歴史ポッドキャスト

アビドスの家の下の違法な掘り出し物で見つかったエジプトの最後のファラオのカルトゥーシュ

アビドスの家の下の違法な掘り出し物で見つかったエジプトの最後のファラオのカルトゥーシュ



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

エジプトの考古学者のチームは、エジプトのアビドスにある男性の家の下で、最後のネイティブエジプトのファラオのカルトゥーシュを発見しました。男とその共犯者たちは、古い泥レンガの家の下で違法な発掘を行っていました。

カルトゥーシュまたは刻まれた石のレリーフは、古代エジプトの王の名前と形容詞を与えます。この場合、30年の終わりに支配したのはネクタネボ2世でした。 NS 王朝、紀元前360年から342年。

チームは、検査中にアビドスのベニマンスール地区の家の下でカルトゥーシュを見つけました。考古学委員会はアルベリンナの検査官から来ています。

委員会が調査を完了することができるまで、観光と古物警察のエージェントは家を没収した、とハニ・アブル・アズムはAhramOnlineに語った。彼は上エジプトの古物中央管理局長です。彼は、石のブロックであるカルトゥーシュは、王の王宮の一部を形成したか、王の命令で建設された寺院の壁の延長であった可能性があると述べました。

AhramOnlineによると、ネクタネボIIはアビドスでの建設事業で有名です。

エジプトはネクタネボ2世の治世下で繁栄しました。彼の芸術家の独特のスタイルは、プトレマイオス王国時代には独特でした。ネクタネボIIは、エジプトの神々の多くのカルトに触発されました。彼はイシスの巨大な寺院を始めることを含めて、100以上の場所に彼の痕跡を残しました。

ファラオのために花や飲み物を運ぶ神々を示す、ネクタネボ2世の治世の時代からの救済。 (( クリエイティブコモンズ アトリビューション-継承3.0非移植ライセンス )

Abul Azmによれば、当局が家を収用した後、考古学者は家の下でさらに発掘を行う予定です。

部分的に地下水に沈んでいるカルトゥーシュが神社や寺院の壁の一部であるかどうかはわかりません、とAbydosAntiquitiesの局長であるAshrafOkashaは言いました。彼は、ブロックは140 x 40 cm(0.55 x 15.75インチ)であると述べました。

考古学委員会は、家の下に深さ4メートル(16フィート)の穴が掘られて、違法な発掘が進行中であることを発見したと彼は言った。カルトゥーシュが発見されたのはこの穴の底でした。

メッテルニッヒステラ、ネクタネボ2世の治世の時代からのもう1つの石碑。写真提供:( CC BY-NC-SA 2.0 )

今年の初め、古代の起源は、同じくネクタネボ2世の治世中に作成された壮大なメッテルニッヒの石碑について報告しました。遺物の起源に関連する詳細は不明のままです。これは、「ホルスの石碑」として知られる石碑のグループの一部です。これは、ヘビやワニの攻撃などの危険から人々を保護するために使用される石碑のコレクションです。しかし、この特定の石碑は、その種の中で最大のものの1つです。また、当時から最も保存状態の良い魔法のテキストがいくつかあります。

石碑には、毒、主に動物の毒を癒すための魔法のレシピがあります。伝説によると、石碑自体には魔法の力があります。古代の医者は石碑の上に水を注ぎ、それを集めて毒殺された人にそれを与えました。呪文はさまざまな動物について話しますが、特に猫と爬虫類に焦点を当てています。猫は神々や女神の動物であると信じられていたので、あらゆる毒を癒す能力があると考えられていました。爬虫類の毒に対する呪文は、蛇の悪魔アポフィスに関連していました。僧侶が呪文を唱えているとき、蛇に嘔吐を強いると考えられていました。その時点で、病気の人も嘔吐します-彼または彼女自身を毒から解放します。石碑はまた、神々に関連するいくつかの物語を説明しています。実際、テキストのほとんどは、毒殺されたが治癒したホルスの物語に捧げられています。


エジプトの埋葬シャフトで見つかった長さ13フィートの「死者の書」の巻物

ニアリット女王が所有する葬祭殿が、紀元前2323年頃からエジプトを統治した夫ファラオテティのピラミッドの隣にある古代エジプトの墓地サッカラで発見されました。紀元前2291年まで、エジプトの古物省は 声明.

石で作られた寺院の南東側には、女王とその夫への供物を保管する3つの泥レンガ倉庫があります。

ピラミッドの近くで、エジプトの考古学者のチームはまた、エジプトの第18王朝と第19王朝(紀元前1550年から紀元前1186年)の間に住んでいた人々の遺体を含む一連の埋葬シャフトを発見した、と同省は1月に発表された声明で述べた。16.これらの埋葬は、ファラオの死後に形成されたテティ崇拝のカルトの一部であった可能性があります。人々はファラオのピラミッドの近くに埋葬されることを望んでおり、カルトは千年以上も活動を続けてきたようです。これまでのところ、チームはこれらのシャフトにある50を超える木製の棺と、さまざまなオブジェクトを発見しました。


略奪の穴で見つかった古代エジプトのファラオの彫刻

エジプト当局は、ファラオの像が刻まれた古代の石のブロックを掘り起こす略奪者を捕まえたと言います。

アビドス市では、古物当局は、所有者が床に穴を掘ったことを発見したとき、古い2階建ての泥レンガの家を調べていたと言います。

エジプト考古省の発表によると、ブロックは穴の底、床から約13フィート(4メートル)下にありました。 [エジプトでの略奪の写真を参照]

発見の画像は、ブロックがネクタネボIIのカルトゥーシュで飾られていることを示しています。 (カルトゥーシュは、王室の名前を示す一連の象形文字を囲む楕円で構成されるシンボルです)。ナクトホルエブ2世は、紀元前360年から342年までのエジプト第30王朝の時代に統治し、ペルシャの征服中に敗北する前の最後のネイティブエジプトファラオでした。

アビドスは、ナイル川から約6マイル(10 km)のエジプト北部にあります。エジプトの初期の王はその場所に埋葬され、何千年もの間重要な宗教的な場所であり続けました。今日でも、セティ1世の神殿やアーモセのピラミッドなど、そのモニュメントの多くがまだ見えています。

アビドスは、冥界の神オシリスのカルトセンターとして特に重要でした。何人かのエジプトの支配者がこの場所にオシリスに独自の寺院を建てました、そしてネクタネボIIもそうしたかもしれません。発表によると、このブロックは王の王宮の一部であるか、寺院からの壁の延長である可能性があると、上エジプト古物中央管理局の責任者であるハニ・アブル・アズムは述べた。

ブロックが見つかった家は現在警察の監督下にあります。 Abul Azmは、サイトの詳細を明らかにするために適切な発掘が行われる可能性があると述べました。


考古学者はエジプトで「失われた黄金都市」を発掘します

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスしてから、保存した記事を表示してください。

写真:モハメドエルシャヘド/ゲッティイメージズ

この記事を改訂するには、[マイプロフィール]にアクセスしてから、保存した記事を表示してください。

エジプトの考古学者のチームは、かつては古代エジプトの都市テーベ(別名ワセット)であったものを組み込んだ、現代のルクソールのすぐ北にある産業王立大都市と呼ばれるものを発掘しました。考古学者はこの場所を「失われた黄金の都市ルクソール」と呼んでおり、装飾工芸品、家具、陶器などの製造に専念していた可能性があると考えています。

このストーリーは元々、テクノロジーニュース、テクノロジーポリシー分析、レビューなどの信頼できる情報源であるArsTechnicaに掲載されました。 Arsは、WIREDの親会社であるCondéNastが所有しています。

敷地内のワイン船の粘土の帽子に見られる象形文字の碑文は、18王朝のファラオ、アメンホテプ3世(紀元前1386〜 1353年)の治世にさかのぼります。その国際的な力の。 (サイトの泥レンガにもアメンホテプ3世のカルトゥーシュのマークが付けられていました。)他のどのファラオよりも多くのアメンホテプ3世の彫像が残っています。彼は王家の谷に埋葬され、1889年にミイラが発見されました。分析によると、アメンホテプ3世は、40〜50歳で亡くなり、晩年にはさまざまな病気(特に関節炎、肥満、そして彼の歯の痛みを伴う膿瘍)。

ファラオの長男で後継者であるトトメスは若くして亡くなったため、王位は次男であるアメンホテプ4世に渡され、アメンホテプ4世はすぐに名前をアケナテンに変更しました。 (彼の女王はネフェルティティであり、最終的に王位に就く彼の息子は有名な少年王ツタンカーメンでした。)アケナテンは、アメンの崇拝に支配された伝統的な多神教を拒否し、彼自身の宗教を始めることにしました。彼は代わりにアテンを崇拝し(したがって名前が変更されました)、最終的にはアメンの崇拝を完全に抑制しようとしました。

アケナテンはまた、首都をテーベ市から遠ざけ、テーベとメンフィスの中間にある現在のアマルナ市の敷地に新しい首都を設立しました。彼は先見の明のある革命家でしたか、それとも異端の狂った狂信者でしたか?おそらくどちらでもない。一部の歴史家は、首都を移転することは、エジプトの文化と社会に対するアメンの司祭たちの束縛を打破するための新しいファラオ側の政治戦略であったかもしれないと主張している。いずれにせよ、ツタンカーメンは首都をメンフィスに持ち込み、テーベに王位に就いた後、さらに多くの寺院や神社の建設を命じ、アケナテンの反乱を終わらせました。

この新しいサイトの発見は、テーベとこの近くの新しく発見された製造センターを放棄するというアケナテンの決定にさらに光を当てるかどうかはわかりませんが、それにもかかわらず、それは並外れた発見として歓迎されています。カイロ・アメリカン大学エジプト学部を率いる考古学者のサリマ・イクラム氏は、ナショナルジオグラフィックに、「それは本当に驚異的な発見であることに疑いの余地はない」と語った。 &quotIt&#x27sは、非常に時間のスナップショットです。ポンペイのエジプト版です。売れ過ぎはないと思います。驚異的です。」

ジョンズホプキンス大学のエジプト学者であるベッツィブライアンは、これを「ツタンカーメン王の墓以来2番目に重要な考古学的発見」と呼びました。

エジプトのチームを率いた考古学者ZahiHawassは、Facebookの投稿で公式発表を共有しました。 18王朝の最後の2つのファラオ、ホルエムヘブとアイの寺院が同じ一般的な地域で発見されたため、チームはツタンカーメンの遺体安置所の寺院を探し始めました。考古学者は、メディネトハブにあるラムセス3世の寺院と、メムノンにあるアメンホテプ3世の寺院の間に挟まれた発掘エリアを選びました。昨年9月に発掘を開始してから数週間以内に、ハワスと彼のチームは泥レンガの形成を発掘することに興奮しました。高さ9フィートものジグザグの壁で、古代エジプト建築では珍しい要素と思われます。

チームは、指輪、スカラベ、陶器の器、何千もの彫像からの破片、そしておそらく紡績や織り、型の鋳造に使用される多数の道具など、数多くの遺物を発見しました。サイトの南部には、十分な規模の労働力を提供するのに十分な広さのパン屋と調理エリア(オーブンと保管用の陶器があります)がありました。泥レンガの生産エリアと管理エリアのように見える場所もありました。発掘された場所の1つには牛や雄牛の骨格が含まれていましたが、人間の骨格は奇妙な位置で見つかりました。腕が横に伸び、膝の周りにロープが残っています。


ファラオを探しています:古代エジプトの墓には王と女王がいませんか?

古代エジプトの行方不明のファラオはどこにありますか?エジプト学者のクリス・ノウントンが 明らかにされたBBCの歴史 18世紀後半の初期のフランス遠征から、1922年のハワードカーターによるツタンカーメンの見事な発見から現在に至るまで、古代エジプトのピラミッド構築の支配者の失われたミイラを探すための入門書

このコンテストは終了しました

古代エジプト人によって残されたすべての偉大な記念碑の中で、考古学者が最も魅力的だと思うのはおそらく彼らの墓です。彼らは投資の大きな焦点でした:それを買う余裕のある人は、来世の準備をするときよりも優れた職人に依頼したり、より良い材料を使用したりすることは決してありませんでした。墓は、身体と副葬品の両方を保護しました。これは、個人が次の世界への旅で成功するために不可欠なすべてのものです。

墓は想像を絶する豊富な資料を提供してきました。かつて失われていたもののほとんどは失われましたが、多くが生き残っており、回収されたものの多くは古代エジプトが提供しなければならなかった最高のものを表しています。

この時代から生き残った最も象徴的なイメージであるツタンカーメンの黄金の仮面が、1922年にハワードカーターによって発掘された彼の墓から来たのは偶然ではありません。その発見、1世紀ほどのセンセーショナルな発見の集大成、暗い内部にランプを持った考古学者の原型が誕生し、金色の宝物の山が彼に戻ってくるのを見ました。

ツタンカーメンは、第18王朝の終わり頃に君臨しました。この時代は、第19王朝と第20王朝とともに、エジプトの過去の偉大な時代の1つである新王国を表しています。この時代の特徴の1つは、王家の谷を王家の墓地として使用したことでした。 19世紀の初め、カーターがツタンカーメンをリストに追加するまでに、33の新王国時代のファラオのうち13の墓が谷で特定されていましたが、まだ5つしか見つかりませんでした。

私たちのハブページで古代エジプトについてさらに詳しく知る

最初の現代エジプト学者は誰でしたか?

エジプト学の歴史は通常、1798年7月1日、ナポレオンボナパルトが兵士だけでなく芸術家や科学者からなる遠征軍と共にエジプトの地中海沿岸に上陸したときに始まります。

ナポレオンの意図は、エジプトをフランスの植民地として確立し、地中海に対する彼のグリップを強化し、英国に打撃を与えることでした。しかし、彼の「サヴァン」は、より啓発された理由でそこにいました。彼らは、エジプトの古代のモニュメントの遺跡を含む、彼らが見つけたすべてを調査して記録しながら、国中を旅することになっていました。これらはさまざまな西側の旅行者によって訪問され、説明されていましたが、この規模の遠征はこれまで試みられていませんでした。

1799年1月26日、召使いたちは「王家の谷」であるテーベモロウクの壮大な遺跡に到着しました。そのうちの2つ、ProsperJolloisとÉdouarddeVilliersduTerrageは、16の墓の位置に注目して、サイトの最初の正確な地図を作成しました。これらの墓のほとんどは、古代から開いていてアクセス可能でした。さらに、彼らは現在ウエスタンバレーとして知られているネクロポリスの本枝から西に続くサイドワディの存在を最初に記録したようです。

召使いたちは彼らが見つけたものに明らかに畏敬の念を抱いていました。墓は岩に切り込まれた長い廊下で構成され、最終的にはより大きな部屋につながりました。最後の部屋には通常、体を保持するはずの石棺が含まれていました。いずれの場合も、それは強盗によって略奪されていました。

副葬品や居住者はほとんど残っていませんでしたが、壁には王のエキゾチックなシーンと好奇心旺盛な人間と動物の神々が明るく描かれ、どこにでも謎めいた象形文字の兆候がありましたが、誰もこれで碑文を読むことはできませんでした点。

記念碑を特定の時代や王に帰することを試みる際に、彼らはディオドロスやストラボンなどの古典作家によって書かれたエジプトの歴史のやや文字化けした説明に大きく依存していました。彼らは誰がそこに埋葬されたかを推測することしかできませんでした。

ジョヴァンニバッティスタベルゾーニの大ブレイク

1815年、ジョヴァンニバッティスタベルゾーニがテベスに到着し、大英博物館のヘンリーソルト将軍から、ファラオの偉大な葬祭殿である「ラメシアム」からナイル川に輸送するためのラムセス2世の像の頭と肩の準備をするように指示されました。大英博物館への旅が始まる場所です。この任務はソルトのライバルであるフランス総領事ベルナルディーノドロヴェッティを打ち負かしました。ベルゾニは約2週間以内にそれを達成しました。

その後、ソルトはベルゾニーを王家の谷に送りました。そこでベルゾニーは、ナポレオンの召使いが入った墓の1つ、ラムセス3世の墓から石棺の箱を取り出しました。この時までに、彼は彼自身の調査をすることに興味を持っていました。彼は、古典的な作者が発掘されたよりもはるかに多くの墓を説明し、行方不明の墓を見つけることを決心したことを知っていました。

彼は1816年後半に、ナポレオンの召使いがアメホテプ3世の墓の存在に気付いた西部の谷で捜索を開始しました。そこで、ワディの少し下に、彼は18王朝の最後から2番目のファラオであるアイの墓を見つけましたが、偶然であり、誰の墓であるかはわかりませんでした。雨の後、水は砂漠から谷へと降りていきます」と彼は書いています。

「この墓は壁とその範囲にいくつかの奇妙で特異な絵が描かれており、大きな部屋の中央に残っている石棺の一部が残っているにもかかわらず、この墓で素晴らしい発見をしたことを自慢することはできません。著名人の埋葬地でした。」ファラオのほとんどすべての人物と名前が汚されていたにもかかわらず、1970年代に再び調査されるまで、世界はそれがアイの墓であることを知りませんでした。

Belzoniはすぐに同じ地域に2番目の墓を見つけました。これは未完成で装飾もされていませんでしたが、おそらく第22王朝の家族に属する8人の棺桶のミイラが含まれていました。

王家の谷の本枝に戻ると、彼はメントゥヘルケペシェフ(ラムセス9世の息子)の休憩所、そして別の装飾されていない墓を発見しました。 1817年10月、彼はついに偉大なファラオの墓を見つけました。19王朝の最初の王、ラムセス1世です。

谷の床から岩盤に続く階段が続き、下る通路が続き、さらに急な階段が美しく装飾された埋葬室で終わりました。 Belzoniの推定では、中央に赤い花崗岩の石棺があり、「許容範囲内で大きく、よく塗装されていました」。

墓は壮大でしたが、完全には完成していないようでした。ラメセスは第19王朝の創設者であり、彼自身は王族の血ではありませんでした。彼は、エジプト軍の有能な指導者であることをすでに証明しており、晩年に王位に就いた可能性があります。彼は短期間、おそらく2、3年しか統治していなかったため、彼の墓がそれほど壮大ではなかった理由が説明できるかもしれません。

イムホテプのステップで

クリス・ノウントンが砂漠に足を踏み入れ、ハリウッドに非難された建築家と医師を見つけました

北サッカラ高原は、1960年代から1970年代初頭にブライアンエメリーによって広範囲に発掘されました。彼はイムホテプの墓を見つけたいと思っていて、2種類の証拠の組み合わせによってその地域に引き寄せられました:イムホテプの時代のいくつかの非常に大きな墓と、周りに期待される種類のはるかに後のカルト活動を示す儀式の堆積物の散乱イムホテプの神殿は、その地域にあったとテキストで伝えられています。

2015年の春、私は高原に向けて出発し、イムホテプの墓に関連するいくつかの記念碑の場所を特定するか、少なくともその場所に近づこうとしました。考古学的な地図と最新の衛星画像を詳しく調べた後、iPadとiPhoneで武装した砂浜を越えて、エメリーの掘り出し物の家の残骸からほぼ北西に向かいました。

私の驚きと喜びに、エメリーによって発見された聖なる動物のネクロポリスの本堂の複合体は、私が見た写真から認識できるままでした。

エメリーが見つけた墓のうち、3508番は見えませんでしたが、その位置に近づくことができました。イムホテプの王(ジョセル)の名前が記された印章と、おそらくイムホテプ自身であった医学と癒しの神に捧げられた多くの献金の両方が見つかった墓3518が部分的に見えました。

保存された泥レンガの壁の上流は金色の砂から現れ、それはまるで彼らがすぐに墓を飲み込むかもしれないかのように、それらの周りを渦巻い続けました。

南を見ると、世界初の石造りの記念碑的な建物であるステップピラミッド(およびイムホテプの創作)が非常に目立ちました。墓3518はそれと正確に一致して建てられたようで、イムホテプ自身のものである可能性があるという考えに重みを加えています。 。

現場を離れる準備をしていると、エメリーや他の考古学者が発掘調査から残骸を運び去るために使用した種類の一連の狭軌鉄道車両に気づきました。これらはエメリーのものでしたか?確信が持てませんでした。いずれにせよ、彼らはゆっくりと砂に飲み込まれていましたが、それでも遺跡の歴史の非常に近代的な段階が考古学の一部になりました。

ベルゾニは谷の同じ枝を少し上に移動し、ついに彼が望んでいた大きさを発見しました。ラムセス1世の後継者であるセティ1世の墓です。すべてのファラオの中で最も偉大なセティ1世の1人です。 11年から15年の間統治し、シリア-パレスチナにエジプトの領土を再建し、カルナックやアビドスなどの場所で大規模な建設プロジェクトを開始しました。彼の墓は、137メートル以上の谷でこれまでに建設された最長のものであり、全体に美しく装飾されていました。

ラムセス1世の墓と同様に、一連の階段と傾斜した通路から入りましたが、セティ1世の墓には、さらに7つの主要な部屋が組み込まれ、そのうち5つは正方形の柱で支えられていました。彼の埋葬設備の断片は、死後の世界で故人の使用人として機能した小さな彫像である多数のシャブティの置物の残骸を含めて、墓の床に散らばっていました。

最も壮観な物体はファラオの石棺でした。それは階段の上にあり、丘の中腹の奥深くに通じる大まかに切り取られた通路に通じていました(その終わりは2007年にのみ到達しました)。蓋は取り外されて破片に砕かれていましたが、残った箱は巨大な半透明のエジプトのアラバスターから作られた石の職人技の傑作でした。それは、主にさまざまな宗教的テキストからの細かく刻まれた象形文字と付随する画像で飾られていました 門の書。

ベルゾニーはそれを墓から取り除き、ソルトのコレクションの一部になりました。イギリスに到着し、1821年に大英博物館に持ち込まれたときに販売される運命にありました。2年間の審議の後、博物館当局は、高すぎるという理由で、石棺ではなくコレクションを購入することに同意しました。代わりに、それはロンドンの建築家、ジョン・ソーン卿の手に渡りました。今日まで、ロンドンのリンカーンズインフィールズにある彼の家の地下室に残っています。現在は公立博物館です。

王家の谷で他に何が発見されましたか?

フランスの掘削機ヴィクトル・ロレが1890年代に谷で働き始めて初めて、確認された墓の数が増えました。

1883年、フランス人のウジェーヌルフェブレは墓の徹底的な調査を行い、墓の場所をプロットし、装飾と落書きをコピーしました。ロレットはルフェブレのチームの一員であり、さらに墓が見つかる可能性があることをはっきりと記していました。 1897年に、彼はエジプト古物サービスのディレクターになり、2年間で彼は、ベルゾーニに匹敵する驚くべき一連の発見を行い、既知の墓の数を25から41に増やしました。

発見された墓には、おそらく埋葬場所がまだ確実に特定されていない第18王朝の2番目の支配者であるアメンホテプ1世のKV 39と、奇妙な装飾とカルトゥーシュを備えたTuthmoseIIIに属するKV34が含まれていました。形をした埋葬室。

ロレットの発見の中で最も重要なものは、アメンホテプ2世の墓でした。豪華な装飾が施され、建築的に複雑で、状態は良好で、珍しいことに王のミイラは石棺の中に残っていました。

メインの埋葬室の右側に続く側の部屋で、ロレットはミイラの2つのキャッシュを見つけました。最初のものは、3つの包まれていない体が並んで横たわっていました。中央には、右側に若い男性、現在は「若い方の貴婦人」として知られている若い女性、左側に「年配の女性」がいます。棺やその他の刻まれた資料がなければ、ロレットはそれらを特定することができませんでした。

それ以降に収集された証拠とDNA検査の組み合わせから、長老はティイ女王、つまりアメンホテプ3世の妻、アケナテンの母、ツタンカーメンの祖母であることが示唆されています。若い方の貴婦人はネフェルティティである可能性がありますが、理論がまだ不足していることを確認する証拠があります。

2番目の部屋で、ロレットは別のミイラのキャッシュを見つけました。今回は棺桶に包まれていました。アメンホテプ2世の遺体に加えて、彼は新王国の9つのファラオの遺体を発見しました。彼らは、強盗による冒涜から彼らを守るために、第21王朝のスメンデス1世の13年目に一度ここに移されました。

ハワード・カーターがツタンカーメンを見つける

20世紀初頭には、セオドアMデイビスの支援を受けて、さらに多くの発見がありました。米国ロードアイランド州の年配の弁護士であるデイビスは、1889年以来、冬をナイル川で過ごしていました。彼は、ハワード・カーターの1人である、エジプト北部の若い古物学主任検査官に発掘に関与することに関心を示していました。デイビスはカーターの発掘調査に資金を提供することに同意しました。1902年の見事な最初のシーズンの後、1903年1月にカーターはTuthmoseIVの墓を発見しました。

彼は続けて墓KV20を調査しました。これは長年開いていましたが、ほとんど知られていませんでした。それはTuthmoseIのために切り取られたことが証明され、おそらく谷で最初の墓でしたが、その後、彼の娘である女性のファラオハトシェプストの埋葬に対応するように改造されました。その後、カーターは古物学サービスによって下エジプトに再割り当てされ、王家の谷での仕事を続けることができなくなりました。

デイビスは、ティイ女王の両親であるユヤとチュウヤの大部分が無傷の非王家の墓を見つけたジェームズ・キベルから始まり、アーサー・ワイゴールと1905年から独立して行動する別の掘削機で、エジプト北部でのカーターの後継者の発掘を後援し続けました。古物サービス、エドワード・アイルトン。

1907年、アイルトンは謎めいた墓KV 55を発見しました。この墓には、ティイ女王の埋葬設備の一部や、最近DNA分析で示された男性個人のミイラが入った棺など、アマルナ時代の雑多な資料が含まれていました。ツタンカーメンの父になりなさい。ボーイキングの両親のどちらかを特定する碑文がないため、これが誰であるかを正確に確認することはできませんが、異端のファラオアメンホテプ4世であった可能性があります。 1年後、アイルトンはツタンカーメンの後継者の1人、第18王朝の最後の王ホルエムヘブの墓も発見しました。

エジプト学者は何を探していますか?

エジプトでは毎年、数十の考古学プロジェクトが行われており、ファラオだけに関心があるのではなく、社会の最も普通のメンバーがどのように暮らしていたかの証拠を探しています。彼らは、地形測量や伝統的な発掘からリモートセンシングまで、多くの技術を使用してこれを行います。

考古学は遅いビジネスになる可能性がありますが、それでも定期的に壮大な発見がなされています。最近のハイライトには、ラムセス2世の軍将軍の墓の啓示や、第13王朝の王女のピラミッドが含まれます。それでも多くの疑問が残っています。

ベルゾニー、ロレット、デイビス、カーターなどの努力は、ほとんどの新王国時代のファラオの墓を明らかにするのに役立ちましたが、アメンホテプ1世、アメンホテプ1世、タスモース2世、ラムセス8世などのいくつかはまだ説明されていません。全体として、第1王朝からプトレマイオス朝の終わりまでエジプトを支配したことが知られている200以上のファラオの墓のうち、約半分はまだ発見されていません。

2世紀にわたる研究にもかかわらず、サッカラ、アビドス、さらには王家の谷にも未発掘の地域があります。一方、古代アレクサンドリアは何世紀にもわたってエジプトの首都であり、ほぼ確実にプトレマイオス朝の王家の墓があります。近代都市の建物のおかげです。

アイルトンはこの直後にエジプト学を去り、デイビスの男として野外でハロルド・ジョーンズに取って代わられた。その後数年でさらにいくつかの小さな発見がありましたが、1912年までにデイビスは谷を「使い果たされた」と宣言することができたと感じました。

多くの人が、まだ発見が必要であると信じていました。その中にはカーターがいます。彼は、今回はカーナーヴォン伯爵の財政的支援を受けて、谷で発掘するための譲歩を引き受けました。数年の失敗の後、1922年11月、カーターはデイビスが62番目に発見されたツタンカーメン王の墓の発見で最も壮観な方法で間違っていたことを示しました。それ以来、谷ではそれ以上の王家の墓は発見されていません。

最新の墓はいつ見つかりましたか?

近年、2つの墓が発見されましたが、どちらもファラオの埋葬を目的としたものではありませんでした。 KV 63には、おそらくツタンカーメンの葬式に関連して、ミイラ化プロセスで使用された資料のキャッシュのみが含まれていました。 KV 64はおそらく第18王朝の王女の墓でしたが、その後第22王朝の間に再利用されました。

ギャップはまだ私たちの知識に残っています。第18王朝の第1、第2、第4王の墓、アメンホテプ1世、アメンホテプ1世、ツスモセ2世の墓は、ラムセス8世の墓と同様に、まだ明確に特定されていません。ツタンカーメンの治世またはその周辺の時代からの王室の埋葬もまだ私たちを待っている可能性があります:ツタンカーメンの墓はおそらく古代世界の中で最もよく知られていますが、彼の妻、アンケセナーメン、そして彼の前任者のスメンクカーラーとネフェルネフェルアテンの墓は不明であり、アケナテンの最終的な休息場所はまだ定かではありません。

エジプトの歴史の他の時期にも同様のギャップが存在します。エジプト学は、世界のその地域をほぼ3、000年間統治していた王の墓の多くが生き残ったという点で幸運ですが、疑問が残っていることも同様に幸運です。さらに発見される可能性もあります。 。

最も有名なエジプトの考古学者は誰ですか?

ジョヴァンニ・バッティスタ・ベルゾーニ(1778-1823)

イタリアで生まれ、1804年までに彼はイギリスに移り、彼が有力者として演じた旅行サーカスに参加しました。 1815年、彼はエジプトを訪れ、灌漑を可能にするように設計された油圧機械をヘディーブ(副王)ムハンマドアリパシャに見せました。ヘディーヴは興味を示さなかったが、ベルゾニーは代わりに英国総領事のヘンリー・ソルトに引き継がれ、古物を収集した。

ジャン=フランソワシャンポリオン(1790-1832)

フランス人は最初に象形文字を解読し、ロゼッタストーンを利用しました。ロゼッタストーンには、すでに理解されているもの(古代ギリシャ語)と理解されていないもの(象形文字とデモティック)の3つの文字が刻まれています。

1822年、長年の研究の後、シャンポリオンは解読システムを発表しました。その後の数年間で、それは一般的に受け入れられるようになりました。

John Gardner Wilkinson (1797-1875)

Wilkinson went to Egypt in 1821 and stayed for 12 years, copying inscriptions, while also learning Arabic and Coptic to help him to understand the ancient texts. In preparation for a survey of the Valley of the Kings he painted numbers at the entrance of all the tombs that were known at the time providing the basis for the ‘KV’ numbering system that is still in use today.

Howard Carter (1874-1939)

Carter was appointed Chief Inspector of Antiquities in 1899. He discovered the tomb of Tuthmose IV in 1903, then spent the next two decades working in the Theban Necropolis, mostly with the backing of the Earl of Carnarvon. In November 1922, he uncovered the tomb of the boy-king Tutankhamun. It proved to be almost intact, with the king’s burial equipment comprising more than 5,000 items.


関連記事

It is thought that Senebkay lived around 3,650 years ago at a time when rulers battled for power before the rise of Egypt’s New Kingdom in 1550 BC.

Painted decoration in the burial chamber of Senebkay is pictured left. Archaeologists examine Senebkay's skeleton on the right. While his body was mummified, it is thought Senebkay's remains were pulled apart by robbers looking for treasures, who also plundered the pharaoh's tomb

The lost tomb was discovered by a team of archaeologists from the University of Pennsylvania, who came across it while excavating the tomb of pharaoh Sobekhotep I, who was buried nearby.

Senebkay’s final resting place appears to have been plundered because the skeleton is pulled apart, but it is estimated that the ruler was aged around 45 when he died and measured five ft 10 inches.

Josef Wegner of the university, who led the dig, believes the new find could lead to the discovery of more pharaohs and could help piece together the gaps in knowledge about the rulers of Ancient Egypt.

The lost tomb (pictured) was discovered by a team of archaeologists from the University of Pennsylvania, who came across it while excavating the tomb of pharaoh Sobekhotep I, who was buried nearby

The tomb was discovered at the Abydos site (pictured) near Sohag in Egypt and could lead to more royal tombs being unearthed. Last week it was announced that the same archaeological team had uncovered the Tomb of pharaoh Sobekhotep I

‘We discovered an unknown king plus a lost dynasty. It looks likely that all of the 16 kings are all buried there,’ he said.

‘We now have the tomb for first or second king of this dynasty. There should be a whole series of the others.’

Describing the moment the archaeologists came across the tomb, he explained that they found the entrance first, which led them down to the burial chamber, made of limestone and painted with cartouches of the pharaoh.

Last week it was announced that a vast 3,800-year-old quartzite sarcophagus belongs to a little-known 13th dynasty king, Sobekhotep I. It was discovered by an international team of researchers who deciphered inscriptions to link it to its owner

‘In Abydos there is lots of sand and everything is deeply buried. You can dig day after day, and then this….We were standing there looking dumbfounded at the colourful wall decoration,’ he said.

While robbers had stripped the tomb, a re-used burial chest had the engraving of the ruler’s name on the wood.

The experts said the re-use of materials suggests a lack of stability and wealth at a time when the kingdom was fragmented.

。 AND THE TOMB OF PHARAOH SOBEKHOTEP WAS IDENTIFIED LAST WEEK

A huge pink tomb of an ancient Egyptian pharaoh was identified approximately one year after it was discovered, it was announced last week.

The vast 3,800-year-old quartzite sarcophagus belongs to a little-known 13th Dynasty king called Sobekhotep I, according to the Egyptian government.

The 60 tonne sarcophagus was discovered by the same team of archaeologists at the Abydos site and

The same team or researchers from the University of Pennsylvania and Egypt’s Antiquities Ministry deciphered stone pieces inscribed with the pharaoh’s name, which also show him sitting on a throne, to link the tomb to its owner.

‘He is likely the first who ruled Egypt at the start of the 13th Dynasty during the second intermediate period,’ the minister said.

King Sobekhotep I is thought to have ruled the 13th Dynasty but little is known about him and his kingdom or even when the dynasty began exactly, which makes the discovery particularly important.

Historians believe that it began sometime between 1803BC and 1781BC but they are keen to establish a precise date.

He is thought to have ruled for almost five years, which was ‘the longest rule at this time’ according to ministry official Ayman El-Damarani.


The Last Ancient Egyptian Pyramid

In 1899, an archaeological mission discovered the ruins of Ahmose’s Pyramid in Abydos。 Although experts did not immediately know to whom the structure belonged, a few years later in 1902 evidence surfaced that the pyramid belonged to Ahmose I. The pyramid was roughly built around 1,500 BC, some 200 years after the Egyptians had officially stopped building pyramids.

The pyramid, ruined and collapsed has most of its outer casing tones missing. They were most likely used in other building projects after his region and over the years. Despite this, archeologist Arthur Mace discovers two beautifully preserved rows of casing stones, estimating the structure’s steep slope of around 60 degrees.

In comparison, the Great Pyramid of Giza had a less pronounced 51-degree slope. The pyramid complex of Ahmose I was vast. Archaeological excavations revealed two temples erected by Ahmose-Nefertari, Ahmose’s queen. A third temple exists at the site and it is similar to the pyramid temple in terms of form and scale.

Experts argue that the axis of the pyramid complex is associated with a number of ancient monuments that were placed out along a kilometer of the desert. Several structures exist along this direction including a large pyramid dedicated to Ahmose’s grandmother, a rock-cut underground complex believed to have served as either a royal tomb or representation of the Osirian underworld and a terraced temple that was constructed against the high cliffs, built with massive stone and brick terraces.


Although the Middle Kingdom (2134-1784 BC) is generally dated to include all of the 11th Dynasty, it properly begins with the reunification of the land by Mentuhotep II, who reigned 2061-2010 BC. The early rulers of the dynasty attempted to extend their control from Thebes both northward and southward, but it was left to Mentuhotep to complete the reunification process, sometime after 2047 BC. Mentuhotep ruled for more than 50 years, and despite occasional rebellions, he maintained stability and control over the whole kingdom. He replaced some nomarchs and limited the power of the nomes, which was still considerable. Thebes was his capital, and his mortuary temple at Dayr al Bahrì incorporated both traditional and regional elements the tomb was separate from

the temple, and there was no pyramid.

The reign of the first 12th Dynasty king, Amenemhet I, was peaceful. He established a capital near Memphis and, unlike Mentuhotep, de-emphasized Theban ties in favor of national unity. Nevertheless, the important Theban god Amon was given prominence over other deities. Amenemhet demanded loyalty from the nomes, rebuilt the bureaucracy and educated a staff of scribes and administrators. The literature was predominantly propaganda designed to reinforce the image of the king as a "good shepherd" rather than as an inaccessible God. During the last ten years of his reign, Amenemhet ruled with his son as co-regent. "The Story of Sinuhe," a literary work of the period, implies that the king was assassinated.

Amenemhet's successors continued his programs. His son, Sesostris I, who reigned 1962-1928 BC, built fortresses throughout Nubia and established trade with foreign lands. He sent governors to Palestine and Syria and campaigned against the Libyans in the west. Sesostris II, who reigned 1895-1878 BC, began land reclamation in Al Fayyum. His successor, Sesostris III, who reigned 1878-1843 BC, had a canal dug at the first cataract of the Nile, formed a standing army (which he used in his campaign against the Nubians), and built new forts on the southern frontier. He divided the administration into three powerful geographic units, each controlled by an official under the vizier, and he no longer recognized provincial nobles. Amenemhet III continued the policies of his predecessors and extended the land reform.

A vigorous renaissance of culture took place under the Theban kings. The architecture, art, and jewelry of the period reveal an extraordinary delicacy of design, and the time was considered the golden age of Egyptian literature.


Reign of Pharaoh Ay

Pharaoh Ay reigned briefly, from either 1331 to 1327 BC, or from 1327 to 1323 BC, depending on the source absolute dates have not been established. Some speculate this Ay's reign could have been as long as nine years because his temple and monuments were eliminated by his unintended successor, Horemheb.

Nevertheless, it was a brief reign enabled only by his marriage to King Tut's widow。 Under Egyptian law, a commoner could not assume the throne unless married to royalty first.

Ay officiated at Tut's burial and quickly assumed the role of heir, outmaneuvering Horemheb in his bid for the throne. Ay quickly married Tut's widow Ankhesenamun, thereby cementing his position as pharaoh. Although Ay had served for more than 25 years under Akhenaten and Tutankhamen, his common birth would otherwise have prohibited his rise to the throne.

NS 手紙 purported to be from Ankhesenamun to the enemy Hittite king Suppiluliumas urgently requests that he send her one of his sons so that she doesn't have to marry Ay, who by this time was at quite an advanced age, approximately 70 years old. Although Suppiluliumas reluctantly agreed, his son was killed en route to the marriage and Ay is thought to have been responsible.

Upon becoming pharaoh, Ay began to persecute followers of Akhenaten and that seems to be the focus of his short, four-year reign. After Ay became pharaoh, Ankhesenamun disappears and nothing further is heard about her.

© woodsboy2011 - Relief of Ay and his Wife


Erasing Tutankhamen: Horemheb’s Attempt to Rewrite History

In an attempt to rewrite history, Horemheb usurped monuments made by previous pharaohs and inscribed his own name on them. (Image: JMSH photography/Shutterstock)

The Ninth and Tenth Pylons

Like every pharaoh, Horemheb wanted to show that he is a great builder. Like other pharaohs before him, he built a great pylon, a gateway, for himself at Karnak. He actually built two pylons, called the ninth and tenth pylons. How did he build this pylons?

Akhenaten built temples at Karnak for Aten. After Akhenaten passed away, these temples reminded people of the bad times, of how the pharaoh had tried to enforce monotheism. In an effort to erase the memory of Akhenaten’s heresy, Horemheb took down Akhenaten’s temple, and filled his ninth pylon with the blocks of this temple.

これはビデオシリーズからのトランスクリプトです History of Ancient Egypt. Wondriumで今すぐご覧ください。

Erasing Tutankhamen’s Name

Horemheb also usurped all of Tutankhamen’s monuments. Every monument that Tutankhamen had been advised to erect, Horemheb had the young pharaoh’s name erased and his own inserted in its place. That is why it is so hard to find any information about Tutankhamen.

So, Horemheb was trying to systematically erase all trace of Tutankhamen, who was also seen as being associated with the heresy of his father, Akhenaten. There are so many monuments that were originally erected by Tutankhamen, from which the name of the young pharaoh has been obliterated.

The Restoration Stela

Tutankhamen erected a stela, like all Egyptian kings had done in the past. It is called the ‘Restoration Stela’, because of what it says. As the name suggests, the inscription on the stela talks about restoring old traditions. “When I became king, the temples were in disarray. There were weeds growing in them. All the statues of the gods had been melted down. The military was not respected. If it rode off, nobody attended.”

All pharaohs used to erect stelas to talk about what they thought and did. (Image: Claudio Caridi/ Shutterstock)

Tutankhamen is really saying in this inscription that Egypt had gone downhill under Akhenaten’s reign. In the end, he says, “I will restore it all. I have had new statues of the gods made. The temples are open again.” Despite the fact that Akhenaten was his father, Tutankhamen had to make this announcement because this is what the people wanted to hear.

But Horemheb, as soon as he became the king, had put his name on the stela. One will not find Tutankhamen’s name on it. If one looks at the cartouche on the stela, it will say “Horemheb”.

The Luxor Colonnade

There is another monument that was very important for Tutankhamen, but one cannot find Tutankhamen’s name there. It’s called the Luxor Colonnade. When Tutankhamen’s grandfather Amenhotep III died, he left a monument unfinished. He had started a hall with tall columns, which is why it is called a colonnade. He had built it at Luxor Temple.

When Akhenaten moved to Akhetaten, he left behind his father’s undecorated and unfinished monument. When Tutankhamen moved back from Akhetaten to Thebes, Aye probably advised him to finish this monument.どうして? Tutankhamen would have wanted to be associated with his grandfather—whom everybody loved—rather than his heretic father. So, Tutankhamen’s major project during the 10 years of his reign was restoring and completing the Luxor colonnade.

The Opet Festival

Tutankhamen had the artists put scenes from the ‘Opet Festival’ on the Luxor colonnade. Opet festival was the most sacred festival in Egypt. He did this to show to the people of Egypt that he was a traditionalist. It can be read as his declaration of not associating himself with his father, but with his grandfather.

The three major gods of Thebes during this time were Amun, ‘the Hidden One’, Mut, his wife, and Khonsu, their ram-headed son. These gods had statues at Karnak Temple. Karnak Temple is only about a mile and a half away from Luxor Temple. And once a year, during the festival of Opet, the statues of Amun, Mut and Khonsu, would be placed in a little boat shrine and taken from Karnak to Luxor, where they would spend a fortnight or so.

The work on the colonnade at the Luxor temple was begun by Amenhotep III and completed by Tutankhamen. (Image: Dmitri Kalvan/ Shutterstock)

During the festival, people saw the statues of the gods and arrangements were made for food and drink as well. And the king paid for it all. It was a wonderful town feast. That is what Tutankhamen had made the artists put on the Luxor colonnade.

The Opet festival declared to the subjects that their pharaoh, Tutankhamen was bringing back the old traditions. Tutankhamen took part in this festival. We know this from the scenes in the Luxor temple that show Tutankhamen making offerings to the gods.

Rewriting History

If one looks very carefully at the Luxor colonnade, one can’t find Tutankhamen’s name. His name has been erased from the monument and one finds Horemheb’s name, instead.

Horemheb was the traditionalist who tried to restore old order in Egypt. And what he had to do for official reasons, at least what he attempted to do, was erase all traces of the Akhenaten’s heresy. So, he wiped out everything, including Aye’s name. We are left with no traces, no real official records of Akhenaten, Tutankhamen, and Aye.

Horemheb had rewritten history to erase his heretic predecessors and establish himself as a true pharaoh, who had restored the old order.

Common Questions about Horemheb’s Attempt to Rewrite History

When Horemheb built the Ninth pylon at Karnak, he took down the temple built by Akhenaten, and filled the pylon with the broken blocks of Akhenaten’s temple.

Horemheb was trying to systematically erase all trace of Tutankhamen and his father Akhenaten because Akhenaten was seen as a heretic king by many.

The Restoration Stela was originally erected by Tutankhamen to declare his intention to restore traditional ways in Egypt. Later, Horemheb replaced Tutankhamen’s name from this stela with his.


ビデオを見る: ゆっくり解説古代エジプト文明の叡智な事情 (八月 2022).