歴史ポッドキャスト

ジョン・ピアポント・モーガン

ジョン・ピアポント・モーガン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

成功した金融業者の息子であるジョン・ピアポント・モーガンは、1837年4月17日に生まれました。ボストンとドイツで教育を受け、ニューヨークの銀行会社であるダンカン、シャーマン・アンド・カンパニーで会計士として訓練を受けました。 1867年、モーガンは父親の銀行会社に異動し、10年後にドレクセル、モーガンアンドカンパニーのパートナーになりました。これは1895年にJPモルガン商会として再編成され、世界で最も重要な銀行の1つになりました。

1891年、モーガンはエジソンゼネラルエレクトリックとトンプソン-ヒューソンエレクトリックカンパニーの合併を手配し、ゼネラルエレクトリックを設立しました。ゼネラルエレクトリックはその後、国の主要な電気機器製造会社になりました。連邦鉄鋼会社の設立に資金を提供した後、彼はヘンリー・フリックと合流してカーネギー鉄鋼会社と合併し、米国鉄鋼会社を設立しました。

モーガンはロンドンの金融界との良好なつながりがあり、英国の銀行家からの資金で米国で成長する産業企業のための資本を手配することができました。これにより、モーガンは、ほとんどの主要鉄道会社を含むこれらの会社のいくつかの取締役会のメンバーになることができました。 1902年までに、モーガンは5,000マイル(8,000 km)を超えるアメリカの鉄道を支配しました。

モーガンは最後の数年間、さまざまな銀行や保険会社の支配権を獲得することに専念しました。これは今度は彼に国の主要企業のほとんどに影響を与えました。何人かのマックレーカージャーナリストは、モーガンが今持っている巨大な力を批判し始めました。ジョン・ピアポント・モーガンは1913年3月31日に亡くなりました。


ジョン・ピアポント・モーガン

Forbes.comの史上最も影響力のあるビジネスマンのリストで2位にランクされたジョン・ピアポント・モーガンは、20世紀の変わり目に生きた成功した銀行家および金融家でした。彼はちょうど20歳のときに銀行家で彼の最初の仕事をしました。彼の輝かしい経歴の中で、彼はいくつかの苦戦している鉄道を助け、AT&ampT、チェースマンハッタン銀行、ゼネラルエレクトリック、インターナショナルハーベスターを含む主要企業の設立に関与しました。

モーガンは素晴らしいビジネスマンであり、金融​​家でしたが、彼について知らないことがいくつかあります。一つ目は、南北戦争中に彼が米国政府を騙した方法です。ホールカービン事件と呼ばれる彼の計画は、米国政府が彼らのオペレーターを殺し、傷つけていたために清算していた5,000個の欠陥のあるホールカービンを購入することを含んでいました。モーガンはカービン銃をそれぞれ3.50ドルで購入し、政府に22ドルで転売し、欠陥のない新しいカービン銃であると主張しました。モーガンは90,000ドル以上から政府をだましていることに加えて、実際に購入する前にカービン銃を転売し、販売から受け取ったお金を使って購入代金を支払いました。

ジョン・ピアポント・モーガンについてのもう一つのあまり知られていない事実は、彼が熱心な宝石コレクターであったということです。彼は、ティファニー&#8217の主任宝石学者であるジョージフレデリッククンツに頼って、その時代の最も重要な宝石コレクションの1つを集めました。 1922年、クンツは彼の最大の顧客であるモーガンにちなんで新しい宝石に名前を付けました。宝石の名前は?モルガナイト。


モーガンについて

ニューヨーク市の中心部にある博物館と独立した研究図書館であるモーガンライブラリー&ミュージアムは、金融家、コレクター、文化的恩人であるピエールポントモーガンの個人図書館として始まりました。モーガンは早くも1890年に、装飾写本、文学、歴史的写本、初期の印刷された本、古いマスターの図面や版画のコレクションを集め始めていました。

モーガン氏の図書館は、彼の生涯で知られているように、1902年から1906年の間に、マディソンアベニューと36番街にあるニューヨークの住居に隣接して建てられました。建築事務所マッキム・ミード・アンド・ホワイトのチャールズ・マッキムによって設計されたこの図書館は、希少材料の貯蔵庫以上のものとして意図されていました。見た目は荘厳でありながら規模は親密であり、その構造はその所有物の性質と身長を反映するものでした。その結果、アメリカのエレガンスの時代を象徴する3つの壮大な部屋を備えたイタリアのルネサンス様式の宮殿が生まれました。マッキムの死の3年前に完成し、多くの人から彼の傑作と見なされています。ピエールポント・モーガンの死から11年後の1924年、ジャックとして知られる彼の息子、J。P。モーガン・ジュニア(1867–1943)は、図書館が重要になりすぎて私的な手にとどまることができなくなったことに気づきました。彼は、米国の歴史の中で最も重要な文化的贈り物の1つを構成するものとして、図書館とその宝物を学者と一般の人々が同様に利用できるようにするという父親の夢を公的機関に変えることで実現しました。

モーガン図書館&博物館は、購入や寛大な贈り物を通じて、何年にもわたって、珍しい資料だけでなく、重要な音楽原稿、幼児向けの本、アメリカーナ、20世紀の資料を入手し続けてきました。モーガンは、明らかに国内的な感覚を失うことなく、物理的な空間も大幅に拡大しました。

1928年、マディソンアベニューと36番街の角に別館が建てられ、ピエールポントモーガンの邸宅に取って代わりました。別館は、ギャラリーを介して元のマッキム図書館に接続されていました。 1988年に、ジャックモーガンのかつての住居、マディソンアベニューと37番街にある19世紀半ばの褐色砂岩も複合施設に追加されました。 1991年のガーデンコートは、モーガンキャンパスのさまざまな要素を統合する手段として建設されました。

キャンパスに75,000平方フィートを追加する、モーガンの歴史の中で最大の拡張は2006年に完了しました。プリツカー賞を受賞した建築家レンゾピアノによって設計されたこのプロジェクトは、展示スペースを50%以上拡大し、新しいものを含む重要な訪問者用設備を追加します。パフォーマンスホール、マディソンアベニューの居心地の良い入り口、新しいカフェと新しいレストラン、ショップ、新しい読書室、コレクションの保管場所。ピアノのデザインは、モーガンの3つの歴史的建造物と、3つの新しい適度にスケーリングされたスチールとガラスのパビリオンを統合しています。そびえ立つ中央裁判所は建物をつなぎ、イタリアの広場の精神で訪問者が集まる場所として機能します。


ジョン・モルガン-歴史

John Pierpont“ JP” Morganは、当時のアメリカで最も優れた金融家、銀行家、アートコレクターの1人でした。彼はまた、私たちの会社の創設者であるセシリーの亡き夫であるポール・ペノイヤーの祖父でもありました。モーガンのオリジナルアート作品へのこのようなアクセスにより、彼女の美術史とスタジオアートの背景を持つセシリーは、彼が生涯を通じて収集した最も古く、最も著名なデザインの多くの歴史を保存することが重要であると感じ、注目に値する方法を考案しましたこれらの鉛とセラミックの庭のオブジェクトをキャストする。

J.P.モーガンのアート収集への欲求は、単なる美的欲求以上のものでした。文明の進化においてそれが果たした重要性に対する彼の信念もまた彼にとって主要な関心事でした。グーテンベルク聖書であろうと、古代の油壺の形であろうと、水を捕獲して輸送するために使用された貯水槽と容器であろうと、モーガンは彼のコレクションにとって重要な芸術の対象であると認識しました。

彼がエジプトの通路を旅して集めたナイル川の船は、まさにその一例です。ペノイヤーニューマンは、何百年も前のオリジナルを複製して、大理石、岩、樹脂の独自の素材で鋳造品を作り、時代を超えて長持ちするようにしました。

ここに示すように、モーガンリードポットは、北、南、東、西に吹く北風のギリシャ神話の顔を表しています。この顔は、もともとロングアイランド東部にある娘の家であるラウンドブッシュの入り口にありました。また、ラウンドブッシュフィニアル、カメ、カエルなどの鋳造品も、当社の製品全体でご覧いただけます。

最高位のクラシックは、オリジナルのデラロッビアでもあります。これは、彼のコレクションの中で非常に重要な作品であったため、現在「モーガンデラロッビア」と呼ばれています。 1440年には、フィレンツェの彫刻家ルカデッラロッビアが青と白の色絵技法を開発しました。この技法をテラコッタに適用して、屋外の物体での使用に耐えられるようにしました。この重要なデラロッビアプランターは、メトロポリタン美術館の展示の一部としてペノイヤー家から貸与されたものであり、現在でもペノイヤーニューマンが鋳造したものです。

イギリスのアルデンハムにあるJPモルガンの所有物にちなんで名付けられたオリジナルのウォールホール壷は、彼の美しいバラ園の四隅に使用されていました。イギリスのウォールホールにある彼の庭の1930年代の写真をご覧ください。この庭は、彼がジョージ6世をホストした場所でもありました。

アリゲーターバードバスは、ニューヨーク州ラッティングタウンに聖ヨハネ教会の建設を依頼された職人によってモーガンが彫ったものでした。

これらは、JPモルガンのアートコレクションや、セシリーが長年にわたって友人や同僚から収集した他のエステートオリジナルの作品からキャストできることを非常に幸運で誇りに思っている多くの作品のほんの一例です-クレイフリック、ダニエル・グッゲンハイム、ウィリアム・ロバートソン・コー、ジョン・シェイファー・フィップス、フォーブス家、その他多くのコレクションがあります。

ペノイヤーニューマンでの私たちの使命は3つあります。私たちが収集する各庭のオブジェクト内に見られるデザインの遺産だけでなく、家族や私たちの作品がかつて飾られていた土地の遺産も提供、保護、保存することです。


アメリカの歴史において

特にポピュリストは、1895年2月に彼とグロバークリーブランド大統領が7%の利益率で政府に金を提供する契約を結んだとき、米国財務省を救助するという彼の役割を批判しました。最近では、陰謀論者のシャーマン・スコルニックが、モルガンによって設立された会社であるJ. P. Morgan and Co.が、「18のマネーセンター銀行の親保有会社とともに」石油価格を人為的に押し上げることに関与していると主張しました。

ポピュリストと現代の陰謀論者などの両方が、モーガンはジョンD.ロックフェラーと同盟を結んでいる、またはジョンD.ロックフェラーによって管理されている広大なネットワークの一部であると主張しています。ポピュリストはさらに進んで、モーガンは「一般人」を抑圧することに熱心だった「ロスチャイルド家」の代理人であると主張した。


対照的に、より現代的な理論家は、モーガンを英国の君主制と2つの世界戦争への関与に結び付けており、スコルニックは、JPモルガン&アンプ社が2000年を管理するための英国政府との計画の一部であると主張しました。大統領選挙。

J. P.モルガンは、1837年4月17日、コネチカット州ハートフォードで商家に生まれました。 J. P.の父親であるJuniusMorganは、外国為替を扱い、マーチャントバンカーになり、息子をヨーロッパの学校に通わせる余裕がありました。

家族はイギリスに移り、JPはロンドンの父親の銀行家で働いた後、1857年に米国に戻り、1860年に期限切れのGeorge Peabody&ampCo。とのつながりを通じてJPMorgan&ampCo。を設立しました。彼の父の会社の代理人として、そして外国為替と金の投機に従事しました。

モーガンの事業は鉄道の拡張で繁栄し、その多くは1860年代後半までに財政難に陥っていました。モーガンは、アルバニー&サスケハナ鉄道などの問題のある鉄道を買収するシンジケートを結成し、まだその管理形態を採用していない鉄道に新しい「管理階層」を課しました。このようにして、モーガンは鉄道を銀行のイメージに作り変えました。

彼はまた、1871年に家族の友人であるアンソニーJ.ドレクセルと合併して会社を再建しました。ドレクセルはモーガンアンドカンパニーであり、1895年にJ.P.モーガンアンドカンパニーとして再編成されました。その時までに、モーガンは問題のある鉄道を引き継ぎ、それらを健全な経営上および財政上の基盤に置くために多数のシンジケートを結成していました。

ハーバード大学のジョン・ピアポント・モーガン

リーヴァイ・モートンやセリグマン・ブラザーズなどのいくつかのユダヤ人金融機関、およびヨーロッパの金融業者であるオーガスト・ベルモントがこれらのシンジケートに参加し、「外国の影響」または「ユダヤ人の支配」の主張を煽った。

モーガンはまた、1871年に議会が予算案を通過せずに延期した後、返済の保証なしに軍の給与に資金を提供したときのように、必要なときに米国政府を救済する習慣を身につけました。 Drexel、Morgan&amp Companyも、1877年に米国の債務を借り換えました。

彼の社会的接触、特にニューヨークセントラル鉄道に大きな関心を持っていたウィリアムH.ヴァンダービルトと同じ船に乗ったヨーロッパへの旅行を通じて、モーガンは帝国を拡大しました。


モーガンはヴァンダービルトやロックフェラーなどの有力者から重要な情報を入手しただけでなく、彼らの会社に証券を売却するたびに、ドレクセル、モーガン&アンプカンパニーは健全な利益を上げました。

米国の鉄道の主要な歴史家であるアルブロ・マーティンは、「公的にチャーターされた、または民間の、アメリカの銀行会社は、ドレクセル、モーガンよりもアメリカの鉄道システムの円滑な運営に大きな利害関係を持っていなかった」と述べています。

人民党が議会に銀を金に人為的に過大評価するシャーマン銀購入法を可決するよう圧力をかけることに成功した後、国の金の在庫は急落し、その銀行システムはパニックに陥った。

ベルモントとロスチャイルドを含むシンジケートと共に、米国政府の破産と崩壊を本質的に防いだモーガンは、段階的に進んだ。グロバークリーブランド大統領は彼の(そして国の)プライドを飲み込み、救済を受け入れる必要がありましたが、ポピュリストの報道機関は彼とモーガンの両方を「働く男」を裏切ったとして十字架につけました。

最終的に、モーガンの批判は無関係でした。1896年の選挙で、単金属の金本位制のプラットフォームで走っているウィリアムマッキンリーは、&#8220freeの支持で人民党の支持も享受していた民主党候補のウィリアムジェニングスブライアンを破りました。 16:1の銀の無制限の造語。&#8221

マッキンリーの選挙は、バイメタル基準に関するすべての議論を実質的に終わらせましたが、米国の銀行システムに関するすべての質問を終わらせたわけではありません。すでに多くの委員会と委員会が、そのほとんどが銀行家によって形成されており、国の金融システムを強化するための勧告を行っていました。

彼らの勧告はモーガンに向けられたのではなく、むしろモーガンに財務省を救助するために繰り返し介入させる必要性に向けられた。 1907年の恐慌の後、モーガン自身が、国の財政的ニーズが非常に大きくなり、シンジケートがあっても、国を3度目に救うことはできないことを明らかにしました。

ジョージア州ジキル島での秘密会議に続いて、ポールウォーバーグ、フランクヴァンダーリップ、ネルソンオルドリッチ、その他数名が出席し、その本質は連邦準備制度であるという新しい銀行計画が議会に提出されました。

モーガンは審議に出席していなかったし、法案の実際の起草に意味のある方法で参加したこともなかったが、法案のほぼ完全な責任を負っていた。 1912年後半から1913年初頭にかけて、衆議院はルイジアナ州のアルセンP.プジョ議員の下に特別委員会を設立し、プジョの監視下にあるモーガンとの「金銭的信頼」を調査しました。

委員会は3万の銀行と信託会社に質問票を送り、ジョージ・F・ベイカーやモーガンなどの著名な金融業者から証言を取り、煙が消えたとき、委員会は国のお金が極端に集中している証拠を見つけたと主張した。統合、株式投資、および証券契約を介したニューヨークの銀行による保有。

委員会が主張したモーガンは、国の富の10%を支配し、国のお金の43%を支配していた。 (ロックフェラーの陰謀理論家は、モーガンがロックフェラーの利益の「人形」であったと主張していることは注目に値します。)

プジョー委員会の報告書は、連邦準備制度の法案の起草者が12の地方銀行の間で権力を分散させるのに役立ちました。

一方、2つのパニック(1893年と1907年)の間、モーガンは鉄道の買収と再編成を続け、1900年に、鉄鋼の巨人アンドリュー・カーネギーと有名な契約を結び、カーネギー鉄鋼会社を4億8000万ドルで買収しました。その後、モーガンはそれを世界初の10億ドル規模の企業である米国スチールとして再編成し、エルバートH.ゲイリーに引き渡して運営しました。

J. P.モルガンは、連邦準備制度が運用される前の1913年3月に亡くなりましたが、1970年代にマイケルミルケンが到着するまで水没したままだった「金融資本主義」の時代を過ぎました。モーガンの息子であるJ.P.モーガンジュニアは、会社の経営を引き継ぎ、多くの国への融資を手配し続けましたが、父親が生み出したビトリオールの標的になることはありませんでした。


カットスロート資本家としてのJ.P.モルガン

&#8220価格が高すぎることはありません&#8221ジョン・ピアポント・モーガンはかつて宣言しました&#8220疑う余地のない美しさと既知の信憑性の作品のために&#8221確かに、金融業者は彼の財産の半分を芸術に費やしました:中国の磁器、ビザンチンの遺物、ルネッサンスブロンズ。彼のロンドンの家は、「質屋の質屋」に似ていると批評家が言っていました。モーガンはまた、自分の肖像画をいくつか依頼しましたが、落ち着きがなく、お金を稼ぐのに忙しくて、彼らがいる間はじっと座っていませんでした。描きました。

関連性のあるコンテンツ

そのため、1903年、画家のフェドアエンケは、エドワードスタイケンという若い写真家を雇い、エンケが仕上げようとしていた肖像画の虎の巻の一種としてモーガンの写真を撮りました。

座った時間はわずか3分で、その間Steichenは2枚の写真しか撮りませんでした。しかし、そのうちの1つはモーガンを永遠に定義します。

1903年1月、65歳のモーガンは権力の頂点に立っていました。鉄鋼、鉄道、電力の大御所は、アメリカ経済の巨大なセグメントを指揮するのに十分な影響力を持っていました。 (4年後、彼はほぼ片手で経済的パニックを鎮めました。)中学2年生の移民であるSteichen(23歳)は、それ自体が真剣に受け止められるのに苦労していた美術写真の場所を確立するために猛烈に働いていました。 。

Steichenは、照明を完成させている間、管理人を大将に座らせることで撮影の準備をしました。モーガンは入り、葉巻を置き、慣れたポーズを取りました。 Steichenは1枚の写真を撮り、Morganに位置を少しずらすように頼みました。これは彼を苛立たせた。 &#8220彼の表情は鋭くなり、彼の体の姿勢は緊張しました&#8221シュタイケンは彼の自伝で思い出しました、 写真での生活。 &#8220動的な自己主張が行われているのを見ました。&#8221彼はすぐに2枚目の写真を撮りました。

&#8220それだけですか?&#8221モーガンは言いました。そうだった。 &#8220私はあなたが好きです、若い男!&#8221彼はその場で有能な写真家に500ドルの現金を支払いました。

モーガンの喜びは、彼が証拠を見たときに薄れました。

最初のショットは無害でした。モーガンは、エンケ彗星がそれを使用して、モーガンが自分よりもサンタクロースのように見える油の肖像画を完成させるために12部を注文しました。

しかし、2番目の画像はセンセーションを巻き起こしました。モーガンの表現は禁じられています。彼の口ひげは眉をひそめ、彼の目(後に急行列車のヘッドライトと比較したシュタイヒェン)は影から燃え上がります。硬いホワイトカラーで引き立てられた彼の顔は、暗闇の中でほとんど体現されていないように見えますが、彼の金の時計チェーンは彼のかなりの胴回りを暗示しています。この画像で、シュタイヒェンは後に、皮膚病で腫れたモーガンの鼻をほんの少しだけ触ったと述べた。それでも、シュタイヒェンは、画像の最も魅力的な側面を設計したことを否定しました。それは、モーガンの左手にある短剣の幻想、実際には椅子の腕です。

モーガンはその場で証拠を引き裂いた。

一方、シュタイヒェンは大喜びした。

&#8220彼が自分の才能を世界中に示すことができる何かを持っていることに気付いた瞬間でした」と、著者のJoelSmithは言います。 エドワード・スタイケン:初期.

そして、偉大な銀行家が写真家のレンズの前で怒鳴ったとき、&#8220Steichenは彼が決して忘れることのない何かを学びました&#8221は、 Steichen:伝記y。 &#8220あなたはあなたの主題をその性格の啓示に導くか驚かせる必要があります。あなたは他の個人の本質に到達しなければなりません、そしてあなたは今それをします。個人が武装解除されたとき。&#8221

しかし、一部の批評家は、シュタイヒェンの天才が国民の偏見を悪用することにもっと横たわっていたのかどうか疑問に思っています(今日のウォール街の巨人に憤慨する傾向があるのと同じように)。スミスは、モーガンが撮影でどのように振る舞ったとしても、シュタイヒェンは、危険なところまで攻撃性と自信を体現した、暗闇から突進するハードドライブの資本家としての彼の評判を強化するつもりだったと信じています。 #8221

写真は本物の男の側面を反映している、とモーガンの伝記作家ジャン・ストラウスは言います。 &#8220彼は身なりのよい海賊のように見えます&#8221彼女は言います。 &#8220写真は嘘をつかない&#8212彼の中にそれがある&#8221

しかし、モーガンはまた、&#8220多次元の男でした&#8221ストラウスは、鼻瘤の鼻への影響もあって、かなり恥ずかしがり屋だと言います。彼は群衆の前で話すことを避け、彼のプライバシーを保護するために彼の手紙の多くを燃やした。彼は優しい面を持っていたので、彼は女性のようなものになりました。彼の芸術への愛情は誠実で無限でした。そして、彼は工業化するアメリカ経済から大いに利益を得たが、彼はまたそれを羊飼いにする責任があると自分自身を見た。彼は1913年(中央銀行が設立された年)に75歳で亡くなるまで、一人の連邦準備制度として機能していました。

モーガンは、写真家自身に対して恨みを抱いていないようです。 1906年、彼はエドワードS.カーティスに75,000ドル(今日は185万ドル)を寄付して、アメリカインディアンに関する20巻の写真シリーズを作成しました。そして、シュタイヒェンの対決から数年後、モーガンはその2番目の肖像画が好きであるか、少なくともそれを所有したいと考えました。

&#8220これが彼の公的なイメージになるのであれば、確かにそのような泥棒男爵であり、彼の芸術収集について非常に賢く、非常に多くの財産を管理している男は、これを管理したいと思うでしょう&#8221写真評論家のヴィッキゴールドバーグは言います。

モーガンは、シュタイヒェンが彼の師であるアルフレッド・スティーグリッツに与えたオリジナルの版画に5,000ドルを提供しましたが、スティーグリッツはそれを販売しませんでした。シュタイヒェンは後にモーガンのためにいくつかのコピーを作成することに同意しましたが、その後3年間、かなり幼稚な方法で先延ばしにしました。

スタッフライター アビゲイルタッカー また、この号では、ルネサンスの芸術家ジュゼッペアルチンボルドについて書いています。


JPモルガンの犯罪と和解の法外なリスト

2013年9月17日。ニューヨーク。メディアはすでに、JPモルガンチェースとの最近の多くの非倫理的または犯罪的詐欺に関する最新の法的和解を報告しています。今回は、10億ドル近くの罰金が、銀行の数十億ドルのロンドンクジラの損失と違法な隠蔽を上回っています。そして、新しい和解がリストに追加されるたびに、JPモルガンは大きすぎて失敗せず、大きすぎて投獄できないというポスターの子になります。

不正行為とロンドンクジラの入場

ニューヨークタイムズのようなメディアは今朝、JPモルガンチェースが銀行の最近の&lsquoロンドンクジラ&rsquoスキャンダルに関連する犯罪活動をめぐる大規模な多国間和解からわずか数日であると報告しています。報告された7億5000万ドルの罰金は、投資家の60億ドルの損失と比較して、わずかな減少に過ぎませんが、銀行は、米国と英国の規制当局との訴訟を解決するために、ある種の不正行為を認めざるを得なくなったとされています。

和解が確定した後、その承認が事実であることが判明した場合、それはほとんど前例のないことになるでしょう。半ダースの米国とヨーロッパの銀行の手による世界的な経済崩壊から5年以上経った今でも、有罪判決を受けて投獄された銀行のマネージャーや幹部は一人もいません。現在、犯罪者をスコットランドから解放した何百もの法的和解の後、ほとんどのアメリカ人がずっと持っているべきだと不平を言っているので、政府当局者はついに銀行犯罪を扱っているかもしれません。

ロンドンホエールスキャンダルの特定の事例では、7億5000万ドルの罰金が報告されたことに加えて、2人の銀行員が犯罪行為で起訴されました。彼らの告発された犯罪には、銀行の記録の改ざんや、部門が被った巨額の投資損失をカバーするための規制当局への提出が含まれます。ロンドンのJPモルガンチェースオフィスは、クレジットデリバティブに賭けて、60億ドルの規模でひどく負けていました。しかし、彼らの政府と会社の提出書類は彼らの資産の価値を誇張しており、はるかに小さな損失のように見えました。

3人の犯罪者、2人の起訴、クジラが取引を行う

昨日の別の報告では、政府当局者は、JPモルガンロンドンの3人のトレーダーのうち2人に対する刑事告発を発表しました。しかし、どちらもすでに英国から逃亡しており、引き渡されることが予想されていないフランスとスペインに安全に座っています。 JPモルガンの貿易業者ジュリアングラウトは彼の母国のフランスに逃げました。彼のマネージャー、ハビエル・マーティン-アルタホは起訴の時に彼の母国スペインにいました。マーティン・アルタホは彼自身をスペイン当局に変えましたが、すぐに釈放されました。

最近ではあまりにも典型的であるように、ロンドンクジラ自身のニックネームを付けられた男は、起訴された2人の同僚に対する証言と引き換えに起訴を免れることが許されました。巨額の損失と刑事告発が発表される前でさえ、JPモルガンのトレーダーであるブルーノ・イクシルは、彼の巨大な賭けと賭けのためにニックネームを持っていました。実際の刑事告発が報告されたとおりである場合、SECは、ロンドン事務所のこれら3人の個人以外の誰もが詐欺や犯罪行為に気付いていない、またはその一部であると信じていることを意味します。

JPモルガンスキャンダルのリスト

起訴状と、ロンドン・ホエール犯罪をめぐるJPモルガン・チェースとの間もなく開封される和解は、世界最大の銀行の1つですでに汚い評判を傷つけた最新のスキャンダルにすぎません。今朝編集されて再発行される前に、上記にリンクされたニューヨークタイムズの記事には、銀行が過去数年にわたって参加してきた犯罪、違反、告発、和解の洗濯物リストが含まれていました。それは、世界の規制当局によるさらなる精査につながったようです。

タイムズ紙によると、&lsquoJP Morganは、少なくとも7つの連邦機関と2つのヨーロッパ諸国からの問い合わせに直面しています。当局は、中国での銀行の雇用慣行から、金融危機で投資家に販売した住宅ローンまで、あらゆるものを調査し、幅広いネットを投じました。米国の歴史&ndashバーニーマドフ。その告発に応えて、JPモルガンの声明は次のように主張している。&ldquoマドフ問題を扱った職員は、すべてのマネーロンダリング防止および規制義務の遵守を誠実に求めて行動した。&rdquo

犯罪活動が告発されたもう1つの最近の事例は、JPモルガンが20年前にエンロンが犯したのと同じ犯罪を、同じ不幸な犠牲者に対して繰り返したという今年の報告です。カリフォルニアとミシガンでは、銀行は電力市場を追い詰め、価格の急上昇を強制するために電力を差し控えたとして非難されています。その結果、銀行と電力会社に追加の利益が発生しました。 JPモルガンは7月に4億1000万ドルの和解に合意しましたが、犯罪捜査はまだ進行中です。詳細については、Whiteout Pressの記事、&lsquoGoldmanSachsとJPMorganがエンロン犯罪を繰り返している&rsquoをお読みください。

タイムズ紙はまた、JPモルガンチェースが納税者が所有するファニーメイとフレディマックにほぼ価値のない住宅ローン担保証券を売却したとして調査中であると報告している。アカウントはまた、銀行が顧客からの延滞した毎月のクレジットカード支払いを集めるために参加した違法行為のためにそれに対して訴訟を解決する寸前であると言います。また、銀行が実際に提供した保護のレベルについて顧客を誤解させながら、クレジットカード保護を顧客に販売するために調査されています。

銀行はまた、最近、商品市場を操作するために報告された5億ドルから6億ドルの罰金を支払うことを余儀なくされました。最近では、JPモルガンやゴールドマンサックスなどの銀行が何かで市場を追い詰め、世界への供給を遮断して価格が急騰するのを見るのが一般的です。一般に市場のコーナリングとして知られているその慣行は、以前は違法でした。それがまだ残っているかどうかについては灰色の領域です。

今年の初め、デイリービーストは、JPモルガンの最新の民事および刑事訴訟のいくつかの当時の最新リストを公開しました。それらが含まれます:

-JPモルガンは間違った家を予見し、罪のない家族を追い出していました。 5600万ドルの和解で補償されたのは米軍関係者だけでした。

-銀行が投資した顧客に投資を売却したことに対して、1億5300万ドルの罰金が銀行に課されました。

-銀行は、31の州の納税者をだまし、州の地方債入札市場を不正に操作したことに対して2億2900万ドルの罰金を支払いました。

-JPモルガンは、イラン、スーダン、キューバ、リベリアなどの禁輸国との取引に巻き込まれました。銀行は8800万ドルの罰金を支払いました。

-JPモルガンは、訴訟と呼ばれるものに相当する50億ドルの罰金、&ldquoshoddyローンサービス、違法なロボ署名、および誤った差し押さえ処理に見舞われました。&rdquo

-銀行は、一般に「チェックシーケンス」として知られているものに対して1億1,000万ドルの罰金を支払いました。銀行は、顧客の借方と貸方を時系列の順序に基づいて処理するのではなく、過去にさかのぼってトランザクションを再順序付けし、アカウント所有者が最も早くお金を使い果たして残りの借方が返送され、銀行が複数の不十分な資金と当座貸越手数料を請求する可能性があります。

-JPモルガンは2008年と2009年の経済危機の間に銀行に投資された多額のお金を失った投資家、主に年金基金に1億5000万ドルを返金しました。

-銀行は、米国住宅崩壊とその結果としての経済崩壊の原因を多くの人が考えていることについて、SECとの2億9,690万ドルの和解に合意し、JPモルガンが作成および販売していた住宅ローン担保証券のほぼ価値のない価値について投資家を誤解させました。

-JPモルガンチェースを含む10の銀行は、詐欺され、不法に差し押さえられた住宅所有者に合わせて85億ドルを返済することを余儀なくされました。

-JPモルガンは、犯罪崩壊の混沌とし​​た日々の後、MFグローバルの顧客に5億4600万ドルを返済することを余儀なくされました。伝えられるところによると、MFグローバルCEOで元ニュージャージー州知事のジョンコーザインは、JPモルガンのような銀行に会社の債務を支払うために、その破綻の数時間前に顧客の口座を襲撃した。

That concluded the extensive list from The Daily Beast published back in May. But as readers have seen in the months since, JP Morgan&rsquos criminal and civil investigations and settlements haven&rsquot stopped there. And when the London Whale settlement is unsealed in the coming days, it certainly won&rsquot be the last.


John Pierpont Morgan

Populists, inward particular, criticized his operate inward rescuing the United States of America of America Treasury inward Feb 1895 when he as well as President Grover Cleveland struck a bargain to supply gilt to the regime at a turn a profit charge per unit of measurement of vii percent. More recently, conspiracy theorist Sherman Skolnick has contended that J. P. Morgan as well as Co., the theater founded past times Morgan, “with the raise belongings companies of xviii money pump banks” direct hold been involved inward artificially forcing upwards crude oil prices.

Both the Populists as well as modern conspiracy theorists as well as others direct hold maintained that Morgan is a business office of a vast network inward league with, or controlled past times (depending on the source), John D. Rockefeller. The Populists went fifty-fifty further, claiming that Morgan was an agent of the “House of Rothschild” who was intent on oppressing the “common man.”


More modern theorists, inward contrast, link Morgan to the British monarchy as well as its involvement inward the 2 globe wars, as well as Skolnick went hence far every bit to claim that J. P. Morgan & Co. was business office of a scheme with the British regime to command the yr 2000 presidential elections.

J. P. Morgan was born on 17 Apr 1837 inward Hartford, Connecticut, to a mercantile family. Junius Morgan, J. P.’s father, dealt inward unusual telephone substitution as well as became a merchant banker, as well as could afford to post his boy to schoolhouse inward Europe.

The theater unit of measurement moved to England, as well as after J. P. worked for his father’s banking theater inward London, he returned to the United States of America of America inward 1857 to flora J. P. Morgan & Co. inward 1860 through a connector to the expired George Peabody & Co. He served every bit an agent for his father’s firm, as well as engaged inward unusual telephone substitution as well as gilt speculation.

Morgan’s draw of piece of occupation organisation flourished with the expansion of the railroads, a publish of which were inward fiscal problem past times the belatedly 1860s. Morgan formed syndicates that acquired troubled railroads, such every bit the Albany & Susquehanna Railroad, imposing novel “managerial hierarchies” on railroads that all the same had non adopted that managerial form. In this way, Morgan refashioned the railroads into the ikon of banks.

He also reconstructed his theater inward 1871 with a merger with a theater unit of measurement friend, Anthony J. Drexel, every bit Drexel, Morgan & Company, which was reorganized in 1 lawsuit to a greater extent than inward 1895 every bit J. P. Morgan & Company. By that time, Morgan had formed numerous syndicates to convey over troubled railroads as well as position them on audio managerial as well as fiscal footing.

John Pierpont Morgan at Harvard

Several Jewish fiscal houses, such every bit Levi P. Morton as well as Seligman Brothers, every bit good every bit the European financier August Belmont, participated inward these syndicates, fueling the allegations of “foreign influence” or “Jewish control.”

Morgan also got inward the habit of bailing out the United States of America of America regime inward times of need, every bit inward 1871 when he financed the Earth forces payroll with no guarantee of repayment after Congress adjourned without passing an appropriation bill. Drexel, Morgan & Company also refinanced the U.S. debt inward 1877.

Through his social contacts, peculiarly his trips to Europe where he was on the same vessel every bit William H. Vanderbilt, who owned a substantial involvement inward the New York Central Railroad, Morgan expanded his empire.


Not simply did Morgan larn critical information from magnates such every bit Vanderbilt as well as Rockefeller, but each fourth dimension he sold securities for their firms, Drexel, Morgan & Company made good for yous profits.

As the primary historian of railroads inward the United States, Albro Martin, has noted, “No banking theater inward America, publicly chartered or private, had a bigger stake inward the smoothen performance of the American railroad scheme than Drexel, Morgan”.

After the Populists succeeded inward pressuring Congress to exceed the Sherman Silver Purchase Act, which artificially overvalued argent to gold, the nation’s gilt stocks plummeted as well as its banking scheme plunged into a panic.

In stepped Morgan, who, with a syndicate involving Belmont as well as the Rothschilds, essentially prevented the bankruptcy as well as collapse of the U.S. government. President Grover Cleveland had to swallow his (and the nation’s) pride as well as convey the bailout, but the populist press crucified both him as well as Morgan every bit betraying the “working man.”

Ultimately, the criticism of Morgan was irrelevant: inward the 1896 election, William McKinley, running on a monometallic gilt touchstone platform, defeated William Jennings Bryan, the Democratic candidate who had also enjoyed the endorsement of the Populist Party for his back upwards of “free as well as unlimited coinage of argent at 16:1.”

McKinley’s election substantially ended all debate nearly a bimetallic standard, but non all questions nearly the U.S. banking system. Already a publish of commissions as well as panels, most of them formed past times bankers, had made recommendations to strengthen the nation’s fiscal system.

Their recommendations were non directed at Morgan, but rather at the necessity to direct hold Morgan repeatedly pace inward to rescue the Treasury. After the panic of 1907, Morgan himself made clear that the country’s fiscal needs had grown hence extensive that, fifty-fifty with a syndicate, he could non mayhap relieve the province a 3rd time.

Morgan had non been introduce at the deliberations, nor had he participated inward whatever meaningful means inward the actual drafting of the bill, yet he was almost alone responsible for the legislation. In belatedly 1912 as well as early on 1913, the House of Representatives formed a select commission nether Representative Arsene P. Pujo of Louisiana to investigate the “money trust,” with Morgan nether Pujo’s scrutiny.

The commission sent out questionnaires to 30,000 banks as well as trust companies, as well as took testimony from prominent financiers such every bit George F. Baker as well as Morgan, as well as when the smoke cleared, the commission claimed to direct hold found testify of extreme concentration of the nation’s money inward the holdings past times New York banks, via consolidations, stock investments, as well as securities arrangements.

Morgan, the commission asserted, had command of 10 per centum of the nation’s wealth as well as controlled 43 per centum of the nation’s money. (It is worth noting that the Rockefeller conspiracy theorists hold that Morgan was a “puppet” of the Rockefeller interests.)

The Pujo Committee’s study helped the drafters of the Federal Reserve nib diversify ability with twelve regional banks, many of them inward the West as well as South—well exterior of New York’s influence (they thought).

Meanwhile, betwixt the 2 panics (1893 as well as 1907), Morgan had continued his acquisition as well as reorganization of railroads as well as then, inward 1900, struck a famous bargain with steel titan Andrew Carnegie to buy Carnegie Steel companionship for $480 million. Morgan later reorganized it every bit United States of America of America Steel, the world’s get-go billion-dollar company, as well as turned it over to Elbert H. Gary to run.

J. P. Morgan died inward March 1913, earlier the Federal Reserve System became operational, but with him passed an era of “finance capitalism” that remained submerged until the arrival of Michael Milken inward the 1970s. Morgan’s son, J. P. Morgan, Jr., took over the management of the companionship as well as continued to conform financing for numerous countries, but never became the target of vitriol that his virile someone raise engendered.


Cornelius Vanderbilt

Cornelius Vanderbilt (1794–1877) was a shipping and railroad tycoon who built himself up from nothing to become one of the wealthiest individuals in 19th century America. He was the first person to be called robber baron, in an article in "The New York Times" on February 9, 1859.

Vanderbilt worked his way up through the shipping industry before going into business for himself, becoming one of America's biggest steamship operators. His reputation as being a ruthless competitor grew as his wealth did. By the 1860s, he decided to move into the railroad industry. As an example of his ruthlessness, when he was trying to acquire New York Central railroad company, he would not allow their passengers or freight on his own New York & Harlem and Hudson Lines. This meant that they were unable to connect to cities out west. In this manner, Central Railroad was forced to sell him controlling interest.

Vanderbilt would eventually control all railroads from New York City to Chicago. By the time of his death, he had amassed over $100 million.


ノート

32. John Moody, "The Seven Men", McClure's Magazine, August, 1911, p. 418

32b. "There is an informal understanding that a director of Brown, Shipley should be on the Board of the Bank of England, and Norman was elected to it in 1907." Montagu Norman, Current Biography, 1940.

33. Henry Clews, Twenty-eight Years in Wall Street, Irving Company, New York, 1888, page 157

34. Corsair, The Life of Morgan

35. John K. Winkler, Morgan the Magnificent, Vanguard, N.Y. 1930

36. Matthew Josephson, The Robber Barons, Harcourt Brace, N.Y. 1934

37. John Moody, The Masters of Capital

38. George Wheeler, Pierpont Morgan and Friends, the Anatomy of a Myth, Prentice Hall, N.J. 1973

39. Lyndon H. LaRouche, Jr., Dope, Inc., The New Benjamin Franklin House Publishing Company, N.Y. 1978

40. Dr. Carrol Quigley, Tragedy and Hope, Macmillan Co., N.Y.

41. William Guy Carr, Pawns In The Game, privately printed, 1956, pg. 60

41b. July 30, 1930, McFadden, Basis of Control of Economic Conditions. "This control of the world business structure and of human happiness and progress by a small group is a matter of the most intense public interest. In analyzing it, we must begin with the internal group which centers itself around J.P. Morgan Company. Never before had there been such a powerful centralized control over finance, industrial production, credit and wages as is at this time vested in the Morgan group. The Morgan control of the Federal Reserve System is exercised through control of the management of the Federal Reserve Bank of New York."

42. William Guy Carr, Pawns In The Game, privately printed, 1956

43. Frederick Morton, The Rothschilds, Fawcett Publishing Company, N.Y., 1961

44. E.C. Knuth, Empire of the City, p. 71

45. Great Soviet Encyclopaedia, Edition 3, 1973, Macmillan, London, Vol. 14, pg. 691

45b. "The original name. of Rothschild was Bauer." NS。 397, Henry Clews, Twenty-eight years in Wall Street.

46. Ignatius Balla, The Romance of the Rothschilds, Everleigh Nash, London, 1913

46b. The New York Times, April 1, 1915. reported that in 1914, Baron Nathan Mayer de Rothschild went to court to suppress Ignatius Balla's book on the grounds that the Waterloo story about his grandfather was untrue and libelous. The court ruled that the story was true, dismissed Rothschild's suit, and ordered him to pay all costs. NS ニューヨーク・タイムズ noted in this story that "The total Rothschild wealth has been estimated at $2 billion." A previous story in ニューヨークタイムズ (May 27, 1905) noted that Baron Alphonse de Rothschild, head of the French house of Rothschild, possessed $60 million in American securities in his fortune, although the Rothschilds reputedly were not active in the American field. This explains why their agent, J.P. Morgan, had only $19 million in securities in his estate when he died in 1913, and securities handled by Morgan were actually owned by his employer, Rothschild.

47. Richard Lewinsohn, The Profits of War, E.P. Dutton, 1937

47b. NOTE: In the United States, after the stockholders of the Federal Reserve System had consolidated their power in 1934, our government also issued orders that private citizens could not store or hold gold.

48. David Druck, Baron Edmond de Rothschild, (Privately printed), N.Y. 1850

49. E.M. Josephson, The Strange Death of Franklin D. Roosevelt, pg. 39, Chedney Press, N.Y. 1948

50. Paul Emden, Behind The Throne, Hoddard Stoughton, London, 1934

51. Kent Cooper, Barriers Down, pg. 21

52. John Gunther, Inside Europe, 1936

53. Ben H. Bagdikian, The Media Monopoly, Beacon Press, Boston 1983

54. Lyndon H. LaRouche, Jr., Dope, Inc., New Benjamin Franklin House Publishing Co., New York, 1978

Editor's notes:

E1. Nathan Mayer Rothschild died in 1836. His son Lionel N. Rothschild was the head of the London branch of the family in 1857.

E2. Other sources report that it was a Rothschild agent in Dunkirk who actually crossed the channel and reported the news to Nathan in London.