歴史ポッドキャスト

料金と紋章

料金と紋章



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

紋章学の最も重要な側面は料金でした。チャージとは、盾に描かれることになっている主要なオブジェクトに与えられた名前であり、それ自体が最も目に見える部分でした。チャージが追加されると、選択されたオブジェクトが何であれ、シールドは「チャージされた」と言われました。課金は、通常の人または部下によって提供されるパターンに単純に基づいている可能性があります。しかし、社会のより重要な人々は、単なるパターンよりも壮大なものを望み、さまざまな装いで激しい動物を選択しました。

最も有名なのはライオンでした。ライオンパッサンは、右前脚を頭の高さに持ち上げた3本足のライオンでした。ロイヤルスタンダードには3人のlion子がいます。ライオンスタタントは四つんonいのライオンで、ライオンカウチは横になっているライオンでした。ライオンの横行は、スコットランドの旗に見られるように、前足を両方上げた攻撃的なスタンチの後ろ足のライオンでした。ライオンの守護者とは、頭を盾の外に向けたライオンです。しかし、中世では、ライオンの保護者は通常ヒョウと呼ばれていました。

紋章学では、ライオンの舌は爪と同様に赤かった。ただし、ライオン自体が赤く塗られている場合、爪と舌は通常青く塗られています。

鹿も一般的に起訴に使用されました。それは所有者の特徴が何であるかを人々に明確なメッセージを与えたので、完全に角のある雄鹿が一般的でした。クマ、イノシシ、犬も一般的に起訴されました。イノシシの頭が使用された場合、首がどのように見えるかについての規則さえありました。首のカットが滑らかな場合、これは「クーペ」カットとして知られていました。ギザギザの場合、これは消去と呼ばれていました。

ワシは一般的に使用される鳥であり、通常は「表示」されていました。体が正面を向き、頭が横を向き、翼が先端を上に向けて広がっていることが示されました。

架空の獣はまた、一般的にチャージで使用されました。ドラゴン、グリフィン、ワイバーン、ユニコーンは、多くのシールドで見つけることができます。これらのクリーチャーのそれぞれは、強さと力の魔法の力を持っていて、チャージとしてこれらを持っている人は誰でも、これらのクリーチャーと自分自身を関連付けたいと思っていました。

チャージとして使用される2つの最も一般的な花は、バラとユリでした。ユリは、一般的にフランスに関連付けられていますが、チューダー時代以前でさえ、バラは英語の花の中で最も英語として見られている間に、純度を示すために使用されました。