歴史ポッドキャスト

パタダカル、ガラガナタ寺院

パタダカル、ガラガナタ寺院



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


パタダカルの寺院

パタダカルの歴史は、赤い土の谷であるキスヴォラルと呼ばれていた時代にまでさかのぼります。プトレマイオスにも言及がありました 地理 西暦2世紀に。現在、パタダカルはインドのカルナータカ州バガルコット地区にあります。バダミのチャルキヤ朝(古代バタピ)または初期チャルキヤ朝(543-753 CE)は、パタダカルに王室の記念と戴冠式のために寺院の大規模な複合体を建設しました。この複合施設は、クリシュナ川に合流するためにさらに北に流れるマラプラブハ川の左岸にあります。 1987年にユネスコから世界遺産に登録されました。

パタダカルは文字通り「戴冠式の石」を意味し、特徴的な初期チャルキヤ建築の進化の後期段階を証明しています。エイホール、バーダーミ(古都)、アランプール、マハクタで行われたこの開発の妊娠段階は、ここで最高潮に達します。ヴィジャヤーディティヤ(696-733 CE)、ヴィクラマディティヤII(733-746 CE)、キルティヴァルマンII(746-753 CE)の歴代の治世中に、この肥沃な谷にいくつかの寺院が徐々に建設されたのは、過去数十年のことです。ジャイナ教の神社は、後継者であるラシュトラクータ王朝(6〜10世紀)によって帝国が崩壊した後、9世紀に建設されました。

寺院の建築

寺院の基本的な計画はこうして実行されます: ガルバグリハ (sanctum sanctorum)は アンタララ (前庭)と家 ムルティ (祀られた画像) ピサ (台座)。広大な柱 マンダパ (ホール)に隣接 アンタララ。 NS シカラ (上部構造)は上に上昇します ガルバグリハ とが含まれています アマラカ (リブ付き石)と カラシュ (マンゴーの葉とココナッツの入った鉢)フィニアル。 NS ヴィマナ 次に、両方を含みます ガルバグリハシカラ.

ここに建てられた寺院はすべてシヴァ神に捧げられており、東向きです。しかし、独立した彫刻やレリーフによる宗教的なモチーフの描写は、シヴァ派に限らず、ヒンドゥー教のパンテオンから惜しみなく画像を集めています。敷地内にある9つのシャイバ寺院のほかに、パールシュヴァナータの23番目のティールタンカラに捧げられた1つのジャイナ寺院が西に約1kmのところにあります。

バーウパクシャ寺院

碑文は、これが、パッラヴァ朝(西暦4〜9世紀)に対するヴィクラマディティヤ2世の軍事作戦が成功した後、ロカマハデヴィ女王(元々はロケスワラと呼ばれていました)によって建てられたことを示しています。平面図では、パッラヴァ朝の城塞であるカンチプラムのカイラスナタ寺院に似ていますが、石では、完全に成熟した初期チャルキヤ朝の建築をすべての栄光で実現しています。

四角 ガルバグリハ、それを囲む歩行経路で、に接続されています アンタララ。 2つの小さな神社が横に配置されています アンタララ、1つはガネーシャ用、もう1つはマヒシャースラマルディーニ用です。東、北、南からの3つのポーチが広大に開きます マンダパ。さらに東、別のナンディ マンダパ 台座の上に置かれます。寺院全体がに囲まれています プラカラ (囲い)内壁に副神社が設けられた壁。これらのうち、元の32から残っているのはほんの一握りです。見事に構築されたドラヴィダ シカラ 保存状態の良い スカナサ (&#8216nose、&#8217アーチ型の突起)正面は寺院の特徴の1つです。上部構造は3階建てで、上部に4面があります。 アマラカ とともに カラシュ そのフィニアルで。

寺院の壁は突起とくぼみに分かれています。ハリハラ、ナラシンハ、バイラヴァ、ラクリシャの彫刻が飾られています Devakoshthas (ニッチ)聖域の壁に。くぼみには細線細工の窓があります。寺院の内部は、シーターの誘拐、矢のベッドに横たわっているビーシュマ、古代のテキストからの物語の中でゴーヴァルダナ山を持ち上げているクリシュナの物語を描いたフリーズで覆われています。多くの碑文が寺院のさまざまな部分に刻まれているのが発見されており、そのうちのいくつかは、構造の構築に関与した建築家の名前でもあります。

マリカルジュナ寺院

もともとは、三界女王マハデヴィに敬意を表して、三界寺院と呼ばれていました。まるで双子のように、マリカルジュナ寺院は、その横にあるビルパクシャ寺院と同時に、同じ目的で建てられました。これら2つの間に顕著な違いはわずかであり、そのうちの1つは半球型です。 アマラカ 四面のものとは対照的に、そして次のような特定の建築要素を欠いている欄干 クタ (四角)、 サラ (長方形)など、以下の突起とくぼみに対応します。

神社、横 アンタララ、悲しいことに、それぞれの神々の画像が欠落しています。 プラカラ (壁)も大部分が破壊されています。からの物語 プラーナ (宗教的なテキスト)と寺院の中に刻まれた叙事詩には、マヒシャースラマルディーニの彫刻が含まれています、 乳海攪拌、ヒラニヤカシプと戦うナラシンハ、マリーチャの殺害など。寺院の壁のニッチも優雅に装飾されています。

サンガメスワラ寺院

この寺院は、西暦720年にVijayadityaによって建てられ、当初はVijayeswara寺院と呼ばれていました。 NS ガルバグリハ 通常は リンガ (男根のシンボル)そして両側に神社があります アンタララ。の東に マンダパ、雄牛ナンディの画像(ヴァーハナ または&#8216mount&#8217 of Shiva)は小さな台座でサポートされています。

寺院自体は、動物や花のモチーフで飾られた5つのモールディングで構成される高い台座の上に建てられています。寺院の壁には、ヴィシュヌとシヴァのさまざまなアバターの彫刻が施されたニッチが、美しくデザインされた窓と交互に並んでいます。下 カポタ (庇)、見事に彫られた丸い体の像の列は、まるで上の屋根の全負荷がそれらによって保持されているかのように配置されます。 NS シカラ 2層で、4面が上にあります アマラカとともに カラシュ.

カダシドデスワラ寺院

この控えめな構造は、西暦7世紀半ばから後半にかけて建設されました。それは、まだ進化している初期チャルキヤ朝の建築を証明しています シカラ 北のスタイルに沿って開発されています(rekha nagara)曲線プロファイルと単純な スカナサ正面の上部構造から突き出ている アンタララ。 NS スカナサ 浅いレリーフとしてパールヴァテ​​ィーと踊るシヴァのイメージを描いています チャイティヤ (礼拝堂)アーチ。 NS Devakoshthas 北側、西側、南側にそれぞれアルダナーリーシュヴァラ、ハリハラ、シヴァの画像が収められています。

長方形 マンダパ 持っていたかもしれない ムカマンダパ (ポーチ)台座が示すように正面に、通常の装飾的な型があります。シヴァとパールヴァテ​​ィーの姿は、への扉のまぐさを飾っています ガルバグリハ 両側に梵天とヴィシュヌの彫刻があります。

JAMBULINGESWARA TEMPLE

その平面図と建設期間は両方とも前述のKadasiddheswara寺院に匹敵します。正方形 ガルバグリハ 住宅 リンガピサ に開きます アンタララ さらに拡大するフロントで マンダパ。 NS スカナサ からのプロジェクト シカラ (3つの減少段階で北のスタイルで建てられました)正面に。小さなナンディ マンダパ 東側は荒廃した状態にあり、ナンディのしゃがみ像はほとんど破壊されています。白鳥の細かく詳細なフリーズが寺院の壁のコーニスの下をずっと走っています。成形された台座は、 クドゥ、鳥やその他の装飾要素。

ガラガナタ寺院

この寺院は、西暦750年頃に建設された最後の寺院のひとつで、初期チャルキヤ朝の建築家によって採用された北部スタイルの精巧に開発された上部構造を備えています。それは主に保存されています アマラカカラシュ 部分的に損傷したものを除いて上部に スカナサ 前面に。

NS プラダクシナパサ (周行通路)は三方が閉鎖されていますが、寺院前の台座の上にある広い広場は、残念ながら マンダパ 時間の荒廃に。 3つのモールディングを備えた台座は、他の一般的なモチーフの中でも遊び心のある人物で豪華に装飾されています。からの物語 パンチャタントラ とシヴァがアンダカスラを殺害した プラーナ さまざまに描かれています。聖域への入り口は、ナタラジャで彫られたまぐさで両側に川の女神が隣接しています。

チャンドラシェカラ寺院

この比較的小さな建造物は、サンガメスワラ寺院とガルガナタ寺院の間に配置されています。上部に上部構造はありません ガルバ グリハ これは、祀る伝統に従います。 リンガピサ。 NS デバコシュタ 聖域の北壁と南壁の両方に設計されています。 ドワルパラス (ドアキーパー)神社の玄関ドアの両側を飾る。

パパナサ寺院

ヴィルパクシャ寺院の南に位置し、 ヴィマナ 精巧に彫られたノーザンスタイルの スカナサ 正面に。嘆かわしいことに、両方 アマラカカラシュ 行方不明です。敷地内で最大の寺院です。 rekha nagara (北部)スタイルであり、当初の計画以外の追加や変更が行われたようです。寺院は当初、聖域、長方形からなる典型的な構成で構成されていた可能性があります マンダパ と別のナンディ マンダパ。既存のを拡大することを目的とした後の変更 マンダパ 聖域の周りに囲まれた周回経路を組み込みます。これは、かつては別だったナンディが マンダパ今ではその一部になりました。精巧に造られたナンディの姿が、入り口の通路を飾っています。 マンダパ.

の1つだけ ドワルパラス 今は入り口で生き残ります マンダパ。ホール内の柱や柱形は、 トリバンガムドラ (3回曲がったポーズ)、葉のモチーフやその他の要素。シヴァとパールヴァテ​​ィー、ディクパラス、ナーガラージャ、ガジャラクシュミに囲まれたアナンタサヤナヴィシュヌの画像が天井に刻まれ、キルタルジュニヤ、ラーマーヤナ、その他の古代のテキストからのエピソードを描いた物語のパネルが壁を飾っています。のファサード ガルバグリハ まぐさにはガルーダ、両側には装飾的な柱形が美しく装飾されており、ガンジス川とジャムナ川の優雅な彫刻が施されています。

KASIVISWESWARA寺院

これはおそらくこの複合施設に建てられた最後の寺院であり、西暦8世紀半ばまでデータがあります。それは素晴らしく開発されたスタイルを紹介します rekha nagara shikhara 5段階で上昇しますが、残念ながら アマラカカラシュ 行方不明です。保存状態の良い スカナサの正面を飾る シカラ 内に刻まれたウママヘスワラのイメージで チャイティヤアーチ。全体 シカラ 表面はメッシュのように設計されています。

計画では、この場所の他の寺院で証明されているように、寺院は初期チャルキヤ建築の一般的なパターンに従います。アルダナーリーシュヴァラとカラバイラバの彫刻が北側を飾っています マンダパ 壁。壁はまた、精巧に安堵したペディメントを支えるペアのピラスターで飾られています チャイティヤ アーチ。シヴァとバガヴァタの物語 プラーナ 見るのも楽しいです。の中央にある精巧に準備された天井パネル マンダパ シヴァ、カルティケヤを保持しているパールヴァテ​​ィー、ナンディを描いています。を超えて マンダパ、さらに東に小さなナンディ マンダパ、現在は大部分が台無しになっていますが、配置されています。

モノリスストーンピラー

マリカルジュナ寺院の前には、碑文が刻まれた一枚岩の石柱が立っています。碑文は梵字とカンナダ語–西暦8世紀のタミル文字です。それはシヴァとハラガウリの呼び出しから始まり、ヴィジャヤーディティヤ王とヴィクラマディティヤ2世の治世を指します。

ジャイナ教の寺院

地元ではジャインナラヤナ寺院と名付けられ、西暦9世紀のラシュトラクータ王朝の統治時代に建設されました。寺院群の1世紀後、別の統治者の下に建てられましたが、チャルキヤ朝初期に開発された基本的なパターンに従っています。

下の2階がまだ機能している3階建ての寺院です。正方形 ガルバグリハ パールシュヴァナータの画像が収められています。隣接する アンタララ に遭遇する マンダパ そして最後に美しく柱状に ムカマンダパ 訪問者を優雅にします​​。壁が崩壊しているものの、周回経路も存在します。上部構造は南部に建てられています ヴィマナ四面のスタイル アマラカ 上部に。台座はトリプルモールディングで装飾されています。

の突起とくぼみ マンダパ 壁には、さまざまな姿勢のジーナの画像が含まれています。ポーチの柱は部分的に旋盤で回転しており、出入り口にはライダーと一緒に象が両側にいます。華やかなディテールのマカラ(ワニ)の大きな姿が、 ガルバグリハ.

建築の分野における初期チャルキヤ朝の統治の永続的な成果は、将来の世代が特定の基本的な属性の周りに独自の語彙を開発するための段階を設定しました。たとえば、パタダカルでは、寺院の建築が受けた驚くべき進化は、互いにわずか数メートル離れた場所で使用されている途方もない多様な構造要素によって明らかにされています。それでも、それは運動の集大成を表しています。千年をはるかに超えた後、それは新しい性格を帯びます。それは、後年に西チャルキヤ朝(973 CE – 1189 CE)、特にホイサラ朝(1026 CE – 1343 CE)を通してその継続性と精巧さを発見した中間段階の性格です。この分野で新境地を開拓しました。


ヒンディー語のパタダカルの歴史&#8211

भारतीयपुरातत्वसर्वेक्षणकेअनुसारपत्तदकलकीस्थापना7वींऔर8वींशताब्दीकेसमयमेंचालुक्यवंशकेसमयमेंकीगईथी。 पत्तदकलकाअर्थहोताहैकीराज्याभिषेककास्थानइसस्थानकाइस्तेमालचालुक्यवंशकेराजाओकेसमयमेंराज्याभिषेकसमारोहकाआयोजनइसस्थानपरकियाजाताथा。 पत्तदकलमेंराज्याभिषेककरनेकामुख्यकारणयहथाकीयहस्थानपवित्रमानाजाताथा。

पत्तदकलप्राचीनऐतिहासिकस्थलअलग&#8211अलगराजाओ&#8211महाराजाओऔरराजवंशोकेशासनकागवाहबनाहै。 जिसमेचालुक्यों、संगमावंश、मुग़लसाम्


ガラガナタ寺院

Easy-access(EZA)アカウントを使用すると、組織内のユーザーは次の用途でコンテンツをダウンロードできます。

  • テスト
  • サンプル
  • コンポジット
  • レイアウト
  • ラフカット
  • 予備編集

これは、ゲッティイメージズのウェブサイトにある静止画像とビデオの標準のオンライン合成ライセンスを上書きします。 EZAアカウントはライセンスではありません。 EZAアカウントからダウンロードした素材でプロジェクトを完成させるには、ライセンスを確保する必要があります。ライセンスがないと、次のようにそれ以上使用することはできません。

  • フォーカスグループプレゼンテーション
  • 外部プレゼンテーション
  • 組織内で配布される最終資料
  • 組織外に配布された資料
  • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。ゲッティイメージズのウェブサイトでライセンス対象物に付随する制限を注意深く確認し、それらについて質問がある場合はゲッティイメージズの担当者に連絡してください。 EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

[ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


ガラガナタ寺院

ガラガナタ寺院群はエイホールにあります。カルナータカ州のマラプラブハ川のほとりにあります。寺院は歴史的に有名で、街中に100以上の古代寺院があります。寺院はチャルキヤ様式の建築で建てられています。中世インドの高水準の建築と彫刻のスキルはここに根ざしています。エイホールには、ガラガナタ寺院群とコンティグディ寺院群を含む2つの著名な寺院群があります。ガラガナサグループには38の小さな神社があり、そのうちガラガナタ寺院だけがそのまま残っています。残りは廃墟です。

寺院について

ガラガナタ寺院グループの入り口にある玄関口は注目に値します。柱は鍋と葉のモチーフで装飾され、まぐさは葉状のマカラで彫刻されています。ヒンズー教の神話では、水の怪物である神話上の生き物であるマカラは、ガンジス川とヴァルナのヴァーハナまたは乗り物です。愛神カマデーヴァの記章でもあります。寺院には、ガルバグリハまたは聖域の聖域の周りに曲線のシカラまたは尖塔があり、神社の入り口にはガンジス川とヤムナ川の神々の像があります。これはチャルキヤ建築の典型的な特徴です。シヴァ神を主神として祀るガラガナタ寺院。巨大な寺院は東向きで、トゥンガバドラ川沿いにあります。ここの閉鎖されたホールには、スパルシャリンガとして知られる巨大なシヴァリンガがあります。寺院の地下室は異常にピラミッド型で、巨大なオープンホールがあります。ゴープラや塔は無地の建築要素で装飾されていますが、ホールの後ろの壁パネルは素晴らしい装飾で飾られています。寺院の内部には、ガネーシャ卿の彫刻を含む形象の彫刻が施された多くのニッチがあります。

寺院の歴史

ガラガナタ寺院群の歴史は、実際には古代寺院建築の発祥地であるエイホールの歴史です。エイホールがチャルキヤ朝の首都だったとき、支配者たちはさまざまなスタイルで125以上の寺院を建てました。チャルキヤ王であるプラケーシン2世は、ジャイナ教の熱心な信奉者でした。彼の治世中、エイホールだけでなく、バ​​ーダーミ、パタダカル、その他の地域でも建築の祭典がありました。 17世紀、アウラングゼーブはデカンを併合し、エイホールもムガル帝国の支配下に置かれました。チャルキヤ王朝は、西暦757年に、彼ら自身の地区役員であるラシュトラクータ朝によって追放されました。したがって、徐々に、エイホールはバフマニー朝および他の地元のイスラム教徒の王朝の一部になりました。ガラガナタの以前の名前はパルニでした。シヴァ神のガラゲシュワラ寺院は11世紀頃に建てられました。カダンバリ・ピタマハとしても知られるスリ・ベンカテッシュ・ガラガナスがここで崇拝し、ガラゲシュワラ寺院の敷地内で小説を書いたことが記録されています。

ガラゲシュワラ寺院のオープンホールには、西暦1080年以降の大きな刻まれたスラブがあります。日付は、寺院が建設された時代に光を投げかけます。碑文から、この時期にはダンスや音楽などの舞台芸術の伝統が際立っていたことがわかります。舞台芸術は、西暦11世紀に高度な発展を遂げました。ガラグナスのチャルキヤ王ヴィクラマディティヤの碑文から、あるモハリ・ブラマヤがこの時期に高位の音楽家であったことが推測できます。

アクセシビリティ

最寄りの空港はベルガウムで、エイホールから189kmです。国内のすべての主要都市からベルガウムへの定期便があります。最寄りの鉄道駅はバガルコットで、エイホールから34kmです。国内のすべての主要都市からバガルコットへの直通列車がいくつかあります。エイホールは、パタダカル(17 km)、バーダーミ(44 km)、バンガロール(490 km)に道路で接続されています。パッケージツアーは、観光シーズン中、バンガロールから毎日行われます。ベルガウム市からバガルコット経由でエイホールに到達するための道路サービスを利用することもできます。


  • パタダカルグループのモニュメントの入場券は、インド人が30インドルピー、外国人が500インドルピーです。カメラの料金は1台あたり30インドルピーです。
  • パタダカルは、特にエイホールと組み合わせると、非常に圧倒される可能性があります。別の外出としてそれを計画してください、さもなければあなたは熱狂的に感じるかもしれません。このヒントは、あなたが歴史愛好家であり、その詳細について場所を探索したい場合に最も価値があります。
  • 敷地内にトイレがあります。
  • ここには大きなレストランはありません。ただし、モニュメントグループの向かいにある地元の飲食店を強くお勧めします。地元のジョワルロティを自家製野菜でお試しください。
  • 場所はよくマークされており、ほとんどの寺院を特定することができますが、ガイドを雇うことをお勧めします。それは情報の深さを増します。

一般に、落ち着きのないエネルギーの球と呼ばれます。私の母は、同じように落ち着きのない娘についての私の不満を受け入れることを拒否し、私が旅行のバグで生まれたことを夫に保証します。

私は資格によってマーケティングの大学院生であり、情熱によって旅行ブロガーです。旅行のほかに、私は写真撮影を楽しんでいます。私の机に私がいない場合は、バドミントンをしたり、水泳をしたり、ただ走ったりします。私は一年を通して長い週末ごとに計画を立てることを信じています。そして、私が物理的に旅行できないとき、私はこの旅行ブログを通して事実上旅行します。私の旅行の話は、BBCトラベル、ロンリープラネットインド、ジェットウィングスなど、さまざまなウェブサイトや雑誌にも掲載されています。私は最近、私の最初の本– When Places Come Alive –を出版しました。これは、場所の伝説、風景、芸術、文化に基づいた物語のコレクションで、電子書籍とペーパーバックの両方の形式で入手できます。


パタダカル、ガラガナタ寺院-歴史

パタダカル

寺院のグループ、パタダカル(1987)

パタダカルの記念碑のグループ(1987)、カルナータカ州

チャルキヤ朝の統治者は、帝国の建設者であるだけでなく、芸術の偉大な後援者であり、その励ましにより、芸術家や職人はさまざまな建築様式で実験と革新を行い、新しい次元を与えました。ロックカットの媒体から構造的な寺院への移行が起こったのは彼らの時代です。

カルナータカ州のビジャプール地区にあるパタダカルは、チャルキヤ朝の建築活動で人気があっただけでなく、王室の戴冠式の聖地である&#8216Pattadakisuvolal&#8217でも人気がありました。ここに建設された寺院は、レカ、ナガラ、プラサダ、ドラヴィダヴィマナスタイルの寺院建築の融合を示しています。

パタダカルで最も古い寺院は、Vijayaditya Satyasraya(AD 697-733)によって建てられたSangamesvaraです。パタダカルの他の注目すべき寺院は、どちらも西暦7世紀に起因するカダシッデスヴァラ、ジャンブリンゲスワラです。一方、ガラガナタ寺院は1世紀後にレカーナガラプラサダのスタイルで建てられました。 Kasivisvesvara寺院は、初期のチャルキヤ様式で建てられた最後の寺院でした。マリカルジュナ寺院は、ヴィクラマディティヤ2世によるパッラヴァ朝の勝利を祝うためにラニトリロキヤマハデビによって建設されました。彼女はまた、カンチプラムのカイラサナサ寺院の建築に影響を受けたビルパクシャ寺院を建てたと信じられています。ヴィルパクシャ寺院は後に、ラシュトラクータ朝の支配者クリシュナ1世(西暦757〜783年)がエローラで偉大なカイラサを彫るモデルとしての役割を果たしました。

しかし、パタダカルでの最後の追加は、西暦9世紀のラシュトラクータ朝の支配者クリシュナ2世の治世中に、地元ではジャイナナラヤナとして有名なジャイナ寺院の形で行われ、2階建てが機能していました。

初期のチャルキヤ朝の彫刻芸術は、優雅さと繊細なディテールが特徴です。ナバグラハ、ディクパラ、踊るナタラジャの天井パネル、リンゴドバーヴァ、アルダナーリーシュヴァラ、トリプラリ、バラハビシュヌ、トリビクラマを含む壁のニッチは、彫刻家のスキルと流行のカルト崇拝を十分に証明しています。ラーマーヤナ、マハーバーラタ、バーガヴァタ、パンチャタントラの特定のエピソードを描いた物語のレリーフは、これらの壮大な宗教的建造物によく合いました。

パタダカルのSangamesvara、Virupaksha、Mallikarjuna寺院は、現代のPallava寺院で結晶化されているように、ヴィマナの南の要素を大部分示しています。

Chalukya Vijayaditya(697-733)によって建てられた3つの中で最も初期のSangamesvaraは、スカナシカがないという点でPallava形式に近く、これを所有する他の2つはChalukyanタイプとその派生物の最も初期のものです。エローラのカイラサと同様に、この建築メンバーを所有しています。 Sangamesvaraとより大きなVirupakshaはどちらも、ベースからシカラまでの平面図が正方形であるという点で互いに似ています。ヴィクラマディティヤ2世(733-46)の女王によって建てられたヴィルパクシャは、スカナシカのある最も古い寺院であり、同じ王の別の女王によって建てられたマリカルジュナがそれに続いています。

Sangamesvaraの主なヴィマーナムは3階建てです。最下階は内壁と外壁の2つの壁に囲まれており、2階は内壁の上方への突起であり、外壁は聖域の周りの覆われた周囲を囲んでいます。

Virupakshaは、背の高いヴィマナと、コートの周りに軸方向のマンダパと周辺の神社があり、前後にゴープラムの入り口がある壁で囲まれ、すべて一度に設計および完成された大きな複合施設です。このように、これはチャルキヤ朝シリーズの中で最も初期の現存する寺院群です。巨大なゴープラムも最も初期のものです。複合施設の複合壁は、グループ自体の計画に従って、その対処クタと言われた頭に、マハーバリプラムのショア寺院からの派生を示唆しています-見たときに下層階の印象を与える装置遠くから。

ヴィルパクシャの直後と近くに建てられたマリカルジュナは、円形のグリバとシカラを備えた4階建てのヴィマナがある小さな寺院です。それは多かれ少なかれ同様の計画を持っています。

日の出から日没まで営業

入場料:

インドの市民とSAARC(バングラデシュ、ネパール、ブータン、スリランカ、パキスタン、モルディブ、アフガニスタン)およびBIMSTEC諸国(バングラデシュ、ネパール、ブータン、スリランカ、タイ、ミャンマー)の訪問者&#8211Rs。頭あ​​たり40。


パタダカルの歴史的な街を知る

パタダカルまたはパタダカルは、マラプラブハ川のほとりにあります。町はカルナータカ州のバガルコット地区にあります。これは、チャルキヤ王朝の建築の専門知識の証です。

以前はパタダキスヴォラルと呼ばれていました。これは、クラウンルビーの街を意味します。パタダカルに非常に近いハンピとバダミを除いて、ユネスコによって世界遺産の1つとして特定されています。

また、王の戴冠式が行われた場所としても機能しました。したがって、パタダカルには戴冠式(Pattada)石(Kallu)という別の意味があります。この場所には、北インドと南インドの両方の建築様式のさまざまな寺院があります。

行き方

街は道路、鉄道、空路で結ばれています。最寄りの空港はここから約180kmのベラガビで、デリー、ベンガルル、ムンバイ、チェンナイ、その他の主要都市へのフライトがいくつかあります。

22kmの距離にあるバダミが最寄りの鉄道駅です。いくつか例を挙げると、バンガロール、アーメダバード、ソラプールなどの主要都市に運行する列車があります。

バンガロール(514 km)、フブリ(120 km)、ベラガビ(180 km)から定期的に運行するKSRTCとプライベートツアーオペレーターが運行するバスがいくつかあります。

訪問するのに最適な時期

10月から3月は天気が良いので訪れるのに最適な時期であり、7月から9月も同様です。

場所についての詳細

バダミ・チャルキヤ王が聖地と見なして戴冠した歴史的な場所です。ここで戴冠した最初の支配者は、7世紀初頭のヴィジャヤーディティヤでした。それは6世紀から8世紀までチャルキヤ王朝の首都であり続けました。

チャルキヤ朝は7世紀から8世紀にかけてここに多くの寺院を建設しました。ここには10の寺院があり、他の多くの小さな神社に囲まれたジャイナ教のバサディと、北インドと南インドのさまざまな建築様式が融合した重い基盤があります。

ここの寺院は、ここに存在したさまざまな宗教的宗派を反映しています。 4つの寺院はドラヴィダ様式で建てられ、4つはナガラ様式で建てられましたが、パパナタ寺院は両方の様式の融合です。

シヴァ神に捧げられた9つの寺院と、9世紀に建てられ、ここで最後に建てられたジャイナ教のバサディがあります。その中で最も古いのは、西暦697年から733年の間に建てられたサンガメシュワラ寺院です。

すべての寺院の中で最大のものは、カンチープラムのパラヴァ王であるナンディバルマンに対する彼の勝利を祝うために、ヴィクラマディティヤ2世の女王によって西暦740年から745年の間に建てられたビルパクシャ寺院です。

主なアトラクション

1.ビルパクシャ寺院

これはパタダカルで最大の寺院であり、観光客の間で最も人気のある寺院です。パッラヴァ朝に対する王の勝利を記念して、8世紀にヴィクラマディティヤ2世の女王ロカマカデヴィによって建てられたロケスヴァラ寺院として以前は知られていました。

寺院全体が繊細な彫刻や碑文で埋め尽くされています。また、当時の職人技の完璧な例である、さまざまなヒンドゥー教の神や女神の美しい彫刻がいくつかあります。

寺院で見つかった碑文は、ヴィクラマディティヤ王がパッラヴァ朝の芸術に対する彼の賞賛を表現するための媒体として、南から下った建築家と彫刻家のチームを雇ったという事実に光を当てています。

2.ジャイナ教の寺院

ここで唯一のジャイナ教寺院は、ドラヴィダ様式の建築物です。その中に収容されているいくつかの複雑な細工された彫刻で有名です。

寺院は9世紀にまでさかのぼり、その計り知れない宗教的および歴史的重要性で知られています。

アモーガヴァルシャ王とその息子クリシュナ2世の両方が指名されているため、記念碑の主な後援者が誰であるかについては、依然としてジレンマが存在します。寺院は芸術的な卓越性を楽しむ多くの訪問者を集めます。

3.カシヴィシュワナータ寺院

この寺院は、8世紀にラーシュトラクータ朝によって建設されました。主にナガラ様式の建築で建てられ、壁に刻まれたいくつかの女性の置物で有名です。

記念碑は、パタダカルで必見の目的地となる彫刻の芸術的完成度の証拠です。

4.ガラガナタ寺院

東向きの寺院はトゥンガバドラ川のほとりにあり、8世紀にまでさかのぼります。この寺院は、シヴァ神がアンダカスラと呼ばれる悪魔を殺すという絶妙な彫刻で有名です。

寺院には巨大なシヴァリンガがあり、スパルシャリンガとして知られています。

聖域の周りには、クベーラとガジャラクシュミの小さな置物があります。

5.サンガメシュワラ寺院

この寺院は、パタダカルの寺院群の中で最も古い寺院です。寺院の建設は、西暦733年にVijayadityaSatyashrayaによって完了しました。

Virupaksha寺院とGalaganatha寺院の間にあり、以前はVijayeswara寺院として知られていました。

寺院はドラヴィダ様式の建築で建てられており、その複雑で詳細なデザインで注目に値します。

6.マリカルジュナ寺院

寺院はビルパクシャ寺院の完成直後に建てられました。興味深い要素は、それがビルパクシャ寺院のミニチュアであるということです。両方の寺院は、それらのアーキテクチャにいくつかの類似点があります。

パッラヴァ朝の勝利を祝うために、ヴィクラマディティヤ王の2番目の女王ラニトリロカヤマハデビによって建てられました。

寺院にはドラヴィダ建築のいくつかの側面があり、円形のグリバ(首)とシカラ(塔)を備えた4階建てのヴィマーナム(寺院の塔)が含まれています。

ポーチには、ナラシンハがヒラニヤカシプを殺すという美しいイメージがあり、この構造の美しさが増しています。

7.パパナサ寺院

寺院は7世紀にベサラ様式の建築で建てられました。建設は当初、ナガラ様式の建築で始まりましたが、その後、建築家はドラヴィダ様式に切り替えました。その結果、寺院には両方の様式の要素があります。

天井には、ガンダルヴァスとヴィシュヌとともに、シヴァとパールヴァテ​​ィーの著名な人物が飾られています。寺院のいくつかの彫刻は、ラーマーヤナとマハーバーラタのさまざまなシーンを描いています。

職人の専門知識は、芸術と歴史の愛好家を魅了する寺院で非常に明白です。


ガラガナタ寺院

Easy-access(EZA)アカウントを使用すると、組織内のユーザーは次の用途でコンテンツをダウンロードできます。

  • テスト
  • サンプル
  • コンポジット
  • レイアウト
  • ラフカット
  • 予備編集

これは、ゲッティイメージズのウェブサイトにある静止画像とビデオの標準のオンライン複合ライセンスを上書きします。 EZAアカウントはライセンスではありません。 EZAアカウントからダウンロードした素材でプロジェクトを完成させるには、ライセンスを確保する必要があります。ライセンスがないと、次のようにそれ以上使用することはできません。

  • フォーカスグループプレゼンテーション
  • 外部プレゼンテーション
  • 組織内で配布される最終資料
  • 組織外に配布された資料
  • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。ゲッティイメージズのウェブサイトでライセンス対象物に付随する制限を注意深く確認し、それらについて質問がある場合はゲッティイメージズの担当者に連絡してください。 EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

[ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


パタダカル寺院

マラプラブハ川の左岸には、パタダカルの世界遺産センターがあります。エイホールやバダミのように、パタダカルはその美しい初期の西部チャルキヤ朝の寺院で注目に値します。彼らはVikramadityaII(芸術を愛する女王Trailokyamahadeviが敬虔に自分にちなんで神に名前を付けた)の時代に属しています。

かつて知られていたパタダカル、または「パタダキスヴォラル」は、現在、ビジャプール地区のバーダーミタルクで人気のある村です。ドラヴィダ様式と北部様式の両方の10の寺院があり、何百もの碑文があります。 The rest of the temples, both big and small, seem to have been razed to the ground partly due to the effects of nature and partly by the vandalism of the ignorant villagers. These existing remains are a testimony to the fact that Pattadakal was an important religious centre and a flourishing city during the days of Early Western Chalukyas from 500 to 757 A.D. It was the second capital of the Chalukyas and the coronation ceremonies of their kings used to take place here.

Most of the temples at Pattadakal were built during the times of the Early Chalukyas. The name of Vikramaditya II is very intimately connected with beautifying the city of Pattadakal. This place has the distinction of being the meeting point of South Indian and North Indian architectural styles and cultural contacts, as can be seen from the temples of the place. There is an interesting 8th century Sanskrit inscription at Pattadakal written in both South Indian and Nagari scripts. Noted architects like Gunda, Sarvasiddhi Achari and Revadi Ovajja built the temples at Pattadakal. Sculptors like Chenganna, Baladeva, Deva Arya and others embellished the temples by their fine sculptures. The fact that Jnana Shivacharaya, a scholar from a principality to the north of Ganges had come and settled down at Pattadakal indicates the cultural contacts that had been established between the south and North India in those days.

Among all the temples at Pattadakal, the temple of Virupaksha is the largest and the dinest. Facing east, it stands close to the village.This is an exquisite specimen of theDravidian style of architecture. It was originally called the Lokeshwara temple, named after Lokamahadevi. It has a large court and fine hall for Nandi, which has an effigy of golden Ganga. The porch on the eastern side has two pillars decorated with amorous couple. Flanking the entrance are two large Dwarapalas, three eyed and carved with a trident to suggest their association with Shiva.

An inscription on the porch says that the architect Suthradhari Gunda constructed this temple in 740 A.D., for Lokamahadevi, sister of Trailokyamahadevi, to commemorate the conquest of Kanchi by Vikramaditya. It is built after the pattern of Kailasanatha temple at Kanchi.

Near the eastern gate is the Nandi ‘mandapa housing a huge sculpture of Nandi, beautifully executed in the black stone. Against thecourtyard wall, are a series of small cell shrines which in many cases have lost the images of gods in them. The outer walls bear fine pieces of natural like-like sculptural are. The important ones are Nataraja, Lakulisha, Lingodhbhavamurthi, Ardhanarishwara, Shiva and Parvathi.

The hall of the temple has eighteen heavy square pillars supporting the roof. These pillars bear interesting bas-reliefs from the epics Ramayana, Mahabharatha and Bhagavata. The beautifully perforated scroll patterned windows form one of the finest features of the hall. Within the shrine is the Linga of Virupaksha under worship. The three inches on the outer walls of the shrine do not contain any images.

Mallikarjuna temple is adjacent to the Virupaksha temple and resembles it so closely to be called as twin temples. This temple is dedicated to Shiva called as Trailokyeshwara after Trailokyamahadevi, the younger sister of Lokamahadevi and junior consort of Vikramaditya. Both these sisters who were born in the Haihaya dynasty had married Chandragupta.Even this temple was erected to commemorate her husband’s victory at Kanchi.

Facing east, it is modeled after the Kailasa temple at Kanchi. As in the Virupaksha temple, the large hall beyond the porch has eighteen columns on which beautifulbas-reliefs illustrating episodes from Ramayan, Mahabharata, Bhagavata and stories from Panchatantra are illustrated. The shrine is decorated with beautiful bas-reliefs of Gajantaka, Lakulisha, Harihara and so forth. The ceiling near the ante-chamber of the shrine has sculptures of Shiva and Parvathi. The dome of the ‘vimana’ of this temple is circular unlike that of the Virupaksha temple which is square.

The Kasi Vishveshwara temple near the Mallikarjuna temple faces east and is constructed out of dressed blocks of sand-stone. It is assigned to the 8th century. The temple has a ‘vimana’ in the northern style, but the Nandi mantapa is ruined and the ‘shikhara’ is lost. In its horse-shoe shaped ‘chaitya’ windows high over on the façade is Shiva dancing, which Parvathi watching. The marvelous sculptures on the columns illustrate scenes from Ramayana, Bhagavata and diverse forms of Shiva and Parvathi such as Ardhanarishwara, Tripuranthaka and Kalyanasundara.

Sangameshwara temple, which was built in the early part of the 8th century is also nearby. This Shiva temple is dedicated to Vijayeshwara named after the builder of temple Vijayaditya. Though in large proportions, and simple, the temple is very effective. The sculptures are massive and they look unfurnished and indicate that the structure was left incomplete for some unknown reason. The inscriptions merely indicate the name of the sculptor as Paka.

The Galaganatha temple which is in the same are, is in the northern or Nagar style, assigned to the 8th century. The temple has towers at its four corners and in the centre of which the ribbed ‘amalika’ and Kudu are repeated at every level. The lintel on the doorway is carved with a dancing Shiva and decorated with artistic designs.

At the rear of Galagantha temple is the Jambulinga, also facing east and in Nagara style of architecture. It is a shrine with a small ’madapa’ whose ceiling is lost, the well carved entrance is intact. The façade of the Vimana’ immediately above the entrance shows Dancing Shiva, with Parvati and Nandi watching.

Kadasiddheshwara is another temple near Galaganatha temple, with Shiva and Parvati on the lintel of the doorway. It appears to have derived its present name from an ascetic who might have lived in this temple. The guardian deities in front of the temple are mutilated, and the mandapa in front has lost its roof. The sculptures on the outer walls of the shrine are Shiva Harihara and Ardhanarishwara.

The temple of Papanatha is a little to the south of the Virupaksha temple, also facing east. It was built probably in about 680 A.D., in Northern style. According to the inscriptions, the sculptors Baladeva and Changana constructed the temple along with Revadi Ovajja.

The temple was originally intended to be dedicated to Vishnu who appears on the ceiling of the Nandi ’mandapa’ as Seshashayi, but was later turned over to Shiva. This temple also consists of walls, a porch, a columned hall, an ante-chamber and an ambulatory. The figures guarding the hall are very badly damaged. The lintel on the ‘mandapa’ doorway shows Gajalakshmi and Shiva with Parvathi. The outer walls have a wealth of sculptures.

There is also a Jaina temple at Pattadakal belonging to the Rashtrakuta period. Besides these temples is a group of minor shrines remarkably primary, for representing two chief styles of Indian architecture, side by side. The detailed descriptions in the sculptures of temples give an insight into the social life of those days.