歴史ポッドキャスト

戦争で被害を受けた教会、1914年

戦争で被害を受けた教会、1914年



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

戦争で被害を受けた教会、1914年

ここでは、1914年の戦闘中に戦争で被害を受けた教会を見ることができます。この初期の段階では、教会や他の建物の破壊は依然として衝撃的でしたが、後でこれは軽微に見えるでしょう。


戦争で被害を受けた教会、1914年-歴史

W 海での最初の戦争1

オーストリア=ハンガリー帝国海軍
Kaiserlich undKoniglichまたはk.u.kKriegsmarine

ゴードン・スミス、海軍-History.Net

海軍戦争の概要
オーストリアの船のタイトル
軍艦の数と損失、1914年から18年
年ごとの損失
オーストリアの魚雷や銃の口径などの主な特徴の鍵
主な船の種類-ドレッドノートから潜水艦

1915年5月23日のオーストリアとイタリア間の戦争宣言に関する1つの主要な艦隊出撃と、1918年6月にドレッドノート「SzentIstvan」が失われたときに中止されたものを除いて、オーストリアの大型船は戦争全体を艦隊として過ごしました。 -アドリア海の中にいて、イタリアとフランスの戦闘艦隊の大部分とイギリス海軍の部隊を抑えています。アドリア海で行われた行動のほとんどは、適切に処理された駆逐艦、潜水艦、そして程度は少ないがオーストリア海軍の軽巡洋艦に関係していました。

当初は小さなオーストリアの潜水艦部隊はアドリア海の外で役割を果たすことができず、1915年初頭までに、ドイツ軍はUボートを地中海に送り、一部はダルダネレス沖の連合軍艦隊を攻撃していました。イタリアはオーストリア・ハンガリー帝国との宣戦布告を行ったがドイツは宣戦布告しなかったため、ドイツのボートはオーストリアの少尉の下で運航し、一時的にオーストリア海軍に就役した。 1916年8月にドイツとイタリアが戦争に突入すると、ドイツのUボートはそれぞれの旗の下で運航しました。オーストリアの潜水艦艦隊はそれほど多くは成長しませんでしたが、印象的な記録がありました。フランスの弩級戦艦「ジャン・バート」に損害を与え、沈没しました。

装甲巡洋艦-フランスの「レオンガンベッタ」、イタリアの「ジュゼッペガリバルディ」

駆逐艦-イギリスの「フェニックス」、フランスの「フルシュ」と「ルノーディン」、イタリアの「インペトゥオーゾ」と「ネンボ」

潜水艦-フランス語の「Circe」、イタリア語の「Nereide」

オーストリアのタイトルの鍵

Erzherzog-大公カイザー-皇帝カイセリン-皇后コニゲン-クロンプリンツ女王-皇太子サンクト-聖人

軍艦の数と損失-1914-18

1914年8月の強さ

戦時中の追加

1914-18年の損失

年ごとの損失- (各年内の日付順)

年-船が失われました (極東の「カイセリンエリザベス」を除いて、すべてアドリア海にあります)
1914 -防護巡洋艦「カイセリンエリザベス」、ライト/スカウト巡洋艦「ゼンタ」
1915 -潜水艦「U.12」、「U.3」、駆逐艦「リカ」、「トリグラウ」
1916 -潜水艦「U.6」、「U.16」
1917 -潜水艦「U.30」、駆逐艦「ワイルドファング」、海防戦艦「ウィーン」
1918 -潜水艦「U.23」、駆逐艦「ストライター」、潜水艦「U.20」、「U.10」、ドレッドノート「セントイシュトヴァーン」、「ビリバスユニティス」

主な特徴の鍵

トン数 -標準排水量 スピード -標準排水量での設計速度、使用中にはめったに達成されない 主兵器 -戦争が進むにつれて時々変更された副砲は通常変更されました 補体 -通常の平和時間。戦争で超過し、その結果、居住スペースが減少し、戦闘による死傷者が増加した -1年または複数年のクラスが完了し、通常はサービスを開始しました。終戦までに完成した船のみが含まれます 損失ポジション -信頼できる情報源から入手できない限り、場所から推定 死傷者 -失われた男性、または生存者と救われた男性の合計は、平時の補数を超えることがよくあります。

インチ単位のオーストリアの魚雷と銃の口径:

魚雷:53.3cm-21インチ50cm-19.7インチ45cm-17.7インチ

銃:30.5cm-12in 24cm-9.4in 19cm-7.5in 15cm-5.9in 12cm-4.7in 10cm-3.9in 8.8cm-3.5in 7.5cm-2.9in 6.6cm-2.6in

ドレッドノート

1914年8月強さ(3)

1. TEGETTHOFFクラス、PRINZ EUGEN、TEGETTHOFF、VIRIBUS UNITIS、 クラス4、1敗、1 1915年完成)-2万トン、20ノット、12-30.5cm / 12-15cm / 20-6.6cm、1912-14


SMS Viribus Unitis、前方砲塔を発射すると信じられている (写真船)

1914年8月、完成した3隻の「テゲトホフ」弩級戦艦と3隻の「ラデツキー」前弩級戦艦が第1戦隊を結成し、戦争の大部分を現存艦隊として過ごしました。

VIRIBUS UNITIS (「力を合わせて」)、1918年11月1日、アドリア海北部のポーラ(プーラ)海軍基地(c 44-45&#146N、13-45&#146E)-イタリアの「ミニャータ」(またはヒル)自走式鉱山。オーストリア・ハンガリー帝国の崩壊とともに、ユーゴスラビアの州は南スラヴ人によって形成され、連合国の側で宣言されました。 「ViribusUnitis」(ヤンコ・ヴコヴィッチ・デ・ポドカペルスキ大尉、ユーゴスラビア艦隊の暫定司令官)は、10月31日にユーゴスラビア全国評議会に新海軍の旗艦として引き継がれました。どうやら新しい政治状況を無視して、イタリア人はポーラへの計画された攻撃を進めました。 11月1日の早朝、防御策はほとんど講じられていませんでしたが、2人のイタリアのカエル、海軍技術者のラファエルロセッティ少佐とラファエルパオルッチ中尉が海軍基地に滑り込み、弩級戦艦とライナー「ウィーン」に地雷を取り付けました。両方の船が沈没し、「ViribusUnitis」が転覆して夜明けに沈んだ。新しい船長を含む数百人の男性が死亡した。

1. Tegetthofクラスの最後、SZENT ISTVAN、失われた-上記のように

SZENT ISTVAN (ハンガリーのスティーブン1王)、1918年6月10日、アドリア海北部、ポーラ(プラ)の南東、プレムダ島の南西9マイル(c 44-15&#146N、14-30&#146E)-イタリアのモーターからの2つの魚雷ボート「Mas.15」。 9日にポーラを離れ、彼女と第1戦隊の他の3つの「テゲトホフ」弩級戦艦は、オトラント海峡封鎖で計画された巡洋艦襲撃を支援するために出航しました。動き。イタリアの対潜水艦モーターボート「Mas.15」と「Mas.21」はどちらも16トンで、2隻の45cm魚雷で武装しており、たまたま北アドリア海に出航し、掃海任務のために曳航されました。 「Mas.15」(1917年12月に海防戦艦「ウィーン」を沈めたルイージ・リッツォ博士-以下)は、10日の03時30分に「セントイシュトヴァーン」の真ん中で攻撃しました。彼女は寝返りをして06.00時に沈没し、89人の男性が亡くなりました。 「Mas.21」は「テゲトフ」を逃したが、両方のイタリアのボートが逃げ出し、オトラント海峡封鎖に対するオーストリアの作戦は中止された。

(最新の調査によると、「Szent Istvan」は、MAS 15が2回、MAS 21が1回、3発の魚雷に襲われた可能性があります。情報は公式には確認されていません。詳細については、http://www.geocities.com/tegetthoff66/szent.htmlおよびhttp://www.beyondmagazine.co.uk/wreck/svent.htmの下部を参照してください。情報再びスロベニアのDanijelZavratnikの好意による)

1914年8月強さ(3)

2. RADETZKYクラス、ERZHERZOG FRANZ FERDINAND、RADETZKY、ZRINYI、3隻-14,500t、20ノット、4-30.5cm / 8-24cm / 20-10cm、890人の乗組員、1910/11


SMSラデツキー (写真船)

1914年8月、3つの「ラデツキー」と3つの完成した「テゲトホフ」弩級戦艦が第1戦隊を結成しました。

第2戦闘部隊、第1戦闘飛行隊として機能する3隻の船はすべて、1915年5月に3隻のドレッドノートでイタリア沿岸を砲撃しましたが、その後、現存艦隊としてポーラで活動していませんでした。

前弩級戦艦

1914年8月強さ(6)

3. HABSBURGクラス、ARPAD、BABENBERG、HABSBURG、3隻-8,230t、18ノット、3-24cm / 12-15cm、625人の乗組員、1900-02を発売

1914年8月、6隻の前弩級戦艦すべてが第2戦闘戦隊を結成しました。 3つの「ハプスブルク家」は第4戦闘部隊として機能しましたが、後に港湾警備隊として廃止されました

4. ERZHERZOG KARLクラス、ERZHERZOG FERDINAND MAX、ERZHERZOG FRIEDRICH、ERZHERZOG KARL、3隻-10,500t、19ノット、4-24cm / 12-19cm、750人の乗組員、1903-05年に進水

1914年8月、3つの「ErzherzogKarl&#146s」が第2戦闘飛行隊の第3戦闘部隊を結成しました。

1914年8月強さ(4)

5. KRONPRINZ ERZHERZOG RUDOLF、KRONPRINZ ERZHERZOG RUDOLF、 地元の防衛船、Cattaro(Kotor)Bay-6,830t、16ノット、3つの古い30.5cm / 6-12cm、455人の乗組員が1887年に進水しました

6.モナルヒ級、ブダペスト、モナルヒ、ウィーン、3隻、1隻の​​損失-5,500トン、17ノット、4-24cm / 6-15cm、435人の乗組員、1897年

3隻すべてが第5戦闘師団を形成しましたが、予備のままでした

ウィーン (ウィーン)、1917年12月10日、アドリア海北部、トリエステ湾のムッジャ沖(c 45-30&#146N、13-45&#146E)-イタリアのモーターボート「Mas.9」によって魚雷が発射されました。トリエステの「ブダペスト」に基づいて、イタリア戦線でのオーストリア軍の戦闘を支援するために使用された2つの古い船は、海岸爆撃を実行する準備をしていました。 16トンの2〜45cm魚雷武装モーターボートのうちの2隻、「Mas.9」と「Mas.13」は、魚雷艇9PNと11PNによってトリエステから10マイル以内に曳航されました。停泊地を保護していた重い大綱を切り裂いて、2隻の船が突破し、魚雷を発射しました。 「Mas.9」(Lt Luigi Rizzo-上記の「SzentIstvan」を参照)は急速に減少した「Wien」にヒットしましたが、「Mas.13」は「Budapest」を逃しました。二人とも無事にヴェネツィアに戻った。 'Wien&#146s'の乗組員のほとんどが救われました

1914年8月強さ(3)

7. KAISERIN UND KONIGEN MARIA THERESIAタイプ、KAISERIN UND KONIGEN MARIA THERESIA、KAISER KARL VI、SANKT GEORG、3隻-5,330-7,300t、1893-1903年発売

これらの船は第1巡洋艦師団を形成しましたが、 カイセリンとコニゲンマリアテレジア 1914年から16年にかけて、セベニコ(シベニク)の港湾警備艦として、1917年からはドイツのUボート収容船であるポーラとして過ごしました。

1914年8月強さ(3)

8. KAISER FRANZ JOSEPH Iクラス、KAISER FRANZ JOSEPH I、KAISERIN ELISABETH、2隻、1隻が失われました-4,000トン、6〜15 cm、1892年

カイザーフランツヨーゼフ1世 すぐに港湾防衛船として廃止されました

カイセリンエリザベス、1914年11月2日、膠州湾の青島(青島)沖の中国海域(c 36-00&#146N、120-15&#146E)-爆破され、自沈した。青島の極東駅でオーストリア海軍を代表した。彼女の銃と銃の乗組員のほとんどは、日本の包囲中にドイツ海軍基地を守るための「エリザベス」砲台として上陸しました。大部分が武装解除された古い巡洋艦は、11月7日の最終降伏の5日前に自沈しました。

1914年8月強さ(4)

9. ZENTAクラス、ASPERN、SZIGETVAR、ZENTA、3隻、1隻が失われ、生存者は1918年から宿泊施設または標的艦として使用されました-2,300t、8-12cm、300人の乗組員、1899

センタ (ゼンタのオーストリア-オスマン帝国の戦い)、1914年8月16日、アドリア海南部、アンティヴァリ沖(バル)、モンテネグロ(c 42-00&#146N、18-30&#146E)-フランスの激しい砲撃。 「ゼンタ」(ポール・パフナー博士)と護衛駆逐艦「ウラン」は、オーストリア艦隊をアドリア海に閉じ込めることを目的として、現在マルタに拠点を置くラペレール提督の下でフランスの主要な戦闘艦隊に驚いたとき、霧の状態でモンテネグロ海岸を封鎖していました。 「ウラン」は北に逃げたが、「ゼンタ」は切断され、ドレッドノートの「クールベ」から少なくとも2回のヘビーシェルヒットを受けた。深刻な被害を受け、約10分後に爆破して沈没したが、300人の乗組員のほとんどがボートに乗って上陸したと伝えられている。

10.アドミラルシュパン -3,500トン、27ノット、7-10cm、330人の乗組員、1910年

11.変更されたアドミラルシュパウンクラス、ヘルゴラント、ノバラ、サイダ、3隻-3,500t、27ノット、9-10cm、340人の乗組員、1914-15

ヘルゴラント セルビア軍の連合国の避難を妨害するためにアドリア海への1915年12月の襲撃に参加した

3人の巡洋艦全員が、オトラントのネット弾幕を巡視しているイギリスの漂流者に対する1917年5月の攻撃に参加しました。

1914年8月強さ(25)

12.流星- 430t、1887年発売

13. BLITZクラス、BLITZ、KOMET、MAGNET、PLANET、SATELIT、TRABANT、6隻-380-605t、1888-1896年発売

14. HUSZARクラス、CSIKOS、DINARA、HUSZAR、PANDUR、REKA、SCHARFSHUTZE、STREITER、TURUL、ULAN、USKOKE、VELEBIT、WILDFANG、12隻、2隻の損失-390t、28ノット、6-6.6cm / 2-45cm tt、c 70乗組員、1906-10年に進水

STREITER (戦闘機)、1918年4月16日、クヴァルネル海峡のラウラナ沖のアドリア海北部(現在はクロアチアのクヴァルネル)(c 45-00&#146N、14-15&#146E)-SS「ペトカ」との衝突。 「ペトカ」を含む「ストレイター」護衛船団

ウィルダン (おてんば娘)、1917年6月4日、アドリア海北部、ペネダ島の西、ブリオーニ諸島(ブリユニ)、ポーラ(プーラ)海軍基地沖-採掘。当時、カタロ(コトル)を拠点に活動していると信じられています。浮き鉱山に沈められたときの偵察パトロールについて

15.TATRAクラス, BALATON、CZEPEL、LIKA、ORJEN、TATRA、TRIGLAV、6隻、2隻の損失-850t、32ノット、2-10cm / 6-6.6cm / 2-45cm tt、105人の乗組員、1912-13年に進水

リカ (クロアチアの地域)、1915年12月29日、アドリア海南部、ドゥラス沖(ドゥラス)、アルバニア(c 41-15&#146N、19-15&#146E)-イタリアの鉱山。ゆっくりと前進するオーストリア軍に直面してセルビア人が避難したときに、2隻のイタリア駆逐艦が軍隊をドゥラスに運んでいたと報告された。オーストリアの偵察部隊「ヘルゴラント」と5隻の「タトラ」駆逐艦がイタリア人を捜索するように命じられ、失敗した場合はドゥラスの船を破壊しました。南の通路でフランスの潜水艦「モンジ」を沈めた後。駆逐艦は夜明けに港に入り、3隻の小型船を沈め、沿岸砲が開くと地雷原に変わりました。 「トリグラウ」と「リカ」が地雷を爆発させ、「リカ」がすぐに沈没し、生存者が姉妹船に拾われた

TRIGLAV (スロベニアの山)、1915年12月29日、アルバニアのロディーニ岬沖のアドリア海南部(c 41-30&#146N、19-00&#146E)-ドゥラス沖のイタリアの鉱山を攻撃した後、沈没した。 「リカ」と同じ任務で、「トリグラウ」は同じ地雷原でひどく損傷した。 「チェペル」は彼女を曳航しようとしたが、プロペラを汚し、その仕事は「タトラ」に引き継がれた。不自由なオーストリア軍が6ノットでゆっくりと北に戻ると、連合国の船が彼らとカタロ基地の間に到着しました。 「トリグラウ」は放棄されましたが、彼女を自沈させる試みは失敗しました。彼女は「カスク」自身を含む「カスク」グループの5隻のフランス駆逐艦によって締めくくられました。

16. WARASDINER -390t、30ノット、6-6.6m / 4-45cm tt、75人の乗組員、1912年発売

17.代用品 (同等) TATRAクラス、DUKLA、LIKA(2)、TRIGLAV(2)、UZSOK、4隻-880t、32ノット、2-10cm / 6-6.6cm / 4-45cm tt、115人の乗組員、1917年に進水

1914年8月強さ(5)

18. U.1クラス、U.1-U.2、2隻-230 / 250t、10/6ノット、3-45cm tt、17人の乗組員、1909年に進水

19. U.3クラス、U.3-U.4、2隻、1隻が失われました-240 / 300t、12/8ノット、2-45cm tt、21人の乗組員、1909年に打ち上げられました

U.3 、1915年8月13日、ブリンディジの北東、南アドリア海(41-00&#146N、18-15&#146E)-フランス駆逐艦「ビッソン」の砲撃。オトラント海峡の北端を巡視しているイタリアのAMC「CittadiCatania」は、12日、ドイツ製の「U.3」(Lt Cdr Karl Strnad)に攻撃されましたが、攻撃されませんでした。 「U.3」は、突っ込んでひどく損傷したと考えられており、水没することができませんでした。連合軍の駆逐艦が呼び出され、翌朝13日、彼女は水面で目撃され、「ビッソン」の銃撃により沈没しました。ストルナド中尉を含む7人の兵士が失われ、14人の生存者が迎えに来ました。

U.4 1915年7月、中央アドリア海で魚雷と沈没したイタリアの装甲巡洋艦「ジュゼッペガリバルディ」

20. U.5クラス、U.5-U.6、3隻のボートのクラス、2隻は戦前に完成、1隻は敗北-240 / 275t、8/6ノット、2-45cm tt、19人の乗組員、1910/11

U.5 1915年4月、アドリア海南部でフランスの装甲巡洋艦「レオンガンベッタ」を魚雷で撃沈しました。

U.6 、1916年5月13日、オトラント海峡の南アドリア海、オトラント岬のENE 12m(40-10&#146N、c 18-45&#146E)-英国の漂流網と銃撃戦。夜にオトラント海峡封鎖を突破しようと試みた「U.6」(少佐ヒューゴ・フォン・ファルケンハウゼン)は、巡視中の釣り漂流者「カリストガ」の網を汚し、彼女と「ダルシードリス」および「イブニングスターII」によって浮上し、砲撃されました。 '。オーストリアのボートは自沈し、15人の乗組員全員が救助されました。ある情報源は、日付を5月10日としています。戦争中、オトラント海峡封鎖で沈没したのは2隻のUボートのみでした。現時点ではオーストリアの「U.6」、1918年8月のドイツの「UB.53」です。

21. U.7クラス、U.7-U.11、ドイツで建設中で、1914年11月にドイツ海軍に売却されました。ドイツU.66-70として委託されました。

20. (上記-結論) U.5クラスは「U-12」で1914年に完成しました

U.12 1914年12月にアドリア海で魚雷と損傷を受けたフランスの弩級戦艦「ジャンバート」

U.12 、1915年8月8日、アドリア海北部、イタリア北東部、ベニス沖-イタリアの鉱山。ほとんどの情報筋は、彼女がヴェネツィアの港の防衛を突破しようとして、11日または12日またはその前後の鉱山で失われたと推定しています。ケンプの「U-BoatsDestroyed」はより具体的です-「U.12」(Lt Cdr Egon Lerch)はヴェネツィア沖でパトロール中で、8月6日にイタリアの駆逐艦「RossolinaPilo」によって損傷を受けました。 2日後、防御的な地雷原で爆発が観察され、ダイバーが送り込まれました。船尾が損傷した「U.12」の残骸は、ベネチアのラグーンにあるプンタサッビオーニ灯台から104度の方位で7.6マイルで発見され、13人の乗組員全員が彼女と一緒に失われました。

22. U.10クラスの沿岸ボート、U.10-U.11、U.15-U.17、5隻のボート、2隻の損失-125 / 140t、6/5ノット、2-45cm tt、17人の乗組員、1915年に打ち上げられました。

ドイツからポーラにセクションで輸送され、「U.10」は当初ドイツ語の「UB.1」として、「U.22」は「UB.15」として委託されました。

U.10 (元ドイツ語「UB.1」)、1918年7月9日、イタリア北東部カオルレ沖のアドリア海北部、ヴェネツィア湾(c 45-30&#146N、13-00&#146E)で損傷-イタリアの鉱山。鉱山によって甚大な被害を受けた「U.10」(少佐ヨハン・フォン・ウルマンスキー)は、カオルレとタリアメント川の河口の間に浜に打ち上げられました。彼女は救助され、トリエステに曳航されましたが、戦争が終わる前に修理されませんでした。13人の乗組員全員が救われました。

U.16 、1916年10月17日、アルバニア、ヴァロナ(ヴロラ)沖のアドリア海南部(c 40-45&#146N、19-00&#146E)-イタリアの護送船団と護衛。護送船団の攻撃中に、「U.16」(Lt Cdr Oerst von Zopa)はイタリアの駆逐艦「ネンボ」を魚雷で撃ちましたが、その後沈没しました。彼女は、船団の1隻であるイタリアの汽船「ボルミダ」(または「ベルミダ」)に突っ込まれ、ひどく損傷を受け、自沈した可能性があります。あるいは、COを含む「U.16&#146s」の乗組員のうち11人が倒れる前に、「安全」に設定されていなかった「ネンボ」の爆発爆雷によって沈没し、2人の生存者が拾い上げられました。

23. U.14 -400 / 550t、12 / 9、1-53.3cm tt / 6-53.3cm外部魚雷/1-8.8cmで再武装、28名の乗組員、1915年に再就役。

1914年12月にポーラから沈没した元フランスの「キュリー」が引き上げられ修理された

24. U.20クラスの沿岸ボート、U.20-23、4隻、2隻が失われました-175 / 210t、12/9ノット、2-45cm tt / 1-6.6cm、18人の乗組員、1916/17に打ち上げられました

U.20、1918年7月4日、アドリア海北部、トリエステの西、タリアメント川の河口沖(45-29&#146N、13-02&#146E)-イタリアの潜水艦「F.12」によって一度魚雷が発射されました。浮上した「F.12」による「U.20」(ルートヴィヒ・ミュラー少佐)への攻撃は、650ヤードの範囲から4/5日の夜に行われました。他の情報源は、1918年7月6日または9日、彼女の乗組員全員が失われた日付を示しています。 「U.20&#146s」の回収されたミッドシップセクションと司令塔が、ウィーンのHeeresgeschichtliches博物館に展示されています。

U.23、1918年2月21日、アドリア海南部、アルバニア、オトラント海峡のヴァロナ(ヴロラ)沖(40-26&#146N、19-02&#146E)-イタリアの水雷艇「アイローネ」。 'U.23'(Lt Cdr Klemens von Bezard)は、突進を試みた 'Airone'によって最初に水面で目撃されました。駆逐艦が水没すると、曳航された爆発性の機雷掃討器で彼女を沈めました。現時点での「U.23&#146s」の活動については情報源が異なります。彼女は連合国の護送船団を攻撃しているか、オトラント海峡を突破しようとしていたか、おそらく両方の乗組員が失われました。

25. U.27クラスの沿岸ボート、U.27-U.32、U.40-U.41、8隻、1隻が失われました-265 / 300t、9/7ノット、2-45cm tt / 1-7.5cm砲、23名の乗組員、1916/17に打ち上げられ、ポーラでドイツの「UB-II」設計に組み込まれました

U.30 、1917年4月初旬、オトラント海峡海峡のアドリア海南部-行方不明。 'U.30'(Lt Cdr Friedrich Fahndrich)は、1917年3月31日にマルタとクレタ島の間の地中海パトロールのためにカタロ(コトル)から出航し、二度と見られませんでした。一部の情報筋によると、彼女は1日か2日頃に姿を消し、原因は不明ですが、オトラント海峡封鎖で採掘されたか、オトラント岬沖で事故が発生した可能性があります。彼女はまた、地中海に降りた可能性があります。1917年にこの地域で失われた数少ないUボートの1つで、乗組員全員が失われました。

26. U.43クラスの沿岸ボート、U.43、U.47、 2隻-265 / 290t、9/6ノット、2-50cm tt / 1-8.8cm砲、22名の乗組員、1917年。

元々は1916年からドイツの「UB.43」と「UB.47」でしたが、オーストリア海軍に売却され、1917年7月に再就役しました。

ノート - スロベニアのDanijelZavratnikに、地名のほとんどがイタリア語のスペルであり、第一次世界大戦以降多くが変更されたことに感謝します。

古いイタリア語の名前と、現代のクロアチア語、モンテネグロ語、アルバニア語に相当するものは次のとおりです。

イタリア語=クロアチア語:
ブリユニ=ブリユニ
ラウラナ=ロヴラン
ポーラ=プーラ
Quarnero = Kvarner
セベニコ=シベニク

イタリア語=モンテネグロ語:
Antivari = Bar
Cattaro = Kotor

イタリア語=アルバニア語:
ドゥラス=ドゥラス
Valona = Vlore


ウィンストンチャーチルの世界大戦の災害

1914年がその血なまぐさい結論によろめきながら、&#x201CGreat War&#x201Dは、西部戦線の500マイルの戦いで傷ついたマイルに沿って恐ろしい粉砕に溶け込みました。英国とフランスは、戦争の最初の4か月だけで、100万人近くの犠牲者を出し、塹壕での致命的な停滞は、首相に尋ねた英国の40歳のファーストロードオブアドミラルティをますます苛立たせました。フランダースでとげのあるワイヤーを噛むために私たちの軍隊を送る以外の選択肢はありませんか?&#x201D英国の政治の新星、ウィンストン・チャーチルは、行き詰まりを打破するための解決策があると信じていました。

イギリス海軍の政治責任者であるにもかかわらず、野心的なチャーチルはまた、彼自身を軍事戦略家と考えました。 &#x201CIは、成功した兵士であることが私にあります。私は素晴らしい動きと組み合わせを視覚化することができます&#x201D彼は友人に打ち明けました。若い大臣は戦争に勝つ大胆なストロークを提案した。彼はバルト海から北にドイツを侵略するという彼の以前の計画を放棄し、現在、東に1,000マイル以上を攻撃するという軍によって検討されている別の提案を支持した。彼は、コンスタンチノープルを占領し、東の黒海と地中海を結ぶ戦略的な水路を支配するために、トルコ北西部のヨーロッパとアジアを分断した狭い38マイルの海峡であるダルダネレスの針に海軍艦隊を通すことを提案しました。西に。チャーチルは、侵略がイギリスに同盟国のロシアへの明確な航路を与え、1914年10月に中央同盟国に不本意ながら加わった「ヨーロッパのシックマン」であるオスマン帝国をノックアウトすると信じていた。ギリシャ、ブルガリア、ルーマニアの中立国の1つまたはすべてに連合国に加わるよう説得します。

英国の戦時内閣は、オスマン帝国が戦争に参加する前から検討されていた計画を支持しました。最初のステップは、ダーダネレスの北側にあるガリポリ半島への攻撃であり、現在計画の主任提唱者となったチャーチルが危険であると知っていた作戦です。 &#x201Cガリポリを取るために支払われるべき代償は間違いなく重いだろう、&#x201D彼は書いた、&#x201Cしかしトルコとのこれ以上の戦争はないだろう。 50,000人の優れた軍隊と海の力&#x2014それはトルコの脅威の終わりです。&#x201D

しかし、イギリス戦争省は彼が望むだけの部隊を送ることを拒否したが、チャーチルはとにかく艦隊を送った。ガリポリへの攻撃は1915年2月19日の朝に始まり、イギリスとフランスの戦艦による半島への長距離砲撃が行われました。最初の成功にもかかわらず、天候が悪化し、連合軍の掃海艇が大火事を起こしたため、攻撃は停滞しました。チャーチルから攻撃を続けるよう圧力を受けたため、この地域のイギリス海軍司令官であるサックビル・カーデン提督は神経衰弱に見舞われ、ジョン・デ・ロベック副提督に交代した。数日後の3月18日の朝、イギリスとフランスの戦艦が海峡に入り、攻撃を開始しました。繰り返しになりますが、連合国は、検出されない地雷が3隻の船を沈め、他の3隻に深刻な損害を与えるまで、最初の数時間で優位に立っていました。艦隊の半分が任務から外れたため、デ・ロベックは撤退を命じた。チャーチルは彼の指揮官に圧力をかけたいと思ったが、デ・ロベックは軍の支援部隊を待ちたかった。艦隊が躊躇したので、それは利点を失いました。

海軍の攻撃が失敗した後、連合国は4月25日にガリポリへの大規模な陸軍侵攻を開始しました。1か月の遅延により、トルコ人は半島に援軍を急いで防御を強化し、イギリス、フランス、およびオーストラリアとニュージーランドの陸軍隊(ANZAC)は、彼らの浜辺からほとんど進歩することができませんでした。エーゲ海のターコイズブルーの海は、トルコの強い抵抗が岸に打ち上げられた連合軍の波を打ち倒したため、真っ赤になりました。ガリポリの戦いは虐殺になり、西部戦線と同じように無意味で、血まみれのようにすぐに膠着状態に変わりました。半島を襲撃した後の最初の月に、連合国は45,000人の男性を失いました。不運なガリポリキャンペーンは、1916年1月に最後の連合軍が避難する前の9か月間続きました。各陣営は、46,000人の連合軍と65,000人のトルコ軍が死亡し、25万人の死傷者を出しました。

侵略は軍の司令官による無能と躊躇によって阻止されたが、公正または不公正に、チャーチルはスケープゴートであった。ガリポリの惨事は政府を危機に陥れ、自由党首相は野党保守党を連立政権に連れて行くことを余儀なくされた。保守党は、権力を共有するという合意の一環として、10年前に党をボルトで締めた反逆政治家であるチャーチルを提督から追い出したいと考えていました。 1915年5月、チャーチルはあいまいな内閣のポストに降格されました。

&#x201CIは政治的陰謀の犠牲者です&#x201D彼は友人に嘆きました。 &#x201CIは終了しました!&#x201D第二次世界大戦で彼に役立つであろう堅実な決意を示しました、しかし、取り残されたチャーチルは戦いから離れませんでした。 1915年11月、政治家は兵士になりました。チャーチルは政府を辞任し、銃を手に取り、王立スコットフュージリアーズの歩兵将校としてフランスの最前線に向かった。何度か死を迎えた後、彼は1917年に、デビッド・ロイド・ジョージ自由首相が率いる新しい連立政権の軍務大臣として政治に復帰しました。

しかし、チャーチルは何十年もの間ガリポリに悩まされ続けました。 &#x201Cダーダネレスを思い出してください&#x201D彼が庶民院で発言するために立ち上がったとき、彼の政敵は罵倒しました。 1923年に議会に立候補したとき、やじは「ダーダネレスはどうですか?」と呼びかけました。&#x201D&#x201CBritish Bulldog&#x201Dは、ガリポリを素晴らしい失敗として受け入れました。 &#x201Cダーダネルは何百万人もの命を救ったかもしれません。私がダーダネルから逃げているとは想像しないでください。私はそれに栄光を帰しました、&#x201D彼は答えました。

多くの人が、1931年に「ガリポリの幽霊は常に立ち上がって彼を新たに酷評するだろう」と推測した政治的インサイダーの見解を共有しましたが、チャーチルは1940年に首相になり、英国は再び戦争に巻き込まれました。就任後、彼は次のように書いています。&#x201C私の過去の人生はすべて、この時間とこの裁判の準備でした。&#x201Dガリポリも含まれていました。


アブレンサンナゼールの廃墟教会

すべての写真を見る

16世紀の教会の石造りの遺跡は、フランスのアブレンサンナゼール村にある赤い屋根のモダンな家々の中に際立っています。地元の人々が言うところの「古い教会」は、第一次世界大戦によって引き起こされた被害と悲劇を暗く思い出させるものです。

1914年10月、第一次世界大戦の初期に、ドイツ軍はロレット・スパーの基地に沿った戦略的な場所のために村を占領しました。フランス軍は何度も報復したが成功しなかった。

連合軍は、村やその他の近隣の場所を取り戻すために約1年を費やしました。彼らはアブレンサンナゼールを砲撃し、最終的にほとんどすべてを廃墟に残しました。最愛の教会でさえも免れませんでした。

地元当局は、構造を再構築するのではなく、戦争の犠牲者の証言として、構造を廃墟の状態に保つことを選択しました(ただし、資金不足も彼らの決定に影響を与えた可能性があります)。新しい教会が建設されている間、村人たちはカナダ人から寄贈された小屋で奉仕を行いました。

現在、フランス最大の軍事墓地の1つに近い静かな場所です。手入れの行き届いた芝生と崩れかけた廃墟のコントラストがはっきりしています。ドイツ、カナダ、イギリス、フランスの兵士が彫った貝殻の穴と落書きは、教会の石に書かれた歴史を読むことを可能にします。人々は屋根のない廃墟をさまよい、フランス北部の太陽があえて顔を見せようとするまれな日には、敷地内でピクニックをすることさえできます。

あなたが行く前に知っている

あなたがそこに向かっているなら、第一次世界大戦の道をお見逃しなく。墓地と58万人の名前が円形の記念碑、丘のすぐ下にある(無料の)博物館、Vimy RidgeMemorialにあるノートルダムドロレットが特徴です。


第二次世界大戦

マートンメモリーズの画像は、16の主要なコレクションまたは主題分野に分割されています。
コレクションを選択するには、以下に示す関連する画像ボックスをクリックするだけです。または、[フィルターコレクション](このページの右端)の下に表示される下矢印をクリックしたときに表示されるリストから選択します。

次に、選択した写真コレクションのさまざまなサブコレクションが表示されます。同じ方法でこれらのいずれかを選択できます。

主なコレクションは次のとおりです。

航空写真: これらは、空中または高い見晴らしの良い場所から撮影された自治区の写真です。コレクションは、マートンとモーデン、ミッチャムとウィンブルドンの航空写真に分かれています。 1946年にイギリス空軍が撮影した写真のサブコレクションもあります。
これらは、戦時中の爆撃が地元の景観に及ぼす影響を示しています。

考古学: このコレクションは、マートン全体で行われた発掘調査の写真と考古学的発見の写真を特徴としています。それはの写真が含まれています
マートン修道院の発掘現場であり、ミッチャムの主要なアングロサクソン人の埋葬地から発見されました。

建物: この画像グループは、マートンアーキテクチャをカバーしています。救貧院、民家、さらにはジプシーキャラバンなど、特定のタイプの家を示すサブコレクションがあります。
関連するサブコレクションには、ハイパスなどの地元の住宅団地の写真が収められています。
フィップスブリッジ、ポラーズヒル、セントヘリエエステート。

他のサブコレクションには、地元の図書館、パブ、劇場、映画館など、特定の目的を持つ建物があります。マートン修道院、モーデンロッジ、ネルソン卿のかつての家であるマートンプレイスなど、歴史的に重要な物件のサブコレクションもあります。
指定建造物のサブコレクションには、イーグルハウス、ミッチャムモーデンパークハウス、ウィンブルドンのオールドレクトリーなど、建築上重要であると認められているプロパティがあります。

教育: このコレクションは、保育園、学校、大学の画像に分かれています。レインズパーク高校、キングスカレッジスクール、マートン/サウステムズカレッジなどの特定の建物の写真が含まれています。また、遊び場のシーンや学校のクラスやイベントの写真も紹介されています。

イベントと組織: One of our largest collections, this features images of Merton clubs and societies, cultural events, pageantry and local celebrations of national events. It also includes subcollections featuring opening ceremoines and images of major incidents from Merton's past.

Examples include: Photographs of Merton events to mark Queen Victoria's Diamond Jubilee and the 1953 coronation Mitcham Charter Day MItcham Fair Morden and Carshalton children's outings and the passage of the Olympic flame through Wimbledon.

Open Spaces: Merton is a surprisingly green borough. This collection is divided into photographs of allotments, common land, private gardens, local parks, recreation grounds and open countryside. It includes pictures of Mitcham Common, Wimbledon Common, Cannizaro Park, Cricket Green, John Innes Park and Morden Park.

People: Merton has been home to many famous and pioneering individuals of both local and national significance. This collection features photographs of notable people from politicians, actors and sportsmen, to clergymen, scientists, businessmen and members of the gentry. There is a subcollection for memorials commemorating particular individuals. In response to public requests we have also created a subcollection for images of gypsies and travellers,
as they have particular relevance to the history of Mitcham.

The People collection includes portraits of Tudor chancellor William Cecil, naval hero
Horatio Nelson property developer John Innes and suffragette Rose Lamartine Yates.

Places of Worship: This collection features images of Merton's religious heritage. Subcollections cover Anglican, Roman Catholic and nonconformist Christian churches chapels local mosques, temples and synagogues.

Examples include: photographs of Merton's parish churches - St.Mary's, Merton St. Lawrence Church, Morden St.Mary's, Wimbledon and St. Peter and St.Paul, Mitcham the Bhuddhapadipa Temple and the Baitul Futuh Mosque.

Further subcollections feature images of local convents, cemeteries and crematoriums.

Public Services: This collection features a range of images associated with those who serve the local community. Subcollections include photographs of the emergency services, local hospitals, retirement homes, council offices, courts and post offices.

Examples of particular interest include pictures of the Vestry Hall, Mitcham
Wimbledon Town Hall and Merton Civic Centre the early fire brigade and local hospitals
such as Atkinson Morley Nelson Hospital, Merton and the Wilson Hospital, Mitcham.

Rivers and Waterways: Images are divided into subcollections featuring local ponds, streams, rivers and wells. Highlights include photographs of the River Wandle Queensmere on Wimbledon Common Seven Islands Pond, Mitcham Common Cannon Hill Lake and the Pickle, Merton.

This collection also includes pictures of flooding in different parts of Merton and photographs of the local drainage network.

Sports and Leisure: Merton residents have always enjoyed a range of leisure pursuits and the borough has a number of famous sporting associations. This photographic collection has been divided into images of particular sports, pastimes and associated venues including
Leisure Centres.

Collection highlights include photographs of the historic Mitcham Cricket Club the National Rifle Association meetings on Wimbledon Common Wimbledon Football Club the All England Lawn Tennis Championships Mitcham Athletics Club and the St. Helier Girls Choir.

Streets: This collection features photographs of streets throughout Merton. These have been divided into alphabetical subcollections.

Please note: We do not yet have photographs of every street in the borough. We are working to fill the gaps and make the collection as comprehensive as possible.

Coillection highlights include historic images of the main shopping thoroughfares on
Kingston Road, Merton High Street, Wimbledon Broadway London Road, Morden and
Fair Green, Mitcham.

Tom Francis Collection: Produced by local businessman, historian and keen photographer Thomas Francis, this unique collection features images of Mitcham from c.1869 to the 1930s. Topics include village characters, local events, buildings and industry. The collection also includes a number of contemporary caricatures produced by Mitcham cartoonist Mr.Collingsby.

輸送: Merton has been shaped by its transport network. This collection is divided into images of transportation from horsedrawn vehicles and trains, to trams, buses and cars.
Other subcollections feature transport infrastructure such as roads, level crossings and station buildings.

HIghlights include Victorian photographs of Wimbledon Station Jack the trace-horse leading wagons up Wimbledon Hill trams crossing Mitcham Fair Green and 1930s pictures of
Morden Underground Station.

戦争: Charting Merton's military history, this collection is grouped into pre-1914 images,
the First World War, the Second World War and post 1945 conflicts. We have a number of images from the two world wars, so the respective subcollections have been divided into relevant topics for ease of use. These include army camps, fundraising, bomb damage,
Civil Defence and war memorials.

Highlights include photos of pamphlets dating from the Napoleonic War a First World War
army camp on Wimbledon Common the Mitcham Home Guard bomb damage on the
St. Helier Estate and V.E.Day street parties in Wimbledon Park.

Work and Industry: Merton has a rich and varied industrial heritage of local, national and international significance. This photographic collection has been divided into subcollections featuring images of historic working practices, associated sites and buildings. It includes everything from farms and horticulture, to mills, factories and the textile industry. We have also included a subcollection for shops and retail, including local restaurants.

Notable examples include photographs of the Morris & Co. arts and crafts works
the Liberty Print Works the cultivation of Mitcham lavender Carters Tested Seeds
Connolly's Leather Works Bradbury & Wilkinson Ltd and Merton Park Film Studios.


World War I and the Papacy

One hundred years ago this week, Christian Europe commenced the horrific Great War that spread globally, raged from August 1914 to November 1918, and was responsible for the death of more than 15-million soldiers and civilians.

世界危機, Winston Churchill’s six-volume account of the struggle, he observed that the warriors employed “Every outrage against humanity or international law.” And when it was over, “torture and cannibalism were the only two expedients that the civilized, scientific, Christian states had been able to deny themselves: they were of doubtful utility.”

The conflict’s catalyst? On June 28, 1914, the Roman Catholic heir to the Austrian-Hungarian throne, Archduke Ferdinand and his morganatic wife, Sophie, Duchess of Hohenberg, were gunned down in Sarajevo, Bosnia, by a Serbian terrorist, Gavrilo Princip. The Serbian nationalist assassin, committed to liberating his Slavic people from the Austrian-Hungarian Empire, believed his crime would strike a blow for freedom.

During the next month, as historian Christopher Clark puts it, European rulers “who prided themselves on their modernity and rationalism, stumbled through crisis after crisis and finally convinced themselves that war was the only answer.”

While some monarchs pleaded for peace, war plans designed years earlier were dusted off, ultimatums were delivered, and general mobilizations of armed forces commenced.

On August 3, 1914, Germany declared war on France and invaded Belgium. Britain, committed to Belgium neutrality, declared war on Germany the next day. By month’s end, Germany, Austria-Hungary, and Turkey found themselves at war with Britain, France, Russia, Japan, Serbia, and Montenegro.

One person not surprised by the events of August 1914, was the Vicar of Christ, Pope Pius X. As early as 1912, the pontiff, distraught by European saber-rattling, told his secretary of state, Cardinal Merry del Val, “Le cose vanno male, viene il guerrone.” (“Things are going badly, the Great War is approaching.”)

In an audience with a Brazilian minister in May 1913, Pius said, “You are fortunate, sir, to be going back to your home in Brazil, you will not witness the world-wide war.”

In July 1914, Pius sent a letter to Emperor Franz Joseph pleading that he find a peaceful answer to the Serbian crisis. When the Austrian ambassador asked the pope to bless the arms of his country, he replied: “I do not bless arms but peace.”


St. Pius X

Fearful war was eminent On August 2, 1914, Pius issued, “A call to the Catholics of the whole world.” In it, he said, “Now that almost the whole of Europe is being swept along in the maelstrom of this frightful war whose dangers, destruction and consequences nobody can contemplate without being stricken with grief and horror, We too are full of anxiety and sorrow. 。 。 .We realize quite well what these distressful times the love of a father and the apostolic mission of the pope demand of Us. We must lead the souls of all people to Him from Whom alone relief can be expected, to Christ, the Prince of peace, the powerful mediator between God and Man.”

The Holy Father called on Catholics, “to implore God that he may have mercy on His people by putting a speedy end to this catastrophe and by inspiring the leaders of the peoples to peaceful thoughts and actions.”

Afterwards, Pius went into seclusion and spent his time in continuous prayer. As the guns of August began firing, he was heard saying “How glad I would have been to offer my miserable life to God, if thereby I could have prevented the slaughter of so many of my young sons.”

On August 20, at 1:15 p.m., Pope Pius died. Cardinal Merry del Val, who believed the pope died of grief, said that his death fulfilled a prophecy Pius made a year earlier at the Shrine of our Lady of Lourdes in the Vatican Gardens: “I pity my successor. I shall not see it, but it is only too true that the Religio depopulate [religion laid waste] is at hand.”

Giacomo della Chiesa, only named a cardinal in Pius X’s last consistory on May 25, 1914, was elected pontiff on September 3, 1914 and took the name Benedict XV. In his first statement to the faithful, he declared he was “stricken with inexpressible horror and anguish before the monstrous spectacle of this war with its streams of Christian blood.”

Calling the war “horrible butchery,” he informed the belligerents that “The pope is not neutral, he is impartial.” When attacked by opposing Catholic countries for not supporting their causes, he replied: “We reprove all violations of rights, wherever committed, but to involve the papal authority in the disputes of belligerents would be neither useful nor appropriate.”

Although impartial, Benedict was not a spectator. While his plea for a Christmas truce in 1914 was ignored, his proposals for exchanging wounded prisoners of war and interned civilians – particularly women and children – were enacted. He created a Vatican office that worked with the International Red Cross procured agreements that permitted religious services in POW camps and inspections by apostolic visitors. He also contributed 82 million gold liras to support war-related relief programs.

Seeking a “stable and equitable” peace through negotiations, Benedict issued in July 1915, a plan that included planks calling for the creation of a free Poland, freedom of the Dardanelles Strait, and the establishment of an international body that would require nations to arbitrate their differences. President Wilson would later incorporate several of the pope’s suggestions into his Fourteen Points.

The First World War was the most devastating war in the history of mankind until the Second World War. Millions were killed or wounded in campaigns that gained, at best, a few miles of mud in No Man’s Land.

At the Battle of Verdun (February-December 1916) there were 750,000 French and German casualties. On the first day of the Battle of the Somme, July 1, 1916, the British suffered 60,000 casualties – the worst in their history. By the end of the campaign in December 1916, wounded and dead on all sides totaled 1.1 million. At Passchendaele, there were 244,000 British and 400,000 German casualties between July and November 1917.


Benedict XV

Overall, 60 million troops were mobilized and when the armistice took effect on November 11, 1918, dead soldiers totaled 10 million. The British Empire lost 1.1 million France 1.4 million Germany 2 million Austria-Hungary 1.1 million Italy 700,000 Russia 1.8 million and the United States 114,000. Another 21 million were wounded.

Three Christian monarchs fell: the Lutheran Kaiser Wilhelm, the Orthodox Czar Nicholas, and the Roman Catholic Emperor Charles of Austria.

Although the Church had had an official presence at the 1814 Congress of Vienna Peace Conference after the defeat of Napoleon, when the victors met at Versailles in 1919 to negotiate the peace, the Holy See was excluded. Italy, fearing discussions of the Rome-Vatican problem, insisted the Church not be involved.

In retrospect, the pope’s exclusion from the discussion was good. The Church had no part in the underhanded agreements that planted the seeds for the rise of Fascism and Nazism, the spread of Communism, the Great Depression, the present crisis in the Middle East, and the Second World War.

Benedict was mindful that some of the Versailles Conference agreements were seriously flawed. In his 1920 Encyclical, Pacem Dei Munus, he remarked, “Though treaties of peace have been signed, the germ of ancient discords has not been destroyed.”

Two aspects of the treaty did please the Holy Father. The first was the creation of an independent Catholic Poland. The future Pius XI, Archbishop Achille Ratti, was named the first papal nuncio to the new nation. The other was the League of Nations. Benedict publicly blessed the organization and he permitted the Catholic Union of International Studies to establish permanent relations with it.

Although the Vatican was not invited to be a member of the League, the Holy See was consulted on matters including the role of religious missions in newly established third-world territories. Benedict also urged the League to call for an end of slavery in Africa and Muslim countries and to send aid to people in Russia suffering from famine.

After Pope Benedict XV died in January 1922, Joseph Motta, President of the Swiss Confederation, told an assembly of League of Nation delegates, “If mankind manages one day to get rid of war – and that day is perhaps as yet far distant – it will owe that priceless achievement to the principle of arbitration as proposed by Benedict XV.”

Throughout the First World War, Pope Benedict was the lone voice calling for a cessation of hostilities. And eighty-five years later when Cardinal Joseph Ratzinger took the name of Benedict XVI, he rightfully referred to his predecessor of that name “the courageous prophet of peace.”


It Changed The British Approach to Bombing

Prior to the Rotterdam bombings, the Royal Air Force was to only bomb military zones and infrastructure of importance, including railways, ports etc. They were to avoid densely populated civilian areas. Now those areas were occupied by the enemy, that policy had to change.

The first orders for the Royal Air Force was to attack targets in the Ruhr that could have killed civilians as well as military personnel. This included oil plants, as well as other industrial plants that could be fueling the German war effort.


完全な目次をチェックして、読むべき次のストーリーを見つけてください。

Both the war and the peace that followed have marked our world in indelible ways. Especially Europe. The deaths of more than 110,000 Americans in uniform, half to the Spanish flu, were equivalent to just one-quarter of the death toll in the French army alone during the first four months of the war. Europe suffered a bloodbath such as the world had never seen. Two million German soldiers died, along with about 1 million British troops, counting those from the colonies and dominions. Proportionately higher losses were suffered in Russia, Serbia, and Ottoman Turkey, where a war of 20th-century firepower was fought under 19th-century sanitary conditions.

The contrast between American and European perceptions of the world order in the 20th and 21st centuries is incomprehensible without considering the catastrophe of 1914–18. Ever since, Europe has felt an underlying pessimism, a sense of danger and disorder that the United States hasn’t shared. Americans have continued to believe that progress is built into history. Most Europeans, other than Marxists, dropped this notion once the Great War began.

Europeans still call it the Great War—not only because it was huge and momentous, but also because it changed the nature of war itself.

How so? First, by obliterating the distinction between civilian and military targets. After the early battles of 1914 resulted in a bloody stalemate, the conditions of civilian life behind the lines of occupying armies deteriorated. The Great War created internment camps all over Europe and beyond, to house enemy aliens in the wrong country at the wrong time. Still worse was the treatment of ethnic minorities suspected of disloyalty. After a series of defeats in 1915, the Russian army sent hundreds of thousands of Jews in Galicia from the battlefront to the interior, in case they might welcome German invaders. Armenians in Turkey fared still worse more than 1 million died in the 20th century’s first European genocide.

The bombardment of cities by artillery and aircraft also brought the war to civilians. The German naval warfare against civilian shipping ultimately drew the United States into the war. The Allied blockade of European ports, which continued after the armistice in 1918, was a clear violation of international law.

And consider the changes in mood the war wrought in the United States. The 20 years before the war had seen waves of immigrants arrive from central and eastern Europe, inspiring the use of an epithet—“hyphenated Americans”—that intensified in the course of the war. The loyalties of German Americans, in particular, were thrown into question. The intolerance of wartime continued and grew more vitriolic once a prosperous peace returned. Government witch hunts conducted after the war, such as the so‑called Palmer raids against suspected radicals and anarchists, many of them foreign-born, had their origins in the war itself.

Nine months after the war broke out, the fighting turned even uglier. In April 1915, modern chemical warfare was born on the battlefields of Belgium, and soon became a tolerated (although never legalized) form of weaponry used by all combatants on a frightening scale. In 1918, one of every four shells fired on the western front contained poison gas.

The clouds of chlorine, then phosgene, then mustard gas did not bring any tactical or strategic breakthrough. For one thing, their effectiveness depended on the wind’s direction and the absence of precipitation. When it rained, as it did frequently in Flanders, the gas never rose above ankle level, meaning a soldier could survive if he stayed on his feet. But gas warfare changed the rules of engagement. Gas masks were rudimentary, and left men (and animals) in no-man’s-land without adequate protection. Gas didn’t change the balance of power, but it did change the balance of horror that soldiers faced on the battlefield.

Later, poison gas was used outside Europe—allegedly in Iraq as early as the 1920s, then in Manchuria and Ethiopia in the 1930s. Fear of retaliation, stemming from military leaders’ firsthand experience of gas as soldiers themselves during the Great War, apparently deterred its use against soldiers in World War II, although the Nazis employed Zyklon B, previously known as a powerful pesticide, in concentration camps.

Might gas warfare have come into widespread use without the Great War? Perhaps, but the huge investment in weapons of mass destruction in 1914–18 left a precedent that could not be eradicated. The use of poison gas is with us still, notably in Syria.

The peace treaties signed at the end of the war left a damaged world with an impossible legacy: they handed over control of German colonies in Africa and the Pacific to the victorious powers and inspired hope around the world that Woodrow Wilson’s notion of self-determination for subject peoples would lead to the end of empires.完全ではありません。 Self-determination was the property of the former nations, such as Czechoslovakia, Hungary, Poland, and Serbia—all predominantly Caucasian—embedded in the German, Austro-Hungarian, Ottoman Turkish, and Russian empires. Populations of color would have to wait until, under the mandate of the imperial powers, they reached the “maturity” needed for self-government. When would that be? Nobody could say.

Besides, no matter what was decided during the postwar peace conference at Versailles, the imperial powers had already made their own plans for the Middle East. In 1915, the British high commissioner in Egypt promised the keeper of the holy sites in Mecca independence for Arabs in return for their participation in fighting the Ottoman empire. Two years later, Britain’s Balfour Declaration promised Zionists the opposite: a Jewish homeland in Palestine. And these incompatible promises were complicated even more by the secret Sykes-Picot Agreement in 1916, which divided the post-Ottoman Middle East between French and British spheres of influence and drew arbitrary borders—in Iraq, for instance—that have caused instability and conflict ever since.

As a result, violence exploded outside of Europe in 1919–21, when people who had served the Allied cause militarily and otherwise discovered that their recompense would be pious words and nothing more. This happened first in Egypt, then India, then Korea, then China. The wartime collapse of the Ottoman empire brought down its sultan, the all-powerful caliph, and created a crisis in Islam, which lost its spiritual center Muslim-dominated countries remained colonies ruled (often poorly) by imperial powers under the aegis of the League of Nations. The Muslim Brotherhood, founded in Egypt in 1928 to counter Western exploitation of the Islamic world, was the precursor to al-Qaeda.

The Great War cast its geopolitical shadow across the Far East as well. The extent to which the war fueled the continuing hostility between China and Japan is rarely recognized. The problem arose from the Treaty of Versailles. Both nations, traditionally rivals, were among the victorious delegations. China, however, was the weaker power, plagued by internal strife after its 1911 revolution. Japan had helped the Allies during the war, by convoying Australia’s and New Zealand’s troops across the Indian Ocean and by sending naval cruisers to protect the west coast of Canada. At Versailles, Japan tried to exploit its newly acquired leverage, proposing that the charter of the League of Nations include a commitment to racial equality. President Wilson, as a southern-born politician, knew that any such language would ensure the treaty’s defeat in the U.S. Senate. To prevent the Japanese from walking out of the peace negotiations once their request was turned down, the leaders of Britain, France, and the United States backed Japan’s proposal to grant it temporary control—until 1922, as it turned out—of the Chinese province of Shandong, south of Beijing, which the Germans had controlled during the war.

So much for the principle of self-determination. When push came to shove, Wilson chose to reward Japanese naval power and ignore political justice. When Wellington Koo, a Chinese delegate in Paris, sent home the decision on Shandong, students in Beijing responded with shock and outrage, quickly calling for a mass demonstration at Tiananmen Gate to protest the treaty. At a rally the next day, they formed a new organization called the May Fourth Movement, out of which emerged China’s Communist Party. Ponder this: Woodrow Wilson was its godfather.

Next year, China will host the 22nd Congress of the International Committee of Historical Sciences. Where? In the city of Jinan, the provincial capital of Shandong, a choice likely intended to remind historians that both Japan and the West have a history of humiliating China. Those days are over, but the memories linger.

Beyond the advances in the science of murder and the geopolitical reworkings, the Great War created a deep shift in the public attitude toward war itself. The Great War discredited the concept of glory, a word that many Europeans simply could not swallow. The British poet Wilfred Owen, killed late in the war, wrote that anyone who witnessed a soldier suffocating slowly from poison gas would never repeat “to children ardent for some desperate glory / the old Lie” that it was noble to die for one’s country.

The “old Lie” had been told time and again in the popular press and public rhetoric. The use of literature and painting in the service of war was mocked mercilessly in the nonsense verse of the Dada movement and in the nightmare paintings of the surrealists. To clean away the damage that propaganda had done to the literary arts—and indeed to language itself—radical steps were necessary. No longer could dismembered or mangled corpses be sanitized as “the fallen,” nor the butchery of the trenches portrayed as heroic. Artists throughout Europe denounced the obscenities of a war fought for what the poet Ezra Pound called a “botched civilization.” The millions of men slaughtered deserved more than elevated prose they deserved the unadulterated truth.

At the same time, the arts saw a counterrevolution, a movement back in time that highlighted the power of classical, religious, and romantic forms to memorialize the dead. Modernism excited, shocked, and stimulated, but it did not help people mourn. For that, a bereaved generation turned to the classical art of Edwin Lutyens’s cenotaph in London, the religious art of Rouault, and the sculptures and lithographs of mothers mourning their dead sons created by the German artist Käthe Kollwitz, whose own son had been killed in Belgium in 1914.

After the war, a generation of soldiers wrote their memoirs, which sold by the millions. The story they told was binary—the jarring contrast between innocence and experience, between hope and disillusionment. It depicted the unimaginable awfulness of the war, during which the millions of men in the trenches entered a world as inhospitable and desolate as the dark side of the moon. There they encountered artillery fire—the great killer of the Great War—on a scale the world had never seen before.

As a consequence, 5 million of the men who died in the war have no known graves. The stalemated war on the western front meant that unceasing bombardments pulverized the corpses buried in makeshift cemeteries. On the eastern front, the war was so fluid and covered such distances that finding bodies, let alone identifying and burying them, wasn’t possible. In effect, war had been transformed from a killing machine into a vanishing act.

For fully half the men who were killed in the war, nothing was left but their names. That, and the scarier, shakier, more intolerant world that the war to end all wars created.


St Mark's Church - WW1

The image is free to reuse for non-commercial purposes under the IWM Non Commercial Licence. By downloading any images or embedding any media, you agree to the terms and conditions of the IWM Non Commercial Licence, including your use of the attribution statement specified by IWM. For this item, that is: © Mike Berrell (WMR-26298)

埋め込む

記念 詳細

現在位置

St Mark's Church
Worsley Brow
Worsley
Salford
Greater Manchester
M28 2YA
イングランド

OS Grid Ref: SD 74569 00696
Denomination: Church of England

  • 第一次世界大戦(1914-1918)
    Total names on memorial: 106
    Served and returned: 0
    Died: 106
    正確な数:はい
    Information shown: surname,forename
    Order of information: surname
  • クロス
    Measurements: Undefined
    Materials: Granite - Cornish
  • Plinth
    Measurements: Undefined
    Materials: Granite - Cornish
  • ベース
    Measurements: Undefined
    Materials: Granite - Cornish
  • ステップ
    Measurements: Undefined
    Materials: Granite - Cornish
  • ステップ
    Measurements: Undefined
    Materials: Granite - Cornish
  • Worsley War Memorial
  • グレードII
  • この記念碑は保護されており、ヒストリックイングランドが管理するイングランドの国民遺産リストに記載されています。リストエントリを表示
  • 歴史的な場所のリストと保護の詳細については、HistoricEnglandのWebサイトを参照してください。
  • Worsley (St Mark's Church cross)
  • WMO ID: 97882
  • Condition: Good [last updated on 24-04-2019]
  • War Memorials Trust WM2354 www.warmemorials.org/search-grants/?gID=536

この記録には、この記念碑のためにIWMの戦争記念館登録簿が保持しているすべての情報が含まれています。追悼の名前リストを持っている場合、この情報は追悼記録に表示されます。データベースに名前を追加しているので、もう一度確認してください。

この情報は、クリエイティブコモンズBY-NCライセンスの下で利用可能になります。

これは、非営利目的でのみ再利用でき、次のステートメントを使用して当社に帰属させる必要があることを意味します。


A History Of The Great War by Peter McConnell

Mrs Mitton is an elderly lady, when the story opens, living in her home outside Bairnsdale. She looks forward to church on Sunday, followed by her preparations for a roast dinner. And she remembers.

She remembers her parents, emigrants from Britain, farmers in East Gippsland. She remembers 1914, when as Ida Hallam and working as a shop assistant in Bairnsdale, she meets Ralph Mitton a land surveyor. Their plans to marry are put on hold when Ralph enlists to fight in the Great War. Ralph returns, a changed and damaged man. He is in constant pain because of the shrapnel fragments in his legs. He and Ida marry, they have two sons. Ralph is unable to work: he is bad-tempered and drinks too much but his pension and the money Ida makes from her needlework keeps them going.

Reading this novel transports me back sixty years, to the home of my grandparents in Launceston: net curtains catching the breeze, the wooden kitchen table scrubbed white, my grandmother’s exquisite needlework stored in the linen press. They were born around the same time as the Fittons and were each shaped by their experiences of the Great War. My grandfather was in the First AIF, he was medically discharged and returned to Tasmania before the war ended. My grandmother lost her intended husband in the conflict: my grandparents met and married in 1918.

I bring myself back to the novel, to the Fittons, to hardship and tragedy. And to Ida Fitton’s mysterious trunk in the parlour. We learn, at the end, what is in that trunk. I hoped that Ida’s work would survive long enough for her granddaughter to understand, value, and keep it.

I found this novel very moving. Yes, it is a low-key, detached telling of a story which would be repeated in many homes in every state of Australia. Ironically, I think it is the detached telling of Ida’s story which made it resonate so strongly for me. Images and mannerisms that remind me of loved ones long gone.