション

中世のスコットランドの名前には、つづりのバリエーションがたくさんあります。これは、その時代の筆記者が、規則のセットではなく、単語の音に従って綴られているという事実によるものです。アトキンスは、エイトケン、エイケン、アトキン、アトキンスなどと綴られています。

アトキンス家の初期の著名人(1700年以前)

さらに40語(3行のテキスト)が、可能な限りすべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品のEarly AtkinsNotablesトピックに含まれています。

アトキンス家のアイルランドへの移住

アトキンス家の一部はアイルランドに移住しましたが、このトピックはこの抜粋ではカバーされていません。
アイルランドでの生活についての別の173語(12行のテキスト)は、可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品に含まれています。

Atkinsの移行+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

17世紀の米国のアトキンス入植者
  • 1622年にバージニアに上陸したアトキンス氏[3]
  • 1622年にバージニアに到着したリチャード・アトキンス[3]
  • 1634年にバージニアに到着したウィリアム・アトキンス[3]
  • 1635年にバージニアに到着したウィリアム・アトキンス[3]
  • 1637年にバージニアに到着したシルベスター・アトキンス[3]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)
18世紀のアメリカ合衆国のアトキンス入植者
  • 1701年にバージニアに上陸したジョナサン・アトキンス[3]
  • 1714年にバージニアに上陸したエリザアトキンス[3]
  • 1734年にサウスカロライナ州チャールストンに到着したエドマンド・アトキンス[3]
  • 1739年にコネチカットに到着したジョセフ・アトキンス[3]
  • 1753年にジャマイカに到着したロバート・アトキンス[3]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)
19世紀の米国のアトキンス入植者
  • 1812年にニューヨークに到着した31歳のヒュー・アトキンス[3]
  • 1828年にワシントンDCに上陸した26歳のサミュエル・アトキンス[3]
  • 1850年にカリフォルニア州サンフランシスコに上陸したWTアトキンス[3]
  • 1850年にカリフォルニア州サンフランシスコに上陸したジョンRアトキンス[3]
  • 1850年にカリフォルニア州サンフランシスコに到着したGアトキンス[3]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

アトキンスのカナダへの移住+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

18世紀のカナダのアトキンス入植者
  • 1750年にノバスコシアに上陸したハンフリーアトキンス
  • 1750年にノバスコシアに到着したジェームズアトキンス
  • 1750年にノバスコシアに到着したジョン・アトキンス
  • 1750年にノバスコシアに上陸したメアリーアトキンス
  • 1750年にノバスコシアに上陸したアンドリュー・アトキンス
19世紀のカナダのアトキンス入植者
20世紀のカナダのアトキンス入植者

アトキンスのオーストラリアへの移住+

オーストラリアへの移住は、囚人、商人、初期の入植者の最初の艦隊に続きました。初期の移民は次のとおりです。

19世紀のオーストラリアのアトキンス入植者
  • ミス・ルイザ・アトキンス(ルイーズ、アン)、(1800年生まれ)、14歳、イギリスのサリーで窃盗罪で7年間有罪判決を受けたイギリス人の使用人は、1814年1月に「ブルックスボーンベリー」に乗って輸送され、オーストラリアのニューサウスウェールズに到着した[ 4]
  • イギリスのノーザンプトンで7年間有罪判決を受けたイギリス人囚人のリチャード・アトキンス氏は、1819年4月23日に「カナダ」に乗船し、オーストラリアのニューサウスウェールズに到着した[5]。
  • 1825年から1832年の間にオーストラリアのニューサウスウェールズに到着した石工のウィリアム・アトキンス
  • 1826年10月16日に「アンドロメダ」に乗船してオーストラリアのヴァンディーメンズランドに定住したワーウィック出身のイギリス人有罪判決を受けたトーマスアトキンス[6]。
  • ヘレフォード出身のイギリス人有罪判決を受けたジョセフ・アトキンスは、1831年3月5日に「アーガイル」に乗船し、オーストラリアのヴァンディーメンズランドに定住しました[7]。
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

アトキンスのニュージーランドへの移住+

ニュージーランドへの移住は、キャプテンクック(1769-70)などのヨーロッパの探検家の足跡をたどりました。最初にシーラー、捕鯨者、宣教師、商人がやって来ました。 1838年までに、英国ニュージーランド会社はマオリ族から土地を購入し、入植者に売却し始めました。1840年のワイタンギ条約の後、多くの英国の家族が英国からアオテアロアへの困難な6か月の旅に出発しました。新生活。初期の移民は次のとおりです。

19世紀のニュージーランドのアトキンス入植者
  • トーマス・アトキンス、32歳、農場労働者、1842年に船「チャールズフォーブス卿」に乗ってニュージーランドのネルソンに到着
  • 1842年に「チャールズフォーブス卿」の船に乗ってニュージーランドのネルソンに到着した28歳のジェーンアトキンス
  • 1843年11月14日にニュージーランドのオークランドに到着した船「マンダリン」に乗ってロンドンから旅行したイギリス人入植者のアトキンス氏[8]
  • 1843年11月14日にニュージーランドのオークランドに到着した船「マンダリン」に乗ってロンドンから旅行したイギリス人入植者のアトキンス夫人[8]
  • 1843年11月14日にニュージーランドのオークランドに到着した船「マンダリン」に乗ってロンドンから旅行したイギリス人入植者のミス・アトキンス[8]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

アトキンスという名前の現代の著名人(1700年以降)+

  • ハンフリー・エドワード・アトキンス(1922-1996)、英国の政治家、英国国会議員、王璽尚書(1981-1982)は、1987年にBaronColnbrookを作りました。
  • ロナルド・ヘンリー・アトキンス(1916-2020)、英国労働党の政治家、プレストン・ノースの国会議員(1974-1979)
  • ロバート・リー「ボブ」アトキンス・ジュニア(1946-2020)、ナショナルフットボールリーグのマドリン・ジュリア・アトキンスD.B.E.、C.B.E。 (1952年生まれ)、英国高等教育助成評議会の英国教授兼最高経営責任者であり、コベントリー大学の元副学長は、2018年12月29日に、高等教育への奉仕のために大英帝国勲章のデイム司令官に任命されました。女王陛下[9]
  • パービス・R・アトキンス・ジュニア(1935-2017)、アメリカンフットボール選手、カレッジフットボールの殿堂入り
  • デニス・アトキンス(1938-2016)、プロの英国サッカー選手
  • コーラル・ローズマリー・アトキンス(1936-2016)、イギリスの女優、ア・ファミリー・アット・ウォー(1970)、エマーデール(1972)、フレッシュ・アンド・ブラッド(1980)で知られる
  • ジェームズ・アトキンス(1967-2016)、ロックバンドハンマーボックスのアメリカのロックベーシスト
  • ダグラスレオン「ダグ」アトキンス(1930-2015)、アメリカンフットボールのディフェンシブエンドがカレッジフットボール殿堂とプロフットボール殿堂入り
  • サー・ヘドリー・ジョン・バーナード・アトキンスKBE(1905-1983)、英国ロンドン大学、英国の医師および教育者
  • 。 (別の62の注目すべき点は、可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品で利用できます。)

アトキンス家の歴史的イベント+

HMSフード
  • ウィリアム・E・アトキンス氏(1916年生まれ)、イギリス海軍上等兵曹スチュワード、イギリス海軍ケンジントン出身。イギリス海軍は戦闘に出航し、沈没で死亡した[10]。
HMS Prince of Wales
USSアリゾナ
  • Mr. Gerald Arthur Atkins, American Hospital Apprentice First Class from Nebraska, USA working aboard the ship "USS Arizona" when she sunk during the Japanese attack on Pearl Harbor on 7th December 1941, he died in the sinking [12]

関連ストーリー+

The Atkins Motto +

モットーはもともと戦争の叫びやスローガンでした。モットーは14世紀と15世紀に最初に武器で示され始めましたが、17世紀まで一般的に使用されていませんでした。したがって、最も古い紋章には一般的にモットーが含まれていません。モットーが紋章の一部を形成することはめったにありません。ほとんどの紋章当局では、モットーは紋章のオプションのコンポーネントであり、多くの家族がモットーを表示しないことを選択して追加または変更できます。

モットー: Robore et vigilantia
モットー翻訳: Strength and vigilance.


Blooming marvellous: the world's first female photographer – and her botanical beauties

Featherly outlines … Atkins’s cyanotype of the eagle fern.

Featherly outlines … Atkins’s cyanotype of the eagle fern.

Born in 1799, Anna Atkins captured plants, shells and algae in ghostly wisps and ravishing blues. Why isn’t she famous?

Last modified on Thu 26 Mar 2020 14.34 GMT

‘Photography pioneer” conjures up an image of a Victorian gentleman under a drape with an outsize wooden box on a tripod. Yet one of the biggest landmark moments of early photography was down to a woman who didn’t even use a camera, and was born decades before Victoria became queen.

Anna Atkins is considered to have been the first female photographer. She was born in Kent in 1799, and she made her most significant contribution across 10 years in the mid-19th century in which she created at least 10,000 images by hand. But it was what she did with those pictures that gave her a place in art history. Atkins realised what millions of social media users know today: that images are for sharing. She created the first book to contain photographs, and she paved the way for photography’s power to connect people.

Atkins’s book is the highlight of a major retrospective of 19th-century photography at the Rijksmuseum in Amsterdam this summer. It shines a light on an artist whose legacy was, like that of so many women who played their part in the creation of art, woefully overlooked for many years. Dr Hans Rooseboom, curator of photography at the museum, says it was not until the 1970s – more than a century after her death – that art historians uncovered her role. “Until then, the history of photography, and particularly the contribution of Atkins, had received very little attention.”

Atkins’s most important early influence was her father, John George Children. The two were particularly close, thrown together when Anna’s mother, Hester, died a few months after her only child’s birth. A highly respected scientist who was secretary of the Royal Society in 1826 and again between 1830-37, Children was unusual in his time for his belief that a daughter could do whatever a son could do, and he fostered her interest in botany.

But it was his contacts that helped his daughter the most. In February 1839 he was present at a Royal Society meeting at which a Wiltshire landowner, William Henry Fox Talbot, outlined his exciting new invention – the creation of “photograms”, that used chemicals and sunlight to create images on paper, and led to the development of camera-made images. Anna’s fascination with nature had seen her drawing shells and plants laboriously by hand to record them accurately the implications of this new way of producing images were not lost on Children, who hurried home to share what he had heard. A few months later, Children wrote to Talbot that “my daughter and I shall set to work in good earnest ’till we completely succeed in practising your invaluable process”.

Anna – who had married a railway promoter called John Pelly Atkins in 1825 – was later influenced by another photography pioneer: Sir John Herschel. In 1842 Herschel sent Children a copy of his paper describing his refinement of Talbot’s process, an invention he called the cyanotype, involving two chemical compounds, ammonium ferric citrate and potassium ferricyanide, which were applied to a sheet of paper with a brush. The paper was dried, and a flat object was then laid on top of it, and left in sunlight. Once it had been exposed to enough light, the paper was washed in water, but the image of the object remained.

An eye for algae … a cyanotype Cystoseira granulata seaweed.

It was Atkins’s interest in the study of algae that prompted her book. She was so disappointed by the lack of illustrations in a guide to British algae published in 1841 that she decided to do something about it. In the autumn of 1843 she began work on creating images of hundreds of different types, using Herschel’s cyanotype method. It was a meticulous task whose skill rested in working quickly to assemble the dried algae arrangement, before leaving the paper exposed to sunlight for precisely the right amount of time.

Looking at Atkins’s book today, what is most striking is not the outlines of the algae, however beautifully and delicately they crawl across the pages it is the glorious depth of the Prussian blue backdrop to the images. The Herschel method dyed the paper, resulting in every page of the book being a deep blue with the algae outlines in cream. (A byproduct of the process was the addition of the word “blueprint” to the English language.)

The images are surprisingly modern-looking: here a seahorse-like shape dominating the page, there a spiky snowflake. Elsewhere, feathery outlines and ghostly wisps of plant life. Some of the pages have just one or two tiny blobs of algae, others what appear to be arrangements of material, displayed with an aesthetic as well as a scientific eye. “We can tell that Atkins was very conscientious, and also proficient,” says Rooseboom. “She used very good quality paper, which is why the images are in such excellent condition to this day, and she became adept at judging the time the paper needed in sunlight, so the images are as clear as possible. Given that we are 170 years on, they are remarkably fresh, and artists today still use this process to create their work.”

Understood photography is for sharing … Anna Atkins in 1861. Photograph: Rijksmuseum, Amsterdam

Every one of the 307 images in the Rijksmuseum’s copy of the book was produced by hand by Atkins, since each of the 12 or so copies of her book was a bespoke production. Her work predated by several decades the technology that would later allow photography to be mass reproduced but, true to the instinct that photography was for sharing, she worked for 10 years to create enough images to be bound into volumes by her colleagues and contacts. She sent her images to them, each annotated with the Latin name of the plant in her small, precise handwriting.

Shortly before her algae project was finished, Atkins’s father died and she embarked on writing his biography before switching her botanic interest to ferns. She donated her herbarium to the British Museum in 1865 and died six years later, in 1871.

Although she will be remembered for her hand-produced photographs, Atkins did own a camera: in a letter to Talbot after his presentation at the Royal Society, Children noted: “I have ordered a camera for Mrs Atkins from Ross.” Given everything she knew about photography, there is every reason to assume that she made good use of it, but sadly for art history, none of her camera photographs have survived.


Anna Atkins

In October 1843, the botanist and photographer Anna Atkins (1799–1871) wrote a letter to a friend. “I have lately taken in hand a rather lengthy performance,” revealed Atkins. “It is the taking photographical impressions of all, that I can procure, of the British algae and confervae, many of which are so minute that accurate drawings of them are very difficult to make.” 1 Atkins proceeded to inquire whether a mutual acquaintance, also interested in aquatic plants, would care to receive a copy of her recently completed book, Photographs of British Algae: Cyanotype Impressions.

With this book—the first to be illustrated entirely with photographs—Atkins combined her passions for scientific inquiry, technological experimentation, and artistic expression. Initially, Atkins conceived it as a companion volume to Manual of British Algae (1841), a lengthy, un-illustrated guide to aquatic plant life. Motivated by her belief that the visual appearance of plants possessed both botanical importance and aesthetic interest, Atkins resolved to collect, classify, and picture the specimens in the guide. Yet the last stage of her project—picturing—soon began to absorb her. While previous scientists had supplemented their research with drawings or prints, Atkins sought, as she later explained, “to obtain impressions of plants themselves.” 2 In pursuit of an accurate yet evocative mode of representation, she adopted a technology that had emerged just several years prior: photography.

Atkins learned of photography through its British inventor, William Henry Fox Talbot. Only months after Talbot patented his most successful photographic process, in 1841, Atkins and her father, a respected scientist, decided to replicate the “talbotype” at their home. “My daughter and I,” Atkins’s father wrote to Talbot, “shall set to work in good earnest ’till we completely succeed in practicing your invaluable process.” 3 Ultimately, it was a different photographic process—the cyanotype—that captivated Atkins. Developed by her friend and neighbor Sir John Herschel, the cyanotype process produced blue-and-white prints that Atkins prized for their sharp contours and striking colors. Atkins added hundreds of new plates to Photographs of British Algae throughout the 1840s and early 1850s, all the while refining cyanotype chemical solutions and exposure times.

After completing Photographs of British Algae in 1853, Atkins turned from aquatic to terrestrial plants. The same year, she began to produce cyanotypes of ferns, including Polypodium Phegopteris (1853), Aspidium Lobatium (1853), and Pteris Rotundifolia (Jamaica) (1853). As in the algae cyanotypes, each fern is arrayed on a simple ground, its stems and leaves—and, in some cases, roots—captured with clarity and precision. Perhaps inspired by her first book, Atkins gathered many of these prints in Cyanotypes of British and Foreign Plants and Ferns (1853), widely considered her most accomplished publication.

During this time, Atkins also began to photograph entirely different subjects. Likely collaborating with her childhood friend Anne Dixon, Atkins incorporated flowers, feathers, and lace into prints that feature newly intricate compositions, subtle layering, and varied textures. Freed from the imperatives of scientific accuracy, she focused increasingly on visual properties such as line and form, color and space, and transparency and opacity. Even so, Atkins and her groundbreaking photographs were nearly forgotten by the late 19th century. In 1889, a collector writing on the origins of Photographs of British Algae proposed that the initials “A. A.”—Anna Atkins’s modest signature—stood for “Anonymous Amateur.” 0 But in recent years, scholars and artists have reexamined Atkins’s contributions to science, technology, publishing, and art, proof that what the botanist and photographer described as her “lengthy performance” is having an even lengthier afterlife.

Annemarie Iker, Mellon-Marron Research Consortium Fellow, 2020

Anna Atkins to Sophia Bliss, October 8, 1843, in “Blue Prints: The Pioneering Photographs of Anna Atkins [Exhibition Audio],” accessed December 2019,

Atkins, “Introduction,” Photographs of British Algae: Cyanotype Impressions (1843), n.p.

John George Children to William Henry Fox Talbot, September 1841, in Larry Schaaf, Sun Gardens: Cyanotypes by Anna Atkins (New York: Prestel, 2018), 26.

The research for this text was supported by a generous grant from The Modern Women's Fund.


PROGRAMS

Meet the Artist

Rayner Special Collections Wing & Print Gallery

On the occasion of Anna Atkins Refracted: Contemporary Works, the Library has invited the following artists to engage with the public and speak about their work in the exhibition. Each hour-long event will take place at lunch time in front of the artist's work in the Rayner Special Collections Wing and Print Gallery.

Letha Wilson: Tuesday, October 15 | 12:30 PM
Meghann Riepenhoff: Friday, October 19 | 1:30 PM
Katherine Hubbard: Tuesday, November 6th | 12:30 PM
Erica Baum: Thursday, December 6th | 12:30 PM
Alison Rossiter: Wednesday, December 19th | 12:30 PM

Kind of Blue: Meghann Riepenhoff

Wednesday, October 17 | 6:30 PM
Schwarzman Building, Berger Forum

The contemporary photographer traces the impacts on her work made by pioneering nineteenth-century photographer Anna Atkins.

How We See: Photobooks by Women

Thursday, October 25 | 6:30 PM
Schwarzman Building, Celeste Auditorium

To commemorate the 150th anniversary of pioneering photographer Anna Atkins's first photobook, creatives Olga Yatskevich, Lesley Martin, and Daria Tuminas explore the world of avant-garde photobooks created by women.

The Library After Hours: Picture This

Friday, November 30 | 7 PM
Schwarzman Building, Astor Hall

Picture this: it’s 19th-century England, and you want to share your vast collection of algaes with the world—but how? If you were a daring and creative botanist/photographer named Anna Atkins, you turned to a new photographic process called cyanotype and created a landmark book called Photographs of British Algae。 Two new exhibitions at the Library survey Atkins’s work and the 175 years of inventive and technical innovation she paved the way for. The Library After Hours gets in on the act with an array of crafts, talks, and activities that look back to photography’s past and gaze forward into the medium’s future.


ビデオを見る: על הקשר בין קנביס למשרד הבריאות (八月 2022).