歴史ポッドキャスト

ロバートエメットジョンソン

ロバートエメットジョンソン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ロバートエメットジョンソンは1940年代初頭に商船に加わりました。 1948年に彼は中国の青島で第6海兵隊に仕えました。朝鮮戦争中、彼はUSSフランクリンD.ルーズベルトのUSMCプレスアタッシェでした。

アメリカを離れた後、ジョンソン海軍はグアテマラのアナスタシオソモザ大統領に勤めました。その後、ドミニカ共和国でラファエル・トルヒーヨに就職しました。

1961年、ジョンソンはボルチモアにオフィスを構える国際情報サービス(INFORM)の商業的カバーの下で、ウリウス・アモス大佐に雇用されました。 CIAの文書によると、「この時点で、彼(ジョンソン)はすでにマイアミや他の場所にあるさまざまな独立したキューバ亡命反共産主義グループと緊密に連絡を取り合っていた」。

ジョンソンは、1961年5月30日にトルヒーリョを暗殺するために使用された中央情報局に武器を持ち込むことに関与したと考えられています。

最近機密解除された文書は、1962年にジョンソンもインターペンのメンバーであったと述べています。その年の後半、ジョンソンはロバートK.ブラウン(USAR / CounterIntelligence Corps)をマイアミでの会議に招待しました。ブラウンはアルベルト・バヨの出版社でした ゲリラのための100の質問。この本には、UliusAmossが書いた記事が含まれています。 指導者なき抵抗 これは「カストロとキューバの内外で抵抗作戦を実施するための適切な戦略に言及した」。この文書には、「エバーグレーズのトレーニングキャンプでブラウンが撮影したインターペンのG / Wインストラクター幹部の写真も多数含まれていました」と書かれています。

ジョンソンは、1965年1月4日に地雷を踏んだときにベトナムで亡くなった最初のアメリカ人ジャーナリストになったジャーナリストのディッキーチャペルの恋人だったと噂されています。

ロバート・エメット・ジョンソンはカナダに移り、CIAのフロントである国際情報サービスに勤務しました。ジェリー・P・ヘミングによれば、ジョンソンはマーティン・ルーサー・キングの暗殺に関わっていた。

1970年代、ジョンソンはイギリスの諜報機関に雇われ、アイルランド共和国軍(IRA)のメンバーを追い詰めて殺害したと考えられています。ジョンソンは1980年3月24日にオスカルロメロ大司教の暗殺に関与したとも主張されています。暗殺は国民共和同盟(ARENA)の創設者であるロベルトダビュイソンによって命じられました。

ジョンソンは別名ロバートジョーンズとロバートローマンを使用し、 ソルジャーオブフォーチュントゥルーマガジン。彼はまたゴーストライターを書いた トルヒーリョ:最後のセザール トルヒーリョの軍事情報部の元責任者であるアルトゥーロR.エスパイヤットと 傭兵のマニュアル 別名ポールバラーの下で。

ロバートエメットジョンソンは1992年に咽頭がんで亡くなりました。

GenePropperとGaetonFonzi(署名したNDAに保持されている)の両方が彼に言及するときにコードワードを使用した後でも、私はBernie deTorresを特定しました。 [参考のために「ラビリンス」(「TB」)と「カルロス」(最後の調査)を参照]その週、モントリオールを拠点としていたアルトゥーロ・エスパイヤット大佐から、私たちの1人がディーレイプラザに派遣されました。 1か月後、彼はビールが多すぎた後の「使命」について語り、MLKジュニア問題の「ラウル」であるロバートエメットジョンソンによって再び使用されたことに激怒しました。

エドウィン・アンダーソン・コリンズは、カストロの「仲間の旅行者」が彼の身元を発見した際に殺害され、カナダから東海岸を下ってハバナ、そしてGITMOに向かう彼らの「抗議行進」に侵入する任務を負ったわずか数週間後。スティーブ・ウィルソンと私は検死官の遺体安置所で彼の体を特定し、そこで助手にエディの顔と頭皮のひどい裂傷、切り傷、打撲傷について質問したところ、彼は次のように答えました。死体の死後のむしゃむしゃ!!」

ビスケーン湾(ディナーキーと市庁舎のドックから400ヤード)でわずか8時間後、死体(塩水中)が出血し続け、打撲傷を負い、挫傷と浮腫を患う可能性があるかどうかを正確に質問すると、警察の刑事トニーフォンタナとビル・クロイは私たちの目的を知ることを要求して部屋に突入した。

エディ・コリンズは、彼が船外に吹き飛ばされたときに証明されたように、私たちの最高のスイマーの1人でした(ノーネームキーの写真で彼が着ているのと同じライフジャケットをUDTなしで)-キューバでの実行中にディッキーシャペル、ハーグレイブス、フェリペビダルと一緒に1964年初頭。

ウィルソンと私は、数日後、現在隠れているボートの乗組員を追跡し、アブグレイブの措置よりも少ない方法で、徹底的に「インタビュー」しました。

警察への彼らの「公式の」話は、エディが酔っていて、その夜漂流したディンギーを取り戻すために彼が船外に飛び込んだというものでした。陸上の目撃者が事前に悲鳴を報告したにもかかわらず、彼らは、彼が1つの音を発したならば、ボートを振り返り、位置を特定し、彼を取り戻すことができたと主張しました。 (彼らはドックに車で行き、「すぐに」警察に電話したことを警察に認めましたか??)何年にもわたってすでにエディを知っていた船乗りとエビは、タイミングの大きな不一致、特に警察について疑問に思いましたボート乗りが悲鳴を聞いてサーチライトをオンにした約45分後にこれが行われたことを示すレポート(最初の呼び出し)(公式のログブックに示されています)。彼らは、悲鳴のわずか5分後、そして「抗議者」のボートがドックに縛られた直後に、「ヒッピー」に何が起こっているのかを尋ねました。

Eddy Collinsは、FBIエージェント(MIA / FO)と、タラハシーの「JohnsCommittee」(Red-Squad)のJohn Evansによって、「平和の行進者」の監視を支援するために採用されました。 「Mounties」(RCMP)はカナダのグループに2つの資産を挿入し、そのうちの1つは、前年にキューバのニカラグアンを巻き込んだCSS / RCMP / FBIの共同作戦に携わった私たちの1人と一緒に活動していました。 、およびキューバ内の合宿に参加する任務に着手する他の外国人。

この作戦は、アルトゥーロ・エスパイヤット大佐、ロバート・エメット・ジョンソン、および右翼「R 'アセンブル・ナショナル」(FRN)の指導者によって支援されました。モントリオール(ケベック解放戦線)でマルクス主義FLQと戦っていた人たち。

しかし、私たちの男はジョンソンのねじ込みでカバーが吹き飛ばされ、Opに興味がなく、代わりにエディを勧めました。

ドミニカ共和国のラファエルL.トルヒーヨの暗殺は、米国中央情報局の支援を受けて行われました。私がサントでインタビューした非常に有能な情報筋によると、彼の首都近くの孤独な高速道路で69歳の独裁者を殺害したことは、暗殺者の要請でCIAによって国に密輸されました。トルヒーリョの支配が崩壊した直後のドミンゴ。

トルヒーリョが軍事基地からの銃の撤去を厳しく監視したため、武器は外側から来なければならなかったと私は言われた。これらの統制は、国務長官、ホセ・ルネ・ローマン・フェルナンデス将軍、および他の主要な軍将校の陰謀に関与したにもかかわらず、共謀者が疑惑を起こさずに自分の武器を入手することを妨げました。

CIAは、米国領事館のジョン・バーフィールド最高政治責任者であるヘンリー・ディアボーン米国領事と、バナナと牛を大量に保有し、市長を務めていたルイス・アミアマ・ティオとの一連の会談の後、1960年後半にドミニカ共和国への武器の出荷を開始しました。サントドミンゴの。プロットには、プエルトプラタ州知事を務めていたアントニオアンベールも関わっていました。アミアマもインバートもタフで野心的です。どちらもトルヒーリョの死後に引き継いだ暫定評議会によって4つ星の将軍になりました。しかし、主要な陸軍将校が最高の軍事ランクへの昇格で吠えたとき、アミアマとインバートは、彼らに与えられた名誉は大きすぎて、准将に適度に降格したと言いました。

1960年はドミニカ共和国にとって悪い年でした。経済は荒廃していた。ベネズエラ大統領ロムロ・ベタンクールの生涯に反対する陰謀をトルヒーリョが支持した結果、国は国際的に不名誉になりました。 6月、カラカス軍の日の行列の最中に、爆発物でいっぱいの車がベタンコートの自動車と一緒に爆発し、大統領を負傷させ、他の2人を殺害しました。ベネズエラの海軍士官は後に、おそらく1960年2月にOASに「人権の重大な違反」を非難するようベネズエラに要請したことに対するベネズエラに対する報復行為として、精巧な爆弾がドミニカ共和国で準備されたことを認めた。

同年8月、米州機構はドミニカ共和国を非難し、米国といくつかのラテンアメリカ諸国はトルヒーリョ政権との外交関係を停止したが、ワシントンはその商業的利益を保護するためにシウダードトルヒーリョに領事館を置いた。

これは、トルヒーリョの31年間の統治の中で最も嵐の時期の1つでした。 1959年6月14日、ドミニカ共和国の南海岸は、キューバを拠点とするドミニカ人の亡命者によって侵略されました。彼らは一掃されたが、1960年1月21日に行われる予定のわずか24時間前に、トルヒーリョは彼を殺す計画を明らかにした。大量の粛清、逮捕、そしていくつかの殺害が続いた。ビザンチン様式の支配者の欲望がそうであったように、政権内の緊張は急速に高まりました。ドミニカ中央銀行の大統領を想定して、独裁者は「緊縮財政」プログラムの一環として、輸出業者にドル収入の半分を銀行に預けるように強制しました。これはすぐに海外のトルヒーリョ口座に流れ込みました。

この間、トルヒーリョは、1950年代半ばに、共和国南部の製糖工場と土地のハイナ複合施設を購入して、砂糖の生産を拡大し、その多くを自分自身に適切に割り当てるための集中的なドライブを完了していました。 。彼は何千もの農民の家族から彼らの不法占拠者の居住地を奪い、彼らに彼らの牛を売って砂糖のペオンとして働くことを強制しました。もちろん、ドミニカ共和国が以前にキューバに割り当てられていた米国の砂糖割当量の寛大なシェアを獲得することが期待されていました。この目的のために、主にワシントンのドミニカ総領事、マルコA.ペナを通じて、集中的なワシントンのロビー活動が行われました。 1960年の夏の終わりに、議会はドミニカ共和国の割り当てを27,000トンから250,000トンに引き上げましたが、OAS閣僚会議がトルヒーリョ政権に対する経済制裁と外交関係の崩壊を投票した後、アイゼンハワー大統領は9月にドミニカ共和国の物品税を平手打ちしました。 。

トルヒーリョの政治的および財政的問題が深まるにつれて、ディアボーン、バーフィールド、および反トルヒーリョ陰謀の指導者の間で話し合いが続いた。 1960年の終わりごろ、アミアマとCIAのエージェントとの間に連絡が確立されました。アルトゥーロ・R・エスパイヤットによると、トルヒーリョの軍事情報部の元責任者はプラトンコックスと名付けられました。 Espaillatは、1962年にオタワで行われた記者会見でこの声明を発表しました。もちろん、彼の言葉だけでは決定的な証拠として受け入れることはできません。しかし、エージェントの名前が何であれ、暗殺のための共和国への銃器の密輸が始まりました。

武器輸送における暗殺者とCIAの間の重要なつながりは、トルヒーリョも住んでいたファッショナブルな地域でスーパーマーケットを運営していた、シウダッドトルヒーリョの長年のアメリカ市民居住者であるロレンツォペリー(別名「ウィンピー」)でした。 「弱虫」は殺害後に一時的に逮捕されたが、後に国を離れることを許された。

武器は小さな部品で輸入され、首都の港に定期的に到着するスーパーマーケット向けの定期的な食料品の出荷の中で、後でプロッターによって組み立てられました。銃の部品は特別にマークされた食品缶で共和国に入り、後に共謀者に引き渡されました。


公民権の歴史:エメット・ティルの殺人者がルック誌に告白

1906年1月22日:開拓者の飛行士ウィラ・ベアトリス・ブラウンはケンタッキー州グラスゴーで生まれました。シカゴで働いている間、彼女は飛ぶ方法を学び、商業パイロットの免許を取得した最初のアフリカ系アメリカ人の女性になりました。 1939年、彼女は元飛行教官のコーネリアスコフィーと結婚し、コーネリアスコフィー航空学校を共同設立しました。これは、将来のタスキーギエアメンを含む、米国で最初の黒人所有の民間飛行訓練アカデミーです。 。 1941年に、彼女は米国民間航空パトロールで最初のアフリカ系アメリカ人将校になり、5年後、彼女は議会に立候補した最初の黒人女性になりました。彼女は負けましたが、政治的に活動を続け、後に連邦航空局の諮問委員会に参加しました。彼女は1992年に亡くなりました。

1973年1月22日:リンドン・B・ジョンソン前大統領が3回目の心臓発作で亡くなりました。ジョンソンは議会での最初の19年間、すべての公民権法案に反対しましたが、その後、1957年の公民権法を推進して変化し始めました。彼は、より多くの公民権を持つホワイトハウスの公民権の最大の擁護者の1人になりました。以前のどの政権よりも彼の政権の下で可決された法律。 &ldquo彼は常に貧しい人々、特に色の貧しい人々を助けるためにこの真の深い思いやりを持っていましたが、思いやりよりもさらに強いのは彼の野心でした&rdquo Johnson&rsquosの伝記作家RobertCaroは書いています。 &ldquoしかし、2つが一致したとき、思いやりと野心が最終的に同じ方向を向いているとき、リンドンジョンソンは人種的正義の力になり、リンカーン以来確かに比類のないものになります。&rdquo

1935年1月23日:ボブ・モーゼズはニューヨークのハーレムで生まれました。彼はSNCCのフィールドセクレタリーになり、1961年にミシシッピの公民権運動に取り組み始め、有権者登録、座り込み、フリーダムスクール、そして最後に北の大学生がミシシッピを変えるようになったフリーダムサマーの組織化を支援しました。彼は、包括的な公民権団体である連邦組織評議会(COFO)の共同ディレクターを務め、1964年の民主国家大会でミシシッピー自由民主党の結成を支援して真っ白なミシシッピー代表団に挑戦しました。彼は反戦運動に関与し、COFOとSNCCを去りました。 1982年、彼はマッカーサー基金の&ldquogenius&rdquo助成金を使用して、マイノリティの学生の数学スキルを向上させる代数プロジェクトを作成しました。

1957年1月23日:トラック運転手ウィリー・エドワーズ・ジュニアがアラバマ州モンゴメリーで働く途中で、4人のクランスマンが彼を止めた。彼らはエドワーズを白人女性と付き合っていると信じている別の男性と間違えた。彼らはエドワーズを殴打し、銃を突きつけて彼に橋からアラバマ川に飛び降りさせた。 3ヶ月後、彼の体が発見されました。 1976年、アラバマ州司法長官のビル・バックスリーは1人のクランズマンから自白を得て逮捕しましたが、裁判官は起訴を却下しました。 1992年、クランスマンの1人であるヘンリーアレクサンダーは、肺がんで亡くなったときに、彼が首謀者であり、エドワーズは何もしなかったことを内縁の妻に告白しました。事件は再開され、法医病理学者はエドワーズの死は殺人であると結論付けたが、大陪審は誰も起訴しないことを決定した。エドワーズは、モンゴメリーの公民権記念館にリストされている40人の殉教者の1人です。

1938年1月24日:慈善団体であるジャックアンドジルオブアメリカは、貧困の中で暮らす黒人の子供たちの生活の質の向上を支援するために設立されました。大恐慌の間、20人の母親が集まってアイデアを提案しました。フィラデルフィアで設立されたこのグループは、プログラムをニューヨーク市やその他の場所に広めました。

1956年1月24日:ルック誌は、アラバマ州のジャーナリスト、ウィリアムブラッドフォードヒューイが書いた「ミシシッピ州で承認された殺害の衝撃的な物語」というタイトルの記事を発表しました。 1955年に14歳のエメットティルが殺害されたミラムは、ペアに4,000ドルを支払ったヒューイに罪悪感を認めました。

1865年1月24日:議会は第13修正案を可決した。州は、米国の奴隷制を廃止した改正案を批准しました。

1963年1月25日:ニューオーリンズのチューレーン大学は、5人のアフリカ系アメリカ人の学生が入学したとき、何年にもわたる人種差別に終止符を打ちました。このイベントは、人種差別撤廃に向けた南部の暫定的なステップの1つでした。

1980年1月25日:ロバートL.ジョンソンはケーブルでブラックエンターテインメントテレビを立ち上げました。ネットワークはワシントンD.C.エリアで放送を開始しました。 2001年、ミシシッピ出身でプリンストン大学の卒業生は、BETをViacomに売却した後、最初のアフリカ系アメリカ人の億万長者になりました。 1年後、彼はNBAのシャーロットボブキャッツの過半数の所有者になりました。これは、ニグロリーグ以来最初のアフリカ系アメリカ人です。 2010年、ジョンソンはチームをNBAの伝説的なマイケルジョーダンに売却しました。

1870年1月26日:バージニアは連合に再入国し、年が終わる前に、州議会は黒と白のために別々の学校を設立しました。他の多くの&ldquoJim Crow&rdquo法は、別々のトイレや黒と白の水飲み場など、生活のほぼすべての側面を規制するために続きました。ジョージア州では、白人の野球チームがアフリカ系アメリカ人が使用する遊び場から2ブロック以内でプレーできませんでした。州は、公民権法と投票権法の両方が可決された後の1965年までジムクロウ法を採用し続けました。

1892年1月26日:ベッシー・コールマンはテキサス州アトランタで、小作家族の13人の子供のうちの10人目に生まれました。彼女はアフリカ系アメリカ人の子孫の最初の女性パイロットになり、国際パイロット免許を持った最初の人になりました。彼女は別の空中ショーの準備をしているときに事故で1926年に亡くなる前に、空飛ぶスタントでヨーロッパとアメリカの観客を驚かせました。彼女はたった34歳でした。

1916年1月26日:ニューヨーク市の有名なアポロシアターが開場し、マイケルジャクソンを含む数え切れないほどのエンターテイナーのキャリアをスタートさせました。

1956年1月26日:アラバマ州モンゴメリーで市全体のバスボイコットを開始した直後、マーティンルーサーキングジュニアは25mphゾーンで30mphを運転した罪で初めて警察に逮捕されました。

1847年1月27日:ミシガン州マーシャルの100人以上の市民が、奴隷制から逃れたアダム・クロスホワイトとその家族が賞金稼ぎに捕らえられるのではなく、カナダに逃げるのを手伝いました。クロスホワイトと彼の家族は、4人の子供が売られることを知った後、ケンタッキーのプランテーションから逃げていました。副保安官が到着したとき、彼はクロスホワイト家ではなく賞金稼ぎを逮捕することになり、カナダに無事に到着しました。その後、家族はマーシャルに戻った。 Crosswhite&rsquosエスケープは、1850年の逃亡奴隷法の成立に一役買った。

1952年1月28日:米国地方裁判所がサウスカロライナ州の分離すれども平等な学校施設を命じた後、合衆国最高裁判所はブリッグス対エリオットを合衆国地方裁判所に送り返し、教育委員会の平準化報告書の再審理を行いました。その審理は同じ結果で終了し、上訴された訴訟はブラウン対教育委員会の訴訟の一部となりました。それ以来、戦いは舞台劇、正義の座に変わりました。

2015年1月28日:巡回裁判所のジョンC.ヘイズIII裁判官は、サウスカロライナ州ロックヒルのマクロリー店で不法侵入と抗議の罪で有罪判決を受けた&ldquoFriendship Nine&rdquo&mdash8人の大学生と市民権主催者の1961年の有罪判決を棄却しました。 &ldquo歴史を書き換えることはできませんが、歴史を正すことはできます&rdquoは、彼らに懲役刑を宣告した元裁判官の甥であるヘイズは言いました。 9人は、54年前に訴訟を擁護し、再建以来、サウスカロライナ州最高裁判所の最初の黒人裁判長となったアーネストA.フィニージュニアによって代表されました。


Preyor-Johnson:より良い未来のために、完全な歴史を教えてください

2021年1月6日、ワシントンD.C.での暴動の際、プロトランプの抗議者が米国議会議事堂の前に集まります。世代が繰り返さないように、学生はこれについてどのように学ぶのでしょうか。

ジョンチェリー/ゲッティイメージズ/ TNS

権力者が私たちの本当の歴史を学び、教えることへの恐れを克服したとしたら、どれほど共感的で思いやりのある人々になるか想像してみてください。おそらく、連邦および州の議員は、投票が常にすべてのアメリカ人と共有されている、ましてや公平に共有されていない基本的権利であることに気付くため、投票権をめぐって争うことはないでしょう。おそらく、より多くのアメリカ人が、選挙権を行使することに価値を見出しているでしょう。人々はお互いを理解するので、偏見や人種差別の行為は減少します。

これは幻想的に聞こえ始めています、私は知っています、しかし私は助けることができますが疑問に思います 仮にどうやっていつ これらの変更が発生する可能性があります. 私たちの知事やテキサス共和党の他のほとんどのメンバーのように、大きなハードルがあります。

先週、テキサス州知事のグレッグアボットは、人種差別、差別、時事問題についての重要な会話を含む、学校での教師と生徒のスピーチを管理する法律HB3979に署名しました。

彼が法案に署名した日、アボットは、批判的人種理論、人種と人種差別が社会と地方のシステムにどのように影響したかについての研究を廃止するためのさらに多くの法律を、7月8日に設定されたそれほど特別ではないセッションの議題に約束しました。議題にもあります。

有色人種を疎外し続ける法律にもかかわらず、戦いは続いています。多くの政治家、組織、企業、市民は、教師が歴史の真の説明を教えることを制限することについて発言し、あきらめていません。彼らはまた、議決権の確保に取り組んでいます。

私はテキサス州南部の町マティスで育ちましたが、歴史の教育は不十分でした。私は教師や白人のクラスメートを責めません。教師は、与えられた基準、カリキュラム、ツールを使ってできる限り最善を尽くします。私は権力者を定着させるために設定されたシステムを非難します。私の教育は、私の年齢のほとんどのテキサス人が受けたものとは異なりませんでした。教室は社会を反映しているため、それ以来、状況は大きく変わりました。

ですから、私たちは主に、ナレーターの孤立した、不正確な、退屈な視点から語られた教科書から学びました。ワークシートや試験の質問に答えられるように、事実を読んで記憶に残そうとしました。私は奴隷制、マーティンルーサーキングジュニアとローザパークスについての基本を学びましたが、それは迅速かつ簡単でした。

歴史が世界、アメリカ、私の祖先、そして私をどのように形作ったかを考えたことはありませんでした。私は本当に気にしませんでした。私は、エメット・ティル、1921年のタルサ人種虐殺、レッドライニング、教育の不平等、または米国の刑務所が有色人種でどのように満たされているかについて聞いたことがありませんでした。そしてメキシコ系アメリカ人の歴史?チカーノまたはテハーノの歴史? 忘れてください。私が知らなかった人々や出来事のリストは、私が今も研究しているものもありますが、長く、少し恥ずかしく、確かに恥ずべきことです。

大学に行くまでは、クリストファーコロンブス、ジョージワシントン、エイブラハムリンカーンは、すべてのアメリカ人に祝われる完璧なヒーローだと思っていました。私はそれを疑ったことはありません。しかし、私たちの歴史の他のすべての注目すべき人物のように、彼らは批判的な検討に値する複雑な人々です。

私たちの歴史は論争と対立にかかっています。その多くは恥ずべきことです。指導は年齢に応じたものでなければなりませんが、生徒を真実から守ることは害を及ぼします。

私がジャーナリズムの教師だったとき、私は学生を真実にさらそうとしました。私は自分の意見や政治的傾向を明らかにしたり、彼らを軽蔑したりしないように注意しましたが、ジャーナリストやトレーニング中の若い大人として、事実を探し、編集上の決定を下す方法を学び、理解する必要がありました。

1月6日、私のクラスの1人の生徒が、ドナルド・トランプ前大統領の集会を見ました。これは、暴動が目の前で起こったときのジャーナリズムの仕事についての進行中の議論の一部でした。それは衝撃的で人生を変えるものでした。私の教室でのその瞬間、誰も政治的傾向や肌の色を気にしませんでした。彼らは人類と民主主義を気にかけていました。

数年後、教科書の1文または2文の要約でその日について読むまで、生徒がその恐ろしい日について学ばなかったと想像してみてください。私たちの歴史を学ぶことで、良いこと、悪いこと、物議を醸すことが人生を変える可能性があります。

真実を教え、学ぶ方法を見つけることができれば、抑圧的なシステムや政策の作成と再作成から脱却する方法を見つけることができるかもしれません。たぶん、私たちの国の最も暗い日を繰り返さない方法や、新しい日を作成する方法を見つけることができます。

修正: 私の6月6日のコラム、「ニュースルームの多様性はニュースの多様性につながる」と、Express-Newsの編集者とマネージャーの5人に3人は有色人種であると誤って述べています。 1つのラティーナは白として識別します。


リンチブルース: ロバート・ジョンソン&rsquos&ldquoHellhound on My Trail&rdquoリンチバラードとして

ミシシッピ大学のブルースアーカイブの写真提供

1938年にロバート・ジョンソンが亡くなって以来、彼は文化的アイコンになり、「デルタブルースの王」と呼ばれています。彼はセントルイス、メンフィス、デトロイト、シカゴ、ニューヨークで演奏を始めました。 2&ldquowalking bluesman&rdquo Johnsonは、町から町へ電車で移動したり、ヒッチハイクしたり、農業用トラクターの後ろに乗ったりすることもありました。彼が新しい目的地に到着したとき、彼は街角、理髪店やレストランの前、町の広場、または地元のジュークジョイントで演奏しました。 3ジョンソンの伝記作家によると、彼は分益小作に伴う画期的で単調な仕事よりも好ましいという理由で、ウォーキングブルースミュージシャンの人生を選びました。 4そうすることで、ジョンソンはデルタブルースのミュージシャンと黒人のリスナーの称賛を得ました。しかし、デルタブルースサーキットでのジョンソンの名声にもかかわらず、彼の音楽は生涯にわたって幅広い聴衆に届くことはありませんでした。ジョンソンは、短いレコーディングのキャリア(1938年に亡くなる約2年前に始まった)の間に、29曲をレコーディングしました。 Johnson&rsquosのディスコグラフィーのうち、彼の曲&ldquoTerraplane Blues&rdquoだけが、彼の生涯でささやかな商業的成功を収めました。 5

ジョンソンの録音されたブルースの小さなボディにもかかわらず、彼の&ldquoHellhound on My Trail&rdquo(1937)は、ブルース音楽の最も恐ろしい曲の1つであり、初期のブルース音楽の基礎として知られています。 6曲の中で、ジョンソンは苦悶して松を刺し、&ldquoI&rsquoveは動き続けなければならず、I&rsquoveは動き続けなければならず、ブルースは雹のように落ち、ブルースは雹のように落ちました。 。 。そして、日々が私を思い出させ続け、私の道には地獄の猟犬がいます。&rdquo 7ブルースの歴史家、ロバート・パーマー(ディープブルース)、およびイライジャワルド(デルタからの脱出:ロバート・ジョンソンとブルースの発明)、&ldquoHellhound on My Trail&rdquoをさまざまな方法で解釈しましたが、最も人気のある解釈は、この曲がジョンソンの伝説的な悪魔との契約、つまりジョンソンが音楽の腕前と引き換えに魂を売った契約を想起させるというものです。 8この解釈によれば、この歌に登場するヘルハウンドは、悪魔の幽霊のような存在を象徴しています。 Johnson&rsquos&ldquoHellhound on My Trail&rdquoは多価であり、Johnson&rsquosの歌詞が実際の伝記的記述であると想定することには危険があることを認めながら、Johnson&rsquos&ldquoHellhound on My Trail&rdquoの推進力と文脈は部分的に伝記的である可能性があると主張します。具体的には、このエッセイの前提は、1909年にミシシッピデルタからリンチとフライトの近くにいたロバートジョンソンの継父チャールズドッズが、歌を理解するためのもっともらしい修辞的文脈であるということです。ジョンソン&rsquos&ldquoHellhound on My Trail&rdquoは、悪魔との契約への単なる頌歌ではなく、飛行やリンチ暴徒の暴力から絶え間なく逃げることから生じる不安など、リンチに対する草の根の反応を説明するリンチバラードとして理解することもできます。

&ldquoHellhound on My Trail&rdquoは、ブルース音楽の最も恐ろしい曲の1つであり、初期のブルース音楽の要として知られています。

アーティストが演奏した曲の内容を彼らの伝記と混同することは、通常、不当で物議を醸すものです。実際、ジョンソンの学者であるジョン・マイケル・スペンサーとラッセル・バンクスは、ジョンソンの歌の歌詞は実際の体験を指すのではなく、比喩的であると主張しています。 9しかし、ロバート・ジョンソンの&ldquoHellhound on My Trail&rdquoの場合、彼の継父であるチャールズ・ドッズのリンチがこの曲に影響を与えた可能性があります。ロバート・ジョンソンの伝記作家ピーター・グラルニックによると、ジョンソンの継父チャールズ・ドッズはミシシッピ州ヘーズルハーストで繁栄した籐家具メーカーであり地主でした。地元の白人はドッドの成功を羨ましがり、彼をリンチすると脅した。その結果、白い暴徒はほぼその目標を達成しましたが、1909年に彼はかろうじて逃げてメンフィスに逃げました。ブルース愛好家で民俗学者のロバートマコーミックによると、リンチ近くのチャールズドッズに関する家族の伝説が発展しました。どうやら、ドッズは女性の服を着て変装したため、リンチの暴徒から逃れることができたという話がありました。ドッドはいつか捕らえられるのではないかと恐れて生きていたので、彼の本当のアイデンティティを守るために彼の名前をC. D.(Charles Dodds)スペンサーに変更しました。 10

ジョンソンは5歳から9歳の間、つまり1914年から1918年頃まで、継父と一緒にメンフィスに住んでいました。しかし、1918年にメンフィスの路上で母親のユリアメジャーと予期せぬ出会いをした後、彼は彼女と一緒にミシシッピデルタ(ミシシッピ州ロビンソンビルの近く)に戻り、継父と二度と住むことはありませんでした。 11ジョンソンとドッドとの形成期の短い関係にもかかわらず、ドッドとリンチのブラシが&ldquoHellhound on My Trail&rdquoを刺激した可能性があります。ジョンソンのジョンソンの伝記作家の間では、白人や警察に追われたり、追いかけられたりすることは言うまでもなく、議論はありません。リンチの暴徒。したがって、この曲は、ジョンソンの想像力または彼が中古で聞いた経験の産物である可能性があります。これらの推論はもっともらしく、さらには興味をそそるものですが、ジョンソンがリンチの近くで継父の話を知っていたかどうかについての情報も、&ldquoHellhound on My Trail&rdquoを作成する動機についての情報も歴史に知られていません。

ジョンソンとドッドとの形成期の短い関係にもかかわらず、ドッドとリンチのブラシが&ldquoHellhound on My Trail&rdquoを刺激した可能性があります。

ジョンソン&rsquos&ldquoHellhound on My Trail&rdquoは、リンチの近くの継父に触発されていなくても、曲の歌詞にはリンチへのベールに包まれた言及が含まれています。 To be sure, there were very few direct references to lynching—such as mobs, nooses, or hound dogs—in early blues music. Robert Johnson and other bluesmen may have omitted direct references to lynching because of the fear of violent reprisal or simply because they believed their audience did not want to hear songs about lynching. 12 Nonetheless, literature professor Adam Gussow has convincingly argued that early blues songs such as Robert Johnson&rsquos &ldquoHellhound on My Trail&rdquo express a marked anxiety about being encircled by an invisible but ever-present lynch mob or some other terrifying menace. &ldquoThe blues in this sense,&rdquo declared Gussow, &ldquoare a way of symbolizing what unconsciously oppresses the black blues subject—the ever-pressuring white gaze, periodic eruptions of ritualized mob violence, the blackened knuckles and pickled fingers strewn across the lynching South.&rdquo 13

Lynchings by states and counties in the United States, 1900–1931. &mdash Library of Congress, Geography and Map Division [G3701.e625 1931.A4.]

Perhaps the most vivid example of encirclement in early blues music is Blind Lemon Jefferson&rsquos &ldquoHangman&rsquos Blues.&rdquo In &ldquoHangman&rsquos Blues,&rdquo Jefferson pictures the hanging of a black man accused of murder. He sings,

Hangman&rsquos rope sho&rsquo is tough and strong,
Hangman&rsquos rope sho&rsquo is tough and strong,
They gonna hang me because I did something wrong.

I wanna tell you the gallis Lord&rsquos a fearful sight,
I wanna tell you the gallis Lord&rsquos a fearful sight,
Hang me in the mornin&rsquo, and cut me down at night.

Mean ole hangman is waitin&rsquo to tighten up that noose,
Mean ole hangman is waitin&rsquo to tighten up that noose,
Lord, I&rsquom so scared, I&rsquom trembling in my shoes.

Jury heard my case, and they said my hands was red,
Jury heard my case, and they said my hands was red,
And judge he sentenced me be hangin&rsquo till I&rsquom dead.

Crowd &rsquoround the courthouse, and the time is going fast,
Crowd &rsquoround the courthouse, and the time is going fast,
Soon a good-for-nothin&rsquo killer is gonna breathe his last.

Lord, I&rsquom almost dyin&rsquo, gasping for my breath,
Lord, I&rsquom almost dyin&rsquo, gasping for my breath,
And a triflin&rsquowoman waitin&rsquo to celebrate my death. 14

While the song is not a protest song per se, it attempts to highlight the most appalling aspects of mob violence. Beyond protesting spectacle lynching, it calls to attention the white subject position for black listeners because spectacle lynchings took place in white spaces. 15 For instance, the song describes how a white mob crowds around the courthouse to witness a black man&rsquos execution, describes the white executioner who readies the rope for the hanging, and finally describes the anticipated emotional catharsis of a female mob participant who anxiously awaits the black man&rsquos hanging. More importantly, though, Jefferson imagines the black hanging victim as overwhelmed by fear because he is encircled by a white mob without any possibility of escape.

In &ldquoHangman&rsquos Blues,&rdquo Blind Lemon Jefferson imagines the black hanging victim as overwhelmed by fear because he is encircled by a white mob without any possibility of escape.

In contrast, in &ldquoHellhound on My Trail,&rdquo Johnson focuses on the black subject position because he endeavors to convey the psycho-emotional experience of the threat of lynching to black listeners. Johnson broods,

I got to keep movin&rsquo,
I&rsquove got to keep movin&rsquo,
Blues fallin&rsquo down like hail,
Blues fallin&rsquo down like hail.
Umm mmm mmm mmm,
Blues fallin&rsquo down like hail,
Blues fallin&rsquo down like hail,
And the days keeps on worryin&rsquo me,
There&rsquos a hellhound on my trail,
Hellhound on my trail,
Hellhound on my trail.

If today was Christmas eve,
If today was Christmas eve,
And tomorrow was Christmas day
If today was Christmas eve,
And tomorrow was Christmas day
(Aw, wouldn&rsquot we have a time, baby?)
All I would need my little sweet rider just,
To pass the time away, huh huh, to pass the time away.

You sprinkled hot foot powder, mmm,
Around my door, all around my door.
You sprinkled hot foot powder, mmm,
All around your daddy&rsquos door, hmm hmm hmm.
It keep me with ramblin&rsquo mind, rider,
Every old place I go, every old place I go.

I can tell, the wind is risin&rsquo,
The leaves tremblin&rsquo on the tree,
Tremblin&rsquo on the tree.
I can tell, the wind is risin&rsquo,
Leaves tremblin&rsquo on the tree, hmm hmm mmm mmm.
All I need&rsquos my little sweet woman,
And to keep my company, hmmm hmm, hey hey,
My company. 16

The hellhound is the song&rsquos primary evocation of lynching, which can be interpreted as a veiled reference to bloodhounds that would have been used to identify the scent of a fugitive, a practice dating back to slavery. Johnson&rsquos narrative seemingly revolves around a fugitive who has physically evaded a lynch mob that is signified by a hellhound however, psychologically, he cannot escape the fear of encirclement. Johnson alludes to this point when he sings, &ldquoBlues fallin&rsquo down like hail, / And the days keeps on worryin&rsquo me, / There&rsquos a hellhound on my trail&rdquo and implies that the lynch mob will perpetually pursue the fugitive until he is physically captured. Indeed, Johnson&rsquos pessimism regarding the inevitability of capture was rooted in reality. Southern newspaper accounts of lynching abounded with stories of blacks evading white posses or police, albeit if only temporarily. For example, in 1921 Henry Lowery, a black farm laborer, allegedly murdered white planter O. T. Nelson in Nodena, Arkansas. Fearing that he would be lynched, Lowery fled over one thousand miles to El Paso, Texas. However, he was eventually captured, returned to Nodena, and burned at the stake after local whites intercepted a letter written by Lowery. 17 To be sure, Johnson&rsquos fugitive is never lynched nor comes close to being lynched. However, the fugitive always fears that he will be lynched. Johnson&rsquos fugitive is so tormented that even the wind, trees, and leaves remind him of the lynch mobs&rsquo pursuit. Thus, in important ways, Johnson&rsquos &ldquoHellhound on My Trail&rdquo is about what it means to live in fear of lynching and the lynch mob.

Pages from The Gospel of Slavery: A Primer of Freedom, an antislavery children&rsquos alphabetary published in 1864 and written by Universalist minister and author Abel C. Thomas (1807–1880). Thomas published several works of juvenile literature together with his theological writings and religious disputation. &mdash Abel Thomas, The Gospel of Slavery: A Primer of Freedom。 Boston Public Library Anti-Slavery Collection, Internet Archive.

Yet, &ldquoHellhound on My Trail&rdquo contains more than veiled references to lynching. It also highlights grassroots responses to lynching. Similar to Johnson&rsquos stepfather&rsquos clandestine escape from white lynch mob violence, &ldquoHellhound on My Trail&rdquo alludes to black flight and black social networks aiding black flight from lynch mob violence. For instance, as the narrative unfolds, it is apparent that Johnson&rsquos fugitive has been provided shelter by his lover. However, it seems because the ever-pursuing hellhound &ldquokeep me with ramblin&rsquo mind&rdquo and therefore he &ldquogot to keep movin&rsquo,&rdquo he is forced to flee his lover&rsquos protection and the psychic escape it offers. Given the mental anguish precipitated by the seeming inevitability of encirclement, Johnson&rsquos fugitive yearns for a psychic escape. Sex or specifically fantasizing about sexual fulfillment is the only thing that provides a temporary reprieve from the fugitive&rsquos psychological torment. Consequently, Johnson&rsquos fugitive fantasizes about reuniting and celebrating Christmas with his lover. Johnson&rsquos anxiety about remaining with his lover and his eventual departure likely reflected the fact that many black lynch victims were often captured by posses in the vicinity of their family&rsquos residence. 18

&ldquoHellhound on My Trail&rdquo contains more than veiled references to lynching. It also highlights grassroots responses to lynching.

Also, the song more directly references black grassroots responses to lynching when it mentions black fugitives&rsquo creativity in outsmarting their pursuers. Johnson&rsquos fugitive mentions that his sweet little rider &ldquosprinkled hot foot powder, mmm, / Around my door, all around my door.&rdquo Typically sprinkling hot foot powder is a reference to a hoodoo spell used for the purpose of &ldquoridding one&rsquos home of unwanted guests, removing unpleasant neighbors, and driving enemies away.&rdquo In certain contexts, it can also refer to placing a curse on an ex-lover. 19 Given that Johnson&rsquos fugitive is desperately attempting to physically and mentally escape the omnipresent threat of a lynch mob, the reference to foot power in &ldquoHellhound on My Trail&rdquo likely describes the fugitive lover&rsquos attempt to ward off a lynch mob. In fact, the reference to hot foot powder in &ldquoHellhound on My Trail&rdquo describes black fugitives&rsquo real-life attempts to stifle bloodhounds&rsquo ability to track them to a specific location. For example, in 1910, Steve Green, a black tenant farmer, allegedly shot and killed William Sidel, a white planter nearby Marion, Arkansas. 20 With a posse and bloodhounds on his heels, Green reportedly filled his shoes with pepper and wallowed in the mud in order to avert the bloodhounds. Miraculously, Green escaped the pursuing posse and made his way to Chicago. 21

Front page of the シカゴ・デフェンダー, September 24, 1910, upon which the headline reads, &ldquoSteve Green Liberated.&rdquo

The story of Steve Green, read in conjunction with &ldquoHellhound on My Trail,&rdquo painfully reflects the dilemma that black Americans faced. Blacks understood that they were trapped in a society that presumed their guilt. If they submitted to arrest or capture, the best they could hope for was a speedy trial that would most likely end in a state-sanctioned &ldquolegal lynching&rdquo or at worst they would be pursued, captured, and lynched by a mob of enraged whites who were intent on exacting sadistic punishment. For example, historian W. Fitzhugh Brundage argued that, in turn-of-the-century Georgia, forty-eight percent of blacks captured by posses never reached legal authorities and of those turned over to legal authorities twenty-eight percent were lynched before they were placed in jail. 22 Even when white authorities offered a modicum of resistance to white lynch mobs, they were often overpowered by large and impassioned mobs. Given these options, blacks fled in order to save themselves from white mob violence.

In turn-of-the-century Georgia, forty-eight percent of blacks captured by posses never reached legal authorities and of those turned over to legal authorities twenty-eight percent were lynched before they were placed in jail.

The lynching blues, as represented in &ldquoHellhound on My Trail&rdquo refers to being encircled by a white lynch mob. Johnson&rsquos narrative depicts flight from white lynch mob violence as physically liberating but psychologically tormenting. This perspective was likely etched in Robert Johnson&rsquos consciousness during childhood as he listened to stories of his stepfather&rsquos successful flight. Johnson&rsquos emphasis on being perpetually tormented by a hellhound suggests that his overall point was to stress that black fugitives could physically evade lynch mob violence but never psychologically detach themselves from the omnipresent threat. Despite the song&rsquos obsession with the seemingly omnipresent threat of white lynch mob violence, its primary concern is not the inevitability of black victimization. On the contrary, it conveys blacks&rsquo seemingly omnipresent fear of lynching as a means to highlight the way in which white terrorist violence forced blacks into a perpetual state of flight from lynching and implies that black social networks make possible black fugitives&rsquo ability to physically escape capture. Indeed Robert Johnson&rsquos &ldquoHellhound on My Trail&rdquo is popularly regarded as an evocation of his mythic deal with the Devil, but given the song&rsquos likely derivation, it should also be considered a musical exploration of his stepfather&rsquos near lynching and, by extension, a psychological exploration of all black Americans who lived under the constant threat of white-on-black lynching during the era of Jim Crow.

Karlos K. Hill is an assistant professor of African American history at Texas Tech University. Hill&rsquos primary research interests include the history of lynching and the anti-lynching movement in America. His forthcoming book, tentatively titled Beyond the Rope: The Impact of Lynching on Black Culture and Memory, will be published by Cambridge University Press in winter 2016. He is also completing a second book, The Murder of Emmett Till: A Graphic History, to be published by Oxford University Press.


Johnson C. Whittaker (1858-1931)

Johnson Chesnutt Whittaker was the second black cadet at the United States Military Academy at West Point in New York. He was born in South Carolina to an enslaved mother, Maria J. Whitaker, and her free husband, James Whitaker, in 1858. (Later in life, he added a second “t” to his name.) By October 1869, Whitaker attended a freedmen’s school in Camden, where he received lessons for five years. In the fall of 1874, he became one of the first African American students to enter the University of South Carolina. Whittaker was an exceptional student, academically ahead of most of his classmates he averaged 94 percent in all his courses at the university. After befriending Richard T. Greener, his professor, Whitaker was nominated to attend West Point. He arrived there on his birthday, August 23, 1876.

Whittaker shared his room with the first black cadet, Henry O. Flipper, who was a few years his senior. Despite his stellar record at the University of South Carolina, Whittaker’s academic performance at West Point was average. He had learned from Flipper to adjust to the physical harassment from white cadets by turning the other cheek. With Flipper’s graduation, by June 1877, Whittaker was the only black cadet in the academy. One year later, Whittaker ran into academic difficulties he failed an examination and was close to a dismissal. However, his main problems stemmed not from his academic setbacks but from his forced solitude. None of the white cadets spoke to him either in class or in non-academic settings during the years he attended West Point.

On the morning of April 6, 1880, an officer found Whittaker unconscious, bound to his bed, and bloodied from slashed earlobes. His hair was cut in several places. West Point Commandant General John M. Schofield immediately investigated the incident and concluded that Whittaker had inflicted injuries upon himself and then tied his legs to the bed. The commandant added that it was unreasonable to expect blacks to compete successfully with whites and that it was a mistake to make them try. He urged that the doors of West Point be closed permanently to non-white youth.

Whittaker, shocked at the summary decision, claimed that three masked attackers were responsible for his injuries and immediately requested a court of inquiry. The court met from April to June 1880. The case received front page coverage in major newspapers while Congress debated the incident. The court of inquiry upheld Commandant Schofield’s findings but added that there was extensive prejudice at West Point toward Whittaker because of his race. President Rutherford B. Hayes removed Schofield from his post and replaced him with former Freedman’s Bureau head Oliver O. Howard. Commandant Howard ordered a full court martial to determine what actually happened and granted Whittaker a leave of absence to prepare his case.

Whittaker’s defense was handled by former South Carolina Governor Daniel Chamberlain and by Richard T. Greener, Whittaker’s former university professor. The army’s case was presented by Asa Bird Gardiner, the foremost army trial lawyer of the era. The proceedings began in June 1881 with General Nelson A. Miles as the president of the court martial. General William T. Sherman, who was then head of the army, also followed the case closely.

Whittaker was again found guilty. However, Secretary of War Robert Todd Lincoln declared the court martial invalid, a decision ratified by President Chester A. Arthur on March 22, 1882. On the same day (March 22) Lincoln ordered Whittaker dismissed from the academy because he failed an examination in June 1880.

After leaving West Point, Whittaker went on a brief speaking tour to discuss his experience. He later became a teacher at Avery Institute in Charleston, South Carolina. After studying law, Whittaker was admitted to the South Carolina bar on May 26, 1885 and began practicing in Sumter. He married Page E. Harrison, and the couple had two sons.

Whittaker found legal work difficult to obtain. He returned to teaching school in 1890 and soon became principal of the first black public school in Sumter. In 1900 he briefly worked for the U.S. Census Bureau. From 1900 to 1908 he was principal of the Colored Normal Industrial, Agricultural and Mechanical College (which later became South Carolina State University). From 1908 to 1925, Whittaker was a teacher, assistant principal and finally principal of Douglass High School in Oklahoma City, Oklahoma. The writer, Ralph Ellison, was one of his most famous students.

After his speaking tour, Johnson Chestnut Whittaker never publicly commented about his time at West Point and lived out the rest of his life as stoically as he lived in West Point. On January 14, 1931, Whittaker passed away, less than a week from the fiftieth anniversary of the beginning of his court martial. He was buried in a segregated cemetery in Orangeburg, South Carolina.


About this blog

Douglas A. Anderson is the author of The Annotated Hobbit (1988 revised and expanded edition 2002). He is currently Book Reviews Editor of the peer-reviewed online Journal of Tolkien Research (founded 2014). His anthologies of fantasy literature include Tales Before Tolkien (2003) and Tales Before Narnia (2008). More Tales Before Tolkien is due out in 2020. He is also managing director of the small publishing firm Nodens Books.

Besides his blogs on Tolkien and Fantasy (mostly Tolkien-related) and A Shiver in the Archives, which highlights literary discoveries, he contributes to the blog Wormwoodiana, devoted to classic "literature of the fantastic, supernatural and decadent." And for those with even more rarified bibliophilic tastes, he also does a personal blog for Lesser-Known Writers.

Links to recommended online articles can be found at Blinks: Read and Recommended.


Robert Emmett Johnson - History

Thomas Jefferson Johnson (1805-1868) and his wife Catherine Hyde (1810-1883) arrived in Texas in 1844. Originally from Norfolk, Virginia, Jefferson attended school at Augusta College, Kentucky and then taught in Jefferson City, Missouri where he met Catherine Hyde. After moving to Texas, Jefferson taught in several places before founding the Johnson Institute in 1852 on Bear Creek sixteen miles southwest of Austin in Hays County.

The Johnson Institute was originally intended as a boys' school, but became coeducational when girls starting applying in large numbers. It offered courses from the first grade through college levels with students graduating with the equivalent of a B.A.程度。 Jefferson's wife and four of his children taught at the institute including Lizzie (Elizabeth E.J. Williams ). Lizzie would later be known as the Cattle Queen of Texas due to her success in the cattle business. When Jefferson died unexpectedly in 1868, his son Benjamin F. Johnson ran the Institute until it closed in 1872. The site was purchased by Walter Prescott Webb in 1942 who later leased it to Rodney Kidd. Kidd, the director of the University Interscholastic League, established a camp for boys called the Friday Mountain Ranch. The Friday Mountain Camp was operated by Kidd and his family until 1984. The International Society of Divine Love later bought the property. The Society altered the property to the extent that the Texas Historical Commission voted in 1992 to revoke its 1964 Recorded Texas Historic Landmark designation. Emmett Shelton attempted to purchase the site in the late 1980s to restore the property. He only wanted to purchase the Institute, its surrounding buildings, and the cemetery where Thomas Jefferson Johnson and Catherine Hyde Johnson were buried. The owners, wanting to sell the entire tract, sold the property to a religious organization.

Jefferson and Catherine Hyde had six children, John Hyde, Elizabeth (Lizzie), Emily Catherine (Emma), William, Benjamin, and Annie. Some of the children rose to prominence in their communities. John Hyde served in the Civil War, rising to the rank of general in the Confederate army. Upon returning, he worked as a clerk in the State Legislature. Lizzie, perhaps the most infamous Johnson, pursued many interests. Besides teaching at the Johnson Institute, she worked as a bookkeeper for prominent cattlemen. In addition, she wrote magazine and newspaper articles, which she sold to Frank Leslie Magazine。 It was with those savings that she made her mark in the cattle business. In 1871, she registered her mark and brand in Travis County. Later she and her husband, Hezekiah G. Williams, traveled the Chisholm Trail together, although they ran their businesses separately. Widely considered the first woman to ride up the Chisholm Trail with her own cattle under her own brand, she was known to be a shrewd business woman. Following the death of her husband in 1914, she lived out the remainder of her life as a recluse. She died a wealthy woman in 1924 with the total value of her estate estimated at close to a quarter of a million dollars. She and her husband are buried in Oakwood Cemetery.

The Shelton family links its lineage to the Johnsons through Emily Catherine (Emma) Johnson (1843-1922) who married William Henry Greer (1845-1935). Greer served in the Confederate Army under Terry's Texas Rangers. The couple had six children: Annie Lucille, Ophelia Kate, Willie Idela, Henry Crawford, Thomas Johnson, Melvin Glen and Charles Hyde. Willie Idela (1877-1963) married John Elbert Shelton (1871-1928). After passing the Texas Bar exam without formal education, John E. practiced law. He served as county attorney and district attorney for Travis County. The couple had six sons: John E., Polk, Emmett, Edgar, Earl, and Harold. Following in their father's footsteps, both Polk and Emmett became attorneys. While maintaining a successful law practice in Austin, Emmett developed an interest in the history of West Austin and began purchasing property in the area. He went on to found the community of West Lake Hills in 1953 and over the next two decades, amassed nearly 4,000 acres. He was also a storyteller and published author. Emmett Shelton died in Austin in 2000.

から適応 The Handbook of Texas Online:

Copelin, Laylan. "Shelton shaped West Lake Hills Lawyer, author and Austin historian also developed neighborhoods." Austin American-Statesman。 1 March 2000.

範囲と内容

Correspondence, photographs, newspaper clippings, legal records, printed material, maps, and notes document the activities of the Johnson and Shelton families. Divided into two series, the Johnson Family and Camp Friday Mountain, the collection spans the years 1853-1992.

NS Johnson Family series (1853-1894, 1909, 1922-1936, 1947-1953, 1968-1991, undated) includes correspondence, genealogical material, legal records, and newspaper clippings. Correspondence (1859-1894, undated) makes up a large portion with the majority being letters between Johnson family members during and after the Civil War (1861-1865). Most of the letters are transcribed copies between John Hyde and his sisters Emma and Lizzie, and deal mostly with his schooling at Soule University and his military experience in the Civil War. Some of the letters go into detail about life at the Johnson Institute and include subjects such as boarders and the weather. Documents highlighting the life of Lizzie Johnson are also part of this series. There is correspondence related to requests for information about her and Travis County probate documents which include an inventory of her estate. Two publications detail Lizzie's life and exploits on the cattle trail--an article published in Southwestern Historical Quarterly in January, 1947, Lizzie E. Johnson A Cattle Queen of Texas by Emily Jones Shelton and a children's book, Lizzie: Queen of the Cattle Trail by Ann Fears Crawford.

NS Camp Friday Mountain series (1953, 1970, 1984-1992, undated) contains correspondence, printed material, and maps. Most of the correspondence is between William Osborn (a former camper and counselor at Camp Friday Mountain) and Emmett Shelton regarding Osborn's personal research into the site and his search for missing Johnson family material, originally donated to the Southwestern University library in Georgetown. Later correspondence between the two men document Shelton's attempt to purchase the site with Osborn acting as Shelton's legal representative. The oversized material (1987-1990, undated) includes photocopied survey maps and an aerial of Camp Friday Mountain. There is also a copy of a drawing for the renovation of the Johnson House, which is situated on the site.

配置

Restrictions

Restrictions on Access

Restrictions on Use

Publication of manuscript items and photographs regarding the Johnson Institute and Camp Friday Mountain is prohibited without the permission of William S. Osborn of Austin, Texas. This restriction shall expire January 1, 2042.

Index Terms

関連資料

AF Biography Files

  • Shelton, Emmett Sr. 1905-2000
  • Shelton, Jack C.
  • Shelton, John Elbert, 1871-1928
  • Williams, Lizzie (Johnson) 1840-1924

AF Subject Files

Archives & Manuscripts

  • AR.I.001 John E. Shelton, Jr. Family Papers
  • AR.W.010 John Lewis Keel Papers
  • AR.1994.100 Austin Independent School District Outdoor Education Program Records
  • AR.2019.006 Emmett Shelton Recordings Collection

General Collection

  • Dawn Breaks with Silent Echoes by Emmett Shelton, A813.54 SH AA
  • My Austin: Remembering the Teens and Twenties by Emmett Shelton, A976.431 SH AA
  • Lizzie: Queen of the Cattle Trails by Ann Fears Crawford, A976.4040924 W6735C AA

Separated Material

Fourteen black and white photographs to Photography Collection - AF- Shelton, Emmett.

One cassette tape #1837, Katherine Johnson interviewed by Kate Eva Bohls, 1972, to Oral History Collection

Duplicate photocopies of maps and news clippings were recycled

Administrative Information

Preferred Citation

Emmett Shelton Johnson Family Papers (AR.1992.036). Austin History Center, Austin Public Library, Texas.

Acquisition Information

情報処理情報

Initial Inventory and Preliminary Processing By Eric Travis 11/1992. Final Processing and Finding Aid By Wendy Thompson 3/2013. Revisions by Susan Rittereiser 3/2013.


Robert Johnson's Grave

すべての写真を見る

We may never know どうして Robert Johnson is buried here, especially when there were so many other churches in the area from which to choose—even other churches with “Zion” in their names. But, despite whatever if-ing and but-ing may still arise from the skeptics, we do know that this is indeed where Johnson is buried. All you have to do is follow a paper trail nearly 40 years in the making.

Back in 1965, a blues journalist and researcher named Gayle Dean Wardlow launched a search for Johnson’s missing death certificate. He recovered it from the state of Mississippi in 1968—30 years after Johnson died in 1938—only to find there were still quite a few holes in the story of Johnson’s young death. One of the biggest unanswered questions pertained to the bluesman’s gravesite: The death certificate named “Zion Church” in Leflore County—rather unhelpfully, considering that the county had at least three churches with names including the word “Zion.” In fact, something of a consensus later took hold that Johnson was actually buried at Mt. Zion Missionary Baptist Church in nearby Morgan City, even though there was no additional documentation to support that claim.

Things began to come into slightly clearer focus in the late 1980s, when Johnson’s half-sister, Carrie Spencer Harris, gave an interviewer further details about Johnson’s death and burial. Harris was living in Memphis when her half-brother died, and when she heard he had been speedily buried in a homemade casket, she hired the area’s only black undertaker to reinter Johnson in a professionally rendered coffin. The undertaker, Paul McDonald, had records that named Little Zion Church in Greenwood—rather than any other Zion Church in Leflore County—as Johnson’s gravesite. That didn’t stop two other memorials from popping up elsewhere, but those are other stories.

The final bit of corroboration for Little Zion came in 2000 from a woman named Rosie Eskridge, whose late husband Tom had dug Johnson’s grave at the church. She was able to verify crucial details, such as the initial usage of a homemade casket before the reinterment. Even more importantly, she had information about a man named Jim Moore—the informant listed on Johnson’s death certificate, whose identity had otherwise remained a mystery to researchers. A headstone was installed at Little Zion in 2002, and a sign on the Mississippi Blues trail says that Johnson “is thought to be buried in this graveyard.” But you don’t have to go too far to get confused.


Robert's Temple Church of God in Christ

Please help us make the Emmett Till Memorial Project better. After you read this story, TAKE A SHORT SURVEY and let us know your thoughts!ありがとう!

Hours after Till’s body was discovered protruding from the Tallahatchie River, Mississippi authorities began to bury the body—and the story—in a rural cemetery at a rural church deep in the Mississippi Delta. Had Till’s mother Mamie Till-Mobley not intervened and reclaimed her son’s body, Till’s lynching may have been recorded in the history books alongside the likes of George Lee and Lamar Smith. Like Till, Lee and Smith were lynched in Mississippi in the summer of 1955. Unlike Till, their stories have been largely forgotten. The difference in their respective fates can be traced to Mamie Till-Mobley's demand that the "world see" what happened to her son. It was at Robert’s Temple Church of God in Christ that the world saw. As Yvette Johnson wrote in the Song and the Silence, Mamie Till-Mobley changed the world with the open-casket funeral.

Upon arriving back in Chicago on the morning of September 2, 1955, the first stop for Till’s body was the A. A. Rayner Funeral home which, in 1955, was located at the corner of 41st and Cottage Grove. The casket arrived locked, sealed with the state seal of Mississippi, and accompanied by orders that the casket was not to be opened. If Mississippi authorities could not bury the body in a nameless cotton field, they hoped their seal would keep Till’s story under wraps. It did not work.

Till-Mobley disregarded the order and insisted that the casket be opened. It was at A. A. Rayner Funeral Home that she uttered the famous phrase: “Let the world see what they did to my boy.” Following Mamie's wishes, Rayner placed the body in the front room of their facility in a glass-topped casket. Over the next two days, as many as fifty thousand people would visit the funeral home to pay their respects.

Among the throngs at the funeral home was the photographer David Jackson. Jackson was a photographer for Johnson Publications, and Till-Mobley allowed him to be on the podium at the twelfth street station when Till’s body arrived. He then accompanied the body to Rayner and, when Till-Mobley opened the casket, he took a picture and published it in Johnson Publication’s leading outlets: ジェット そしてその シカゴ・デフェンダー。 In a way that words could never do, Jackson’s photograph captured the sheer violence visited on the body—and especially the face—of Emmett Till. Although the brutality of the picture is difficult to describe, the words of John Edgar Wideman come close. He described a face “crushed, chewed, [and] mutilated.” A face “with all the boy, all the human being battered out of it.” Jackson’s photograph transformed the Till murder from one more 1955 Mississippi lynching into the unforgettable spark of the civil rights movement. Delta activist Amzie Moore may have put it best, claiming that the photograph made Till’s murder “the best advertised lynching I had ever heard.”

For black Chicago, however, the Jackson photograph was only the beginning. On Sunday, September 4th, the body was moved to the Robert’s Temple Church of God in Christ—the home congregation of Mamie Till and her mother Alma. The two-thousand seat auditorium was filled to capacity for the funeral, and several thousand more listened to the 90-minute service on loudspeakers set up outside the church. The sermon was given by Bishop Louis Ford, who used the funeral to call on President Eisenhower to “go into the Southern states and tell the people there . 。 。 that unless the Negro gets full freedom in America, it is impossible for us to be leaders in the rest of the world.” He closed the sermon by announcing that the burial would be delayed until Tuesday and the body would lay in state for the next two days.

The following 48 hours saw an estimated one-hundred thousand mourners file past the body.

In 1991, Robert’s Temple Church of God in Christ underwent a major renovation. The iconic cross-shaped marquis was removed, a tan brick facade was installed over the top of the original storefront, an angular roofline hid the original curved profile, a drop-ceiling was installed, and the balcony was removed.

On March 29, 2006, Robert’s Temple was designated as a Chicago Landmark. The small plaque on the west side of the building is the only visible acknowledgement of the church’s key role in the Till story.


MIT Congress Anniversary Speech

In 1911, MIT invited Taylor to speak at its 50th anniversary celebration. The Congress of Technology, as the occasion was billed, provided an opportunity to lay MIT's accomplishments before a gathering of MIT graduates, students, faculty, and friends.

Over two days, speakers reflected on the MIT experience and its relationship to a number of contemporary issues in science and technology. As one of the fifty invited alumni and faculty, Taylor was the lone black speaker at the Congress, delivering a paper entitled The Scientific Development of the Negro.

A lone female voice was also included: Ellen Swallow Richards had been scheduled to deliver a paper entitled "The Elevation of Applied Science to an Equal Rank with the So-Called Learned Professions." (The paper was printed in the proceedings, but Richards did not appear at the Congress. She died unexpectedly in March of 1911.)

Taylor began his paper by reflecting on the overall history of the black experience from slavery up to the present, almost half a century since the end of the Civil War. He laid out an insightful analysis of problems and prospects--the challenges and responsibilities facing blacks within the new social order:

[After slavery he] began to think of his old way of living and to hope for a new order. The ability to reach out and develop new lines of work, to study the things by which he was surrounded and to make the most of them. (in other words, the secrets of chemistry, of physics, of mathematics, of the principles of mechanics), all this was to him a closed book. Constantly under the will of another. there was no place for that highest of opportunities.

Taylor's ideas about the evolving framework of educational and professional opportunities for blacks appear to have marked an important middle ground in the polarized debate carried on at the time by Booker T. Washington (industrial emphasis) and W. E. B. Du Bois (intellectual emphasis). He drew from both leaders' philosophies, which he viewed as complementary rather than as conflicting.


ビデオを見る: Hellhound on my trail by Robert Johnson (八月 2022).