歴史ポッドキャスト

戦列艦(ナポレオン)

戦列艦(ナポレオン)


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

戦列艦(ナポレオン)

戦列艦は、艦隊の戦いで直接的な役割を果たすことが期待されていた船でした。 17世紀半ばから、「単縦陣」が主要な海戦の主な特徴でした。両方の艦隊は1列の船を形成し、2つの列はどちらかが割れるまで互いに発砲します。単縦陣は舷側砲を最大限に活用するように設計されていましたが、両陣営が同じレベルのダメージを受けたため、優柔不断な戦闘につながる傾向がありました。

1793年の戦争の勃発までに、戦列艦は常に少なくとも2層船でした。 64門艦はこの任務を遂行することが期待される最小の船でしたが、これでも小さすぎると多くの人が考え、74門艦は本当に最小でした。軍艦は6つの「レート」に分けられ、そのうち最初の3つは戦列艦、4つ目のレートは灰色の領域、5つ目と6つ目のレートはフリゲート艦でした。戦列艦の指揮は、この時期のほとんどの船長の目的でしたが、より小さなフリゲート艦に留まることを好む人もいました。戦列艦は最終的に戦艦に進化し、戦列艦の残骸のいくつかはユトランド沖海戦と同じくらい遅く見ることができます。

ナポレオンのホームページ|ナポレオン戦争に関する本|主題索引:ナポレオン戦争


1765年に発売された 勝利 彼女のサイズ、戦争での彼女の役割、そして後に博物館船として保存されたことで有名になりました。

100門のイギリス戦列艦、 勝利 ジョンロック、次にエドワードアリンの監督の下でチャタムドックヤードに建てられました。数十年の奉仕の間、彼女はウェサン島のケッペルやスパルテル岬のハウなど、いくつかの海軍司令官の旗艦を務めました。

ナポレオン戦争の時までに、 勝利 もはやイギリス軍の最も近代的な船ではありませんでした。彼女はまだ非常に有能な船であり、彼女を最新の状態に保ち、良好な修理を行うために再装備されていました。彼女はネルソンが1803年に旗艦として選んだ船であり、彼は トラファルガー 1805年。

HMSビクトリー号。 David Hewitt&#8211 CC BY 3.0

戦闘中にショットが彼に致命傷を負わせたので、それはネルソンの最大かつ最後の勝利でした。彼女の乗組員のうち、57人が死亡し、102人が負傷した。 NS 勝利 彼女自身はひどく損傷していて、港に曳航されなければなりませんでした。彼女は修理され、軍艦として働き続けた後、訓練学校になり、その後観光名所になりました。

HMSのこのビデオをチェックしてください 勝利 ローリングブロードサイドを発射します。


ナポレオン戦争で使用された多くの種類の船

ナポレオン戦争の海軍が数百人の兵士を乗せた巨大な船だけを使用し、それがゆっくりと閉じて敵を単縦陣で追い越すというのはよくある誤解です。実際、すべての海軍は幅広い技術を採用しており、多くの海軍がさまざまな設計を試し、驚異的な成功または破滅的な敗北をもたらしました。これは、この期間に使用されたさまざまな船の簡単な説明ですが、使用されていたものの表面を傷つけるだけです。

まず、最も大きく、最もよく知られている戦列艦から始めます。 17世紀半ば以降、海軍は主要な艦隊行動で単縦陣を採用していました。各敵は強力な軍艦の連続した列を形成し、2つの線が互いに接近し、それぞれが互いに打ち負かそうとしました。早い段階で、これらのラインでは利用可能なすべての船が使用されていましたが、専用の戦艦ライン(現代の「戦艦」の由来)が必要であることが明らかになりました。

最大のものは、100隻以上の銃を備えた、三層甲板艦の第1級戦列艦でした。これらはその時代の本当の戦艦であり、攻撃の背後にある最初のパンチを形成した巨大な浮遊要塞でした。これらの船は水面から非常に高いため、扱いにくく、かさばり、動きが遅く、不安定でした。荒天時にはほとんど取り扱えませんでした。彼らは通常、提督や提督の指揮艦として利用されていました。

それらのかなりのサイズは、戦場のどこからでも見ることができることを保証し、そのような巨大な船を見ることを期待していない敵にとって印象的な光景を証明しました。

ファーストクラスを補うために、84-98砲から、2番目の2-3デッキが登場しました。これらは追跡においてわずかに有用であり、いくらか軽いことが証明されました。それらは、会戦と主要な艦隊の行動を目的としていました。これらは、単縦陣の強打者でした。

HMS プリンスオブウェールズ 発売中です。彼女は98門の2等戦列艦でした。

トラファルガーを例にとると、3隻の1等艦があり、4隻の2等艦が追加されました。それらは、海上で他のほとんどのものを上回り、敵を弱体化させ、他の船からの攻撃にさらす、罰する舷側砲を提供するために使用されました。

HMS アヤックス、74門の3等艦。これらは最も人気があり、安定性と火力の間の適切な妥協点を証明しました。

次に、論理的には、単縦陣のランクとファイルを構成する3番目のレートが来ました。常に2層船で、64から80門の大砲があります。最も一般的なのは74門の砲で、砲列に沿って約170フィートでした。これにより、単縦陣に必要な火力と、大規模な艦隊の行動後に発生した掃討と追跡に必要な機動性とのバランスが取れました。

一流と二流の船はこの任務には不器用でしたが、有能で扱いの良い74砲手は同じサイズの敵の周りをスカートで囲み、風が彼女に有利な場合は小さな船のいくつかを打ち負かすことができました。トラファルガーでは、1805年に、イギリスの27隻の戦列艦のうち20隻が第3レートであり、そのうち16隻は74門の砲を搭載していました。

HMS Indefatigableは、44門のフリゲート艦に改造された後、フランスのフリゲート艦Virginieと戦った。

3番目と4番目のレートの間には、あいまいなクラスの「レイジー」3番目のレートがありました。これらは3等艦の2層船で、トップデッキが取り外されており、荒れた海でより速く、より安定しています。これらの船は44から58門の大砲を持ち、2つの異なる役割を果たしました。 44門に改造されたものはフリゲート艦として使用されました。

58門の第3レートは、もはや戦闘ラインに配備されていませんでしたが、より小さな艦隊の行動と護送船団の保護のための強力な火力の重要な源を提供しました。

改宗した東インド人であるHMSカルカッタは、彼女のキャリアのほとんどを56門の4等艦として使用しました。

ついに4等艦、50門の二層船、本質的に重いフリゲート艦が登場しました。これらは小さすぎて単縦陣とは見なされませんでしたが、マイナーな艦隊の行動で使用されることが多く、フリゲート艦の指揮艦を形成していました。

38門のフリゲート艦であるHMSアメリアは、19世紀初頭の軽量フリゲート艦の典型でした。これらは、憲法などの大規模なアメリカのフリゲート艦によってすぐに優勢になりました。

これらに続くのはフリゲート艦で、広く使用され、しばしば誤解されている用語です。公式には、1750年代以降、28から48門の船を意味していましたが、実際には、20門の船を指すこともありました。これらは追跡船であり、敵の護送船団、商船、そして孤独な軍艦を追い詰めることを任務としていました。機動性と火力のために設計された彼らは、船首甲板とクォーターデッキに追加の銃を備えた単一の砲列を持っていました。初期のフリゲート艦は9ポンドの大砲で武装していたため、9ポンドの鉄、鉛、または石のボールを発射しました。

18世紀の終わりに海軍の軍拡競争がより大きく、より良い船を要求したので、12、18、24、そして約32ポンドの大砲さえ現れ始めました。多くの場合、船はさまざまな銃を搭載しています。これにより、彼らは、より長い9ポンド砲で遠くの敵をピックしたり、わずか数ヤード離れた場所で24ポンド砲を撃ち、近距離で船体を攻撃したりすることができました。

1803年のUSS憲法。

この時期のフリゲート艦の設計開発はUSSを生み出した 憲法 、1797年に発売された44門のアメリカのシングルデッカー。彼女は新しい工法を代表し、クラスの他のほとんどの船よりも扱いやすい、より長く細い船を可能にしました。彼女の船体はイギリス海軍の船体よりもはるかに厚く、1812年の米英戦争中に大砲のボールが彼女の側面を転がり落ちたときに「オールドアイアンサイド」の称号を獲得しました。

他のほとんどの海軍がこの新しい建造方法を採用するのに30年以上かかり、大型船がなかったにもかかわらず、この時期にアメリカ人に明確な利点をもたらしました。

HMS Bonne Citoyenne、Furieuseを曳航。 Bonne Citoyenneは捕獲されたフランスの船で、20門のポストシップとして使用されていました。

フリゲート艦の下には、20〜26門のポストシップ、本質的に小さなフリゲート艦がありました。これらは艦隊の行動や単一の船の行動を目的としたものではなく、航路を保護するものでした。商船の航路は、大英帝国とフランス帝国の両方の遠く離れた駅に物資を供給しましたが、敵の攻撃に対して非常に脆弱であることが証明されました。彼らは、襲撃者として出てきた沿岸のスループやブリッグを引き受けるのに十分強力でした。彼らのスピードの欠如は、動きの遅い商人を保護するときに彼らを妨げませんでした。

「ポストシップ」という用語は、これらがしばしばイギリス海軍将校の2番目の指揮官であったという事実に由来しています。警官は司令官になり、より小さなスループまたはブリッグの指揮を与えられます。彼が自分自身を証明した場合、彼は勅任長になり、ポストシップを与えられる可能性があります。

戦列艦の最大の船からポスト船まで、以前のすべての船はフル装備でした。つまり、3つのマストがあり、すべてが船を横切って走る正方形の帆で装備されていました。ポストシップの下にあるものには、スループ型砲艦、ガンブリッグ、ブリッグ、スクーナー、カッターが含まれます。

HMS Sparrowhawk、19世紀初頭の典型的なブリッグスループ。

スループ型砲艦は、司令官がキャリアを開始する場所でしたが、この用語は誤称のようなものです。スループは技術的には単一のマスト船ですが、スループオブウォーは2つのマストブリッグスループとバミューダスループを含む総称でした。ブリークスループはブリッグリグの船で、2つのスクエアリグのマスト(船を横切って走る大きな帆)を意味します。

これらは最も一般的であり、イギリス海軍は多くのCruizerクラスを構築し、敵の船を襲撃するのに非常に効果的であることが証明されました。それらの射程は、火力と巡航距離の両方で非常に限られていましたが、沿岸の襲撃とパトロールに非常に役立つことが証明されました。

これらの船が持っていた主な利点は、船団の中で大きくて遅いポストシップをすり抜けて、小さくて無防備な商人を攻撃することができた速度と機動性でした。これらの高速で武装した船の1つに遭遇した孤独な商人に幸運を祈ります。

ガンブリッグのモデル。

ガンブリッグも同様の役割を果たしましたが、より重い大砲に焦点を当てていました。彼らは追跡のために2門の長い銃を船首に取り付け、10門のカロネード砲(短距離でより強力なパンチを詰め込んだより短く太い大砲)を舷側砲に取り付けました。彼らは速くて機動性があり、敵に近づき、カロネード砲で開くという考えでした。

典型的なトップセールスクーナーの装備船であるHMSピッキーは、1805年にトラファルガーでの勝利のニュースをイギリスに持ち帰りました。ByBallista&#8211 CC BY-SA 3.0

最後に、ブリッグ、スループ、カッター、スクーナー。これらは海軍の支援的役割を果たし、物資、軍隊、そして最も重要なことに艦隊周辺の情報をフェリーで運ぶことができました。

当時、大西洋を横断するように設計された高速で小型の郵便船が最も重要であり、世界中からのほとんどすべてのニュースがそのような船で輸送されていました。イギリス海軍は特にパケット船を保護し、大英帝国周辺で情報が継続的に流れることの重要性を理解していました。


サンティシマトリニダード

この巨大な船の実物大の表現は、スペインのアリカンテの港で見ることができます。ディエゴ・デルソCC BY-SA 3.0

戦争で最大の火力を持った船は、フランス人やイギリス人ではなく、スペイン人によって生産されました。

1769年に発売された サンティシマトリニダード、そしてその名を冠した2番目の船は、3デッキの112ガンシップとして始まりました。すでに、これは彼女を海上で最も強力な船の1つにしました。これは、かつて栄光に満ちたスペインの海事帝国の象徴です。中に崩壊する帝国 サンティシマトリニダードの海での時間。

1795年、船首甲板とクォーターデッキ サンティシマトリニダード 当時の船の中でユニークな4番目の砲列を形成するために参加しました。理論上は140門になりましたが、130門に減りました。彼女は、海上で最大の船であると言われていました。

バリャドリッド科学博物館のサンティシマトリニダードのモデル。

NS サンティシマトリニダード 1797年にサンビセンテ岬の戦いでスペインの旗艦を務めました。そこで彼女はひどく損傷し、ほとんどイギリス軍に捕らえられました。カディスで修理され、彼女は行動に戻った。

船の巨大なかさばりと彼女の4番目の砲列は、海にいるとき彼女を悪名高く扱いにくくしました。彼女はトラファルガーの戦いに参加しましたが、敏捷性の欠如により、彼女はその関与において重要な役割を果たすことができませんでした。いくつかのイギリスの船からの攻撃を受けて、彼女はメインマストを失い、捕らえられました。

勝利したイギリス軍に牽引され、 サンティシマトリニダード トラファルガーの翌日に嵐に巻き込まれ沈没した。


「もし私がこの瞬間に死ぬとしたら、フリゲート艦の欲求が私の心に刻まれているのが見つかるでしょう」

イギリス軍はまた、敵の海軍から捕獲されたフリゲート帆船を多用しました。フランス軍の部隊は、その優れた沿岸での取り扱いの質で特に人気がありました。それにもかかわらず、フリゲート艦は412隻のイギリス海軍の戦力の4分の1以上を占めることはなく(1793年、1815年には700隻以上)、比類のないネルソン卿は次のように書いています。私の心に刻まれているのが見つかりました。」これらの貴重な船が十分に回ることができなかったため、複数の配備された戦隊司令官が神経質になり、不安になりました。護送船団を護衛したり、敵の海岸線に沿って襲撃を行ったり、敵の船を攻撃したり、艦隊を偵察したりする必要があるため、フリゲート艦は常に不足していました。

この時代のイギリスのフリゲート艦の奇妙な点の1つは、有人で浮かんでいるときは優れた戦争のエンジンでしたが、建造の質が不均一だったことです。優れたエルムキールとオークのリブはすべての木造のイギリス海軍の軍艦の一部でしたが、船の残りの構造の材料と仕上がりは非常にわずかである可能性があります。広葉樹や他の材料の不足は、松のようなより軽い材料が時々代用されることを意味しました。のいくつか トリビューンボンベイで建造されたクラスの船は、実際にはチーク材で作られていましたが、品質の不均一と過度の重量がその材料の優れた耐久性を相殺していました。今のように、民間請負業者は技量と材料を軽蔑しましたが、アドミラルティヤードは公務員から必要な成果を得るのに苦労しました。それにもかかわらず、フリゲート艦は建造され、艤装ドックに向かい、出航前に兵器、物資、乗組員を受け取りました。イギリスのフリゲート艦が戦闘能力を発達させ始めたのは、この「後処理」の時期であり、敵に非常に恐れられました。

建設ヤードの技量は時々疑わしいかもしれませんが、これらの船を戦闘の準備をするために海軍本部が何をしたかについては同じことが言えませんでした。一般的に、イギリス海軍の調達担当官は、数マイルのロープ(「コード」と呼ばれる)、数エーカーの帆、ショット、粉末、銃、または数トンの堅パンなど、戦争の道具と燃料を購入するのに良い仕事をしました。 (乗組員からは「ビスケット」と嘲笑的に知られています)そして、海上での生活を可能にした塩漬けの豚肉と牛肉。船上での生活は常に困難で危険でしたが、英国人は、維持と居住性の特定の最低基準がすべての「ジャックタール」の権利であることを確認することに単独で立ちました。これらが正確に贅沢な基準に達しているわけではありません。すべての乗組員は、時計を外している間、ハンモックで眠るために18インチの幅を割り当てられ、感謝の気持ちを表す王と国からの資格で、毎日「トット」のグロッグ(ラム酒と水の50/50の混合物)を与えられました。補給のために港を訪れるまでに数ヶ月かかる可能性があるため、水と食料は海上で厳密に配給されました。イギリス海軍の船長は乗組員の健康と福祉に厳格な責任を負い、1700年代のいくつかの特に悪い反乱の記憶が政策の実施に役立った。

軍艦の役割は、その武器を敵に向けることであり、イギリス海軍の航行フリゲート艦は、その移動に印象的な配列を持っていました。たとえば、ユビキタス ユーリヤルス-クラス36(約950トンの排気量)は、実際には名目上合計42の武器を戦闘に持ち込みました。これらには、アッパーデッキに26ポンドの18ポンド砲、クォーターデッキに12門の32ポンドカロネード砲、船首甲板に2門の9ポンド砲と1対の32ポンドカロネード砲が含まれていました。この主砲に加えて、すべてのフリゲート艦はイギリス海兵隊の分遣隊を持っていたため、船は陸上でさまざまな任務を遂行することができました。乗組員は、搭乗やその他の船外操作のために、さまざまな手持ちの武器(ピストル、カットラス、マスケット銃など)で武装することもできます。


イギリスのナポレオン戦列艦

当時、「Ship-of-the-line」は20世紀の戦艦に相当していました。 「ライン」とは、海戦の標準的な戦略が、両側に大型船を一列に並べ、舷側砲を互いに発射することであったという事実を指します。したがって、戦列艦。

これらの船は当時最大の戦闘船であり、4つのクラスに分けられました。それらのうちの最も少ないものは、通常、フリゲート艦よりも強力であり、次の船が権力を握っていました。これらの船の中で最もよく知られているものの1つ当時、「戦列艦」は20世紀の戦艦に相当していました。 「ライン」とは、海戦の標準的な戦略が、両側に大型船を並べて、舷側砲を互いに発射することであったという事実を指します。したがって、戦列艦。

これらの船は当時最大の戦闘船であり、4つのクラスに分けられました。それらのうちの最も少ないものは、通常、フリゲート艦よりも強力であり、次の船が権力を握っていました。これらの船の中で最もよく知られているのはH.M.S.ホレーショ・ネルソン提督が非常に有名に命じた勝利(28-29ページの船の断面図を参照)。

簡単な本は、このクラスの船の重要性に言及することから始まります(3ページ):「海の力は勝利の鍵であり、イギリスの戦列艦は海上覇権の究極の仲裁者でした。」この本は、評価システムに注目することから始まります(主に火力のトップレベルの戦列艦には、100以上の大砲と3つのレベルの大砲がありました)。これらの巨獣の設計、効果的な戦闘艦隊を構築する方法、艦隊の強さ、および船の種類についての議論があります。次は、作戦、船の編成方法、そのような船の航行方法、戦闘戦術、および実際の船の調査です。

特に興味深いセクションは、Victory、Britannia、Hibernia、Howeなどの「一流」の船から50〜60門の「四流」の船まで、37〜41ページの戦列艦のリストです。 。とりわけ、フランスとスペインの海軍から捕獲された船のリストもあります。本は参考文献と用語集で終わります(「orlop」が最も低い砲列の下の甲板であることを知っていましたか?)。

この艦隊の主力製品を簡単に紹介したい場合は、これが参考になります。
。もっと


コピーを入手


戦列艦(ナポレオン)-歴史

1:1200スケールのナポレオン船の塗装と組み立て

一部のゲーマーが帆船時代の壮大な時代を始めるのを助けるために、私はあなたの1:1200スケールのミニチュア船を組み立てて塗装する方法について簡単な説明を用意しました。このガイドはあまり詳細ではありませんが、プレイヤーやモデラーは次の情報が役立つはずです。ゲーマーは、詳細について主題をさらに調査することをお勧めします。この主題に関する優れた本は、オットー・フォン・ピヴカによる「ナポレオン時代の海軍」です。この本には、あらゆる力のほぼすべての主要な船が、建造されたとき、銃の総数、そして彼らに何が起こったのかが記載されています。この本はまた、1793年から1815年までの短い歴史の中での交戦と、その時代のさまざまな海軍に関するセクションをカバーしています。しかし、この本は船の外観については何も言及していません。

ミニチュア船を建造するときは、すべての部品がフラッシュでトリミングされており、部品が穴またはスロットに収まっていることを確認してください。船尾を船体に取り付けるなど、塗装前に組み立てを行う場合もありますが、マストと船体を別々に塗装し、塗装後に組み立てます。通常、船の模型には国の旗の旗手が付いていませんが、これは大きな問題なく追加できます。最後に、ほとんどの小型船モデルは、バウスプリットの「イルカステッカー」とスパーを省略している傾向があります。完全に正確なモデルを作成するには、これを自分で追加する必要がありますが、必須ではありません。

基本的に、私掠船と一部のフリゲート艦の船長は、必要に応じて、または欺瞞のために、好きなように船を塗装しました。これらの船は、すべて白、すべて黄色のオーケ、すべて赤、すべて黒、またはすべてスレートブルーグレーである場合があります。フリゲートとブリッグの最も一般的なスキームは、バックハルとカラーストライプ(黄色、赤、赤みがかった黄色、白、緑、または水色)で、カモフラージュすることを期待して幅を広くしたり狭くしたりすることがありました。遠くから見たときのサイズ。戦列艦の場合、塗装スキームはもう少し複雑になる傾向があります。

1700年代初頭、船の船体は黄色のオーケストラまたは透明なニス塗りの木材で塗装され、船の側面のウェールに沿って細い黒い縞が描かれていました(図1を参照)が、この基本的なテーマの他のバリエーションはすべての海軍の船で使用されます。 1780年以降、イギリスの船長は船体に黄色と黒の塗料を与えられました。船体への適用は船長の裁量でした。船長が選択した場合、船の塗装に使用する他の色(まれに白)を追加することができましたが、これは自己負担で行われました。他の海軍も同様の慣行に従い、スペイン海軍では赤または栗色と黒が最も一般的な色でした。この期間中にいくつかのペイントスキームが出現し始めました。船は単一または複数の縞模様で黒く塗られます。いくつかの例については、図2、3、および4を参照してください。これらの縞模様は、実線であるか、船体に沿って1つの幅の広い縞模様であるか、船の上部または下部の船体に1つの幅の広い縞模様であるか、まったく縞模様がないかのいずれかでした。場合によっては、船体の縞模様が必ずしもガンポートの線に沿って走っているとは限りませんでした。

新しい市松模様のペイントスキームは、1790年代頃にイギリス海軍で始まり、世界の他の海軍によってコピーされたと言われています。それが実際に始まったとき、そして誰が最初にこの新しいペイントスキームを実際に使用したかは誰もが推測しますが、黒いガンポートのストライプは「ネルソンチェッカー」と呼ばれていたようで、ペイントスキームはイギリス海軍でより一般的になりました彼は目立つようになりました(図4を参照してください、ただし黒いガンポートを使用)。ナポレオン戦争までに、この新しい市松模様の塗装スキームは、すべての海軍の船長の間で最も人気がありましたが、図2などに示されているような他の塗装スキームはまだ使用されていました。

アメリカ革命とフランス革命の期間中、船の色はあまり明確に定義されていませんでした。ナポレオン時代(およそ1800年から1815年)までに、国のパターンの失われたセットが出現し始めました。ただし、常に例外があります。イギリス海軍は、黒地に黄色を使用したネルソンチェッカーを採用し始めました。現代人はイギリス人が使用する黄色を「ベビーピュークイエロー」と表現しましたが、ほとんどの絵画やその他の情報源はそれを黄土色または濃い黄色と位置付けていますが、これが薄れるにつれて、ベビーピュークイエローという用語がどのように始まったかがわかります。この色は、標準になったときにイギリス海軍の船でますます使用されましたが、移行は一夜にして行われませんでした。アメリカ海軍は、黒地に白を使用した同様のパターンを採用し始めました。フランスの船は、赤の縞模様の黒または黄色のさまざまな色合い(主な色)を使用してさまざまな形で描かれていました。白の使用は珍しく、1810年から1812年頃まで普及し始めませんでした。それでも、フランスの船を黄色または赤の縞模様で描くことができます。また、白のチャンネルやトリムで赤の可能性を見落とさないでください。スペインの船もさまざまな形で描かれていましたが、赤や栗色が最も一般的な色でした。他の海軍はイギリスとフランスの海軍に似ています。一部のロシアの船は緑を使用した可能性がありますが、黒に緑を使用することには疑問があります。戦列艦に緑色の縞模様が使用されているという裏付けとなる証拠を他の人から聞いてみたいと思います。

いくつかの歴史的なペイントスキーム

ダブコのミニチュアによって提供されたデータシートから取られたナイルの海戦1798年の船のいくつかの例:


フリゲート艦と小型船

戦列艦は、第1から第4のレートで、コンソートとして強力で高速のフリゲート艦を持っていました。現代の巡洋艦のこの祖先は、18世紀半ばに、偵察、パトロール、護衛、および敵の商船の攻撃のために進化しました。フリゲート艦は主砲を1門の砲列に搭載し、他の砲は船首甲板とクォーターデッキに搭載していました。戦列艦のように、サイズと兵装はさまざまで、初期の小型フリゲート艦の約24門から、最後のフリゲート艦の56門までさまざまでした。まだ保存されている2つの典型的な例は、米海軍の 憲法、44門、および 星座、38で。

小型船は、封鎖、護衛、通商破壊、その他の任務においてフリゲート艦を支援しました。シングルマストカッターは、偵察および沿岸巡視艇として機能しました。アメリカ独立戦争の時までに、一般にスループ型砲艦と呼ばれるブリッグおよびスクーナー装備のタイプは、3本のマストのスクエアリグの「船のスループ」に成長しました。大陸ではコルベットと呼ばれ、高速船のスループは艦隊の周辺にあるフリゲート艦を補完していました。小さなスループ、スクーナー、ブリッグ、ラガーは、特別なサービスのために広く使用されていました。艦隊はまた、兵器や補給船、その他の補助装置を必要としていました。これらは通常、戦争の緊急時に就役した商船でした。ジョンポールジョーンズのような改宗した商船 ボノムリシャール、しばしば戦闘の役割を果たしました。艦隊には、火船や爆弾ケッチなど、さまざまな特殊なタイプもありました。後者は、約200ポンド(91 kg)の爆弾を投げる2つの大きな迫撃砲で、1600年代後半にフランスによって開発され、バルバリア海賊港に対して壊滅的な影響を与えて使用されました。


コミュニティレビュー

Ship of the Lineは、CSForesterがHornblowerシリーズとなる2冊目の本でした。それは、もともと独立した作品として書かれていた最初のホーンブロワー小説、ハッピーリターン(米国ではビートトゥクォーターズと呼ばれる)の成功を受けて委託されました。まだ自分の道を感じている作者の知覚可能な要素があります。私たちは彼がまだ完全にコミットすることなく、一連の本(1930年代にはまだ珍しい概念でした)のアイデアに向かって緩和しているのを見ます。 H戦列艦は、CSフォレスターがホーンブロワーシリーズとなる2冊目の本でした。それは、もともと独立した作品として書かれていた最初のホーンブロワー小説、ハッピーリターン(米国ではビートトゥクォーターズと呼ばれる)の成功を受けて委託されました。まだ自分の道を感じている作者の知覚可能な要素があります。私たちは彼がまだ完全にコミットすることなく、一連の本(1930年代にはまだ珍しい概念でした)のアイデアに向かって緩和しているのを見ます。彼は、事実上「最小シリーズ」であるものの中間ステップを介してこれを達成します。戦列艦は、本の終わりに必死の敗北の最低点まで、一連の連動する冒険を介してホーンブロワーを連れて行きます。これが彼の贖いの出発点になり、フライングカラーと呼ばれる次の双子の本で再び上昇します。この2冊目の本の終わりには、ホーンブロワーの三部作を終わらせることができたかもしれない決議があります。私たちにとって幸いなことに、フォレスターは続けるように説得されました。

この本は本質的に、最も要求の厳しいファンを満足させるのに十分な航海行動を備えた、うっとりするような優れたスワッシュバックラーです。また、著者が自分の世界を発展させている方法もわかります。ホーンブロワーのキャラクターは、ハッピーリターンで見た仕掛品から現れ始めます。他の部分が洗練されている間、咳払いのようないくつかの特徴はなくなりました。彼を悩ませている自己不信は、彼の想定された穏やかで決定的な外観の背後にある彼の自信の欠如とともに、より強い要素になります。彼はまた、彼の周りの人々、特に彼の親友であるブッシュとの関係を形成することはほとんど自閉症ではありません。一緒にそれはいくつかのより少ない作家によって提供される伝統的な、完璧な種類よりももっと面白くて信頼できる英雄になります。

私たちはまた、彼の女性との欠陥のある関係を目撃します。彼は自分が尊敬も愛もしていない不機嫌そうなマリアとの結婚に閉じ込められていることに気づきます。代わりに、彼は社会的および肉体的により望ましいレディ・バーバラに取りつかれ、現在は彼の指揮官と結婚しています。読者として、私たちの同情は、天然痘で2人の子供を失い、3人目の子供を妊娠し、今でも彼を惜しみなく愛している完璧なマリアにあります。

要約すると、それは永遠に興味深い主人公と一緒に楽しい読み物であり、海軍ジャンルの創立本の1つであり続けています。
。もっと

私は何年も前にこれらの本の多くを読み、見逃した本を読み始めました。または、「時系列順」でそのすべてをよく思い出さないでください。それはHornblower&apossの人生が進むにつれてです。

ここで、キャプテンホーンブロワーは彼の最初の*戦列艦を指揮しています。

*注:戦列艦は、少なくとも2甲板の砲を備えた軍艦でした。これは、「あなたの」船を敵の船尾を横切って一列に並べる戦術または戦略から「ラインの船」と呼ばれ、「あなたの」**ブロードサイドが何年も前にこれらの本の多くを読んで読み始めた領域に発射されることを可能にしました私が逃したもの。または、「年代順」ということをよく思い出さないでください。それはホーンブロワーの人生が進むにつれてです。

ここで、キャプテンホーンブロワーは彼の最初の*戦列艦を指揮しています。

*注:戦列艦は、少なくとも2甲板の砲を備えた軍艦でした。これは、「あなたの」船を敵の船尾を横切って一列に並べ、「あなたの」**ブロードサイドを敵の後方に発射できるようにする戦術または戦略から「戦列艦」と呼ばれていました。

**注:「ブロードサイド」とは、船の片側にあるすべての銃がターゲットに向けて発砲したことを意味します。

とにかく、私たちはHHが不安定な若い男から不安定な年上の男に成長するのを見ることができます。彼は、彼の内部の疑念にもかかわらず、適切なキャプテンの外見を維持することに常に気づいています。

あなたは時々HH自身が好きではないでしょう、しかし結局私はこれらの本が好きです。彼らはおそらく私のお気に入りリストに載るでしょう。

クリフハンガーのエンディングのために星を奪いたくなりましたが、それ以外は他のすべてと同じくらい良かったです。戦列艦74門の船長として、ホーンブロワーは自分のものを突っ張る機会がたくさんあります。たくさんのアクション。

船の人員配置については前述しましたが、今回は特筆すべき点があります。 The gov&apost didn&apost give Hornblower enough men any more than they provided uniforms or many other things. They simply expected the captain of the ship to properly crew his ship, al I'm tempted to take away a star for the cliff hanger ending, but otherwise it was as good as all the others. As a captain of a ship of the line, 74 guns, Hornblower has plenty of opportunities to strut his stuff. Lots of action.

While the manning of ships has been mentioned before, a special point is made of it this time. The gov't didn't give Hornblower enough men any more than they provided uniforms or many other things. They simply expected the captain of the ship to properly crew his ship, although they did deign to give him the Marines & officers. Hornblower transferred the entire crew of the Lydia, his old frigate that had spent a couple of years at sea, directly to his new ship & a few convicts. That wasn't nearly enough men, though. This meant he had to 'press' or basically kidnap the men he needed. Apparently just about anyone was fair game so long as they hadn't been given a special warrant exempting them. Forester dwells on this to some extent, enough to make the horror real.

There are a lot of other complications. Forester's writing is quite terse & I wish he had spent a bit more time on some of the after-action reports. In one case (view spoiler) [ the debacle of the taking of the Spanish fort from the French (hide spoiler)] I can't believe he has completely dropped it. I expect it will raise its head in the next book since this one ended so abruptly. I HAVE to read the next one now. What happened. How will he manage to turn this around & get back to the career we know continues? It's bloody awful. It's a good thing the man is dead & not near me or I'd shake him until he gave it up & slap the editor for allowing this. 。 more

Re-reading the Hornblower books. I don’t like this one quite as well as Beat to Quarters。 It’s an interesting read, and the naval stuff is fascinating, but this is terribly bleak.

It begins with Hornblower desperate to get away from the wife he dislikes, grumpy because Lady Barbara got married, and depressed because he can’t legally kidnap enough men to fully man the miserable ship he now commands. There’s a cheerful (if bloodthirsty) section in the middle where he harasses the French along the S Re-reading the Hornblower books. I don’t like this one quite as well as Beat to Quarters。 It’s an interesting read, and the naval stuff is fascinating, but this is terribly bleak.

It begins with Hornblower desperate to get away from the wife he dislikes, grumpy because Lady Barbara got married, and depressed because he can’t legally kidnap enough men to fully man the miserable ship he now commands. There’s a cheerful (if bloodthirsty) section in the middle where he harasses the French along the Spanish coast, but it ends with a terrible bloodbath when Hornblower goes into battle against impossible odds.

I’m torn about the situation with Hornblower’s wife. I understand why he married someone he doesn’t love or respect, and I recognize that he does his best to keep her from finding out his feelings, but it’s very unpleasant to experience his shame and dislike. I feel sorry for Maria, and I’m irritated by the easy out for Hornblower that is forthcoming.

Hornblower continues to childishly enjoy the air of mystery he cultivates (“He had made it a rule to offer no explanations - and there was a pleasurable selfish thrill in keeping his subordinates in ignorance of their future”). He is also simultaneously envious and contemptuous of his officers and men. However, I think that we should give him (or the narrator) credit for recognizing the selfishness and the envy. Hornblower feels guilty for feeling the way he does, and is pretty sure other people don’t feel the same way. 。 more

It&aposs good to see that the amount of bare flesh on display in the TV series is based firmly in book-canon. I feel like Hornblower and the Eighth Doctor would get on well, what with their carefree attitude to nudity. (Yes, I am focusing on the important parts of the book, dammit.)

One day I shall make a graph with &aposChronological Progression Through Hornblower Series&apos on the X-axis and &aposUrge to Give Hornblower a Slap and a Damn Good Talking To About Personal Relationships&apos on the Y-axis. Then I sha It's good to see that the amount of bare flesh on display in the TV series is based firmly in book-canon. I feel like Hornblower and the Eighth Doctor would get on well, what with their carefree attitude to nudity. (Yes, I am focusing on the important parts of the book, dammit.)

One day I shall make a graph with 'Chronological Progression Through Hornblower Series' on the X-axis and 'Urge to Give Hornblower a Slap and a Damn Good Talking To About Personal Relationships' on the Y-axis. Then I shall plot a y=x line. I mean, I know I was all gooey-eyed over his flaws back in Mr Midshipman, but now they seem almost absurd. Not talking to your junior officers at all, ever, except to give orders? On months' long sea voyages? I'm no great fan of social interaction, but that's taking it a bit far, surely?

That said, when resisting the urge to give Hornblower a damn good talking to, I did enjoy the book. Probably because it's one long Crowning Moment of Awesome for the Sutherland and Hornblower's captaincy, and dammit, Forester, you can't leave it there. I shall *have* to read Flying Colours now, and not just to see whether my graph's projection is accurate. 。 more

Initial fyi: my main purpose in reviewing these books is not with adults in mind, but for the parents or adult friends of reading children.

While this is full of adventure and amazing action, I am finding that so far I like the books in the series that were written later, rather than earlier. This was the 2nd Hornblower book written and it follows the precedent of "Beat to Quarters". a little more violent and in my opinion Hornblower is allowed to dwell too much on his feelings for a certain som Initial fyi: my main purpose in reviewing these books is not with adults in mind, but for the parents or adult friends of reading children.

While this is full of adventure and amazing action, I am finding that so far I like the books in the series that were written later, rather than earlier. This was the 2nd Hornblower book written and it follows the precedent of "Beat to Quarters". a little more violent and in my opinion Hornblower is allowed to dwell too much on his feelings for a certain someone, not his wife. The violence is completely in character with the times and the setting, if anything it's not nearly as horrible as it certainly really was (and it's really not over-the-top at all--but you definitely get the picture, and it's as all war is). I find myself often momentarily appalled during reading as I ponder the press-gang, the nightmare it would have really been to be on a fighting ship in the middle of the ocean. Shudder.

On another tack, the "relationship" tidbits are just sort of pointless in a book like this. It could be argued that Hornblower does the honorable thing (for now)and is loyal and true to his wife (at least in the literal & physical sense) but he pines for someone else. It is perhaps an interesting situation full of grief and perplexity for an adult reader, but a kid just won't care and the social nuance & implication will go over-head.

I love the leadership and the other values displayed in these books. I will reserve judgment on the others until I'm done, but so far I think this is an excellent set for older children, with either parental supervision on the ones that dwell more on the "relationship" factor OR skipping those books altogether until an older age.

I might have written before about the fascination I have with the sailing ships of a bygone age, but reading this book has rekindled my wonder at the mastery of the art of naval warfare as it was practiced in the so-called "Age of Sail". Again and again I am awestruck at the huge accumulation of knowledge required to command a single ship effectively, and how worthless individual lives seemed to be when ships faced off against each other in combat at sea. This particular novel is an account of H I might have written before about the fascination I have with the sailing ships of a bygone age, but reading this book has rekindled my wonder at the mastery of the art of naval warfare as it was practiced in the so-called "Age of Sail". Again and again I am awestruck at the huge accumulation of knowledge required to command a single ship effectively, and how worthless individual lives seemed to be when ships faced off against each other in combat at sea. This particular novel is an account of Hornblower's attempt to outfit the Sutherland and his eventually successful harassment of the French army marching along the Coast of the Mediterranean, pinned between the beach and the nearby mountains. Not having read the immediately previous novels, I was struck at how much less I liked Hornblower as a person even as his stature as a captain grew to superhuman proportions. Forester has done a remarkable job at sketching this latest evolution of Hornblower in continuity with his earlier years as a midshipman and lieutenant while presenting the unique challenges and concerns that continue to shape him as a sailor and a man--relative poverty, lack of seniority, hopes for advancement, an implacable and numerous enemy, doubts about his own capacities, and the secret fears of dismemberment and death which he must repress in order to command the respect of the men he leads.

Each time I read these accounts of hundreds of cannon being discharged at short range into the wooden hull of ships filled with defenseless sailors, there is an aftertaste of awe and horror at the cavalier destruction of so much life. Those men who chose the life of the navy were either deeply in love with the sea, or profoundly insane few chose it freely, impelled by necessity or the bludgeons of the press gang. Yet on those ships, which were a unique blend of village, barracks, and prison, somehow life managed to flourish--men relished the performance of their duty, knew the heady triumph of victory, and put away against the more bitter days of naval service the small pleasures of drunkenness and song. And some life it was.

Ship of the Line ends with a real cliffhanger that absolutely must be followed up quickly with the next volume in the series, Flying Colours. 。 more

This reads like the sophomore effort it is: while some of Hornblower&aposs trademark brilliance makes an appearance, most of the book is a slog through the horrors and stupidities of war. Forester is clearly trying not to duplicate his first book but is just as clearly unsure how to tell a different sort of story and still entertain.

Because this is only rarely entertaining. Hornblower is awake to the psychological toll of war, but reading as he destroys the livelihoods of French civilians or accompl This reads like the sophomore effort it is: while some of Hornblower's trademark brilliance makes an appearance, most of the book is a slog through the horrors and stupidities of war. Forester is clearly trying not to duplicate his first book but is just as clearly unsure how to tell a different sort of story and still entertain.

Because this is only rarely entertaining. Hornblower is awake to the psychological toll of war, but reading as he destroys the livelihoods of French civilians or accomplishes the Napoleonic war equivalent of shooting fish in a barrel is painful at best. Add in the constant hum of Hornblower's romantic angst, his admiral's incompetence, and the last ten pages of death, death, and more death—capped by a morose cliffhanger ending—and it's no wonder this is my least favorite of the series so far. 。 more

Love the Hornblower series, started reading them in the same order as the BBC/ITV series which I had really enjoyed. Although this book tells the story of Capt. Hornblower as a middle aged man, it was written well before the books about Horatio as a young lieutenant and midshipman.

Ironically, one gets the impression that as Forester grew older he passed on the wisdom and humility he acquired to the younger Hornblower. Although, I liked this book, the character of its central protagonist is more Love the Hornblower series, started reading them in the same order as the BBC/ITV series which I had really enjoyed. Although this book tells the story of Capt. Hornblower as a middle aged man, it was written well before the books about Horatio as a young lieutenant and midshipman.

Ironically, one gets the impression that as Forester grew older he passed on the wisdom and humility he acquired to the younger Hornblower. Although, I liked this book, the character of its central protagonist is more fully developed in later books where Hornblower becomes accustomed to life at sea and challenges of leadership. 。 more

“He hated the land”. Hornblower sticks it to the French. If “A Happy Return” illustrated Hornblower’s lethalness against a single ship “A Ship Of The Line” crazily ups the ante as Horatio inspires his crew of gaolbirds and prisoners to five victories in three days leading the reader to wonder why this guy isn’t Admiral rather than the boozy, complacent dinosaurs he reports to.

Even after just two novels it’s clear Forester relishes putting Hornblower on the back foot and then stacking the deck a “He hated the land”. Hornblower sticks it to the French. If “A Happy Return” illustrated Hornblower’s lethalness against a single ship “A Ship Of The Line” crazily ups the ante as Horatio inspires his crew of gaolbirds and prisoners to five victories in three days leading the reader to wonder why this guy isn’t Admiral rather than the boozy, complacent dinosaurs he reports to.

Even after just two novels it’s clear Forester relishes putting Hornblower on the back foot and then stacking the deck against him. Robbed of his prize-money and reduced to Captaining “the ugliest and least desirable two decker in the Navy List” Horatio begins his next mission of accompanying an East India convoy with one of the greatest spew-fests this reader has ever come across. Forester really conveys that galley cabin rising and falling 20 feet in waters very different to those of the blue Caribbean and has Hornblower desperate to avoid his men twigging he’s seasick, one of many humanising details. Good news though, the French handily decide to attack the convoy and what follows is just the start of an incredible tour de force for both Hornblower and Forester.

Naughtily press-ganging the best able seaman from other ships in the convoy, Horatio then appears to the modern reader to go completely off his rocker, waging a one-man war on the dastardly French. However, a quick reminder of the politics of the day gives us a free pass to join in the fun without any tedious political reservations with sequences guaranteed to have English readers cheering and getting weepy-eyed at every turn. This really is England’s Greatest Hero in full sail, moral relativism be damned. Horatio captures supply ships, storms coastal batteries and manfully tips French cannons off balustrades – this, THIS, is what happens when you don’t get to first base with Lady Barbara. Throughout all Hornblower shows himself to not only be a whizz at seamanship (and the requisite mathematics) but an ace strategist too, getting his men to synchronise watches when going ashore and work to a strict schedule in the storming of the coastal battery. He has no idea what the French signal “M.V.” means but deduces it must be a friendly signal and uses that to buy time in his next attack. His people-management skills are on the up too: “It was more effective delivered that way, he knew, even while he despised himself for using rhetorical tricks”. None of this gets him any thanks on his return from Admiral Leighton, gorging himself aboard the Pluto, but who then has to find space for some humble pie when Hornblower battles a ferocious storm to rescue the Pluto from shipwreck. “Sutherland to flagship. Am about to give assistance.”

No wonder this won the James Tait Memorial Prize back in the thirties. It all ends, of course, in a superb, shocking, “you have got to be kidding me”, cliff-hanger cementing this as part of one of the great ongoing, serialised English novel sequences. It’s pure A-grade storytelling that was ripped off left right and centre for every boy’s comic strip and adventure fiction for decades and being a newcomer and having no idea what fate lies in store for Hornblower the finale is all the more delicious. “A Ship Of The Line” is, above all, a perfect example of a writer putting obstacles in front of their hero and allowing us to watch him work his way out from under them. Bravo. 。 more


ビデオを見る: ゆっくり解説ナポレオンの戦略戦術 (八月 2022).