歴史ポッドキャスト

冷戦中のシリアにおけるソビエトの役割は何でしたか?

冷戦中のシリアにおけるソビエトの役割は何でしたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ソビエト連邦が冷戦中にシリアの政府を、主に地域大国、特にサウジアラビアとイスラエルに対するアメリカの影響力との釣り合いとして支援したことは私の理解です。ソビエト連邦とシリアの関係、およびそのより大きな地政学的な意味合いについて誰かが詳しく説明できますか?シリアとソビエト連邦(そしておそらく冷戦終結後のロシア)との関係は、シリアの政治と現在の独裁者バシャール・アル・アサドに対する現在の人気のある「アラブの春」時代の反応にどのように影響したのでしょうか。

十分に文書化されたソースのボーナス!


私が最初に頭に浮かんだのは、ロシアはシリアに海軍基地を持っていることです。これは、地中海地域で唯一のロシアと同様に、特別な戦略的価値があります。さて、ロシア人はどうやってそれを手に入れたのですか?

の欲求 温水ポートコメント提供者によって提案された、イヴァン4世とリヴォニア戦争にまでさかのぼります。ピョートル1世が大北方戦争でスウェーデンを破った約150年後に満足しました。黒海への安全なアクセスを確保したオスマン帝国との戦争の成功は、17世紀の後半に始まり、18世紀まで続きました。これらすべての年を通して、ロシアの拡大には3つの主な方向性がありました。

  • 中央ヨーロッパ-ポーランド・リトアニアを事実上の保護領として保持し、その後解散し、19世紀を通じて現状を維持し、プロイセンとオーストリアとの良好な関係によって確保されました
  • 極東-シベリアと太平洋岸を確保し、中国の政治の積極的なプレーヤーになろうとしている
  • 南-コーカサス、バルカン半島、ボスポラス海峡/ダルダネレ海峡、中央アジアへの拡大( 解放する コンスタンティノープルとインド洋の海岸に到達)

最後のものを考えてみましょう-オスマン帝国の20世紀初頭まで、シリアの領土は、支配者が皇帝であろうと第二次世界大戦以前のソビエトであろうと、ロシアの政治において重要な役割を果たしたことはありませんでした。当時重要だった地域は、バルカン半島、海峡、中央アジア、イラン、アフガニスタン、ジョージア/アルメニア/アゼルバイジャンでした。論理的には、ロシアに近づいていました。

状況はスエズ危機によって変化し、その結果、ロシア人はナセル大統領と同盟を結び、ナセル大統領は彼が望んでいたこと、つまりスエズチャネルの国有化を達成し、維持した。この出来事(イスラエル軍と西側軍の介入の失敗)は、ソビエトを緊迫した中東関係の一方の側に置いた。それが私見です。ソビエトとシリアの同盟の主な理由です。その後、50年代、60年代、70年代を通じて、ソ連はシリアに多額の資金、武器、資源を送りました。それはより大きな計画の一部でした-支援(資源、武器、専門家)がエジプト、イラク、リビアのような他の反イスラエル(そして反米国)国家にも行ったので。
ソビエトがシリアのレバノンへの介入を非難していたため、70年代と80年代に状況は変化しました。チェルネンコとゴルバチョフ(80年代)のソ連の弱体化に加えて、それ自体が問題を抱えており(アフガニスタン、経済)、シリアの喧嘩政治、イスラエルとの緊迫した関係、レバノン問題への関与を支持する余裕がありませんでした。

同盟は90年代に事実上死にました。ソビエト連邦の崩壊後のモスクワでのアサドの最初の訪問は99年に起こりました!

プーチンは最近シリアを支援しようとしました。彼は一般的にイェルジンよりも政治的に活発で攻撃的であるためです(そしてロシアの経済は現在はるかに良好な状態にあります)。 20年前に重要だった場所全体でソビエトの影響力を再構築しようとしています。

(最後の2段落については後で詳しく説明します)

いくつかのソースリンク:http://www.jewishpolicycenter.org/833/the-syria-soviet-alliance


  • ソビエト連邦とシリアの関係、およびそのより大きな地政学的な意味合いについて誰かが詳しく説明できますか?

シリアとソ連の関係は、主に経済における協力に基づいており、川のダムや発電所などの大規模な作業や、武器の取引に関するものでした。シリアはほぼすべてをロシアに購入し、これがソ連の利益の源でした。

ソ連はまた、アメリカ人がしたように、イスラエル-アラブ戦争の経験でアメリカの能力について学びました。

シリアに基地を取得することは、その利益を保護する能力において、影響力の点でソ連にとって大きな利点でしたが、世界大戦の場合にも:ロシアはこの基地での戦争に先立って潜水艦を配備することができました。 BosphoreとGIUKラインの警備員は少し重要ではありません。

  • シリアとソビエト連邦(そしておそらく冷戦終結後のロシア)との関係は、シリアの政治と現在の独裁者バシャール・アル・アサドに対する現在の人気のある「アラブの春」時代の反応にどのように影響したのでしょうか。

アラブの春について話すのは難しいですが、社会主義アラブ共和国の考えはソ連の理論から直接来ました。これは、シリア(エジプトやアルジェリアも)をソ連に似せて、人々に土地を与え、産業を発展させる「緑の革命」を起こすというアイデアでした。ブレジネフの演説は、この目的をよく示していました。

これを達成するために、シリアを含むこれらのアラブ共和国の政治は、発電所のような「大きなプロジェクト」を主導するために、行政の重要な管理を必要としていました…しかし、それはこの地域の行政の伝統的な地方分権と矛盾していました、オスマン帝国以来。特にシリアでは、同じ国に住む複数の宗教的および民族的グループの問題がありました。彼らはできた 住む 寛容と一緒に、しかし彼らは単純な魔法の公式で国全体のための重要なプロジェクトを達成することができませんでした。

これは、シリアのアラブの春と、それが複数の告白と複数の部族の戦争でどのように変わるかについての説明の一部かもしれません。


3-ソビエト連邦と世界的な冷戦

図書館員または管理者に電子メールを送信して、この本を組織のコレクションに追加することをお勧めします。

  • ボリューム3:エンドゲーム?グローバルな視点での共産主義後期、1968年から現在まで
  • ユリアーネ・フュルスト、シルヴィオ・ポンス、マーク・セルデンが編集

世界的な冷戦におけるソビエト連邦の役割をより深く理解するには、ウラジーミルのレーニンに戻る価値があります。 帝国主義:資本主義の最高段階 (1917)、植民地問題へのボルシェビキのアプローチを示した。冷戦の間、「第三世界」におけるソビエト連邦の役割の問題は、ヨーロッパとアメリカの学者によって頻繁に取り上げられたトピックでした。最も著名なアナリストの中には、ルビンスタイン、アルヴィンZ.があり、その著書には、ナイル川の赤い星:6月の戦争以来のソビエトとエジプトの影響関係(プリンストン:プリンストン大学出版社、1977年)とモスクワの第3世界戦略(プリンストン:プリンストン大学)が含まれています。 Press、1990)Katz、Mark N.、The Third World in Soviet Military Thought(Baltimore:Johns Hopkins University Press、1982)Halliday、Fred、Cold War、Third World:An Essay on Soviet-US Relations(London:Hutchinson Radius、 1989)およびゴラン、ガリア、ソビエト連邦および第三世界の国民解放運動(ボストンおよびロンドン:アンウィンハイマン、1988)。多くの学者はまた、ソビエトの「南」とその海外の政策との関係を探求してきました。注目すべき作品には、ウィルバー、チャールズK.、ソビエトモデルと未発達国(ノースカロライナ州ダーラム:デューク大学出版会、1969年)、ノーブ、アレックなどがあります。 and Newth、JA、The Soviet Middle East:A Communist Model for Development(New York:Frederick A. Praeger、1966)。さらに他の人々は、ソビエト連邦が中東と南アジアの国々に手を差し伸べる際にイスラム教徒の遺産をどのように利用しようとしたかに焦点を当てました。ソビエト連邦:両刃の剣? 、」、Dawisha、Adeeb I.(ed。)、Islam in Foreign Policy(Cambridge:Cambridge University Press、1985)、160–77、およびRo'i、Yaacov、「The Role of Islam and Soviet Muslims in Soviet Arab Policy 、」アジアおよびアフリカ研究10、2(1974)、157–81、および10、3(1975)、259–80。これらの作品は多くの場合置き換えられていますが、それでも、これらのトピックに関する研究を開始する学者にとっては価値があり、洞察に満ちています。上記のリストは、網羅的ではなく代表的なものです。

第三世界に関するソビエトの執筆は、開発、革命、モスクワの外交政策の優先事項に関する概念の変化について彼らが明らかにしたことについて、これらの質問に関心のある学者にとっても興味深いはずです。この文献のほとんどはロシア語でのみ入手可能ですが、たとえば、シモニア、ノダリ、第三世界社会の進化における伝統と現代の統合(コネチカット州ウェストポート:グリーンウッドプレス、1992年)を参照してください。


冷戦中のシリアにおけるソビエトの役割は何でしたか? - 歴史

国家安全保障局が冷戦情報活動の歴史を発表

ソビエトの戦略部隊は、キューバの状況に対する懸念のために、1962年9月から10月の間に3回警戒態勢に入った、国家安全保障局の極秘コードワードの歴史が示している

National SecurityArchive電子ブリーフィングブックNo.260

詳細については、以下にお問い合わせください。
マシューエイド(202)994-7000

ニュースで

文書1:Thomas R. Johnson、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:Book I:The Struggle for Centralization、1945-1960(National Security Agency:Center for Cryptological History、1995)、Top Secret Umbra、Excised copy、pp。 i-xviiおよび1-155

文書2:トーマス・R・ジョンソン、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:第1巻:中央集権化のための闘争、1945-1960、157-287ページ

文書3:Thomas R. Johnson、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:Book II:Centralization Wins、1960-1972(National Security Agency:Center for Cryptological History、1995)、Top Secret Umbra、Excised copy、pp.289- 494

文書4:トーマス・R・ジョンソン、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:第2巻:中央集権化の勝利、1960-1972、pp。495-652

文書5:Thomas R. Johnson、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:Book III:Retrenchment and Reform、1972-1980(National Security Agency:Center for Cryptological History、1998)、Top Secret Umbra、Excised copy、pp。i -ix、および1-116

文書6:トーマス・R・ジョンソン、冷戦中のアメリカの暗号学、1945-1989:第3巻:縮小と改革、1972-1980、117-262ページ

  • 第二次世界大戦の終結後、ソビエトのコードはまだ破られず、米陸軍と海軍のSIGINT組織は比較的耳を傾けることができませんでした。ジョンソンの歴史は、1946年半ばの時点で、米陸軍SIGINT組織が利用できる最も生産的な情報源はフランスの通信であり、ワシントンの諜報消費者に送られる完成した報告の半分を占めていたことを明らかにしています。
  • 1950年代初頭の空軍治安機関(NSAの前身)によるソビエト連邦と中華人民共和国のSIGINT報道は非常に悪かったため、CIAの高官はこの期間を「通信インテリジェンスの暗黒時代」と呼んだ。
  • 1947年にオーストラリア政府内で活動している高レベルのソビエトスパイの発見により、米国は機密扱いの米国政府情報へのオーストラリアのアクセスを遮断しました。これは2年後の1949年まで再開されませんでした。オーストラリアとの完全なSIGINT協力は1953年まで再開されませんでした。ジョンソンによれば、オーストラリア系アメリカ人の諜報活動は、「中華人民共和国に対する初期のソ連のSIGINTの取り組みに悪影響を及ぼした」とのことです。
  • 1950年代、CIAとNSAの高官の関係は非常に悪く、2つの機関間の協力を妨げることがありました。 CIAは、有名なベルリントンネル作戦(1954-1956)から意図的にNSAを切り離し、NSAのディレクターであるラルフケーナ将軍が作戦について ニューヨーク・タイムズ ソビエトが1956年4月にトンネルを発見した後。
  • 1960年代初頭までに、傍受されたメッセージが磁気テープの巨大な倉庫に保管されるようになるにつれて、NSAは情報過多に遭遇し始めていました。ジョンソン氏によると、&ldquo未処理の&hellipテープの量は、技術的に管理するのが難しくなり、政治的に恥ずかしいものになりました。&rdquo
  • 1962年のキューバミサイル危機は、NSAにとって主要な戦略的諜報活動の失敗でした。ジョンソンによれば、SIGINTは、U-2偵察機によって発見される前に、キューバにソビエトの核武装中距離および中距離弾道ミサイルが存在することを警告しなかった。 II。&rdquo
  • 1975年4月、北ベトナム軍が、困窮している南ベトナムの首都サイゴンを占領するための最後の攻撃の準備をしたとき、グラハムマーティン大使は、攻撃が始まろうとしていることを明確に示したSIGINTの報告を信じることを拒否し、傍受は&ldquodeceptionであると主張した。 。&rdquo彼は、北ベトナム人は軍事的勝利ではなく連合政府を望んでいたと信じていた。攻撃は1975年4月26日に始まりました。3日後、サイゴン陥落しました。
  • 1970年代は、NSAの予算が削減され、人員が大幅に削減された時期でしたが、1970年代後半に、ソビエトの暗号化通信へのある程度のアクセスを取り戻しました。エージェンシーがこれと他の主要な暗号解読の成功のヒントを削除しなかったという文&ldquoお金が減ったとしても、暗号学は第二次世界大戦以来生成した最高の情報を生み出していました。&rdquo
  • 1979年12月28日にソビエト連邦がアフガニスタンに侵攻する10日前に、米国の諜報機関は侵略について「特定の警告」を発しました。ソビエト侵攻のインテリジェンス推定値を評価する事後分析は、インテリジェンスの成功として[それらを]説明することに全会一致でした。
  • 1960年代から1970年代初頭にかけて、国家安全保障局の国内監視リスト/盗聴プログラム(Minaret)を実行したNSA職員は、完全に違法ではないにしても、その操作は評判が悪いことを理解しているように見えたため、報告の出所を偽装しました。

シノプ(1964年頃)のNSA&rsquos SIGINTステーションは、カプースチンヤールでのソビエトミサイルテストを監視したトルコのいくつかのサイトの1つでした(マシューエイドのコレクションからの写真)。


冷戦におけるアメリカの役割

ドイツとの戦争中、アメリカはソビエト連邦の軍事的欲求を無視する傾向がありました。ルーズベルトはナチスに対して第2戦線を開くことを躊躇し、この躊躇はさらに多くのロシア人の命を犠牲にして多くのアメリカ人の命を救った。他の戦略的な違いに加えて、両国は共産主義の拡大を熱望しているソビエトロシアと米国が潜在的な敵が国際関係に足を踏み入れるのを防ぐことを約束して、西ヨーロッパのできるだけ多くを「解放」するために互いに競争することになった。事務。

冷戦は、ソビエト連邦が水素爆弾を爆発させたという情報をアメリカが得るとすぐに本当に始まりました。その後まもなく、国家安全保障会議は、アメリカの水素爆弾の建設と、巨額の防衛予算を賄うための増税を提唱する報告書を発表しました。ソビエトの拡大を防ぐために、トルーマン大統領は封じ込めの教義を採用しました。つまり、共産主義が連合国の政府を脅かした場合、米国は軍事行動に介入する権限を持っていました。

さらに、アメリカはマーシャルプランを確立することによって経済的支配を維持しました。これは、アメリカがヨーロッパ諸国にアメリカ製品を購入できるように財政援助を与えることを意味しました。ソビエト連邦は衛星国がこの取り決めに参加することを禁じましたが、マーシャルプランはアメリカを国際経済の中心に置くことに成功しました。

一方、アジアでは、共産主義者が中国と北朝鮮の支配権を獲得した。北朝鮮が韓国を侵略したとき、米国は彼らを押し戻し、反撃を始めた。さらに2年間続いた戦争への中国の関与は、膠着状態をもたらした。トルーマンの後、アイゼンハワー大統領は彼自身の外交政策を考案した。彼の&#8220New Look&#8221は、軍事力のために大規模な核兵器を使用し、CIAで第三世界の国々を操作し、共産主義の広がりを封じ込めるために可能なすべてのことを行うことを含みました。

第二次世界大戦後、トルーマン大統領は価格統制を解除し、急激なインフレを引き起こし、労働者に高い賃金を要求するよう促しました。彼はいくつかの鉱業および鉄道会社を連邦政府の管理下に置き、民主党からの敵意を引き起こした。経済成長を促進するために、トルーマンは彼がフェアディールと呼んだものを制定し始めました。ニューディールのこの拡大は、経済的懸念に加えて公民権に対処しました。議会からの反対により、トルーマンのフェアディールの一部のみが可決されました。最低賃金の引き上げ、社会保障の範囲の拡大、建設を要求した1949年の全国住宅法の制定です。数十万の低予算住宅ユニットの。

政治的・経済的不和の真っ只中、アメリカでは共産主義の国内での広がりをめぐって緊張が高まっていた。これは、労働組合とニューディール組織における共産主義の影響を調査することを任務とする下院非米活動委員会の創設のきっかけとなりました。 &#8220大恐怖&#8221の間に、すべての異なるタイプの人々、特に政府の給料を支払っている人々が共産主義活動について調査され、彼らの命が破壊される危険にさらされました。
戦争が終わると、人々は再び公民権に焦点を合わせ始めました。画期的な最高裁判所の事件、ブラウン対トペカ教育委員会の後、トルーマン大統領は、黒人学生を学校に連れて行ったときに、国家警備隊を使って黒人の市民権を行使した最初の大統領でした。この事件は、「分離しているが平等である」という教義を支持していたプレッシー対ファーガソン事件を覆した。この勝利に触発されて、黒人活動家はモンゴメリーバスボイコットやマーティンルーサーキングジュニアなどの抗議を組織した。ムーブメント。

冷戦は、行政府の権力の拡大から核兵器の拡散に至るまで、アメリカの生活の多くの側面に影響を与えました。軍拡競争の間、米国は核兵器を拡張し、改良しました。これを行うには、アメリカの土地での広範なテストが必要でした。このテストと核兵器の全体的な強調により、多くのアメリカ人は放射線中毒に苦しみ、いつでも核爆弾が彼らの家に投下される可能性があるという一般的な恐怖を生み出しました。この間、何百万もの爆弾シェルターが建設され、攻撃中の安全対策を詳述した公共広告が放送されました。

世界の歴史の中で、冷戦のような戦争は他にありません。米国とソビエト連邦の両党の間に直接の対立は決してなかったが、両方とも不可逆的に変化するだろう。この時代は、共産主義の拡大に対する軍事的および政治的措置、アメリカにおける反共産主義の不安、そして公民権への新たな注意が特徴でした。その後、アメリカは世界最大の大国として無敵になりました。

Ball、S。J. The Cold War:An International History、1947-1991 Gaddis、JohnLewis。封じ込めの戦略:戦後のアメリカの国家安全保障政策の批判的評価クンツ、ダイアンB.バターと銃:アメリカの冷戦経済外交


冷戦中のシリアにおけるソビエトの役割は何でしたか? - 歴史

冷戦
(1945-1990)
イベント&gt追記-核の時代、1945年-現在

  • 国民への通知、1945年8月
  • マンハッタンエンジニア地区、1945-1946
  • 国際統制への第一歩、1944-1945
  • 国際統制に関する方針の検索、1945年
  • 国際統制の交渉、1945-1946
  • 原子力の文民統制、1945-1946
  • クロスロード作戦、1946年7月
  • VENONAインターセプト、1946-1980
  • 核の増殖、1949年-現在

NS 戦後の原子力組織 ソビエト連邦との緊張の高まりを背景に行われた。 1917年の革命が最初にロシアで共産主義者を権力の座につけて以来、米国とソビエト連邦の間の関係は緊張していた。この相互不信は、1939年8月のナチスドイツとのソビエトの「非侵略」条約とそれに続くポーランド、フィンランド、バルト諸国へのソビエト連邦の侵略に続いてさらに深まった。真珠湾攻撃後の米国と同様に、1941年6月のドイツのロシア侵攻後、英国はソビエト連邦と同盟を結びましたが、第二次世界大戦中、相互の疑惑が長引いていました。米国と英国が最も漠然とした言葉以外で原子爆弾についてソビエト連邦に伝えなかったことは、ソビエトの独裁者、ヨシフ・スターリン(右)の極端な疑惑を高めただけでした。の原爆投下だけでなく 広島長崎 第二次世界大戦の終結に貢献しましたが、その後のソビエト連邦との半世紀にわたる紛争、つまり冷戦の舞台を整える役割も果たしました。

1946年3月、元英国首相のウィンストンチャーチルは、「鉄のカーテン」が下降していると警告しました。 ソビエト連邦がその軍事的支配下にあるすべての国に非民主的な共産主義政府を課したので、東ヨーロッパ全体で。一年後、 ハリー・S・トルーマン大統領 「トルーマン・ドクトリン」を宣言し、共産主義に反対する政府への海外軍事援助のための資金を求めた。の問題について 核兵器の国際的管理、米国は、ソビエト軍が西ヨーロッパに脅威を与えたと信じ、戦争後にアメリカの非核軍が急速に動員解除されたことを認識し、適切な管理なしに核兵器の独占を放棄することを拒否した。 1948年と1949年、米国は共産主義とソビエト連邦の「封じ込め」政策を引き続き実施しました。特に、西ヨーロッパの経済再建を支援する「マーシャルプラン」と、北大西洋条約機構(NATO)が設計しました。ソビエトのヨーロッパ侵攻に反対すること。 1949年、ソビエト連邦は最初の原子爆弾をテストしました( テストされたプルトニウム装置アラモゴード、ありがとう スパイ)。その同じ年、中国共産党は中国内戦で彼らの国民主義の敵を打ち負かした。共産主義の北朝鮮が1950年6月にアメリカの支援を受けた韓国を攻撃するまでに、米国および世界中の多くの人々は、第三次世界大戦が差し迫っているか、すでに始まっていると信じていました。

国家緊急事態のこの雰囲気の中で、政府当局者は、核兵器における継続的なアメリカの優位性が第三次世界大戦を防ぐために不可欠であると信じていました。世界的な戦争が始まった場合、米軍の計画立案者は、核の優位性が続くことで、米国がソビエト連邦を攻撃し、米国への被害を最小限に抑え、西ヨーロッパを侵略するソビエト軍から取り戻すことができると期待した。 。ドイツと日本の都市の空中破壊を監督した米国空軍将軍の世代は、アメリカの都市の同様の破壊を防ぐことを決意しました。 1950年、朝鮮戦争の始まりとNSC 68と呼ばれる秘密の政府調査に続いて、米国は国防予算をほぼ3倍にしました。

1950年から1951年の防衛力の増強には、核兵器複合施設の拡張と核分裂兵器の備蓄の増加が含まれていました。トルーマンはまた、次世代の核兵器の設計と製造を承認しました。 熱核兵器(「水素爆弾」)。米国が1952年11月1日にこれらの最初のものをテストしたとき(右)、その結果は、1000万トン以上のTNTによって生成されたものと同等の爆発でした。これはおおよそでした 700回 ウラン(核分裂)爆弾の力が落ちた 広島。 1953年8月、ソビエト連邦は最初の「ブースト型核分裂兵器」をテストしました。これは、熱核燃焼を使用して収量を増やし、1955年11月、ソビエト連邦は最初の真の熱核兵器をテストしました。今では、どちらの超大国も爆発のサイズにほとんど制限がありませんでした。 1957年8月、ソビエト連邦は世界初の大陸間弾道ミサイル(ICBM)をテストしました。これは、2か月後に「スプートニク」衛星の打ち上げによって脚色された偉業です。翌年、米国は最初に独自のICBMの限定的な運用を開始しました。いずれかの側からのこれらの核先端ミサイルの1つは、1時間以内に目標に到達することができ、ミサイルが発射されると防御は不可能でした。 「微妙なテロのバランス」を維持するために今考えられているのは、一方の国が攻撃した場合、もう一方の国が確実に報復するという約束だけでした。 「相互確証破壊」または「MAD」の時代が幕を開けました。

世界的な第三次世界大戦はこれまでに起こりませんでした。本格的な核戦争は双方にとって災難となることを念頭に置き、超大国は韓国、ベトナム、アフガニスタン、その他数十か所でさまざまな代理戦争と「影の闘争」を通じて互いに戦った。米国とその志を同じくする同盟国の戦略は、核の脅威を利用して西ヨーロッパへの直接的なソビエト攻撃を回避し、最終的な内部改革またはソビエト連邦とその衛星国の崩壊にさえ時間をかけることでした。イベントは最終的にこの戦略を確認しましたが、暫定的にソビエト連邦は共産主義政府の崩壊を防ぐために明白な軍事力を使用することをいとわないことを証明しました、特に1956年のハンガリーと1968年のチェコスロバキアの侵略で。反乱と第三世界における親西部政権の転覆を通じて共産主義の拡大を支持した。次に、米国は経済的および軍事的援助で対応し、必要に応じて軍隊が友好的な政府を支持し、友好的でない政府を転覆させるために独自の秘密情報部を使用しました。

非常に高価な軍拡競争の40年後、1980年代のソビエト経済はついに崩壊しました。ソビエト連邦がもはや軍事的に介入しないことが明らかになると、東欧の人々は、1989年から1990年にかけて、ほとんど平和的な反乱の波の中で共産主義を圧倒的に拒否しました。彼らは70年以上の抑圧的で時には殺人的な政府であったので、共産主義を拒絶し、疲れました。バルト三国からウクライナ、コーカサス山脈、アジアの草原まで、ソビエト連邦への加盟を余儀なくされた他の国々の人々は、ソビエト連邦を完全に去ることを選びました。 1991年のクリスマスの日に、ソビエトの旗はクレムリンの上で最後に下げられ、ソビエト連邦は公式に存在しなくなりました。

この「勝利」は安くはありませんでした。韓国、ベトナム、アフガニスタンなどで戦った戦争で数百万人が亡くなりました。社会的または人道的ニーズに向けて投入された可能性のある莫大な富は、軍事要員と洗練された兵器に費やされました。勝利も予見されていませんでした。共産主義が将来の避けられない波であることが証明されないのか、あるいはイデオロギー闘争が事故や絶望によって引き起こされた大規模な核交換ですべて終わらないのかどうかは誰も確かに知りませんでした。

マンハッタン計画とその直系の子孫によって設計、製造、テストされた核兵器は、おそらく20世紀後半の最も明確な要素でした。彼らが世界に前例のない恐怖と世界的なホロコーストの近さの日々の認識を訪れたと同時に、核兵器はまた、イデオロギー、経済、社会構造に基づいて冷戦の成功した結果を達成するために必要な時間を購入しました。そして軍事力の限られた適用。マンハッタン計画から半世紀以上の間、世界は、世紀の初めの2つの世界大戦に関連した死と破壊に匹敵するほどに近づいた戦争を見たことがありません。多分 ロバートオッペンハイマー戦争自体が時代遅れになるほどひどい武器への願いは、完全に希望がないわけではありませんでした。

  • 国民への通知、1945年8月
  • マンハッタンエンジニア地区、1945-1946
  • 国際統制への第一歩、1944-1945
  • 国際統制に関する方針の検索、1945年
  • 国際統制の交渉、1945-1946
  • 原子力の文民統制、1945-1946
  • クロスロード作戦、1946年7月
  • VENONAインターセプト、1946-1980
  • 核の増殖、1949年-現在

このページのテキストのほとんどは、エネルギー省の歴史遺産資源局独自のものです。部分は歴史局の出版物から改作され、部分は直接取られました:Terrence R.FehnerとF.G. Gosling、 ネバダ核実験場の起源 (DOE / MA-0518ワシントン:歴史部門、エネルギー省、2000年12月)、86-87。 「恐怖の微妙なバランス」というフレーズは、アルバート・ウォルステッターの同名の有名な記事から来ています。 外交問題 37(1959年1月)、211-234。 1962年のベルリンの壁とNATO条約に署名したディーン・アチソンの写真は、北大西洋条約機構(NATO)の厚意により提供されています。ヴャチェスラフ・モロトフとのヨシフ・スターリンの写真は、ルーズベルト大統領図書館(国立公文書館(NARA)経由)の好意によるものです。韓国上空のB-29の写真はNARAの好意によるものです。 1987年のベルリンの壁の写真は、ホワイトハウス写真事務所(NARA経由)の好意によるものです。韓国の海兵隊員の写真は、空軍長官室(NARA経由)の好意によるものです。ソビエトR-7ICBMの写真は、米国科学者連盟の厚意により提供されています。アイビーマイク熱核爆弾の写真(水素爆弾)テストとアイビーキング核実験は、エネルギー省のネバダ核実験室の厚意により提供されています。


ソビエトの視点から見た冷戦

冷戦という用語は、1940年代後半から1990年代にかけて、アメリカとその西側の同盟国がロシアと社会主義国との間で持っていたものを表しています。冷戦時代は、社会的国家を持つ資本主義国家間のイデオロギーの違いによって特徴づけられました。アメリカとその資本主義同盟国がソビエト連邦からの攻撃を阻止するために軍事力を強化したため、これらの敵対行為は軍拡競争につながりました。したがって、寒い時代は、敵意、兵器競争、そして西と東の間の前例のない軍事的競争の時代でした。時代の間、西と東という用語は、それぞれ資本主義と社会主義の政治的イデオロギーを示すために使用されました。資本主義の議題は、主にトルーマンの教義によって設定されました。 This policy was set in 1947 by the then USA president Harry Truman who sought to assist Turkey and Greece in terms of their military capacity and economic development. The assistance was mainly aimed at deterring the two nations from embracing the socialist agenda.

The Truman doctrine set the first sets that the USA followed to counter Russian influence in global affairs. It was seen as the main way that would open democracy to the world and a powerful weapon against the USSR. Through economical support and military assistance to developing countries, the USA and the USSR competed to influence the political ideologies of the various countries. The USA saw communism as a threat against democracy to end this threat, it armed its allies to deter war with Russia. NATO was formed as means of ensuring safety by the USA and its allies. The NATO pact primarily ensured military support among the member countries, should USSR and its communist allies attack any of the NATO members. The Truman doctrine can, therefore, be described as the basis of American Cold War policies, which were adopted by its Europe allies and applied in other parts of the world to deter the Russia influence in world politics.

United States and the Soviet Union closed up their allies in Cold War, immediately a year after the World War II. The Truman Doctrine strengthened the policy used by Americans during the Cold War in Europe and worldwide. This was by handling Washington’s interests over communism domino effect. By this, the media displayed sensitive presentation of the Doctrine, and as a result, mobilized American power to restore and alleviate unstable region without the help of the military. The doctrine became a metaphor for emergency assistance to keep the country out from the influence of the communism.

Communism is known as a system of the social union that operates by holding properties and ascribing them as state property. On the other hand, capitalism is an economic system whereby production and distribution are privately owned, and growth is based on individual efforts. The state accepted the peaceful coexistence theory which was formulated and used by the Soviet Union during the Cold War. The Marxism-Leninism proved the credibility of the theory and through the influence of the Soviets, socialist system was adopted.

There was the policy of contrast in the belief that the contradiction between capitalism and communism could never exist in peace together. The application of this belief by the Soviet Union was in relation between the US, and countries affiliated to NATO, together with the Warsaw Pact countries. Interpretations of the debate of peaceful coexistence differed. There was an argument by the People’s Republic of China in the 60s and 70s that the feeling of confrontation had been maintained by the capitalist countries. This was the original opposition to the peaceful coexistence that was fundamental to Marxist revisionism. Their resolutions, which could lead to the establishment of trade associations in 1972, led China to the adoption of the theory of relation with the developing nations.

It was in the early 80s that saw China starting to show the characteristics of socialism as it extended its peaceful coexistence through the inclusion of all nations. Some leaders, such as Enver Hoxha, turned China agenda away due to concerns of the growing relations with the western nations, and this party now keeps denouncing the peaceful coexistence of capitalism and communism. The peaceful coexistence was self-stretching to every country with social movements that were tied to the Soviet Union’s understanding of communism becoming the modus operandi. The motivation was a handful of those particularly developed nations in surrendering the objective of solidarity amassing, and formation of gyration of communist rebels, which they could use in the participation of electoral politics.

The USSR and United States could live together in peace according to the theory of peaceful coexistence of the Soviets. This is despite their religious and political differences. There was a lot of support for peace in the world, especially from the council formed in 1949, known as World peace council. The council was financed by the Soviet Union so as to organize peace movements that would change the world. Peace movement as a phrase has gained a lot of acceptance from all sectors of the world. This ranges from religious and military among others. This is evidenced when the pope uses the phrase on his Christmas Day speech.

Cold War that was experienced in the early 90s was a result of anxiety between the West and their communist counter parts. The West was led BY United Nations, while East was led by Soviet Union. The short period of time after they were involved in war against Nazi Germany made them the global super powers. The two sides had a lot of differences, both in economic and political sectors. While the Soviet Union formed an alliance with the European countries, the United Nations went for the Western countries. The Soviet Union refused to get involved with the Eastern allies.

In the year 1955, the Soviet Union formed a Warsaw Pact. On the other hand, the United Nations had formed a military alliance containing the communists in the year 1949. While some countries opted not to join any of the alliances, most of them were for the ideas brought by the two super powers. The reason as to why the war was named the Cold War is because there was no military action behind it. This is because the two sides in the war possessed nuclear weapons. It meant, therefore, that the use of the nuclear weapons would guarantee their common destruction.

Cycles of relative tranquility would be succeeded by high tension that would have ended in a war. The ones with the greatest tension were the Korean War, the Cuban Missile crisis, the soviet war in Afghanistan and the Berlin Blockade. The differences expressed through military coalitions were extreme aid to states, appeal to neutral citizens, espionage and propaganda, technological competitions among other ways. There is disagreement amongst historians regarding the period at which the Cold War started. Majority of historians trace its origins to the period that followed immediately after the Second World War. In some cases, others argue that it began immediately after the First World War ended. However, tautness characteristic between the Russia, other countries of Europe and the U.S dates back to the middle of the 19th century.

The 1917, Bolshevik Revolution in Russia, Soviet Russia found itself isolated from international diplomacy. A leader by the name Vladimir Lenin said that the Soviet Union was surrounded by a violent capitalistic encirclement, and he saw diplomacy as a tool to keep soviet enemies separated, starting with the formation of the Soviet Comintern, which called for revolutionary upheavals abroad. Succeeding leader Joseph Stalin, mentioned that the Soviet Union must see the “the present capitalist environment replaced by a socialist cuddle”. Stalin had viewed international politics to be a Janus-face world from where the Soviet Union would draw states gravitating to socialism and capitalist countries would draw states inclining to capitalism, as the universe was in the time of momentary stabilization of capitalism, following its final collapse.

A series of events before the Second World War depicted the mutual distrust between the western powers and the Soviet Union. For instance, there was western support of the anti-Bolshevik movement called White movement during the Russian civil war. During the year 1926, there was Soviet funding of British general workers strike that compelled Britain to break ties with the Soviet Union. The 1927 declaration by Stalin of a peaceful coexistence drew back to past conspiratorial allegations. During the 1928 Shakhty trial of a government coup d’état, organized by the French and the British, showed mistrust which perpetrated the cold war.

In June of the year 1941, the Allies took advantage of a new front and offered support to the bloc of Soviet Union. The British became a signatory of an official confederation and the United States formed a casual accord. During the war, the United States was responsible in providing both parties (Britain and Soviets) through its Lend-Lease plan. Nevertheless, the Russian leader remained remarkably doubtful and was convinced that the Americans and the British teamed up to ensure that Soviets had the force of confronting the Nazi Germany. From Stalin’s view, the western associates intentionally delayed opening another anti-German front so that to engage themselves finally as a mould of the peace accord. Therefore, the Soviet’s perception of the western bloc brought a strong undertide of unrest and antagonism in the allied powers.

Each side also held dissimilar ideas regarding how the map of Europe should appear and on how border could be demarcated after the war. The Western Bloc wanted a form of security, under which democratic authorities were created as far as possible, allowing countries to resolve peacefully any disagreements through international organizations. However, this resulted in many attacks and several deaths and destructions, the Soviet Union aimed to beef up security through dominating countries that were close to it.

The end of the Cold War was started by Gorbachev’s system of governance and ended with the fall of the U.S.S.R. Because of the end of the Cold War in the 1980s, the economies of nations behind the Iron Curtain were in trouble. People in the East of Germany could see the success and wealth of their Western neighbors had amassed. Additionally, in Russia there were lengthy queues to purchase food. The people had to receive coupons from the government to buy socks. These problems in Russia were caused by the multibillion dollars spent by both the U.S and the U.S.S.R on the nuclear arms and conventional armies.There was increased desire for liberty of citizens staying behind the Iron Curtain policy.

Russians responded to their plight by electing Gorbachev as their president in the year of 1985. As the new leader, Gorbachev resolved to enlighten the forcible subjugation on freedoms that the previous government had adopted to make citizens stay in line. However, it was extremely hard for the new leaders to control the needs of their people and those behind the Iron Curtain. Concisely, the Cold War brought many negative aspects that included totalitarian governments, nuclear arms race and proxy wars, which negatively affected people’s lives.


What was the Soviet role in Syria during the Cold-War? - 歴史

The Soviet Union played a crucial role in arming the Arab states and instigating the Six-Day War.

Initially supportive of Israel at the time of its founding, by the early 1950s the Soviets no longer regarded the Zionist state as useful for extending their influence into the Middle East. Transferring their support to Arab side, the Soviets took on the role of armorer for both Syria and Egypt, supplying them with modern tanks, aircraft and later missiles. The Egyptian and Syrian armed forces primarily used Soviet weapons during the 1967 war and employed tactics developed by the Soviets.

we knew all too well the anti-Semitic stereotypes about greed, parasitism, and cowardice — but about what Judaism stood for, we knew nothing.

That was before 1967. In the months leading up to the war, animosity towards us reached a fever pitch. Then, in six dramatic days, everything changed for us. The call that went up from Jerusalem, The Temple Mount is in our hands, penetrated the Iron Curtain and forged an almost mystic link with our people. And while we had no idea what the Temple Mount was, we did know that the fact that it was in our hands had won us respect. Like a cry from our distant past, it told us that we were no longer displaced and isolated. We belonged to something, even if we did not yet know what, or why. Of course, we still suffered from anti-Semitism, but even that assumed a new character. Jews were no longer cowards. Instinctively, and without any real connection to Judaism, we became Zionists. We knew that somewhere there was a country that called us its children, and this knowledge filled us with pride.


ベトナム

In May 1961, JFK had authorized sending 500 Special Forces troops and military advisers to assist the government of South Vietnam. They joined 700 Americans already sent by the Eisenhower administration. In February 1962, the president sent an additional 12,000 military advisers to support the South Vietnamese army. By early November 1963, the number of US military advisers had reached 16,000.

Even as the military commitment in Vietnam grew, JFK told an interviewer, "In the final analysis, it is their war. They are the ones who have to win it or lose it. We can help them, we can give them equipment, we can send our men out there as advisers, but they have to win it—the people of Vietnam against the Communists. . . . But I don't agree with those who say we should withdraw. That would be a great mistake. . . . [The United States] made this effort to defend Europe. Now Europe is quite secure. We also have to participate—we may not like it—in the defense of Asia." In the final weeks of his life, JFK wrestled with the need to decide the future of the United States commitment in Vietnam—and very likely had not made a final decision before his death.


How did Cold War rivalries affect European decolonization?

Cold War and European decolonization were global processes that largely overlapped in time. The interrelationships between them were complex. To achieve better analytical clarity, let me begin with some definitions. I take Cold War to be the “bipolar conflict between the United States and the U.S.S.R.” (20-3). European decolonization refers to Europe’s “withdrawing from its formal, territorial claims overseas.” (Note 1) This latter definition excludes the widespread phenomena of spheres of influence, client states, military occupation and nationalistic secessions – and covers “in the main … Africa, the Middle East …, and Asia.” (Note 1) In this essay, I argue that while Cold War was not a primary cause of European decolonization, United States’ Cold War strategies and actions did produce a conducive environment for European state’s withdrawal, and U.S. (together with its European allies) tended to suppress independence movements in colonies where there were local militarized Communist groups that might ally with the Soviet Union. For evidence for these arguments, I will limit my examples to the period between 1946 and 1976.

Cold War was not a primary cause of European decolonization, in the counterfactual sense that if the two superpowers emerging from WWII stayed friendly, the withdrawal of European imperial powers from their colonies were still likely to happen. To understand why this might be, it is useful to review why European powers obtained colonies in the first place. Elsewhere (Note 2), I have identified asymmetry of military strength between imperial powers and colonies, need of markets and raw materials for industrialization, intra-empire competition, and nationalist ideologies as the four primary sources of European colonization. As a result of WWII, three of these four conditions were significantly weakened. The war itself weakened the fiscal-military strengths of European states, while the spread of technology, guerilla warfare, and anti-axis militarized organizations in the colonies all served to reduce the asymmetry of military power. For example, five Portuguese colonies obtained independence after the Portuguese state collapsed in the mid-70s. (EWH 863) During WWII, imperial western European states had become secondary, subordinate powers to the United States, thus reducing the need and intensity of competition among them. Lastly, war-time mobilization against Nazism and Japanese war-time success in toppling European colonial authorities in Southeast Asia both served to undermine ideologies around Europeans’ racial superiority. (22-2) The change in these three conditions were the results of WWII, but not of the Cold War.

Nevertheless, economic reasons for imperial powers to hold on to colonies intensified. “They need the colonies to help fund the rebuilding effort after the war.” (22-2) “Nowhere did European empires withdraw from their colonial spaces willingly.” (22-1) This was the area where United States’ strategies and actions produced a conducive environment for European states’ withdrawal. Which European states were involved in the process of decolonization? Primarily Britain and France, but also the Netherlands, Belgium, Spain and Portugal. (Note 3) This area of western Europe, together with their colonies, (eventually) belonged to the United States’ (rather than Soviet’s) sphere of influence. United States’ massive lending and aid to rebuild the economies of this part of Europe through the Marshall Plan was explicitly part of its strategy to contain Soviet’s expansion. (21-2) These support – together with other economic arrangements such as the General Agreement on Trade and Tariffs (GATT, 1947, cf. 21-3) – enabled phenomenal economic revival and growth in western European states in the two decades after WWII, and gave U.S. the power to persuade them to agree to decolonization. The case of Franco’s Spain was instructive. Spain was not among the winning Allies in WWII, and was banned from entry into the United Nations in 1946. In 1950-1953, Spain moved towards becoming an ally of the United States: received Marshall Plan loan, entered the United Nations, gave U.S. the rights to establish military bases. “During the 1950s, Spain experienced some economic growth.” And then in 1956, “Spain terminated its Moroccan protectorate.” (EWH 861) In other cases, the European states withdrew territorial claims after explicit intervention by the United States. “In Syria and Lebanon, French attempts in 1945 to reverse wartime agreements giving independence to the two countries met with nationalist opposition. Under pressure from the United States, Great Britain, and the United Nations, French troops were withdrawn in 1946.” (EWH 812) For the Dutch in Indonesia, “once Sukarno had suppressed the communists, the Americans pressurized the Dutch into a settlement” in 1949. (Note 4)

This last example illustrates how United States’ Cold War strategies changed the process of decolonization in a specific instance. As described in Kennan’s Telegram (1946), United States’ primary objectives in the Cold War was to contain Soviet's expansion. (20-4) Where there were no significant threats of take-over by local militarized Communist groups that might ally with U.S.S.R. or China, the United States or its allies did not necessarily use force to suppress decolonization, even in very populous colonies such as India, Nigeria, or South Africa. In Malaya, British suppressed an ethnic Chinese communist revolt between 1948-1955 before agreeing to independence in 1957. (EWH 812) In the hasty withdrawal of Belgium from Zaire, the assassination of the Maoist Marxist Prime Minister Lumumba by a local rival would lead to “one of the most brutal proxy wars of the Cold War.” (Note 5) Vietnam was the most tortuous case of decolonization, where local communists drove out the French in 1954, only to face direct confrontation with the United States in 1959-1976. (22-6) Despite these examples, it helps to observe that not all European military suppression of decolonization movements were motivated by Cold War objectives for example, the French in Algeria and the British in Kenya were primarily motivated by the protection of white settlers’ interests.

In summary, this essay affirmed that Cold War helped facilitate European decolonization, and affected some specific processes of decolonization. United States’ Marshall Plan helped western European states with post-WWII economic reconstruction, thereby relieving them of the need to hold on to their colonies. United States’ diplomacy (e.g. with Spain), intervention (e.g. French in Syria / Lebanon) or support (e.g. French in Vietnam) changed specific processes of decolonization. In addition, I have also argued that Cold War was neither a primary cause of the fact of decolonization (many causes had its roots in WWII instead), nor was it the only major factor affecting decolonization processes (e.g. among other factors, presence of white settlers in colonies played important roles too).

Works cited:

(20-3) refers to Lecture 20, Segment 3 in the course. Other references to the course Lectures follow the same format.

Note 1: See Professor Adelman’s post dated Dec 17 in the forum thread: https://class.coursera.org/wh1300-2012-001/forum/thread?thread_id=1430&post_id=11381

Note 2: My earlier essay written as Assignment 5: https://class.coursera.org/wh1300-2012-001/human_grading/view_app/courses/98/assessments/16/submissions/5112

(EWH 863) refers p.863 of The Encyclopedia of World History, Sixth Edition, edited by Peter Stearns, 2001, Houghton Mifflin. Other references to this work follow the same format.

Note 3: Germany lost all its colonies after WWI. Soviet Union did not establish formal overseas colonies. Italy is also excluded as after losing the war it was in no position to claim colonial territories (despite its eventual joint trusteeship with Britain in Somalia).

Note 4: p.836, World History: A New Perspectives, by Clive Ponting, 2000, Pimlico.

Note 5: Cf. (22-5) and p.666, Traditions & Encounters: A Brief Global History, by Jerry H. Bentley et al., 2008, reprinted by Peking University Press authorized by McGraw Hills.


By: Tyler Benson

From its first appearance in an Olympic games in 1952 to its final appearance in 1988, the Soviet Union was a dominating force in the international sporting world. In 6 of the 8 Summer Olympics they competed in, the Soviet Union was at the top of the medal count. Even though the Soviet Union stopped competing in the Olympics in 1992, to this day they only trail the United States for the most Olympic medals of all time. Much of the Soviet Union’s success can be attributed to the tightly controlled sports programs initiated by the government.

This Research Guide will explore the external and internal impacts of the Soviet Union’s obsession with sporting success as a catalyst to their worldwide communist movement. Through this guide we will not only explore the dedicated life of a Soviet Olympic athlete but we will also discover the job-like circumstances in which sports are incorporated into a factory worker’s life. This guide will also explain the motivations behind Soviet international sporting success on the world’s grandest stage, the Olympics, and how the Soviet’s participation in the Olympics made many events far more important than just a game.

Sports and Politics

Reet Howell. “The USSR: Sport and Politics Intertwined,” Comparative Education Vol. 11, No. 2. Taylor & Francis, Ltd, 1972 [Print]

The source describes how sports were incorporated into the daily lives of Soviets in order to make them more well-rounded individuals and more productive workers. Howell also believes the Soviets international success was due mostly in part to the state’s total control of Soviet athletics. Soviets were strong believers in the “triangle” theory where the more people they trained and had participate in sports, the large base of the pyramid, they would be able to produce more top level athletes to succeed in international competitions.

John N. Washbur. “Sport as a Soviet Tool,” Foreign Affairs Vol. 34, No. 3. Council on Foreign Relations,1956 [Print]

In his paper, Washburn explores the transition the state of Soviet athletics has made leading up to their Olympic debut in the 1952 Summer games in Helsinki, Finland. Washburn contrasts “bourgeois sport” with Soviet sport by describing how Soviets have correctly implemented athletics into their culture to strengthen their political party while the bourgeois denounced sport as a method of making man “stupider than he already is”. Washburn also discusses the “spartan” attitude that the Soviet Union encourages its athletes to adopt. Many athletes are punished by the state by not having the will to win, even in the seemingly irrelevant sport of chess.

Cooke, Jerry. “Sports In The U.S.S.R.” スポーツイラストレイテッド 2 Dec. 1957: スポーツイラストレイテッド [Print]

Cooke’s first hand account of U.S.S.R. and the country’s obsession with sports. Cooke explains that Soviet’s go about playing sports with a “certain grimness” that makes it look as if they do not find much enjoyment in playing sports. Sports is so heavily integrated into society in many cases its is just another job. For example workers in factories are required to do exercises throughout the work day that are designed to increase their productivity.

The Soviet Union and International Competition

Allen Guttmann. “The Cold War and the Olympics,” International Journal , Vol. 43, No. 4, Sport in World Politics. Canadian International Council, 1988 [Print]

Guttmann discusses the long process of the Soviet Union gaining membership to the IOC, International Olympic Committee and competing in the Olympics. The Olympics provided the Soviet Union with the grandest stage to showcase its athletes to the world and it also provided foreign countries with an intimate look into the closed society. He also describes how both the United States and the Soviet Union used Olympic boycotts as political weapons in the Cold War.

“Interview with Dr. Lev Markov, Soviet Institute of Olympic Committee.” PBS。 PBS, 1999 [Web]

In PBS’s interview with Dr. Lev Markov, a doctor specializing in sports medicine who worked in the Soviet Union, Markov releases inside information about Soviet athletes and their training practices. A big issue in the interview is the association of the Soviet’s international success with the speculation that many of their athletes took performance enhancing drugs.

Alfano, Peter. “For Soviet Athletes, A Greater Presence In American Sports.” ニューヨークタイムズ。 The New York Times, 30 Apr. 1989 [Web]

In Peter Alfano’s 1989 article, he writes about how the Soviet Union is allowing its athletes to compete in foreign lands for the first time under Gorbachev’s leadership. The articles reports the various motives behind the Soviet Union’s decision which includes “obtaining currency for their struggling economy” and possibly improve relations with other countries during the perestroika period.

Explanation of Events

Burnton, Simon. 󈬢 Stunning Olympic Moments No7: Hungary v Soviet Union: Blood in the Water.” 保護者。 Guardian News and Media, 28 Apr. 2011 [Web]

Burnton explains the political importance of the “Blood in the Water” water polo match between Hungary and the Soviet Union in the 1952 Olympic games in Helsinki, Finland. The Soviet Union, jealous of Hungary’s past success in international water polo, tried to take advantage of their occupation of Hungary at the time by copying and replicating the water polo strategies of the Hungarian team. Hungary still dominated the heated match and in frustration a Soviet player, Valentin Prokopov struck a Hungarian player, Ervin Zádor, causing him to bleed excessively from the face. Pictures of Zádor’s bloody face were included in newspapers around the world.

Ingle, Sean. 󈬢 Stunning Olympic Moments No1: USA v USSR, Basketball Final, 1972.” 保護者。 Guardian News and Media, Nov. 2011 [Web]

In this article Ingle describes the controversial 1972 Olympic basketball final in which the Soviet Union handed the United States its first Olympic basketball loss. The vast differences between the two nations could be seen through the demographics of its players. The United States featured an array of young African-American future professional basketball stars while the Soviets had a group of older white men who had been playing with each other for a number of years. The controversial ending to the game only increased tensions between the two nations.

Eskenazi, Gerald. “OP-ED CONTRIBUTOR The Miracle on Ice.” ニューヨークタイムズ。 The New York Times, 11 Feb. 2010 [Web]

In his column, Eskenazi discusses the importance of the United States upset victory over the mighty Soviet Union hockey team during the 1980 Winter Olympics in Lake Placid. This victory helped ignite confidence in the American people especially during a time where the Soviets seemed to an edge in the Cold War. Eskenazi believed this defeat was a metaphorical “beginning of the end” for the Soviet Union especially since they were fighting in Afghanistan at the time.

Propaganda Posters

If you want to be like me- Just train! [V. Koretskiy, 1951]

This poster depicts the successful Soviet athlete as a super hero-like figure. By placing athletes on an elite pedestal, the Soviet Union hoped to influence younger generations to train harder and continue to make the country proud by excelling in athletics.